テレビ紹介情報

「食彩の王国」で紹介された情報

「食彩の王国 〜新たまねぎ〜」 2017年3月4日(土)放送内容「食彩の王国 〜スペシャル〜薬師丸ひろ子が行くもてなし宿の食材物語〜」 2017年3月18日(土)放送内容

「食彩の王国」 2017年3月11日(土)放送内容

『赤ムツ』
2017年3月11日(土) 09:30〜09:55 テレビ朝日
【声の出演】 薬師丸ひろ子
【その他】 荒木邦彦 , 阿比留辰徳 , 高田清志 , 西山玉恵 , 斉藤裕美 , 惣島富美子 , 渡邊裕一 , 渡部博 , 築城稔 , 早田真路 , 権藤光男 , 笹島保弘

食彩の王国

「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

ノドグロ

長崎県の対馬でとれる高級魚・ノドグロを紹介。対馬市上県町・鹿見漁港での水揚げ、市場スタッフの声などを紹介した。ノドグロははえ縄漁で、サバの切り身をえさにして行われる。

市場にあがったノドグロを、地元の漁師の奥さんたちが料理してくれた。しょうゆやみりんなどで簡単に味付けした「ノドグロの煮付け」は、身から出るだしのうま味ととろけるような口当たりが楽しめる。鍋料理の「いりやき鍋」は他にも旬の魚を使う。

ノドグロの正式名称はアカムツ。以前は注目されない魚で、取れても別の魚のえさにしていたという。新潟や金沢で高値で取引されていたことが知られ、2005年に「紅瞳」と名付けてブランド化した。

東京・銀座のノドグロ料理専門店「銀座 中俣」から、対馬産のノドグロを使った料理を紹介。店長は、旨味の深みと身の厚さなどから「紅瞳」を主に使っていると話す。「のどぐろの姿造り」「のどぐろ姿塩焼き」などのメニューを紹介した。

東京でも魚屋などでノドグロがみられるようになった。練馬区「魚屋シュン」の売り場を紹介した。店主は、錦織圭選手が好物として取り上げたことから知名度が上がったと答えた。2014年の全米オープン準優勝後の帰国時の会見で語っている。

横浜市青葉区の回転寿司「金沢まいもん寿司たまプラーザ店」からノドグロを紹介。利用客は、高いが美味しくてつい手が出てしまうと答えた。

長崎・対馬に戻り、「ふれあい処つしま」から新たな名産品を紹介。地元の水産会社は干物を作り、「対馬早田流 のどぐろの開き」として売り出した。観光協会職員は、入荷するたびに品切れになる、都内からのお取り寄せが多いと答えた。

製造元の水産加工会社「真心水産」を取材。代表の早田さんは干物に加工することを思いついたが失敗が続いたという。「対馬の灘塩工房」の塩職人・権藤光男さんは地元で「塩爺」と呼ばれ、海藻と煮詰める昔ながらの製法で「藻塩」を作っている。これを使って味付けし、独特の甘味をもった味の干物ができたという。早田さんは製品をアピールするため、みずから動画を作ってYouTubeに投稿している。

「真心水産」代表の早田さんが、フライパンで干物をおいしく焼く方法を教えてくれた。身をほぐしてから酢や野菜と和えて酢のものにする、小松菜と炒め物にするなどしても美味しいそう。

真心水産・代表の早田さんはその後、東京・丸の内「イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフのもとを訪れた。京都を拠点に斬新な料理を生み続けるなど活動してきたという。


鹿見漁港

長崎県の対馬でとれる高級魚・ノドグロを紹介。対馬市上県町・鹿見漁港での水揚げ、市場スタッフの声などを紹介した。ノドグロははえ縄漁で、サバの切り身をえさにして行われる。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

紅瞳

ノドグロの正式名称はアカムツ。以前は注目されない魚で、取れても別の魚のえさにしていたという。新潟や金沢で高値で取引されていたことが知られ、2005年に「紅瞳」と名付けてブランド化した。

