ホーム > テレビ紹介情報 > 本・コミック・雑誌
テレビ紹介情報

テレビ番組で紹介された情報

[RSS] テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌 ( 18015 / 18054 ページ )

テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

ゴルゴ13

アメリカ・ニュージャージー州の目力が強すぎるネコの映像。ゴルゴ13に似ている。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

我輩は猫である

「夏目漱石の小説「我輩は猫である」の書き出しの一文は?」というクイズが出題。正解は”我輩は猫である。”正解者はなし。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

レディ・ジョーカー

亡くなった男性の自宅からビール瓶約2000本を押収。家政婦によると死亡した日の午後にビールを飲んでいたという。著書の中で毎日大瓶1本か2本飲んでいるというふうに書かれていた。さらに従業員によるとビジネスの1つに酒類販売業もしていた。そのため男性が飲んでいたビールは会社が取り扱っているものだったという証言もある。警察は空き瓶に覚醒剤の成分が付着していないか鑑定を進めている。高村薫著の「レディ・ジョーカー」の小説に似ている部分があるという。作中では瓶ビールに異物を混入し、ビール会社を脅迫するという内容がある。千枚通しなどでフタに直径1.5ミリの穴、注射器などで異物混入、穴を接着剤で塞ぎヤスリで平らにするという描かれていた。

亡くなった男性は口から覚醒剤を摂取して亡くなったようだと言われている。亡くなった当日に用意した食事は夕食用のうどん、昼食のしゃぶしゃぶ、昼食の時に飲んだビール。吉川祐二氏によるとうどんに混入した場合、覚醒剤は非常に苦くすぐに気づくという。しゃぶしゃぶの場合、火にかけると成分が気化してしまう。そのたま妻にも覚醒剤成分が検出されてしまうということも考えられる。ビールは専門家によるとビールは苦いため苦さの上に苦さが乗っかる。液体状の物で言えばビールの味が一番近いかもしれないとした。瓶ビールに異物混入するという事件は小説「レディ・ジョーカー」と似た手口の事件だった。一方、開栓前の瓶ビールの場合、炭酸が抜けて気づかれてしまうためありえないのではないかと専門家は話した。


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

亡くなった男性の自宅からビール瓶約2000本を押収。家政婦によると死亡した日の午後にビールを飲んでいたという。著書の中で毎日大瓶1本か2本飲んでいるというふうに書かれていた。さらに従業員によるとビジネスの1つに酒類販売業もしていた。そのため男性が飲んでいたビールは会社が取り扱っているものだったという証言もある。警察は空き瓶に覚醒剤の成分が付着していないか鑑定を進めている。高村薫著の「レディ・ジョーカー」の小説に似ている部分があるという。作中では瓶ビールに異物を混入し、ビール会社を脅迫するという内容がある。千枚通しなどでフタに直径1.5ミリの穴、注射器などで異物混入、穴を接着剤で塞ぎヤスリで平らにするという描かれていた。

確実に相手を死亡させようとした場合には確実な手段を取るのが一般的。家政婦によるとビール1本全部を飲まない時もあるという。途中で飲むのをやめてしまう可能性があるため殺人には不向きなのではないかと吉川祐二氏は見ている。なぜ警察はビールの空き瓶約2000本を押収したのかというと瓶ビールに混入はしていないという証明のためではないかということ。専門家はジョッキの方に混入したとした場合、男性の著書によると必ずビールは中ジョッキで飲んでいるとある。覚醒剤はすぐに溶け、色も無色。さらにカプセルに詰めて飲ませた可能性。著書によるとサプリメントを愛飲していた。苦みを感じずに飲めるのではないかとした。

「紀州のドン・ファン 野望篇   私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

原作:西村京太郎「上野駅13番線ホーム(光文社)」

「上野駅13番線ホーム」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

最大の謎である覚醒剤はどうやったのかについて新情報。警察は男性の経営する酒の卸売会社や自宅などからビールの空きビン約2000本を押収し、覚醒剤の成分が付着していないか鑑定を進める。和歌山県警関係者は「初めて男性宅を捜索したとき、亡くなった日に飲んだビール瓶が既に経営している酒店に戻されていた。それゆえ酒店にあったビール瓶全てをチェックすることにした。」と話した。小川さんは覚醒剤が一度でも入っていたら鑑定で出ると話した。死因は急性覚醒剤中毒で腕などに注射痕が無いため口から摂取したか、遺体の胃に内容物はなかったため、カプセルか飲み物からではないかTと言われている。男性が当日口にしたものは昼食にしゃぶしゃぶ・ビール、午後6時にはビールを自らついで飲んだ。法科学研究センター所長は「覚醒剤は直接口に入れると苦くて違和感があるが、ビールなど苦味のあるものに混ぜれば気づきにくくはなる」と話した。小川さんは混ぜるなら苦いものだとし、0.02gなど一回分なら気づきにくいが1gなど致死量をいれると死んでしまうため気づきにくいか分からないと話した。カプセルなら気づかないが、その後にビールを飲むのかが疑問だとしてる。男性は決まった銘柄のビールを500m飲むがいつも少し残すそうで、あまり飲まないそう。所長は「摂取した時間は午後5時〜6時頃と考えられる」と話しいる。男性の自著「紀州のドン・ファン」によると「サプリメントは数種類愛飲している」とあるが、妻は「実際に飲むところは見たことがありません」と話している。妻にぞっこんだった男性は、会社関係者によると月に100万円の手当を与えることを約束していたり、妻とのツーショット写真を会社のあちこちに貼っていて、妻を嫉妬させようと他の女性との写真を自宅や会社に送らせることもあったという。そんな男性には他にも花嫁候補が居たという。

「紀州のドン・ファン 野望篇   私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

原作:西村京太郎「上野駅13番線ホーム(光文社)」

「上野駅13番線ホーム」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

テロップでクイズが出題された。「Q1 湯原さんが感じるせんだみつおさんの苦手な所は?」「Q2 湯原さんが司会を務める番組といえば?」「Q3 かつて湯原さんをパシリとして使っていたのは?」「Q4 おしどり夫婦として知られる湯原夫妻の著書は?」答え:Q1ステージでケツを出す所 Q2 カラオケ大賞21 Q3 平尾昌晃 Q4 夫婦力22章

「夫婦力22章」

Amazon.co.jp


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

シャンシャン成長の記録

きのうはシャンシャンのカードが配られたり、写真集が売り出されたりしている。動いている姿を見たいと江藤は話した。(毎日新聞)


テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌

吾輩は猫である

バスに乗車した虻川さん、路線図に書かれた夏目漱石旧居跡を目指して「日本医大前」で降車。夏目漱石旧居跡は1903年の3月から3年10ヵ月過ごした住協の跡地。小説「吾輩は猫である」の舞台として、かつては”猫の家”と呼ばれ親しまれていた。


  • テレビ番組で紹介されたすべての情報
  • テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌
  • テレビ番組で紹介された音楽・CD
  • テレビ番組で紹介された映画・DVD
  • テレビ番組で紹介されたレストラン・飲食店
  • テレビ番組で紹介されたグルメ情報
  • テレビ番組で紹介された料理レシピ
  • テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館
  • テレビ番組で紹介された観光・地域情報
  • テレビ番組で紹介されたイベント情報
  • テレビ番組で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する
  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • テレビ東京
  • フジテレビ