ホーム > トレンドニュース > 携帯電話 > 価格.comレポート > 激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後…

価格.comレポート

激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後退。さらにガラケーの復活も!?

激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後退。さらにガラケーの復活も!?

今、国内のスマートフォン市場が大きな踊り場にさしかかっている。相次ぐモデルチェンジによって端末の高機能化が進み、製品の差別化が難しくなってきたことに加え、今年2015年には通信キャリアへのSIMフリー化が義務づけられることもあり、市場を巡る状況も大きく変わろうとしているのだ。こうした流れを、価格.comのデータ分析から読み解いてみよう。

徐々に注目が集まらなくなっているスマートフォン

図1:「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去2年間)
図1:「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去2年間)

過去5年間ほど、デジタル製品の中でももっとも注目されていた製品「スマートフォン」。しかし、ここへ来て、大きな曲がり角にさしかかっているようだ。

図1は、価格.comの「スマートフォン」カテゴリーのアクセス推移(過去2年間)だ。これを見ると一目瞭然だが、「スマートフォン」カテゴリーへのアクセスはほぼ右肩下がりになっている。2年前はピーク時400万PV/週ほどあったアクセスも、今では180万PV/週ほどに落ち込んでおり、ほぼ半減した形だ。特に、昨年2014年の4〜9月の半年ほどは130万PV/週近くまで落ち込んだ時期もあり、今はそこからやや回復しているものの、今年も同じような落ち込みになることが予想される。

図2:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気メーカー5社別のアクセス推移(2年間)
図2:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気メーカー5社別のアクセス推移(2年間)

この状況をさらに詳しく見てみよう。図2は、「スマートフォン」カテゴリーにおける人気メーカー上位5社別のアクセス推移(2年間)を示したものだ。これを見ると、ときおりアクセスが急増しているメーカーがある。1つはアップル、そしてもう1つはソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー)である。機種ブランドでいえば、「iPhone」と「Xperia」ということになるが、これらの新モデルが出たときには、ユーザーは情報を求めてかなり敏感に反応するものの、半月ほどでその波が引いてしまうと、すっかり関心を失ってしまうということが見て取れる。新モデルについては気になるものの、以前ほどのスペックアップや新規性はすでになくなっており、「どうしても欲しい!」というような盛り上がりにならないのが、このグラフから見て取れる。スマートフォンは、ここ数年で行き着くところまでスペックアップしてしまい、これ以上の進化があまり望めないことが、こうしたユーザー側の関心低下につながっているものと考えられる。

凋落するアップルと、現在一人勝ちのソニー。追い上げる新興・ASUS

図3:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気メーカー5社別のアクセス推移(半年間)
図3:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気メーカー5社別のアクセス推移(半年間)

図3は、「スマートフォン」カテゴリーにおける現在の人気メーカー上位5社別のアクセス推移(半年間)を示したもの。アップルが「iPhone 6」を発表した昨年秋からの各メーカーの人気度合いがよくわかる。アップルは「iPhone 6」を発表した9月前半からしばらくは大きな注目を集めていたが、10月には早くも失速。年末に向けて徐々に下げている。

これに対して、安定した人気を集めているのがソニーだ。10月には、主力モデル「Xperia Z3」を発表し、若干アクセスを下げたものの、安定した人気を保ち続けている。現在の「スマートフォン」カテゴリーの人気ランキング(2015年3月17日現在)でも、5位以内に3モデルの「Xperia Z3」シリーズ製品がランクインしており、圧倒的な強さを見せつけていると言っていい状態だ(図4)。

図4:ソニー「Xperia」シリーズの人気上位5製品のランキング推移
図4:ソニー「Xperia」シリーズの人気上位5製品のランキング推移

これらの2強メーカーに次いで、シャープ、富士通といった国内メーカーが健闘しているが、どちらのメーカーも大きな注目を集めるまでには至っていない。こうした状況に対し、存在感を見せつけてきたのが、スマートフォンでは新興メーカーとなる台湾・ASUSだ。ASUSは、自社製のSIMフリー端末「ZenFone 5」を昨年2014年11月に発売。スペックは標準的だが、SIMフリー端末としてはかなり安い価格設定によって一気に注目を集め、この1製品のみで、アクセスベースで富士通を抜き去り、今や4位の人気メーカーにまでなっている。特に、価格の安い16GBモデルは、発売から4か月経った今でも、アクセスが上がっており、この春一番の注目モデルと言ってもいい状況だ(図5)。