東京・銀座のノドグロ料理専門店「銀座 中俣」から、対馬産のノドグロを使った料理を紹介。店長は、旨味の深みと身の厚さなどから「紅瞳」を主に使っていると話す。「のどぐろの姿造り」「のどぐろ姿塩焼き」などのメニューを紹介した。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

アカムツ

ノドグロの正式名称はアカムツ。以前は注目されない魚で、取れても別の魚のえさにしていたという。新潟や金沢で高値で取引されていたことが知られ、2005年に「紅瞳」と名付けてブランド化した。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

銀座 中俣

東京・銀座のノドグロ料理専門店「銀座 中俣」から、対馬産のノドグロを使った料理を紹介。店長は、旨味の深みと身の厚さなどから「紅瞳」を主に使っていると話す。「のどぐろの姿造り」「のどぐろ姿塩焼き」などのメニューを紹介した。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

のどぐろの姿造り

東京・銀座のノドグロ料理専門店「銀座 中俣」から、対馬産のノドグロを使った料理を紹介。店長は、旨味の深みと身の厚さなどから「紅瞳」を主に使っていると話す。「のどぐろの姿造り」「のどぐろ姿塩焼き」などのメニューを紹介した。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

のどぐろ姿塩焼き

東京・銀座のノドグロ料理専門店「銀座 中俣」から、対馬産のノドグロを使った料理を紹介。店長は、旨味の深みと身の厚さなどから「紅瞳」を主に使っていると話す。「のどぐろの姿造り」「のどぐろ姿塩焼き」などのメニューを紹介した。


魚屋シュン

東京でも魚屋などでノドグロがみられるようになった。練馬区「魚屋シュン」の売り場を紹介した。店主は、錦織圭選手が好物として取り上げたことから知名度が上がったと答えた。2014年の全米オープン準優勝後の帰国時の会見で語っている。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

金沢まいもん寿司たまプラーザ店

横浜市青葉区の回転寿司「金沢まいもん寿司たまプラーザ店」からノドグロを紹介。利用客は、高いが美味しくてつい手が出てしまうと答えた。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

東京・中目黒、中目黒駅高架下の再開発地域にある「NODOGUROYA KAKIEMON」はノドグロ料理専門店。看板メニューから姿揚げにして煮付けた「のどぐろ潮煮」、「炙りのどぐろ棒鮨」などを紹介した。利用客は、高くてとっつきにくいイメージがあったが手軽に味わえると答えた。

 (居酒屋、魚介料理・海鮮料理、バル・バール)

「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

のどぐろ潮煮

東京・中目黒、中目黒駅高架下の再開発地域にある「NODOGUROYA KAKIEMON」はノドグロ料理専門店。看板メニューから姿揚げにして煮付けた「のどぐろ潮煮」、「炙りのどぐろ棒鮨」などを紹介した。利用客は、高くてとっつきにくいイメージがあったが手軽に味わえると答えた。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

炙りのどぐろ棒鮨

東京・中目黒、中目黒駅高架下の再開発地域にある「NODOGUROYA KAKIEMON」はノドグロ料理専門店。看板メニューから姿揚げにして煮付けた「のどぐろ潮煮」、「炙りのどぐろ棒鮨」などを紹介した。利用客は、高くてとっつきにくいイメージがあったが手軽に味わえると答えた。


ふれあい処つしま

長崎・対馬に戻り、「ふれあい処つしま」から新たな名産品を紹介。地元の水産会社は干物を作り、「対馬早田流 のどぐろの開き」として売り出した。観光協会職員は、入荷するたびに品切れになる、都内からのお取り寄せが多いと答えた。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

対馬早田流 のどぐろの開き

長崎・対馬に戻り、「ふれあい処つしま」から新たな名産品を紹介。地元の水産会社は干物を作り、「対馬早田流 のどぐろの開き」として売り出した。観光協会職員は、入荷するたびに品切れになる、都内からのお取り寄せが多いと答えた。

