ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 世界の街道をゆく
テレビ紹介情報

「世界の街道をゆく」で紹介された情報

「世界の街道をゆく」で紹介されたすべての情報 ( 231 / 231 ページ )

グアナコ

パタゴニアの風は、一日の中、様々に天気を変える。丘の上にマリア像が立っていた。トーレス・デル・パイネ国立公園はチリの人々の心の故郷とも言える場所である。面積およそ2300平方キロメートルの、東京都とほぼ同じ広さの公園内を進む。トーレス・デル・パイネとは「青い塔の群れ」を意味し、先住民が「神の山」として畏敬の念を抱いた三つの峰が象徴だという。


ダーウィン・レア

パタゴニアの風は、一日の中、様々に天気を変える。丘の上にマリア像が立っていた。トーレス・デル・パイネ国立公園はチリの人々の心の故郷とも言える場所である。面積およそ2300平方キロメートルの、東京都とほぼ同じ広さの公園内を進む。トーレス・デル・パイネとは「青い塔の群れ」を意味し、先住民が「神の山」として畏敬の念を抱いた三つの峰が象徴だという。


コンドル

パタゴニアの風は、一日の中、様々に天気を変える。丘の上にマリア像が立っていた。トーレス・デル・パイネ国立公園はチリの人々の心の故郷とも言える場所である。面積およそ2300平方キロメートルの、東京都とほぼ同じ広さの公園内を進む。トーレス・デル・パイネとは「青い塔の群れ」を意味し、先住民が「神の山」として畏敬の念を抱いた三つの峰が象徴だという。


トーレス・デル・パイネ国立公園

パタゴニアの風は、一日の中、様々に天気を変える。丘の上にマリア像が立っていた。トーレス・デル・パイネ国立公園はチリの人々の心の故郷とも言える場所である。面積およそ2300平方キロメートルの、東京都とほぼ同じ広さの公園内を進む。トーレス・デル・パイネとは「青い塔の群れ」を意味し、先住民が「神の山」として畏敬の念を抱いた三つの峰が象徴だという。


「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD

NEW LIFE

BGM:THOMAS BERGERSEN「NEW LIFE」


トーレス・デル・パイネ国立公園

チリのパタゴニアを代表するトーレス・デル・パイネ国立公園は絶景の地。遭難した時のため、管理事務所で名前と国籍を登録してから入る。ターコイズブルーの湖やクエルノス・デル・パイネという山など大自然を見ることができる。


トーレス・デル・パイネ国立公園

プエルト・ナタレスの海岸でミロドンという古代大型哺乳動物の像があった。骨が見つかった洞窟に向かった。山道に入るとトーレス・デル・パイネ国立公園の風景が広がる。ミロドンはナマケモノの一種でダーウィンが化石を発見したことで知られるようになり、1895年に化石が見つかった。最初は4足歩行で、高い木の葉を食べようとし、立ち上がって歩行するようになったという。1万年前、人類もミロドンの肉を食べ、毛皮を衣服に使っていた仮説も立てられている。


「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD

Snow

BGM:LOREENA MCKENNITT「Snow」


「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD

Tonada a mi madre

BGM:jose Antonio Escobar「Tonada a mi madre」


2017年08月 2017年09月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたすべての情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された音楽・CD
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された映画・DVD
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたグルメ情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された料理レシピ
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された観光・地域情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介されたイベント情報
  • 「世界の街道をゆく」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する