図5:ASUS「ZenFone 5」2モデルのアクセス推移
図5:ASUS「ZenFone 5」2モデルのアクセス推移

このように、この半年だけを見ても、国内のスマートフォンを巡る状況はかなり激変してきている。もちろん、これが純粋に売上げシェアにつながっているわけではないが、少なくとも、アーリーアダプター層の関心は、今やアップルの「iPhone」から、ソニーの「Xperia」、さらにはSIMフリーのASUS「ZenFone」へと移り変わってきていると言える。

「ガラケー」に復活の動き!? auの「ガラスマ」が市場を牽引

こうしてやや市場が収束していっている感の強い、国内のスマートフォン市場だが、これに対して、最近注目度を上げてきているのが、いわゆる「ガラケー」、従来の「携帯電話」だ。

図6:要3キャリアの「携帯電話」カテゴリーへのアクセス数の推移(2年間)
図6:要3キャリアの「携帯電話」カテゴリーへのアクセス数の推移(2年間)

図6は、国内の主要3キャリア別の「携帯電話」カテゴリーへのアクセス数の推移(2年間)を示したもの。これを見ると、どのキャリアもここ2年でさほど大きな変化はなく、意外に安定したアクセスを保っているが、ここ最近大きくアクセスを伸ばしているキャリアがある。それがauだ。ちょうど今年の1月くらいからアクセスを増加させているが、これは、auが1月末に発表し、2月20日より販売を開始した「ガラスマ」こと、「AQUOS K SHF31」(シャープ製)の人気によるところが大きい。

「AQUOS K SHF31」は、いわゆるガラケーの体裁を取りつつも、Androidで動作するスマートフォンの要素もあわせもっており、従来の携帯電話とスマートフォンの中間に位置する製品だ。これまで、スマートフォンに抵抗のあった層や、通話中心で携帯電話を手放せない層などから支持され、発売と同時にかなりのヒットを呼んでいる。auの「携帯電話」カテゴリーへのアクセスも増加し、1月上旬には10,000PV/日ほどだったアクセス数が、倍増して20,000PV/日にも達するようになった。それまで首位だったドコモの携帯電話の人気を超える日も出るなど、非常に調子がいい(図7)。

図7:主要3キャリアの「携帯電話」カテゴリーへのアクセス数の推移(3か月)
図7:主要3キャリアの「携帯電話」カテゴリーへのアクセス数の推移(3か月)

もちろん、スマートフォンとは比べるべくもないほどの数値であるが、ここのところ、携帯キャリア各社は再びガラケーの新モデルを市場に投入し始めており、今後もじわじわと「携帯電話」カテゴリーのアクセスは上がっていくことが予想される。

関連ニュース

アップル「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」が人気ランキング上位独占!ただし、大型化したボディに対する評価はまちまち

[スマートフォン] [トレンドウォッチ] 2014年9月22日

2014年9月19日に国内販売が開始されたアップルの「iPhone6」と「iPhone6Plus」。発売後の最初の週末となった9月20〜21日には、最新モデルをいち早く使ってみたいと、端末を…

>>続きを読む

NTTドコモから注目スマホ「Xperia Z3 SO-01G」が本日発売!スペックの高さが人気を集め、「iPhone 6」に迫るアクセス数に

[スマートフォン] [トレンドウォッチ] 2014年10月23日

本日2014年10月23日、NTTドコモより5.2型スマートフォン「XperiaZ3SO-01G」が発売された。価格.com上では、発売前日からアクセス数が急増しており、すでに購入したという人…

>>続きを読む

NTTドコモの4.6型スマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」がダントツ人気!コンパクトなだけではない意外な魅力が明らかに

[スマートフォン] [トレンドウォッチ] 2014年11月28日

NTTドコモの4.6型スマートフォン「XperiaZ3CompactSO-02G」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が圧倒的な人気ぶりを見せている。価格.comの「スマートフォン」カテ…

>>続きを読む

ファーウェイのSIMフリースマートフォン「Ascend Mate7」が人気上昇中!8コアCPUのハイスペック仕様が好評

[スマートフォン] [トレンドウォッチ] 2014年12月16日

ファーウェイから2014年12月12日に発売されたSIMフリースマートフォン「AscendMate7」の人気が高まってきている。同製品は、価格.comの「スマートフォン」カテゴリーにおけ…