製造元の水産加工会社「真心水産」を取材。代表の早田さんは干物に加工することを思いついたが失敗が続いたという。「対馬の灘塩工房」の塩職人・権藤光男さんは地元で「塩爺」と呼ばれ、海藻と煮詰める昔ながらの製法で「藻塩」を作っている。これを使って味付けし、独特の甘味をもった味の干物ができたという。早田さんは製品をアピールするため、みずから動画を作ってYouTubeに投稿している。

「真心水産」代表の早田さんが、フライパンで干物をおいしく焼く方法を教えてくれた。身をほぐしてから酢や野菜と和えて酢のものにする、小松菜と炒め物にするなどしても美味しいそう。

真心水産・代表の早田さんはその後、東京・丸の内「イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフのもとを訪れた。京都を拠点に斬新な料理を生み続けるなど活動してきたという。


真心水産

製造元の水産加工会社「真心水産」を取材。代表の早田さんは干物に加工することを思いついたが失敗が続いたという。「対馬の灘塩工房」の塩職人・権藤光男さんは地元で「塩爺」と呼ばれ、海藻と煮詰める昔ながらの製法で「藻塩」を作っている。これを使って味付けし、独特の甘味をもった味の干物ができたという。早田さんは製品をアピールするため、みずから動画を作ってYouTubeに投稿している。

「真心水産」代表の早田さんが、フライパンで干物をおいしく焼く方法を教えてくれた。身をほぐしてから酢や野菜と和えて酢のものにする、小松菜と炒め物にするなどしても美味しいそう。

真心水産・代表の早田さんはその後、東京・丸の内「イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフのもとを訪れた。京都を拠点に斬新な料理を生み続けるなど活動してきたという。


対馬の灘塩工房

製造元の水産加工会社「真心水産」を取材。代表の早田さんは干物に加工することを思いついたが失敗が続いたという。「対馬の灘塩工房」の塩職人・権藤光男さんは地元で「塩爺」と呼ばれ、海藻と煮詰める昔ながらの製法で「藻塩」を作っている。これを使って味付けし、独特の甘味をもった味の干物ができたという。早田さんは製品をアピールするため、みずから動画を作ってYouTubeに投稿している。


YouTube

製造元の水産加工会社「真心水産」を取材。代表の早田さんは干物に加工することを思いついたが失敗が続いたという。「対馬の灘塩工房」の塩職人・権藤光男さんは地元で「塩爺」と呼ばれ、海藻と煮詰める昔ながらの製法で「藻塩」を作っている。これを使って味付けし、独特の甘味をもった味の干物ができたという。早田さんは製品をアピールするため、みずから動画を作ってYouTubeに投稿している。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

真心水産・代表の早田さんはその後、東京・丸の内「イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフのもとを訪れた。京都を拠点に斬新な料理を生み続けるなど活動してきたという。

 (イタリアン)

CM

食彩の王国

「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

対馬早田流 のどぐろの開き

真心水産・代表の早田さんがノドグロの干物を「イル ギオットーネ 丸の内店」に持ち込み、笹島保弘シェフに創作料理を作ってもらった。ノドグロの油の旨味は、火で炙るなどして加熱するとより旨味が引き立つという。1品目は、炙ってから春の野菜とともにシートで包み、フライパンで間接的に加熱した包み焼き「ノドグロのカルトッチョ」。家庭でもアルミホイルに包んで作れるそう。2品目はノドグロの干物を材料とした。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

ノドグロ

真心水産・代表の早田さんがノドグロの干物を「イル ギオットーネ 丸の内店」に持ち込み、笹島保弘シェフに創作料理を作ってもらった。ノドグロの油の旨味は、火で炙るなどして加熱するとより旨味が引き立つという。1品目は、炙ってから春の野菜とともにシートで包み、フライパンで間接的に加熱した包み焼き「ノドグロのカルトッチョ」。家庭でもアルミホイルに包んで作れるそう。2品目はノドグロの干物を材料とした。


