ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > お願い!ランキング
テレビ紹介情報

「お願い!ランキング」で紹介された情報

「お願い!ランキング」で紹介されたすべての情報 ( 3648 / 3648 ページ )

お願い!ランキング公式アカウント

若手実力派芸人7組が芸人バトル!視聴者によるLINEでガチンコ判定。参加方法はお願い!ランキング公式アカウントを友達登録し、投票画面を開き面白い芸人をタップするだけ。3月1日のお願い!ランキングで決勝戦を行う。

第一試合 うしろシティがネタ「不良」を披露。投票はLINEのお願いランキング公式アカウントに友達登録。


「お願い!ランキング」で紹介された音楽・CD

エンディングテーマ:SHINee『Winter Wonderland』 テレ朝サウンドで好評配信中!

「Winter Wonderland(通常盤)」

Amazon.co.jp


ROBOT ROBOT

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は中野ブロードウェイでリサーチをし、「ROBOT ROBOT 2号店」でミュータント・タートルズに注目した。「インインク」の井上薫代表は店内のアイテムをくまなく調査、1番注目したのは客との距離と食材だった。2社がデザインをプレゼンした。


「お願い!ランキング」で紹介されたレストラン・飲食店

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は中野ブロードウェイでリサーチをし、「ROBOT ROBOT 2号店」でミュータント・タートルズに注目した。「インインク」の井上薫代表は店内のアイテムをくまなく調査、1番注目したのは客との距離と食材だった。2社がデザインをプレゼンした。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。結果発表で、「パンクドランカーズ」が勝利。


ユザワヤ

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「インインク」の井上薫代表は練習場のアイテムをくまなく調査、1番注目したのはリングサイドのクッションの傷とスポットライトだった。さらに井上代表はユザワヤでアイテム探しを行った。


中野ブロードウェイ

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は選手に聞き取り取材。里美は1000種類の中からお気に入りのキャラを選んでもらった。さらに里美は中野ブロードウェイでリサーチをし、超人墓場でキン肉マンに注目した。アイスリボンは客層が男性30代〜40代だったとした。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は中野ブロードウェイでリサーチをし、「ROBOT ROBOT 2号店」でミュータント・タートルズに注目した。「インインク」の井上薫代表は店内のアイテムをくまなく調査、1番注目したのは客との距離と食材だった。2社がデザインをプレゼンした。


超人墓場

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は選手に聞き取り取材。里美は1000種類の中からお気に入りのキャラを選んでもらった。さらに里美は中野ブロードウェイでリサーチをし、超人墓場でキン肉マンに注目した。アイスリボンは客層が男性30代〜40代だったとした。


インインク

業界のライバル同士が激突する企画。今回のテーマは「Tシャツデザイン」。対決するのは個性的なキャラクターデザインでケンドーコバヤシらも愛用している「パンクドランカーズ」と仕掛けTシャツが話題の「インインク」。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は選手に聞き取り取材。里美は1000種類の中からお気に入りのキャラを選んでもらった。さらに里美は中野ブロードウェイでリサーチをし、超人墓場でキン肉マンに注目した。アイスリボンは客層が男性30代〜40代だったとした。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「インインク」の井上薫代表は練習場のアイテムをくまなく調査、1番注目したのはリングサイドのクッションの傷とスポットライトだった。さらに井上代表はユザワヤでアイテム探しを行った。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、リクエストは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」だった。2社がデザインをプレゼンした。「パンクドランカーズ」の里美親美社長はロゴのアイスが擬人化されて女子プロレスラー風になった。リボンの結び目が握手にし、団結力を表現。さらに着ぐるみでセコンドに登場させることができるとした。「インインク」の井上薫代表はTシャツの傷が暗いところで光るように細工した。バックプリントにリボンが仕掛けられていた。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、リクエストは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」だった。結果発表で、「パンクドランカーズ」が勝利。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は中野ブロードウェイでリサーチをし、「ROBOT ROBOT 2号店」でミュータント・タートルズに注目した。「インインク」の井上薫代表は店内のアイテムをくまなく調査、1番注目したのは客との距離と食材だった。2社がデザインをプレゼンした。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。結果発表で、「パンクドランカーズ」が勝利。


パンクドランカーズ

業界のライバル同士が激突する企画。今回のテーマは「Tシャツデザイン」。対決するのは個性的なキャラクターデザインでケンドーコバヤシらも愛用している「パンクドランカーズ」と仕掛けTシャツが話題の「インインク」。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は選手に聞き取り取材。里美は1000種類の中からお気に入りのキャラを選んでもらった。さらに里美は中野ブロードウェイでリサーチをし、超人墓場でキン肉マンに注目した。アイスリボンは客層が男性30代〜40代だったとした。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、取締役の藤本つかささんは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」とした。「インインク」の井上薫代表は練習場のアイテムをくまなく調査、1番注目したのはリングサイドのクッションの傷とスポットライトだった。さらに井上代表はユザワヤでアイテム探しを行った。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、リクエストは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」だった。2社がデザインをプレゼンした。「パンクドランカーズ」の里美親美社長はロゴのアイスが擬人化されて女子プロレスラー風になった。リボンの結び目が握手にし、団結力を表現。さらに着ぐるみでセコンドに登場させることができるとした。「インインク」の井上薫代表はTシャツの傷が暗いところで光るように細工した。バックプリントにリボンが仕掛けられていた。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。1回戦の依頼人は女子プロ団体「アイスリボン」で、リクエストは「インパクトのあり、選手が団結できるもの」だった。結果発表で、「パンクドランカーズ」が勝利。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。「パンクドランカーズ」の里美親美社長は中野ブロードウェイでリサーチをし、「ROBOT ROBOT 2号店」でミュータント・タートルズに注目した。「インインク」の井上薫代表は店内のアイテムをくまなく調査、1番注目したのは客との距離と食材だった。2社がデザインをプレゼンした。

業界のライバル同士が激突する企画、今回のテーマは「Tシャツデザイン」だった。対決するのは「パンクドランカーズ」と「インインク」2社だった。2回戦の依頼人は三軒茶屋の元祖カレータンタン麺「カレタン」三軒茶屋店で、リクエストは「赤と黄色で、目を引くもの」だった。結果発表で、「パンクドランカーズ」が勝利。


AbemaTV

紀真耶アナと木曜レギュラーを務める平成ノブシコブシが挨拶。さらにAbemaTVでも配信中!番組チャンネルではスレンダーFカップによる「No.1いいねバトル」を行なっている。


2017年01月 2017年02月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
  • 「お願い!ランキング」で紹介されたすべての情報
  • 「お願い!ランキング」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「お願い!ランキング」で紹介された音楽・CD
  • 「お願い!ランキング」で紹介された映画・DVD
  • 「お願い!ランキング」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「お願い!ランキング」で紹介されたグルメ情報
  • 「お願い!ランキング」で紹介された料理レシピ
  • 「お願い!ランキング」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「お願い!ランキング」で紹介された観光・地域情報
  • 「お願い!ランキング」で紹介されたイベント情報
  • 「お願い!ランキング」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する