ホーム > テレビ紹介情報 > 本・コミック・雑誌
テレビ紹介情報

テレビ番組で紹介された情報

[RSS] テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌 ( 17566 / 17566 ページ )

テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

ねこすけくん なんじにねたん?

大阪府堺市のいずみがおか幼稚園では中学校で始まったみんいくの授業が広がっていた。幼稚園の先生と絵本作家が協力して作った「ねこすけくん なんじにねたん?」という絵本を読み聞かせている様子を伝えた。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

東京喰種

66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦。水曜日からエキシビションに向けて練習を再開した。全体練習ではスピードスケートなどに興じ、笑顔を見せた。金メダル獲得後のインタビューでは「ほっとしています」と語っていた。ケガから3カ月、ぶっつけ本番で臨んだ五輪の舞台で王者の復活を見せた。東京喰種の作者が羽生のイラストを公開して祝福した。海外からも続々と称賛の声が上がった。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

「東大王 知識の壁に挑め!最強クイズドリル」を抽選で50名にプレゼント。詳しくは番組ホームページまで。

「東大王 知力の壁に挑め!最強クイズドリル」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

りぼんマスコットコミックス

原作:さくらももこ 集英社「りぼんマスコットコミックス刊」


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

地球の歩き方

「Q:日本人がやりがちだけど海外ではNGな行動ってどんなのがあるの?」の解答VTR。約1ヵ月かけて行った調査内容は、「地球の歩き方」全面協力のもと全118冊をチェック、NG行動のピックアップ。さらに、外国人タレントを数多く抱える稲川素子事務所にアンケートを依頼。そのほか日本中の大使館に問い合わせ、東京外国語大学の留学生を取材、街頭インタビューなども敢行し、集めたNG行動を3つに分類した。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

トランプ大統領の2018年の大問題。ロシアゲート、北朝鮮情勢、エルサレム問題。ロシアゲートとは、大統領選に不正介入したとされるロシアとトランプ陣営が共謀したという疑惑だ。炎と怒りに、ロシアゲートに関する記述がある。トランプ陣営は、トランプタワーでロシア政府と関係の深いロビイストと面会したという。ヒラリーと接戦となればこれからの仕事が広がるとスタッフたちは考えていたという。

「炎と怒り――トランプ政権の内幕」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

アメリカで話題の本「FIRE AND FURY(炎と怒り)」を池上が解説。ジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏が1年半に渡って200人を超える人たちの取材に基づいて執筆したホワイトハウスの内幕。グラミー賞でヒラリー・クリントン氏が朗読した映像を紹介。本には大統領選に勝利後のトランプ氏、メラニア夫人の様子が書かれている。メラニア夫人は喜びではない涙を流していたという。著者は大統領になる前にトランプ氏の記事を書きトランプ氏に気に入られていたためホワイトハウスを自由に取材できた。トランプ氏はこれまで1冊も本を読みきったことがないそうで、本には「嫌いなのか、読めないのか、わからないが」と書かれている。

アメリカで話題の本「FIRE AND FURY(炎と怒り)」を池上が解説。トランプ市の側近であるムニューシン財務長官とプリーバス前主席補佐官がトランプ氏を「アホ」、コーン国家経済会議委員長が「めちゃくちゃ頭が悪い」と言っていたと書かれている。スティーブン・バノン氏はイバンカ氏に対し「どうしようもないバカ」、トランプ・ジュニア氏を「“フレド”」と言っていたと書かれている。フレドとは「ゴット・ファーザー」の登場人物。これらの発言にトランプ氏が激怒してバノン氏を非難すると、バノン氏は一部に誤解があるが全体は否定しなかった。側近の中には国のためにトランプ氏にブレーキをかけようという人もいるが、3分の1は辞めてしまった。

トランプ暴露本の「FIRE AND FURY(炎と怒り)」を池上が解説。トランプ氏は記者に誰を最も信頼しているかと聞かれ「自分だ」と答えたという。公邸で3台の薄型テレビに囲まれてチーズバーガーを頼み、電話で友人に自分がいかに大変かという話をしているという。大統領用の食事となると誰かが毒を入れるかもしれないという理由でファストフード店で買ってきたチーズバーガーを食べているという。パックンは「口実だと思う。単純にファストフードが食べたんでしょう」と指摘した。本には明らかな事実誤認もある。 FOX NEWSはこの著者は信用できないジャーナリストだとニュースにしている。

「Fire and Fury: Inside the Trump White House」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

阿川佐和子が阿川佐和子×大石静「オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉」の告知を行った。

「オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

正義のセ

阿川佐和子の父は小説家・阿川弘之さん。2012年発売の著書「聞く力」は発行部数170万部を超えるミリオンセラーとなり週刊文春では対談コーナー「阿川佐和子のこの人に会いたい」が25周年を迎えた。6年前から冠番組「サワコの朝」がスタート、私生活では去年5月に結婚。著書「正義のセ」が日テレ次の4月期水曜ドラマの原作になるなどマルチに活躍している。25歳を過ぎたら売れ残りと言われた時代で、仕事をする気がなかったのでお見合いを散々したが振られ続けた。20代後半、テレビのレポーターの仕事を行い籍を入れる必然はないが一人で生きていけるほど頑強でもないので結婚したという。プロポーズについて阿川佐和子は「誕生日に友達の家にすでに何人か集まっていて、突然目の前に箱を置かれた。何かと思ったら箱の下に婚姻届の区役所に届ける紙があって保証人に友達の名前とハンコがあった。箱は指輪だった」と話した。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

聞く力

阿川佐和子の父は小説家・阿川弘之さん。2012年発売の著書「聞く力」は発行部数170万部を超えるミリオンセラーとなり週刊文春では対談コーナー「阿川佐和子のこの人に会いたい」が25周年を迎えた。6年前から冠番組「サワコの朝」がスタート、私生活では去年5月に結婚。著書「正義のセ」が日テレ次の4月期水曜ドラマの原作になるなどマルチに活躍している。25歳を過ぎたら売れ残りと言われた時代で、仕事をする気がなかったのでお見合いを散々したが振られ続けた。20代後半、テレビのレポーターの仕事を行い籍を入れる必然はないが一人で生きていけるほど頑強でもないので結婚したという。プロポーズについて阿川佐和子は「誕生日に友達の家にすでに何人か集まっていて、突然目の前に箱を置かれた。何かと思ったら箱の下に婚姻届の区役所に届ける紙があって保証人に友達の名前とハンコがあった。箱は指輪だった」と話した。


  • テレビ番組で紹介されたすべての情報
  • テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌
  • テレビ番組で紹介された音楽・CD
  • テレビ番組で紹介された映画・DVD
  • テレビ番組で紹介されたレストラン・飲食店
  • テレビ番組で紹介されたグルメ情報
  • テレビ番組で紹介された料理レシピ
  • テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館
  • テレビ番組で紹介された観光・地域情報
  • テレビ番組で紹介されたイベント情報
  • テレビ番組で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する
  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • テレビ東京
  • フジテレビ