ホーム > テレビ紹介情報 > 観光・地域情報
テレビ紹介情報

テレビ番組で紹介された情報

[RSS] テレビ番組で紹介された観光・地域情報

テレビ番組で紹介された観光・地域情報 ( 9551 / 9562 ページ )

テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

1対1の会談を終え、拡大会合に臨みトランプ大統領と金正恩党委員長。冒頭の報道陣の撮影が終わるとメディアに退出するよう促す様子が。ワーキングランチではトランプ大統領のアメリカンジョークに金委員長は反応に戸惑う様子も見られた。しかし、南北首脳会談では金委員長から笑いを誘う場面も見られた。トランプ大統領は自分が仕切っている事を世界に見せつけたいと気持ちがありアピールし張り切っているようにも感じる。平井は会談はトランプ大統領ペースの演出で、共同声明は金委員長ペースの内容だと指摘。

トランプ大統領と握手をした金委員長の表情は固く緊張している様子が窺える。しかし、南北首脳会談でムン・ジェイン大統領と握手した際には満面の笑みを浮かべリラックスして会談に臨んでいた。計算したかのような対面の瞬間には、後ろに掲げられた米国と北朝鮮の旗を目印に丁度真ん中で握手したと考えられるとのことだが、その間には約20mの廊下を歩かねばならず、25歩で柱の所まで行き、身長差もある2人の歩幅は10センチ以上差があるため、同じタイミングで対面するのは難しいと言われているが、中林は米朝のスタッフがリハーサルしていた可能性があると話した。

歴史的な顔合わせの際、金委員長は「トランプ大統領閣下」と呼びかけたという。南北首脳会談の際には「文在寅大統領」と呼びかけていたという。トランプ大統領は一度出した会談中止の書面で「金正恩閣下」という言葉を使っており、北朝鮮はこれまで金正日総書記の頃にクリントン氏に対して使っていこう閣下という言葉を使っているので不自然ではないという。韓国や北朝鮮は元首に対して敬意を払い、大統領という単語と閣下という単語をつなげることに違和感がないのだという。「これまで国交のない国の元首同士が最初にどう呼ぶかは大事な部分だと思いますよね」「ここの部分も練習されたのではないかと思います」などと語られた。一方、トランプ大統領は対面では「委員長」と呼んだという。対面の後はトランプ大統領がエスコートするような場面が見られた。金委員長は「世界中の人はSF映画みたいに思っているんでしょうね」などと語り、これは即興的に出た言葉だと思われると辺氏は語った。

対面が終わり2人での会談に向かう際、トランプ大統領は金委員長に入室を進めるように背中に手を当てている。連れているのは通訳のみで、金委員長は「ここでいいのか」と確認するような表情を浮かべた。こういった事情から平井氏は「今回の首脳会談はアメリカが事実上のホストだった」と推測。部屋の配置などを把握していないと出来ない動きだったという。金委員長がキョロキョロした映像は北朝鮮向けの映像では流さないだろうと語られた。トランプ大統領が綿密な打ち合わせを行い北朝鮮側では行なわれなかった可能性と、金委員長が緊張して場所を忘れた可能性の存在も語られた。会談がアメリカのゴールデンタイムに合わせた設定だという話もあり、トランプ大統領が配信を意識して前日を視察に費やしたという見方も語られた。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

米朝首脳会談だが会場入りは金委員長のが早く、10時4分には初対面を果たした。1対1の会談は約43分間あり、その後実務者を交えて拡大会合をし、ランチに臨み、食後の散歩、共同声明に署名、握手して会談終了と言う流れである。散歩外交は今までも首脳同士の親密さを演出し成功しているから実施したのだろうと平井は話し、予定になかった共同声明への署名についてはトランプ大統領は事前にハードルを下げておいて合意文書に作ると言う方向にいったと指摘。

労働新聞では朝米関係の新たな歴史を開拓した世紀の対面、史上初の朝米首脳会談を開催、わが党と国家、軍隊の最高指導者、金正恩同志がアメリカ合衆国大統領と共同声明を採択と伝えている。辺は金委員長が空港から平壌に入る際に、市民が街頭に出てるんじゃないかと注目し、その映像が撮影されれば明日辺りに報道されるだろうとした。

