テレビ紹介情報

「日本のチカラ」で紹介された情報

「日本のチカラ」で紹介されたすべての情報 ( 156 / 156 ページ )

「日本のチカラ」で紹介された音楽・CD

まだ見ぬ人へ

エンディング曲 マシュー・ロー「まだ見ぬ人へ」


フォルモサ台湾

太鼓の祭典では全国各地から参加者が集った。台湾からもチームが参加し、長谷川義さんの作った曲を披露した。演奏の後、日本と台湾の友好を深めるためにこのような機会を与えられたことを感謝します。これからも毎年参加できればと語った。豊の国ゆふいん源流太鼓は最後に披露。長谷川義さんは湯布院の皆が支えてくれて、皆が応援してくれて今がある。皆に恩返しみたいなものと語った。


「日本のチカラ」で紹介されたイベント情報

第33回国民文化祭・おおいた 2018

太鼓の祭典では全国各地から参加者が集った。台湾からもチームが参加し、長谷川義さんの作った曲を披露した。演奏の後、日本と台湾の友好を深めるためにこのような機会を与えられたことを感謝します。これからも毎年参加できればと語った。豊の国ゆふいん源流太鼓は最後に披露。長谷川義さんは湯布院の皆が支えてくれて、皆が応援してくれて今がある。皆に恩返しみたいなものと語った。


「日本のチカラ」で紹介されたイベント情報

第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会

太鼓の祭典では全国各地から参加者が集った。台湾からもチームが参加し、長谷川義さんの作った曲を披露した。演奏の後、日本と台湾の友好を深めるためにこのような機会を与えられたことを感謝します。これからも毎年参加できればと語った。豊の国ゆふいん源流太鼓は最後に披露。長谷川義さんは湯布院の皆が支えてくれて、皆が応援してくれて今がある。皆に恩返しみたいなものと語った。


由布院いよとみ

太鼓を学ぶ人は台湾のからもいる。由布院いよとみに呂學韋さんは働きながら豊の国ゆふいん源流太鼓を学んでいる。冨永希一さんはサポートをできればと語り、特に台湾、香港、上海のお客さんが多いときには助かっていると語る。呂學韋さんは自分は下手だと感じるが、うまくなりたい、太鼓を打っているだけで幸せと語る。


「日本のチカラ」で紹介されたイベント情報

全九州和太鼓サマースクール

湯布院公民館では、豊の国ゆふいん源流太鼓のメンバーが週2回子供たちに指導を行っている。高森唯さんは憧れいていたので、そのメンバーに教えてもらうのはありがたいことと語る。第20回日本太鼓ジュニアコンクールで「三代目源流少年隊」が優勝を果たしている。子供たちを教えあう中、それを見守っている冨永希一さんは初代源流少年隊のメンバー。長谷川義さんい憧れがあったと語る。後継者の育成が目的ではなく、いざというときに100%から120%のちからが出せるように太鼓を通じてなってほしいと語る。さらに全九州和太鼓サマースクールが開催されるまでに広がった。講師は日本のトッププロ。長谷川さんは譜面をその場で書き、メンバーはそれを音にしていくという。


ゆふの丘プラザ

湯布院公民館では、豊の国ゆふいん源流太鼓のメンバーが週2回子供たちに指導を行っている。高森唯さんは憧れいていたので、そのメンバーに教えてもらうのはありがたいことと語る。第20回日本太鼓ジュニアコンクールで「三代目源流少年隊」が優勝を果たしている。子供たちを教えあう中、それを見守っている冨永希一さんは初代源流少年隊のメンバー。長谷川義さんい憧れがあったと語る。後継者の育成が目的ではなく、いざというときに100%から120%のちからが出せるように太鼓を通じてなってほしいと語る。さらに全九州和太鼓サマースクールが開催されるまでに広がった。講師は日本のトッププロ。長谷川さんは譜面をその場で書き、メンバーはそれを音にしていくという。


