ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル
テレビ紹介情報

「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された情報

「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介されたすべての情報 ( 5 / 5 ページ )

京都大学

京都大学大学院の森和俊教授は、病気のメカニズムを解明する鍵となる不良品タンパク質を研究している。細胞内のタンパク質が酸素や栄養の欠乏などストレスにさらされると不良品タンパク質になる。不良品タンパク質が細胞内に蓄積されると様々な病気の発症につながる。森教授は不良品タンパク質を検知する分子と修理を開始させる分子を発見した。


根來薬局

東京足立区のあやせ薬局では薬局で出来る糖尿病検査機を導入した。採血から6分で検査結果が出る。足立区では研究の一環として無料でおこなわれている。検査した12.6%に糖尿病の疑いのある数値が計測された。糖尿病の疑いがある場合は病院受診を勧める。

このプロジェクトを筑波大学の矢作直也准教授は、生活習慣病はセルフメディケーションが重要だと話した。米ノースカロライナ州アッシュビル市では、医師や薬剤師が連携して患者の健康を管理するプロジェクトをおこない、医療費削減に成功した。

アッシュビル市の取り組みを日本にも導入しようと、福井大学医学部附属病院を視察した。そして10月から福井イキイキプロジェクトが始まった。根來薬局では薬剤師による問診や検査がおこなわれ、結果のデータを開業医や大学病院と共有する。薬局を訪れた女性は呼吸器に疾患があったため、薬局で病院の紹介状を書いてもらった。


福井大学医学部附属病院

東京足立区のあやせ薬局では薬局で出来る糖尿病検査機を導入した。採血から6分で検査結果が出る。足立区では研究の一環として無料でおこなわれている。検査した12.6%に糖尿病の疑いのある数値が計測された。糖尿病の疑いがある場合は病院受診を勧める。

このプロジェクトを筑波大学の矢作直也准教授は、生活習慣病はセルフメディケーションが重要だと話した。米ノースカロライナ州アッシュビル市では、医師や薬剤師が連携して患者の健康を管理するプロジェクトをおこない、医療費削減に成功した。

アッシュビル市の取り組みを日本にも導入しようと、福井大学医学部附属病院を視察した。そして10月から福井イキイキプロジェクトが始まった。根來薬局では薬剤師による問診や検査がおこなわれ、結果のデータを開業医や大学病院と共有する。薬局を訪れた女性は呼吸器に疾患があったため、薬局で病院の紹介状を書いてもらった。


筑波大学

東京足立区のあやせ薬局では薬局で出来る糖尿病検査機を導入した。採血から6分で検査結果が出る。足立区では研究の一環として無料でおこなわれている。検査した12.6%に糖尿病の疑いのある数値が計測された。糖尿病の疑いがある場合は病院受診を勧める。

このプロジェクトを筑波大学の矢作直也准教授は、生活習慣病はセルフメディケーションが重要だと話した。米ノースカロライナ州アッシュビル市では、医師や薬剤師が連携して患者の健康を管理するプロジェクトをおこない、医療費削減に成功した。

アッシュビル市の取り組みを日本にも導入しようと、福井大学医学部附属病院を視察した。そして10月から福井イキイキプロジェクトが始まった。根來薬局では薬剤師による問診や検査がおこなわれ、結果のデータを開業医や大学病院と共有する。薬局を訪れた女性は呼吸器に疾患があったため、薬局で病院の紹介状を書いてもらった。


あやせ薬局

東京足立区のあやせ薬局では薬局で出来る糖尿病検査機を導入した。採血から6分で検査結果が出る。足立区では研究の一環として無料でおこなわれている。検査した12.6%に糖尿病の疑いのある数値が計測された。糖尿病の疑いがある場合は病院受診を勧める。

このプロジェクトを筑波大学の矢作直也准教授は、生活習慣病はセルフメディケーションが重要だと話した。米ノースカロライナ州アッシュビル市では、医師や薬剤師が連携して患者の健康を管理するプロジェクトをおこない、医療費削減に成功した。

アッシュビル市の取り組みを日本にも導入しようと、福井大学医学部附属病院を視察した。そして10月から福井イキイキプロジェクトが始まった。根來薬局では薬剤師による問診や検査がおこなわれ、結果のデータを開業医や大学病院と共有する。薬局を訪れた女性は呼吸器に疾患があったため、薬局で病院の紹介状を書いてもらった。


東京大学

糖尿病には善玉ホルモンアディポネクチンという物質が効果がある。これを発見したのは東京大学大学院医学系研究科の門脇である。門脇は患者に飲んで欲しいとコメント。


旭川医科大学

旭川医科大学の笹嶋は、糖尿病の合併症による足の壊疽を切断せずに、血管バイパス手術という方法により治療することができる。笹嶋により足の切断をまぬがれた患者は600人以上いる。

笹嶋は江戸川病院を訪れ、以前手術した患者を訪れた。しかしもう片側の足も壊疽しているので、再度血管バイパス手術を行わなければならない。

笹嶋が担当した女性の足は歩くことができるようになった。笹嶋は患者が完全復帰できるまでがゴールだと話している。


江戸川病院

旭川医科大学の笹嶋は、糖尿病の合併症による足の壊疽を切断せずに、血管バイパス手術という方法により治療することができる。笹嶋により足の切断をまぬがれた患者は600人以上いる。

笹嶋は江戸川病院を訪れ、以前手術した患者を訪れた。しかしもう片側の足も壊疽しているので、再度血管バイパス手術を行わなければならない。

笹嶋が担当した女性の足は歩くことができるようになった。笹嶋は患者が完全復帰できるまでがゴールだと話している。


旭川医科大学

旭川医科大学の笹嶋は、糖尿病の合併症による足の壊疽を切断せずに、血管バイパス手術という方法により治療することができる。笹嶋により足の切断をまぬがれた患者は600人以上いる。

笹嶋は江戸川病院を訪れ、以前手術した患者を訪れた。しかしもう片側の足も壊疽しているので、再度血管バイパス手術を行わなければならない。

笹嶋が担当した女性の足は歩くことができるようになった。笹嶋は患者が完全復帰できるまでがゴールだと話している。


東京慈恵会医科大学附属病院

大阪府堺市の51歳の女性が脳梗塞により右半身麻痺が残っている。しかし、最新の治療法により発症半年をすぎても治る可能性があるためそれにかけてみる。

東京慈恵会医科大学病院リハビリテーション科の阿保は、TMS治療を行っている。磁気刺激により脳のバランスがよくなる仕組みである。大阪府の脳梗塞を患った女性が阿保を訪れTMS治療を行った。

脳梗塞を患った女性が退院の時に、入院時のテストを受けるとTMS治療の効果が出た。動かなかった右手が動くようになった。そして退院してから3週間後再び女性を訪れると、右手を使いながら料理を一人でできるようになった。


2018年08月 2018年09月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介されたすべての情報
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された音楽・CD
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された映画・DVD
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介されたグルメ情報
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された料理レシピ
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された観光・地域情報
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介されたイベント情報
  • 「大正製薬ヒューマンサイエンススペシャル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する