ホーム > テレビ紹介情報 > イベント情報
テレビ紹介情報

テレビ番組で紹介された情報

[RSS] テレビ番組で紹介されたイベント情報

テレビ番組で紹介されたイベント情報 ( 82346 / 82673 ページ )

テレビ番組で紹介されたイベント情報

北京

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

全日本選手権

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

オリンピック

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

東京五輪

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思...


テレビ番組で紹介されたイベント情報

北京オリンピック

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

リオ五輪

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL

ゴー!ゴー!若大将フェスティバルの宣伝テロップ。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

テレ東 夏のボーナスウィーク

テレ東 夏のボーナスウィークのお知らせ。6月18日〜6月22日の5日間、リーサル・ウェポンと午後のロードショーの2番組を見て現金を当てよう!詳しくは番組ホームページへ。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

アジア大会

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

世界選手権

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。


  • テレビ番組で紹介されたすべての情報
  • テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌
  • テレビ番組で紹介された音楽・CD
  • テレビ番組で紹介された映画・DVD
  • テレビ番組で紹介されたレストラン・飲食店
  • テレビ番組で紹介されたグルメ情報
  • テレビ番組で紹介された料理レシピ
  • テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館
  • テレビ番組で紹介された観光・地域情報
  • テレビ番組で紹介されたイベント情報
  • テレビ番組で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する
  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • テレビ東京
  • フジテレビ