きのう「老いぼれ」「ロケット」から一転お互いをたたえた。トランプ大統領は「才能がある、1万人に1人」「一緒にいられて非常に光栄」「素晴らしい正確・賢い」などと称えた。金正恩党委員長は「今日のために努力してくれたトランプ大統領に感謝する」と述べていて平井久志は「割と評価している。お互い会談を成功させなきゃいけない思いが強い。相手を褒めることによって成功させたいと窺える」と話した。トランプ大統領は会談後のインタビューで「小さなロケットマンとか、炎の怒りと言っていたが、どのように会談を実現させた?」と質問され「ああいう言い方をしなければ会談は実現しなかった」と答えた。平井さんは「言葉が軽いなと思う」と話した。

きのうの米朝首脳会談の注目ポイントを伝える。1つ目はメディアが大混乱。米朝首脳会談で握手をした後両首脳は柱の陰に行ったが、メディアからは上手く撮れなくて近づいた。部屋に入るとメディアがついていき肩をぶつけ合いながら撮影した。辺真一は「北朝鮮は指示を受けてやっている」と話した。


テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館テレビ番組で紹介された観光・地域情報

鎌倉プリンスホテル天気カメラの中継映像とともに、全国の天気予報・週間天気予報を伝えた。

「鎌倉プリンスホテル」

yoyaQ.com


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

きのうの米朝首脳会談では朝鮮戦争の終結まではいかず、非核化・体制保証については共同声明に盛り込まれたが安全保障の提供・朝鮮半島の非核化とする程度にとどまった。非核化の期限やスケジュール、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化といった点には言及されていないと批判もされている。会談後の会見でトランプ大統領は金委員長から過去のどの大統領よりも信頼されていると緊密さをアピールした。文在寅大統領は2人の指導者の勇気と決断に賛辞を送りますとコメントしている。これまで幾度となく約束を反故にしてきた北朝鮮だが、トランプ大統領との歴史的会談で非核化は進むのだろうか。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

きのう米朝首脳会談が行われた。しかし内容が伴っていないと海外メディアでは批判も出ている。会談で話した内容とは。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

トランプ大統領は午前9時1分にホテルを出発、20分ごろカペラホテル敷地内に到着、59分に会場入り。金委員長は9時12分ごろホテルを出発、53分に会場入り。トランプ大統領は敷地内で待機していたとのこと。トランプ大統領は以前から「重要なミーティングには遅刻せよ」と言っている。ギリギリに行った方が場が仕切れると考えたのではないかと専門家。別々の入り口から会場へ入ったとのこと。朝鮮日報は金正恩委員長の靴には中敷きが入っており、2.5cm〜5cmほど実際の身長より高くなっていた可能性があると報じた。

午前10時10分、1対1で通訳同席で会談。午前10時54分拡大会合。ここに加わったのはアメリカ側はポンペオ国務長官、ボルトン補佐官、ケリー主席補佐官。北朝鮮側は金英哲副委員長、李英浩外相、李洙?副委員長。お昼ご飯は午後0時50分、ワーキングランチだった。ここには拡大会合のメンバーにサンダース報道官、ソン・キム元駐韓大使、ポッティンジャーNSCアジア上級部長。北朝鮮側は金与正第1副部長、崔善姫外務次官、ノ・グァンチョル人民武力相、ハン・グァンサン部長が加わった。玄松月団長について辺真一氏は楽団がアメリカに行く話が前からあるためそのための接触をしていた可能性があるとした。

午後1時37分、敷地内を散歩。トランプ大統領はここでビーストを報道陣にちら見せさせた。これについてアメリカのメディアはトランプ大統領が金正恩委員長にビーストを見せびらかしたと報じた。太田昌克氏は「大統領専用車は重要なインテリジェンスの塊。簡単に見せてしまっていいのかなと心配。このへんは軽率かなと思う」と述べた。午後2時41分共同声明に署名。金正恩委員長側のペンにはトランプ大統領のサインがあった。しかしそれは使わず金与正氏がペンを渡し、サインをした。午後5時15分トランプ大統領が1人で会見、午後6時58分シンガポールを出国。金正恩委員長はきょう午前0時半に出国。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

