ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 世界の街道をゆく
テレビ紹介情報

「世界の街道をゆく」で紹介された情報

「世界の街道をゆく」で紹介されたすべての情報 ( 269 / 269 ページ )

グリマルディ城美術館

オー・ド・カーニュはシャイム・スーティンを始め多くの画家に描かれた街。細い入り組んだ路地と斜面に建てらてた家々はかつて外敵を防ぐために築かれたという。南フランスに点在するこうした集落は鷲の巣村と呼ばれ人々に愛されてきた。グリマルディ城は今は美術館として公開されている。女性が羨望の眼差しを向ける一室はシャンソン歌手のシュジー・ソリドールの50人の画家たちによる肖像画が飾られている。彼女は晩年をこの街で過ごした。


「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD

OU JE VAIS

♪OU JE VAIS/KAREN BRUNON


「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD

PREMIERE RENCONTRE

♪:PREMIERE RENCONTRE/FRANCOISE HARDY


国立マルク・シャガール美術館

ニースは20世紀からは新たな表現を目指す芸術家たちが集う場所となって世界中の人が憧れる、海岸に沿って出来た町となっている。国立マルク・シャガール美術館では、マルク・シャガールが旧約聖書の創世記を主題にした絵画シリーズが飾られていた。


世界の街道をゆくInstagram

番組公式Instagramの告知テロップ。


マティス美術館

コート・ダジュールを代表する街・ニースへとたどり着いた。古代ギリシア時代からの歴史を持ち、古くから欧州の王侯貴族や富裕層の集う保養地として発展してきた。レジーナというベル・エポック調の名門ホテルの一室にはマティスのアンリ・マティスのアトリエがあり、彼の美術館もすぐ傍に。館内にはマティスならではの色彩が溢れている。初期には具象絵画を描いていたマティスだが、1916年に初めて訪れた雨上がりのニースの光に感動を覚え、この地に留まり自由な色彩による表現を追求していった。


「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD

NO PROBLEM

♪BARNEY WILEN「NO PROBLEM」


サント・ソスピール荘

フランス・ヴィルフランシュ・シュル・メールはジャン・コクトーが愛した町の一つ。ジャン・コクトーは1923年34歳の時に初めてこの町を訪れた。礼拝堂の壁画は漁師に捧げるために描いた。岬にはコクトーのアトリエが残る。管理人の男性はジャン・コクトーはここを拠点に勢力的に活動し芸術家を招いて新たな表現に取り組んだと語る。


サン・ピエール礼拝堂

フランス・ヴィルフランシュ・シュル・メールはジャン・コクトーが愛した町の一つ。ジャン・コクトーは1923年34歳の時に初めてこの町を訪れた。礼拝堂の壁画は漁師に捧げるために描いた。岬にはコクトーのアトリエが残る。管理人の男性はジャン・コクトーはここを拠点に勢力的に活動し芸術家を招いて新たな表現に取り組んだと語る。


2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたすべての情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された映画・DVD
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたグルメ情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された料理レシピ
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された観光・地域情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたイベント情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する