ホーム > トレンドニュース > 携帯電話 > 価格.comレポート > Android勢との競合が激しくなるスマートフォン市場、2014秋冬の陣 「iPhone 6」「iPh…

価格.comレポート

Android勢との競合が激しくなるスマートフォン市場、2014秋冬の陣 「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発売前日のユーザー動向を速報!

Android勢との競合が激しくなるスマートフォン市場、2014秋冬の陣 「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発売前日のユーザー動向を速報!

2014年9月9日、アップル「iPhone 6/Plus」を発表。ユーザーの反応は?

2014年9月9日(米国現地時間)、アップルから「iPhone」シリーズの最新モデル「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」が発表された。今回のモデルチェンジの最大のトピックは、画面サイズが大きくなったことだ。それまで4.0インチだった画面は、「iPhone 6」で4.7インチ、「iPhone 6 Plus」で5.5インチへと拡大した。現在のスマートフォン市場を見ると、ライバルとなるAndroid端末ではすでに5インチ前後の画面サイズが一般的になっているので、ようやく「iPhone」もこの流れに追いついてきたと言える。このほかでは、プロセッサーが従来の「A7」から「A8」へとバージョンアップし、処理速度、グラフィック速度ともに高速化されているほか、カメラ機能が性能アップしており、オートフォーカスの速度や精度が上がったなどの進化はあるものの、全体としては想定通りの発表内容となっており、サプライズ感はそれほど強くなかった印象だ。

図1:「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去3か月)
図1:「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去3か月)

図1は、「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」が発表された9月10日(日本時間)を含む、価格.comの「スマートフォン」カテゴリーのアクセス数を示したものだ。これを見ると、「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の発表によって、それまで21〜24万PV/日ほどだったアクセスが、一気に31〜34万PV/日ほどに跳ね上がっており、「iPhone」シリーズの新モデル発表に対して、ユーザーがかなりビビッドに反応していることが見て取れる。

図2:「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去2年間)
図2:「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去2年間)

ただし、このPVトレンドももう少し長い尺で見てみると、異なってくる。図2は、価格.comの「スマートフォン」カテゴリーの、ここ2年間のアクセス状況を示したものだが、9月10日の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の発表でアクセスは上向いたものの、カテゴリー全体では、ほぼ右肩下がりの状況となっている。たまに突出して上に伸びているのが、注目モデルの発表時期となるが、たとえば、昨年2013年9月の「iPhone 5s/c」が発表された次期と比較しても、絶対的に少なく、週間で80万近い開きがある。2年前の10月の「iPhone 5」発表時と比べると、さらにその差は大きく、今回の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」のアクセスの倍以上に達する。

もちろん、これは、アップルの「iPhone」だけの問題ではなく、スマートフォン自体の新モデルに対する興味がユーザーから徐々に失われていっていることが大きい。そういう意味で言えば、スマートフォン市場はすでに成熟を迎え、話題性としてはシュリンクしつつある市場ということでもある。人気製品の「iPhone」といえども、その状況を覆す力はすでになくなっていると言ってもいいだろう。

図3:「スマートフォン」カテゴリーにおけるメーカー別アクセス推移(過去2年間)
図3:「スマートフォン」カテゴリーにおけるメーカー別アクセス推移(過去2年間)

では、アップルの「iPhone」と、Androidスマートフォンとの関係性はどのように変わってきているのだろうか。それを示すのが、図3だ。これは、過去2年間における、主要5メーカーのスマートフォン製品のPVの推移を示したものだ。

これを見ると、ちょうど「iPhone 5」が発売された2年前の9月時点ではアップルがダントツだったが、その年の年末には、Android勢のシャープやソニーが急激に伸びており、その後1年間、アップルのPVシェアの上を行っていたことがわかる。その後、昨年の9月に「iPhone 5s/c」が発表されると、また瞬間的にアップルのPVシェアが伸びるが、1か月ほどで収束して、やはりソニーやシャープに抜かれている。今回の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の発表でも、一時的にアクセスが急伸長して首位を奪還しているが、例年のトレンドから言えば、この後、1か月ほどで収束するのではないかと思われる。

これらのデータから見えてくるのは、まずスマートフォンの新モデル自体が徐々にユーザーの興味を失いつつあること、そして、アップルの「iPhone」も、以前のような注目を集めるには至らず、競合となるAndroidスマートフォンとの競合関係がますます激しくなっているという現状だ。特に、今回の「iPhone 6」では大きなハードウェア的なサプライズがなかったこともあり、昨年あったNTTドコモの新規参入のようなトピックもないことから、話題性としては例年以上に盛り上がりに欠ける展開となっている。