米朝首脳会談では、北朝鮮の金正恩委員長に妹の金与正氏が同行。カペラホテルに会場入りすると扉の位置を確認、カメラを確認するとフレームの外に隠れるなど徹底したサポートと気遣いがみられた。ほかにも100人以上の随行員がサポートしており、専門家は「失敗すれば粛清されるのでみな必死」と答えた。取材では随行員のひとりが出迎えの場所を訂正して関係者を誘導するなど、あわや失敗という場面も確認できた。カメラマンは写真が1人、映像が2人同行したが、トランプ大統領の愛車を披露するシーンではアメリカ側の警備員が制するなど、必死な撮影がトラブルとなる場面もみられた。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

セントーサ島からの中継。米朝首脳会談から一夜、今日まで警戒態勢は続いているそう。地元メディアではリー・シェンロン首相が「劇的な1日の第1歩」と米朝首脳会談について感想のコメントを寄せている。各国の記者は両首脳の会談について注目せざるを得ないという感想が多くあがった。デニス・ロッドマンは金正恩との良好的な関係が報じられている中で殺害脅迫を受けていて、その件に関して金正恩と会うのは難しいと考えているようだった。今回の米朝首脳会談ではアメリカ側が北朝鮮の体制保証を約束し、北朝鮮側が完全な非核化に取り組むといった内容が共同声明に盛り込まれた。米朝首脳会談の焦点となっていたのが、北朝鮮の完全な非核化、朝鮮戦争の終結、拉致問題。北朝鮮の非核化について会談後のトランプ大統領の会見では、金正恩は帰国次第すぐ非核化のプロセスを進めると述べていたことを明かした、しかし完全にするには時間がかかるとも話していた。小原凡司から見て非核化の達成度は10%、前嶋和弘は45%という評価をしている。小原凡司は具体的な道筋がなにも示されていないことを要因にあげ、完全な非核化とCVIDの違いについては検証可能なという点は第3者の機関が検証に入り確認できる状態、不可逆的なというのは開発に携わってきた研究者を国外に出すなど2度と再開発できない状態にするという意味が込められていると説明した。前嶋和弘は45%という評価について、ついこの間まで戦争間近の関係だったことを踏まえると第一歩としては評価できると見解を示した。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

箱根湯宿 然

番組ホームページメールマガジン登録で宿泊券を1組2名にプレゼント。


テレビ番組で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

共同声明署名後の記者会見の前、アメリカ側が金委員長に送ったというハングル語のビデオが上映された。映像に込められたのは過去に戻るか、前に進むかのどちらかしかないというメッセージ。過去に戻る場面ではミサイルや戦闘機など戦争をイメージさせる映像が流れた。その後流れたのは北朝鮮が発展していく未来を描いたイメージ映像。そして「トランプ大統領と金正恩委員長が歴史を切り開く会談を行います。太陽の中で光輝く瞬間、ひとつの選択。これが現実になるのでしょうか。」とのメッセージで締めくくられた。拍手に包まれながら登場したトランプ大統領。最大の焦点だった非核化については完全なる非核化に合意したと述べた。非核化の詳細が決まらなかったことについて時間がなかったと釈明。拉致問題については共同声明には含まれていないが議論はしたとしている。


  • テレビ番組で紹介されたすべての情報
  • テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌
  • テレビ番組で紹介された音楽・CD
  • テレビ番組で紹介された映画・DVD
  • テレビ番組で紹介されたレストラン・飲食店
  • テレビ番組で紹介されたグルメ情報
  • テレビ番組で紹介された料理レシピ
  • テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館
  • テレビ番組で紹介された観光・地域情報
  • テレビ番組で紹介されたイベント情報
  • テレビ番組で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する
  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • テレビ東京
  • フジテレビ