>>続きを読む

auの“ガラホ”「AQUOS K SHF31」が発売開始から順調な人気! LTE通信やテザリングの利便性に加え、ケータイとしての基本性能の高さが高評価

[au携帯電話] [トレンドウォッチ] 2015年3月4日

2015年2月20日にau(KDDI)から発売されたフィーチャーフォン(携帯電話)「AQUOSKSHF31」が好評だ。LTEの高速通信に対応し、Androidを搭載するなど、スマートフォンに近い…

>>続きを読む

ASUSのSIMフリースマートフォン「ZenFone 5」がユーザー層拡大中! 人気の秘密は3万円を切る低価格と、扱いやすさ

[スマートフォン] [トレンドウォッチ] 2015年3月18日

ASUSのSIMフリースマートフォン「ZenFone5」が、着々とユーザー層を拡大しているようだ。毎月の通信料金を安く抑えられるSIMフリー端末が全般的に注目されているのに加え、…

>>続きを読む

携帯電話 新着ニュース
アップル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売開始! アクセス数は昨年の半分以下ながらも、製品に対するユーザー評価はまずまず
ASUSのSIMフリースマホ「ZenFon 2 Laser SIMフリー」が人気ランキング1位! 30,000円程度の低価格と実用十分なスペックでユーザー層を拡大中
ASUSの5型SIMフリースマートフォン「ZenFone 2 Laser SIMフリー」が人気上昇中! シリーズ中、最も低価格なことから注目を集める
NTTドコモ「Xperia Z3 Compact SO-02G」が人気再燃! 貴重な4.6型コンパクトサイズと値ごろ感から夏モデル以上の注目を集める
Android勢との競合が激しくなるスマートフォン市場、2014秋冬の陣 「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発売前日のユーザー動向を速報!
スマートフォン市場 2013年秋冬 NTTドコモの「iPhone 5s」発売も一段落。従来の「iPhone一人勝ち」から、ソニー「Xperia Z1」を筆頭にAndroid勢も入り乱れ、熾烈な戦いを繰り広げそうな様相

ピックアップ

2015年・夏のボーナス商戦 目玉商品投入のタイミングと冷夏の影響で、家電の商戦ピークは7月後半にシフト?

家電市場では夏のボーナス商戦が始まっているが、実際のところ、今年2015年夏の家電市場はどのような動きを…

>>続きを読む

アップル「iPad mini 4」が低調なスタート! ユーザー満足度は高めだが、ネックは高めの販売価格

2015年9月10日に発売されたアップルの7.9インチタブレット「iPadmini4」の立ち上がりが低調だ。もっとも人…

>>続きを読む

新着ニュース

フォルクスワーゲン「ゴルフ」の排ガス不正発覚で波紋が広がる! 価格.com上ではディーゼルエンジンの真価を問う議論も
アップル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売開始! アクセス数は昨年の半分以下ながらも、製品に対するユーザー評価はまずまず
ASUSの7.9インチAndroidタブレット「ZenPad S 8.0 Z580CA 32GB」が初の売れ筋1位! 高スペックが人気を呼び、2万円前後の低価格モデルをリード
本格的な秋の行楽シーズンを迎え、ソニーの「ハンディカム HDR-CX670」が人気! 強力な空間式手ブレ補正機能を搭載しつつ4万円前半の高コスパ機
パナソニックの高級レンジ「3つ星ビストロ NE-BS1200」が売れ筋1位に! 高価格帯モデルながら圧倒的なパワーや豊富なメニューが好評
キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が人気上昇中! 価格下落に加えて、最大10000円のキャッシュバックが効果をあげる
10/10発売のソニー「ウォークマン NW-ZX100」の注目度が上昇中! 早くも実機を試聴した人のレポートが続々!
キヤノンの光学30倍ズームコンデジ「PowerShot SX710 HS」が売れ筋1位をキープ! コンパクトかつ値ごろな価格が大型連休前に人気を集める
アイロボットのロボット掃除機エントリーモデル「ルンバ621」が人気急上昇中! 発売から約1年が経ち、3万円台前半まで値下がり
ASUSの7.9インチタブレット「ZenPad S 8.0 Z580CA」が人気上昇中! アップル「iPad mini 4」と同等スペックで、実質Android機では最大のライバルか?
価格.comリサーチ アンケートからわかる!今気になるモノの最新トレンド

カテゴリ