ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 週刊ニュースリーダー
テレビ紹介情報

「週刊ニュースリーダー」で紹介された情報

「週刊ニュースリーダー」で紹介されたすべての情報 ( 621 / 621 ページ )

番組へのご意見

テロップ:番組へのご意見・ご感想は番組HPまで


「週刊ニュースリーダー」で紹介されたイベント情報

スピードスケートW杯

石原良純らによるエンディングトーク。石原は「もうオリンピックも明日まで。まだカーリングもマススタートも気になる」などと話す。日本勢が2人決勝に残ると、連携して滑るかもしれないなどと話した。


「週刊ニュースリーダー」で紹介されたイベント情報

スピードスケートW杯

平昌オリンピックで新種目「マススタート」に高木菜那・佐藤綾乃が出場することをスタジオ解説。この競技だが1周400メートルを16周行い1回戦は2組みで12人が同時にスタートする種目になっている。そこで参考のために去年12月のソルトレイクシティーでのスピードスケートW杯の試合映像が流れたがマラソンのように選手がスタート地点に大勢いてこの中でのスタートとなる。だが1周目は安全対策として加速は禁止ということで選手達はゆっくり滑っていて、すぐに1列状態になるが必ずしも先頭が有利ではなくパシュートもそうだったが風よけにしたほうがいい部分があるという。又、4周ごとに中間得点というものもあり、選手は団子状態で滑走するがやはり密集していることから接触転倒するケースも多い競技となっている。だがやはり1〜3位の順位はこの得点は影響せず競い合うといい、両選手は去年のこの種目の大会では1〜3位の成績があることから期待ができるとしていた。


「週刊ニュースリーダー」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

平昌オリンピックで新種目「マススタート」に高木菜那・佐藤綾乃が出場することをスタジオ解説。この競技だが1周400メートルを16周行い1回戦は2組みで12人が同時にスタートする種目になっている。そこで参考のために去年12月のソルトレイクシティーでのスピードスケートW杯の試合映像が流れたがマラソンのように選手がスタート地点に大勢いてこの中でのスタートとなる。だが1周目は安全対策として加速は禁止ということで選手達はゆっくり滑っていて、すぐに1列状態になるが必ずしも先頭が有利ではなくパシュートもそうだったが風よけにしたほうがいい部分があるという。又、4周ごとに中間得点というものもあり、選手は団子状態で滑走するがやはり密集していることから接触転倒するケースも多い競技となっている。だがやはり1〜3位の順位はこの得点は影響せず競い合うといい、両選手は去年のこの種目の大会では1〜3位の成績があることから期待ができるとしていた。


「週刊ニュースリーダー」で紹介された音楽・CD

1461日

平昌オリンピックテーマソング福山雅治「1461日」が流れた。


「週刊ニュースリーダー」で紹介されたグルメ情報

サムギョプサル

スピードスケート女子パシュートで勝利となった日本だがその前の決勝進出に貢献したのは30歳の菊池彩花選手だった。最年長の菊池選手は170センチの大柄で高木姉妹のために大きい体を活かし「風よけ」を作っていたという。こうして実際に余力を残したことが決勝で影響するのだがこうしたことに菊池選手はインタビューで自分は五輪は最後なので高木姉妹の2人に決勝に行って最高の滑りをしてもらえるよう足を温存してもらいたいという気持ちだったと話していた。そして決勝では近くで応援することになるがこの菊池選手も5人姉妹だった。三女の悠希、五女の純礼はショートトラックで出場していて3姉妹が出場するのは日本の冬季五輪では初になるという。そしておとといのインタビューでは試合後に家族で夕食を食べたことを明かしていて、サムギョプサルでお祝いしてもらったことで号泣したことを話していた。


「週刊ニュースリーダー」で紹介されたイベント情報

ソチオリンピック

2位:「金メダル取ったよ」報告したかった…亡き友に涙。小平奈緒。小平は会見で、五輪開幕直前に亡くなった親友の住吉都選手の話になり、涙を流した。信州大学で同級生だった2人は前回のソチ五輪ではそろって出場を果たすも、共に不本意な結果に終わりリベンジを誓っていた。その後代表選考回に出場した住吉は代表の切符を逃していた。その時小平には「奈緒が金メダルを取ったら私が金メダルを取ったのと同じだと思う」と話してくれたという。小平は本当は本人の前で報告したかったができないのが残念と話した。小平は3月にカナダで行われる国際大会に出場する予定。


