ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 林修の今でしょ!講座
テレビ紹介情報

「林修の今でしょ!講座」で紹介された情報

「林修の今でしょ!講座」で紹介されたすべての情報 ( 383 / 383 ページ )

国立がん研究センター

大腸がんになりにくいのは女性。国立がん研究センターの統計によると、大腸がん患者数は男性が約77000人、女性が約57000人となっている。大腸がんの原因は、主に食生活と生活習慣。遺伝的要素は少ないが、様々な物が影響して大腸がんになる。女性が大腸がんになりにくい理由は、まだ分かっていない。


大腸がん

大腸がんになりにくいのは女性。国立がん研究センターの統計によると、大腸がん患者数は男性が約77000人、女性が約57000人となっている。大腸がんの原因は、主に食生活と生活習慣。遺伝的要素は少ないが、様々な物が影響して大腸がんになる。女性が大腸がんになりにくい理由は、まだ分かっていない。


大腸がん

大腸がんになりにくいのは、男性と女性のどちらなのか。


脳血管性認知症

脳血管性認知症になりにくいのは女性。男性の飲酒・喫煙などの生活習慣が、脳血管性認知症のリスクを高めているという。女性も生活習慣次第では、脳血管性認知症になりやすい。生活習慣を改善すれば、男性も女性も脳血管性認知症を妨げることができる。


脳血管性認知症

脳の血管が障害を起こし、脳細胞がダメージを受け発症する脳血管性認知症。脳血管性認知症になりにくいのは、男性と女性のどちらなのか。


骨粗しょう症

更年期以降の女性の脳卒中には、3つのサインがある。1つ目は体重の増加。脂質代謝が悪化し悪玉コレステロールも増加することで、体重が増加傾向になる。2つ目は赤ら顔。月経がなくなると赤血球が増え、血管トラブルが起きやすい。3つ目が、身長が1〜2cm縮むこと。骨粗しょう症で身長が縮んで前かがみになり、心肺が圧迫され脳へ送られる酸素が減少する。


脳卒中

更年期以降の女性の脳卒中には、3つのサインがある。1つ目は体重の増加。脂質代謝が悪化し悪玉コレステロールも増加することで、体重が増加傾向になる。2つ目は赤ら顔。月経がなくなると赤血球が増え、血管トラブルが起きやすい。3つ目が、身長が1〜2cm縮むこと。骨粗しょう症で身長が縮んで前かがみになり、心肺が圧迫され脳へ送られる酸素が減少する。


くも膜下出血

脳卒中になりにくいのは男性。女性ホルモンには出血を止める働きがあり、血液を固めやすく血管トラブルを引き起こすことがある。さらに女性が脳卒中になりやすいもう1つの原因が、更年期からの急激な体質変化。更年期の脳卒中には、3つのサインがある。


脳卒中

日本人の死因第4位の脳卒中。脳卒中になりにくいのは、男性と女性のどちらなのか。

脳卒中になりにくいのは男性。女性ホルモンには出血を止める働きがあり、血液を固めやすく血管トラブルを引き起こすことがある。さらに女性が脳卒中になりやすいもう1つの原因が、更年期からの急激な体質変化。更年期の脳卒中には、3つのサインがある。


「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報

きな粉

胃酸の働きを弱めるオススメの飲み物として、きな粉ホットミルクを紹介。牛乳はアルカリ性食品で、胃酸の酸を弱める。さらに牛乳のたんぱく質ときな粉のたんぱく質は胃壁を保護し、ホットミルクで胃を温めることで胃の負担を軽減する。


2017年04月 2017年05月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたすべての情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された音楽・CD
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された映画・DVD
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された料理レシピ
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された観光・地域情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたイベント情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する