ホーム > テレビ紹介情報 > イベント情報
テレビ紹介情報

テレビ番組で紹介された情報

[RSS] テレビ番組で紹介されたイベント情報

テレビ番組で紹介されたイベント情報 ( 82347 / 82673 ページ )

テレビ番組で紹介されたイベント情報

リオ五輪

レスリング女子選手らに対するパワハラ問題で今日、日本レスリング協会の栄和人氏が会見を開いた。栄氏は当初パワハラを否定していたが、内閣府とレスリング協会は栄氏が伊調選手に対し「よく俺の前でレスリングができるな。」と発言したことなどをパワハラと認定した。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

稲川淳二の怪談ナイト

「ミステリーナイトツアー2018 稲川淳二の怪談ナイト」のイベント宣伝。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

VOLVO XC40 REMOTE TEST DRIVE

ボルボ初のコンパクトシティSUV「XC40」のミニカーをどこにいてもスマホで遠隔操作できるイベントを6月17日まで実施中。「VOLVO XC40 オリジナルDVD&CD&QUOカード3000円分のセット」を10名にプレゼント。詳しくは番組ホームペ^-じまで。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

ミステリーナイトツアー2018

「ミステリーナイトツアー2018」のイベント宣伝で稲川淳二が出演。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

WBC

春川さんが持ち込んだお宝。WBCのサイン入りボールを10万円、イチロー選手のメジャー1年目のユニフォームを200万と予想したが、サインボールは25万円。試合で使っていないのと松坂投手のサインがあればさらにプラス査定だったと鑑定士。イチロー選手のユニフォームは150万円となった。イチロー選手が殿堂入りしたりすると付加価値がついて、年数が経つと更に価値がつくと鑑定士。これで終わりと思いきや、春川さんはもう一つ大谷の初勝利時に投げたボールを出してきた。現地で観戦し10万円で購入していたが、希望金額は15万円。しかし、鑑定結果は5万円だった。5万円の理由はホヤホヤ過ぎる。どれくらい活躍するかで付加価値がつくし、サインがあれば30-40万になるという。今回の結果について、本音を聞いてみると「イチロー選手のユニフォームで150万はない」とコメントした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

WBC

春川さんが持ってきたもう一つのお宝はは2009年WBCで活躍した日本代表選手のサインボール。2009年のWBCは韓国との決勝戦ではイチロー選手のヒットで劇的勝利をおさめ、侍ジャパンは2連覇を達成した。春川さんは現地で観戦しゲット。原監督やイチロー選手、城島選手など11人分のサインが書かれている。春川さんは希望金額は、ボールが10万円でユニフォームは200万円。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

午後2時半すぎ差し入れを配る栄監督の姿が見られた。至学館学長はご機嫌に至学館の活躍を見ているようだ。学長は問題発言があった中で、伊調選手に謝罪等したのかが気になるところ。今回の関係者は皆黙っている。安達さんらは田南部コーチと弁護士と作り上げてこの機会しか無いと思い今回の告発内容には自信があると話した。今月の23日に協会として処分が決まる栄監督の今後について、トップの判断で今後も指導を続ける、選手が望むなら少しでも力になりたい、パワハラ改善プログラムに取り組む等と話している。安達さんは栄監督の指導力はある、やり方が違うだけだとし、現場は若いコーチに任せても成績は出ているので栄監督でなくても東京オリンピックでメダルは狙えると話した。関係者に田南部コーチとは話すななどの通達が協会から通達されたこともあるため、協会自体がパワハラを認識していないのではと話した。安藤さんは協会そのものに対する不信感が根強く、問題等無かった事にしたいとの思惑が透けて見える所がさらなる不信感に繋がるのではないかとした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

全日本選抜選手権

東京・駒沢体育館から生中継。今まさにこの会場でレスリングの大会が行われている。栄監督、至学館大学学長はスタンドで試合を観戦、田辺コーチも会場の何処かで観戦しているようだ。栄監督は今朝会見を終えた後控えめに試合を眺めておりリアクションはしなかった。時々選手から挨拶などされた時はリラックスした様子も見られたが、至学館の試合が1時からあったが試合を見ずに12時40分頃一旦関係者と会場の外に出たという。近くには学長と吉田沙保里選手が観戦しており、 学長は機嫌がいい印象を受けた。監督ら3人が接触する様子は確認できていない。栄監督は午後2時半ごろ千原せいじさんと会場に戻っており、栄監督・学長・千原せいじさんが横並びでリラックスして試合を見ている状況になった。監督と千原せいじさんの接点は分かっていない。

午後2時半すぎ差し入れを配る栄監督の姿が見られた。至学館学長はご機嫌に至学館の活躍を見ているようだ。学長は問題発言があった中で、伊調選手に謝罪等したのかが気になるところ。今回の関係者は皆黙っている。安達さんらは田南部コーチと弁護士と作り上げてこの機会しか無いと思い今回の告発内容には自信があると話した。今月の23日に協会として処分が決まる栄監督の今後について、トップの判断で今後も指導を続ける、選手が望むなら少しでも力になりたい、パワハラ改善プログラムに取り組む等と話している。安達さんは栄監督の指導力はある、やり方が違うだけだとし、現場は若いコーチに任せても成績は出ているので栄監督でなくても東京オリンピックでメダルは狙えると話した。関係者に田南部コーチとは話すななどの通達が協会から通達されたこともあるため、協会自体がパワハラを認識していないのではと話した。安藤さんは協会そのものに対する不信感が根強く、問題等無かった事にしたいとの思惑が透けて見える所がさらなる不信感に繋がるのではないかとした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

オ五輪

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

全日本女子オープン選手権

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


  • テレビ番組で紹介されたすべての情報
  • テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌
  • テレビ番組で紹介された音楽・CD
  • テレビ番組で紹介された映画・DVD
  • テレビ番組で紹介されたレストラン・飲食店
  • テレビ番組で紹介されたグルメ情報
  • テレビ番組で紹介された料理レシピ
  • テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館
  • テレビ番組で紹介された観光・地域情報
  • テレビ番組で紹介されたイベント情報
  • テレビ番組で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する
  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • テレビ東京
  • フジテレビ