「日本のチカラ」で紹介されたイベント情報

第20回日本太鼓ジュニアコンクール

湯布院公民館では、豊の国ゆふいん源流太鼓のメンバーが週2回子供たちに指導を行っている。高森唯さんは憧れいていたので、そのメンバーに教えてもらうのはありがたいことと語る。第20回日本太鼓ジュニアコンクールで「三代目源流少年隊」が優勝を果たしている。子供たちを教えあう中、それを見守っている冨永希一さんは初代源流少年隊のメンバー。長谷川義さんい憧れがあったと語る。後継者の育成が目的ではなく、いざというときに100%から120%のちからが出せるように太鼓を通じてなってほしいと語る。さらに全九州和太鼓サマースクールが開催されるまでに広がった。講師は日本のトッププロ。長谷川さんは譜面をその場で書き、メンバーはそれを音にしていくという。


「日本のチカラ」で紹介されたイベント情報

第33回霧島高原 太鼓まつり

大分県由布市湯布院町の由布院温泉は全国あこがれ温泉地ランキング第1位に選ばれている。県内外から多くの観光客が訪れている。ここが「豊の国ゆふいん源流太鼓」のふるさと。代表の長谷川義さんは1979年に豊の国ゆふいん源流太鼓を創設。大分県中部地震の風評被害に立ち向かうために街を元気にする取り組みに関わっていた。その中に湯布院の音がないと思い、発信しようと思ったと語る。独学の動きで、創作和太鼓として全国で活躍。メンバーは仕事や学業との両立。出演料で運営をやりくりしているという。長谷川さんも有機そばを栽培している。豊の国ゆふいん源流太鼓の旋律はふるさとの旋律だという。メンバーは仕事を終えると夜に集まって練習を行っていたと語る。フィリピンやコスタリカなどの海外公演も成功させるが、存続の危機もあったという。長谷川準さんは移動も慣れた。週末になるといろんなところへ行けるから楽しいと語る。公演が終わるとスッと帰るという。


湯布院公民館

大分県由布市湯布院町の由布院温泉は全国あこがれ温泉地ランキング第1位に選ばれている。県内外から多くの観光客が訪れている。ここが「豊の国ゆふいん源流太鼓」のふるさと。代表の長谷川義さんは1979年に豊の国ゆふいん源流太鼓を創設。大分県中部地震の風評被害に立ち向かうために街を元気にする取り組みに関わっていた。その中に湯布院の音がないと思い、発信しようと思ったと語る。独学の動きで、創作和太鼓として全国で活躍。メンバーは仕事や学業との両立。出演料で運営をやりくりしているという。長谷川さんも有機そばを栽培している。豊の国ゆふいん源流太鼓の旋律はふるさとの旋律だという。メンバーは仕事を終えると夜に集まって練習を行っていたと語る。フィリピンやコスタリカなどの海外公演も成功させるが、存続の危機もあったという。長谷川準さんは移動も慣れた。週末になるといろんなところへ行けるから楽しいと語る。公演が終わるとスッと帰るという。

湯布院公民館では、豊の国ゆふいん源流太鼓のメンバーが週2回子供たちに指導を行っている。高森唯さんは憧れいていたので、そのメンバーに教えてもらうのはありがたいことと語る。第20回日本太鼓ジュニアコンクールで「三代目源流少年隊」が優勝を果たしている。子供たちを教えあう中、それを見守っている冨永希一さんは初代源流少年隊のメンバー。長谷川義さんい憧れがあったと語る。後継者の育成が目的ではなく、いざというときに100%から120%のちからが出せるように太鼓を通じてなってほしいと語る。さらに全九州和太鼓サマースクールが開催されるまでに広がった。講師は日本のトッププロ。長谷川さんは譜面をその場で書き、メンバーはそれを音にしていくという。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「日本のチカラ」で紹介されたすべての情報
  • 「日本のチカラ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「日本のチカラ」で紹介された音楽・CD
  • 「日本のチカラ」で紹介された映画・DVD
  • 「日本のチカラ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「日本のチカラ」で紹介されたグルメ情報
  • 「日本のチカラ」で紹介された料理レシピ
  • 「日本のチカラ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「日本のチカラ」で紹介された観光・地域情報
  • 「日本のチカラ」で紹介されたイベント情報
  • 「日本のチカラ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する