話題の中心は画面サイズ4.7インチの「iPhone 6」。キャリアはNTTドコモが中心

図4:「iPhone 6」シリーズの人気モデル上位5製品のアクセス数推移
図4:「iPhone 6」シリーズの人気モデル上位5製品のアクセス数推移

では、今回発表された「iPhone 6」シリーズの中では、どのモデル、そしてどのキャリアが話題となっているのだろうか。図4は、「iPhone 6」シリーズの人気モデル上位5機種のアクセス推移を示したものだが、もっともアクセスを集めているのは、NTTドコモ版の「iPhone 6」(128GBモデル)、次いで「iPhone 6」(16GBモデル)となっている。画面サイズ5.5インチの「iPhone 6 Plus」に関しては、auの128GBモデルがトップだったが、上位5モデルの中では1製品がランクインするにとどまっている。

今回の動向でおもしろいのは、128GBモデルというハイエンドモデルの注目が高い点だ。これまでの「iPhone」シリーズでは、もっとも安価な16GBモデルの人気が高い傾向が強かったが、今回の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」については、ハイエンドモデルの128GBモデルの人気が高い。従来からの「iPhone」ユーザーが乗り換えるケースが多いためか、「16GBではメモリーがいっぱいになってしまう」というクチコミに見られるように、どうせ乗り換えるのならメモリー容量の大きいハイエンドモデルを狙うというユーザーが多いようだ。

図5:「iPhone 6」と「iPhone 5s」の人気モデルでのアクセス数比較
図5:「iPhone 6」と「iPhone 5s」の人気モデルでのアクセス数比較

図5は、昨年発売の「iPhone 5s」の人気モデル(NTTドコモ/au 16GBモデル)と、今回の「iPhone 6」の人気モデル(NTTドコモ 128GBモデル/16GBモデル)および「iPhone 6 Plus」(au 128GBモデル)との、製品発表直後の週のアクセスを比較したもの。昨年の「iPhone 5s」では、NTTドコモ版の16GBモデルが175,313PV、au版の1GBモデルが46,598PVとなっているのに対し、今年はNTTドコモ版の128GBモデルが63,791PV、16GBモデルが37,748PVと、かなり開きがあることがわかる。今年の場合、ディスプレイサイズの異なる「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の2機種が発売されることもあって、アクセスが分散していることも考えられるが、注目度だけで見ると、総合でも昨年のPVを超えることはなさそうだ。

なお、通信キャリア別では、昨年より「iPhone」を取り扱い始めたNTTドコモが圧倒的にアクセスを集めている状況となっており、次いでau、最後がソフトバンクという順番で、ほぼ、通信キャリアのシェア通りの展開となっている。以前であれば、「iPhone」取り扱いの先行メリットが大きかったソフトバンクが筆頭で、次いでほかのキャリアという順番だったが、3大通信キャリアが「iPhone」を取り扱って2年目となった今では、こうした先行メリットもすでになくなっていると見てよさそうだ。

大きな競合となるのは、ソニー「Xperia Z3」か?

図6:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気モデル5製品のアクセス推移
図6:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気モデル5製品のアクセス推移

「iPhone」の話題性が以前ほどないことは明らかだが、その裏には、競合となるAndroidスマートフォンの進化と普及がある。以前であれば、ユーザーインターフェイスやアプリの充実度で「iPhone」の優位性は揺るがなかったが、今やそれほどの差はなく、むしろ、Androidスマートフォンのほうが高性能・高機能になっているため、多くのユーザーがAndroidスマートフォンのほうを使うようになっているのだ。

図6は、2014年9月17日時点における、価格.comの「スマートフォン」カテゴリーでの人気モデル5機種のアクセスを比較したものだ。これを見ると、「iPhone 6」シリーズの中でもっとも人気の「iPhone 6」(NTTドコモ・128GBモデル)が、アクセスでは現時点で1位となっており、ベスト5位内には、NTTドコモの64GBモデルと16GBモデルもランクインしているもののAndroidスマートフォンの2014夏モデルとして人気を博してきた「Xperia Z2 SO-03F」(NTTドコモ)や、「HTC J butterfly HTL23」(au)に対して、さほどのアドバンテージはなく、ほぼ同数程度になっている。「iPhone 6」はメモリー容量によって3タイプのモデルがあるので、人気が分散してしまっている点は加味しなくてはいけないが、仮にここに上がっているNTTドコモ版の3タイプを合算しても、「Xperia Z2 SO-03F」の発表時レベルのアクセスにとどまる。以前は、発表時に爆発的な注目度を集めていた「iPhone」シリーズであるが、もはやそこまでの注目度はないと見ていいだろう。