真心水産

真心水産・代表の早田さんがノドグロの干物を「イル ギオットーネ 丸の内店」に持ち込み、笹島保弘シェフに創作料理を作ってもらった。ノドグロの油の旨味は、火で炙るなどして加熱するとより旨味が引き立つという。1品目は、炙ってから春の野菜とともにシートで包み、フライパンで間接的に加熱した包み焼き「ノドグロのカルトッチョ」。家庭でもアルミホイルに包んで作れるそう。2品目はノドグロの干物を材料とした。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

真心水産・代表の早田さんがノドグロの干物を「イル ギオットーネ 丸の内店」に持ち込み、笹島保弘シェフに創作料理を作ってもらった。ノドグロの油の旨味は、火で炙るなどして加熱するとより旨味が引き立つという。1品目は、炙ってから春の野菜とともにシートで包み、フライパンで間接的に加熱した包み焼き「ノドグロのカルトッチョ」。家庭でもアルミホイルに包んで作れるそう。2品目はノドグロの干物を材料とした。

 (イタリアン)

CM

食彩の王国

「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

対馬早田流 のどぐろの開き

「イル ギオットーネ 丸の内店」の笹島保弘シェフのイタリアンシェフが、ノドグロで創作料理を作る。2品目は大根をスライサーで細切りにし、パスタと干物の身とからめた。仕上げにはノドグロのだしを泡立てたものを添え「ノドグロの干物のペペロンチーノ」に。干物を作った真心水産・早田さんに2品を味わってもらった。生産者は食材の可能性を感じた、シェフは心に響く料理を作っていきたいと答えた。


「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報

ノドグロ

「イル ギオットーネ 丸の内店」の笹島保弘シェフのイタリアンシェフが、ノドグロで創作料理を作る。2品目は大根をスライサーで細切りにし、パスタと干物の身とからめた。仕上げにはノドグロのだしを泡立てたものを添え「ノドグロの干物のペペロンチーノ」に。干物を作った真心水産・早田さんに2品を味わってもらった。生産者は食材の可能性を感じた、シェフは心に響く料理を作っていきたいと答えた。


真心水産

「イル ギオットーネ 丸の内店」の笹島保弘シェフのイタリアンシェフが、ノドグロで創作料理を作る。2品目は大根をスライサーで細切りにし、パスタと干物の身とからめた。仕上げにはノドグロのだしを泡立てたものを添え「ノドグロの干物のペペロンチーノ」に。干物を作った真心水産・早田さんに2品を味わってもらった。生産者は食材の可能性を感じた、シェフは心に響く料理を作っていきたいと答えた。


「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店

「イル ギオットーネ 丸の内店」の笹島保弘シェフのイタリアンシェフが、ノドグロで創作料理を作る。2品目は大根をスライサーで細切りにし、パスタと干物の身とからめた。仕上げにはノドグロのだしを泡立てたものを添え「ノドグロの干物のペペロンチーノ」に。干物を作った真心水産・早田さんに2品を味わってもらった。生産者は食材の可能性を感じた、シェフは心に響く料理を作っていきたいと答えた。

 (イタリアン)

CM

「食彩の王国 〜新たまねぎ〜」 2017年3月4日(土)放送内容「食彩の王国 〜スペシャル〜薬師丸ひろ子が行くもてなし宿の食材物語〜」 2017年3月18日(土)放送内容

2017年02月 2017年03月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「食彩の王国」で紹介されたすべての情報
  • 「食彩の王国」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「食彩の王国」で紹介された音楽・CD
  • 「食彩の王国」で紹介された映画・DVD
  • 「食彩の王国」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「食彩の王国」で紹介されたグルメ情報
  • 「食彩の王国」で紹介された料理レシピ
  • 「食彩の王国」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「食彩の王国」で紹介された観光・地域情報
  • 「食彩の王国」で紹介されたイベント情報
  • 「食彩の王国」で紹介された雑学・豆知識