労働新聞

第3位:米朝会談を2時間前にドタキャン。金正恩委員長の妹・金与正氏。金正恩氏の妹は非道な政権の大黒柱。米・ペンス副大統領。南北融和の象徴ともいえるアイスホッケー女子の南北合同チームの最後の試合に、女性応援団は姿を現さなかった。韓国統一省によると、明日の閉会式にも出席するため宿泊先のホテルで公演か応援の練習をしていたという。その日の夕方、オリンピックプラザ内での演奏はキャンセルしたはずだが、急遽姿を現し演奏を始めた。金日成主席の直系親族として初めて韓国を訪問した金与正氏について、韓国メディアは妊娠中と伝えた。韓国連合ニュースは金与正氏は第2子を妊娠中で7か月前後だという。現在28歳だとみられる金与正氏はプライベートはほとんど公表されておらず、夫について「大学教授」「同級生」などと報じられているが事実関係はわかっていない。米・ペンス副大統領と金与正氏の極秘会談が予定されていたというが、当日の2時間前になり北朝鮮がキャンセルした。その理由についてホワイトハウスはペンス副大統領が北朝鮮への圧力や核・ミサイル問題に強い姿勢を示したためと分析している。ペンス副大統領は「金正恩氏の妹は地球で最も歌劇で非道な政権の大黒柱だ」などと批判した。北朝鮮の労働新聞ではアメリカを威嚇する記事が掲載されていた。


ワシントン・ポストHP

第3位:米朝会談を2時間前にドタキャン。金正恩委員長の妹・金与正氏。金正恩氏の妹は非道な政権の大黒柱。米・ペンス副大統領。南北融和の象徴ともいえるアイスホッケー女子の南北合同チームの最後の試合に、女性応援団は姿を現さなかった。韓国統一省によると、明日の閉会式にも出席するため宿泊先のホテルで公演か応援の練習をしていたという。その日の夕方、オリンピックプラザ内での演奏はキャンセルしたはずだが、急遽姿を現し演奏を始めた。金日成主席の直系親族として初めて韓国を訪問した金与正氏について、韓国メディアは妊娠中と伝えた。韓国連合ニュースは金与正氏は第2子を妊娠中で7か月前後だという。現在28歳だとみられる金与正氏はプライベートはほとんど公表されておらず、夫について「大学教授」「同級生」などと報じられているが事実関係はわかっていない。米・ペンス副大統領と金与正氏の極秘会談が予定されていたというが、当日の2時間前になり北朝鮮がキャンセルした。その理由についてホワイトハウスはペンス副大統領が北朝鮮への圧力や核・ミサイル問題に強い姿勢を示したためと分析している。ペンス副大統領は「金正恩氏の妹は地球で最も歌劇で非道な政権の大黒柱だ」などと批判した。北朝鮮の労働新聞ではアメリカを威嚇する記事が掲載されていた。


ワシントン・ポスト

第3位:米朝会談を2時間前にドタキャン。金正恩委員長の妹・金与正氏。金正恩氏の妹は非道な政権の大黒柱。米・ペンス副大統領。南北融和の象徴ともいえるアイスホッケー女子の南北合同チームの最後の試合に、女性応援団は姿を現さなかった。韓国統一省によると、明日の閉会式にも出席するため宿泊先のホテルで公演か応援の練習をしていたという。その日の夕方、オリンピックプラザ内での演奏はキャンセルしたはずだが、急遽姿を現し演奏を始めた。金日成主席の直系親族として初めて韓国を訪問した金与正氏について、韓国メディアは妊娠中と伝えた。韓国連合ニュースは金与正氏は第2子を妊娠中で7か月前後だという。現在28歳だとみられる金与正氏はプライベートはほとんど公表されておらず、夫について「大学教授」「同級生」などと報じられているが事実関係はわかっていない。米・ペンス副大統領と金与正氏の極秘会談が予定されていたというが、当日の2時間前になり北朝鮮がキャンセルした。その理由についてホワイトハウスはペンス副大統領が北朝鮮への圧力や核・ミサイル問題に強い姿勢を示したためと分析している。ペンス副大統領は「金正恩氏の妹は地球で最も歌劇で非道な政権の大黒柱だ」などと批判した。北朝鮮の労働新聞ではアメリカを威嚇する記事が掲載されていた。


2018年01月 2018年02月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介されたすべての情報
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介された音楽・CD
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介された映画・DVD
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介されたグルメ情報
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介された料理レシピ
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介された観光・地域情報
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介されたイベント情報
  • 「週刊ニュースリーダー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する