これから、Andoroidスマートフォンの秋冬モデルが続々と発表されてくる予定だが、そうなると、おそらくまたAndoroidスマートフォンの新モデルに、も大きく差を付けられる形となりそうで「iPhone 6」の注目度は来月10月上旬には早くも失速する恐れすらある。

なかでも、今年の秋冬のスマートフォン商戦で「iPhone 6」あるいは「iPhone 6 Plus」の大きなライバルとなりそうなのが、ソニーが開発した「Xperia Z3」(画面サイズ5.2インチ)の存在だ。まだ国内での正式発表がないため、価格.comの製品データベースにも登録がないが、夏モデルの「Xperia Z2 SO-03F」がここまで高い人気をキープし続けていることを考えると、その後継モデルの「Xperia Z3」は、かなりの人気を呼びそうだ。ちなみに、「Xperia Z3」は、従来のNTTドコモとauという2キャリアに加え、この冬からはソフトバンクからも発売されると見られており、そうなると、通信キャリア間でのハンディもなくなる。さらに加えて、画面サイズが4.6インチのコンパクトモデル「Xperia Z3 Compact」も発売されると見られており、まさに、画面サイズ4.7インチの「iPhone 6」と、5.5インチの「iPhone 6 Plus」の両方に対して、手強いライバルとなりそうな気配だ。

携帯電話 新着ニュース
アップル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売開始! アクセス数は昨年の半分以下ながらも、製品に対するユーザー評価はまずまず
ASUSのSIMフリースマホ「ZenFon 2 Laser SIMフリー」が人気ランキング1位! 30,000円程度の低価格と実用十分なスペックでユーザー層を拡大中
ASUSの5型SIMフリースマートフォン「ZenFone 2 Laser SIMフリー」が人気上昇中! シリーズ中、最も低価格なことから注目を集める
NTTドコモ「Xperia Z3 Compact SO-02G」が人気再燃! 貴重な4.6型コンパクトサイズと値ごろ感から夏モデル以上の注目を集める
激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後退。さらにガラケーの復活も!?
スマートフォン市場 2013年秋冬 NTTドコモの「iPhone 5s」発売も一段落。従来の「iPhone一人勝ち」から、ソニー「Xperia Z1」を筆頭にAndroid勢も入り乱れ、熾烈な戦いを繰り広げそうな様相

ピックアップ

2015年・夏のボーナス商戦 目玉商品投入のタイミングと冷夏の影響で、家電の商戦ピークは7月後半にシフト?

家電市場では夏のボーナス商戦が始まっているが、実際のところ、今年2015年夏の家電市場はどのような動きを…

>>続きを読む

アップル「iPad mini 4」が低調なスタート! ユーザー満足度は高めだが、ネックは高めの販売価格

2015年9月10日に発売されたアップルの7.9インチタブレット「iPadmini4」の立ち上がりが低調だ。もっとも人…

>>続きを読む

新着ニュース

フォルクスワーゲン「ゴルフ」の排ガス不正発覚で波紋が広がる! 価格.com上ではディーゼルエンジンの真価を問う議論も
アップル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売開始! アクセス数は昨年の半分以下ながらも、製品に対するユーザー評価はまずまず
ASUSの7.9インチAndroidタブレット「ZenPad S 8.0 Z580CA 32GB」が初の売れ筋1位! 高スペックが人気を呼び、2万円前後の低価格モデルをリード
本格的な秋の行楽シーズンを迎え、ソニーの「ハンディカム HDR-CX670」が人気! 強力な空間式手ブレ補正機能を搭載しつつ4万円前半の高コスパ機
パナソニックの高級レンジ「3つ星ビストロ NE-BS1200」が売れ筋1位に! 高価格帯モデルながら圧倒的なパワーや豊富なメニューが好評
キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が人気上昇中! 価格下落に加えて、最大10000円のキャッシュバックが効果をあげる
10/10発売のソニー「ウォークマン NW-ZX100」の注目度が上昇中! 早くも実機を試聴した人のレポートが続々!
キヤノンの光学30倍ズームコンデジ「PowerShot SX710 HS」が売れ筋1位をキープ! コンパクトかつ値ごろな価格が大型連休前に人気を集める
アイロボットのロボット掃除機エントリーモデル「ルンバ621」が人気急上昇中! 発売から約1年が経ち、3万円台前半まで値下がり
ASUSの7.9インチタブレット「ZenPad S 8.0 Z580CA」が人気上昇中! アップル「iPad mini 4」と同等スペックで、実質Android機では最大のライバルか?
価格.comリサーチ アンケートからわかる!今気になるモノの最新トレンド

カテゴリ