テレビ紹介情報

「食彩の王国」で紹介された情報

「食彩の王国」で紹介されたすべての情報 ( 1075 / 1075 ページ )

食彩の王国

番組Facebookの案内。詳しくは番組HPへ。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

モッツァレラチーズ

竹島英俊さんの水牛モッツァレラチーズを、「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフに料理してもらった。チーズは溶けない温度の62度で温め、保存液ごと凍らせて砕いたチーズを添えて北海道の景色を表現。トッピングにはオリーブオイルとバジルに加え、山形を思わせるサクランボを凍らせて添えた。竹島さんは今年の秋に関東に拠点を移し、モッツァレラのチーズを全国に発信する予定という。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

水牛モッツァレラチーズ職人・竹島英俊さんのアルバイト時代を支えたのは、「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフ。山形の店で働かせてもらい、料理人がチーズに何を求めているかを教わったという。奥田政行シェフの運営する東京・押上「ラ・ソラシド」にチーズが届き、シェフと弟子たちが試食した。

 (イタリアン、バイキング、ワインバー)

「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

水牛モッツァレラチーズ職人・竹島英俊さんのアルバイト時代を支えたのは、「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフ。山形の店で働かせてもらい、料理人がチーズに何を求めているかを教わったという。奥田政行シェフの運営する東京・押上「ラ・ソラシド」にチーズが届き、シェフと弟子たちが試食した。

 (イタリアン、パスタ、ピザ)

「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

モッツァレラチーズ

水牛モッツァレラチーズ職人・竹島英俊さんのアルバイト時代を支えたのは、「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフ。山形の店で働かせてもらい、料理人がチーズに何を求めているかを教わったという。奥田政行シェフの運営する東京・押上「ラ・ソラシド」にチーズが届き、シェフと弟子たちが試食した。


共働学舎 新得農場

北海道・新得町の水牛モッツァレラチーズ職人のチーズ作りを取材。「共働学舎 新得農場」の一角を間借りしてチーズを作っている。本場と同じ水牛の乳を使っているほか、熟練の技で発酵の度合いを見極め、酸味の強すぎない絶妙の味わい、歯ごたえと汁のあふれる食感を生み出すという。


「食彩の王国」で紹介された料理レシピ

豚バラモッツァレラ巻きのバター醤油焼き

キムチの素漬けの「漬けモッツァレラ」の作り方を紹介。丸いかたまりのモッツァレラチーズを用意し、袋に入れてキムチの素、少量の水を加え、軽くもみ込んでなじませ、冷蔵庫でひと晩。味は口にした瞬間は程よい酸味の甘辛味、後からうま味が感じられるという。アレンジレシピとしてはご飯に包み、キムチの素と醤油を塗って焼くと「焼きチーズおにぎり」に。チーズを豚バラで巻いてバターで焼き、醤油を絡めれば「豚バラモッツァレラ巻きのバター醤油焼き」。


「食彩の王国」で紹介された料理レシピ

焼きチーズおにぎり

キムチの素漬けの「漬けモッツァレラ」の作り方を紹介。丸いかたまりのモッツァレラチーズを用意し、袋に入れてキムチの素、少量の水を加え、軽くもみ込んでなじませ、冷蔵庫でひと晩。味は口にした瞬間は程よい酸味の甘辛味、後からうま味が感じられるという。アレンジレシピとしてはご飯に包み、キムチの素と醤油を塗って焼くと「焼きチーズおにぎり」に。チーズを豚バラで巻いてバターで焼き、醤油を絡めれば「豚バラモッツァレラ巻きのバター醤油焼き」。


「食彩の王国」で紹介された料理レシピ

漬けモッツァレラ

キムチの素漬けの「漬けモッツァレラ」の作り方を紹介。丸いかたまりのモッツァレラチーズを用意し、袋に入れてキムチの素、少量の水を加え、軽くもみ込んでなじませ、冷蔵庫でひと晩。味は口にした瞬間は程よい酸味の甘辛味、後からうま味が感じられるという。アレンジレシピとしてはご飯に包み、キムチの素と醤油を塗って焼くと「焼きチーズおにぎり」に。チーズを豚バラで巻いてバターで焼き、醤油を絡めれば「豚バラモッツァレラ巻きのバター醤油焼き」。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズはピッツァに使われるチーズとしても知られる。中目黒「ピッツェリア・エ・トラットリア ダ・イーサ」から代表的なピッツァのマルゲリータを紹介した。

モッツァレラチーズを使った変わり種料理を紹介。発酵食品に詳しい料理研究家の五十嵐ゆかりさんは「漬けモッツァレラ」のレシピを公開している。キムチの素のほか、醤油、味噌、ポン酢、焼肉のタレ、ナンプラーなどの味にできるそう。

キムチの素漬けの「漬けモッツァレラ」の作り方を紹介。丸いかたまりのモッツァレラチーズを用意し、袋に入れてキムチの素、少量の水を加え、軽くもみ込んでなじませ、冷蔵庫でひと晩。味は口にした瞬間は程よい酸味の甘辛味、後からうま味が感じられるという。アレンジレシピとしてはご飯に包み、キムチの素と醤油を塗って焼くと「焼きチーズおにぎり」に。チーズを豚バラで巻いてバターで焼き、醤油を絡めれば「豚バラモッツァレラ巻きのバター醤油焼き」。

北海道・新得町の水牛モッツァレラチーズ職人のチーズ作りを取材。「共働学舎 新得農場」の一角を間借りしてチーズを作っている。本場と同じ水牛の乳を使っているほか、熟練の技で発酵の度合いを見極め、酸味の強すぎない絶妙の味わい、歯ごたえと汁のあふれる食感を生み出すという。

竹島英俊さんは30歳で水牛のチーズの存在を知り、イタリアに渡り3年間修業。宮崎県に拠点を構えて生産を始めたが、口蹄疫の発生で水牛が全頭処分となった。アルバイトを7年間続けて資金を貯め、北海道で水牛10頭を育ててのチーズ作りを再開させたという。


2017年12月 2018年01月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「食彩の王国」で紹介されたすべての情報
  • 「食彩の王国」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「食彩の王国」で紹介された音楽・CD
  • 「食彩の王国」で紹介された映画・DVD
  • 「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報
  • 「食彩の王国」で紹介された料理レシピ
  • 「食彩の王国」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「食彩の王国」で紹介された観光・地域情報
  • 「食彩の王国」で紹介されたイベント情報
  • 「食彩の王国」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する