ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > ごはんジャパン
テレビ紹介情報

「ごはんジャパン」で紹介された情報

「ごはんジャパン」で紹介されたすべての情報 ( 249 / 249 ページ )

「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー

高木シェフが家族円満を願って作ったイチゴスイーツは熱々にした「きらぴ香」のソースを上からかけると白いドームの部分が溶けて中からケーキが出てきた。イチゴのガトーフレーズは2種類のイチゴと生クリームとクッキーを重ねてピスタチオのソースでアクセント。周りはきらぴ香で飾り冷たいシャーベットを乗せた。白いドームの正体はホワイトチョコ。完成したのが「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」で温と冷が愉しめる。ガトーフレーズを食べた匠は「おいしい!」と絶賛した。

東京・南青山のル パティシエ タカギで「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」のおいしさの秘密を徹底解明した。ガトーフレーズに使った「きらぴ香」は電子レンジでラップをしないで45秒加熱することでジャムように甘くなる。静岡県農林技術研究所で分析してもらうと加熱したものは糖度が1.1%増えて、酸度は少し減っていた。きらぴ香のソースは加熱することで香気成分が空気中に飛び出しより香りを感じやすく成る。匠のきらぴ香と息子の紅ほっぺを組み合わせた演出は家族構成、ホワイトチョコの丸いドームは家族円満をイメージしている。匠は息子に「期待しています。邪魔しないから」と話した。


「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

紅ほっぺ

高木シェフが家族円満を願って作ったイチゴスイーツは熱々にした「きらぴ香」のソースを上からかけると白いドームの部分が溶けて中からケーキが出てきた。イチゴのガトーフレーズは2種類のイチゴと生クリームとクッキーを重ねてピスタチオのソースでアクセント。周りはきらぴ香で飾り冷たいシャーベットを乗せた。白いドームの正体はホワイトチョコ。完成したのが「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」で温と冷が愉しめる。ガトーフレーズを食べた匠は「おいしい!」と絶賛した。

東京・南青山のル パティシエ タカギで「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」のおいしさの秘密を徹底解明した。ガトーフレーズに使った「きらぴ香」は電子レンジでラップをしないで45秒加熱することでジャムように甘くなる。静岡県農林技術研究所で分析してもらうと加熱したものは糖度が1.1%増えて、酸度は少し減っていた。きらぴ香のソースは加熱することで香気成分が空気中に飛び出しより香りを感じやすく成る。匠のきらぴ香と息子の紅ほっぺを組み合わせた演出は家族構成、ホワイトチョコの丸いドームは家族円満をイメージしている。匠は息子に「期待しています。邪魔しないから」と話した。


「ごはんジャパン」で紹介されたレストラン・飲食店

ル パティシエ タカギ

高木シェフが家族円満を願って作ったイチゴスイーツは熱々にした「きらぴ香」のソースを上からかけると白いドームの部分が溶けて中からケーキが出てきた。イチゴのガトーフレーズは2種類のイチゴと生クリームとクッキーを重ねてピスタチオのソースでアクセント。周りはきらぴ香で飾り冷たいシャーベットを乗せた。白いドームの正体はホワイトチョコ。完成したのが「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」で温と冷が愉しめる。ガトーフレーズを食べた匠は「おいしい!」と絶賛した。

東京・南青山のル パティシエ タカギで「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」のおいしさの秘密を徹底解明した。ガトーフレーズに使った「きらぴ香」は電子レンジでラップをしないで45秒加熱することでジャムように甘くなる。静岡県農林技術研究所で分析してもらうと加熱したものは糖度が1.1%増えて、酸度は少し減っていた。きらぴ香のソースは加熱することで香気成分が空気中に飛び出しより香りを感じやすく成る。匠のきらぴ香と息子の紅ほっぺを組み合わせた演出は家族構成、ホワイトチョコの丸いドームは家族円満をイメージしている。匠は息子に「期待しています。邪魔しないから」と話した。


「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

きらぴ香

高木シェフが家族円満を願って作ったイチゴスイーツは熱々にした「きらぴ香」のソースを上からかけると白いドームの部分が溶けて中からケーキが出てきた。イチゴのガトーフレーズは2種類のイチゴと生クリームとクッキーを重ねてピスタチオのソースでアクセント。周りはきらぴ香で飾り冷たいシャーベットを乗せた。白いドームの正体はホワイトチョコ。完成したのが「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」で温と冷が愉しめる。ガトーフレーズを食べた匠は「おいしい!」と絶賛した。

東京・南青山のル パティシエ タカギで「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」のおいしさの秘密を徹底解明した。ガトーフレーズに使った「きらぴ香」は電子レンジでラップをしないで45秒加熱することでジャムように甘くなる。静岡県農林技術研究所で分析してもらうと加熱したものは糖度が1.1%増えて、酸度は少し減っていた。きらぴ香のソースは加熱することで香気成分が空気中に飛び出しより香りを感じやすく成る。匠のきらぴ香と息子の紅ほっぺを組み合わせた演出は家族構成、ホワイトチョコの丸いドームは家族円満をイメージしている。匠は息子に「期待しています。邪魔しないから」と話した。


「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

イチゴ

高木シェフが家族円満を願って作ったイチゴスイーツは熱々にした「きらぴ香」のソースを上からかけると白いドームの部分が溶けて中からケーキが出てきた。イチゴのガトーフレーズは2種類のイチゴと生クリームとクッキーを重ねてピスタチオのソースでアクセント。周りはきらぴ香で飾り冷たいシャーベットを乗せた。白いドームの正体はホワイトチョコ。完成したのが「ガトーフレーズ・ショー・エ・フロアー」で温と冷が愉しめる。ガトーフレーズを食べた匠は「おいしい!」と絶賛した。


「ごはんジャパン」で紹介されたレストラン・飲食店

ル パティシエ タカギ

高木シェフは匠の「きらぴ香」の甘みと香りを凝縮した一品を作るという。息子の「紅ほっぺ」も使って親子円満スイーツを作った。真壁刀義は作業場でテーブルセッティングを行った。堀井家が揃ったところで高木シェフのスイーツが登場した。


「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

紅ほっぺ

匠の魂を受け継いでいるのが息子の和雅さん。匠のイチゴ作りを見て育った和雅さんだが、イチゴの栽培方法をめぐって親子の意見が対立している。匠の息子の和雅さんとお嫁さんの梓さんは「紅ほっぺ」を育てている。普段は紅ほっぺを使っているという高木さんは「酸味と甘みのバランスがいい」と話した。和雅さんは光合成を最優先して採算度外視でおいしさにこだわっている。

高木シェフは匠の「きらぴ香」の甘みと香りを凝縮した一品を作るという。息子の「紅ほっぺ」も使って親子円満スイーツを作った。真壁刀義は作業場でテーブルセッティングを行った。堀井家が揃ったところで高木シェフのスイーツが登場した。


ニホンマルハナバチ

育てるのが難しい「きらぴ香」は白ろう果により白い部分が残ってしまいやすく、生産者の心が折れてしまうという。匠はイチゴ栽培歴40年の経験と感性を発揮させ新たな試みを続けた。白ろう果を防いだのは根っこの水洗いで、余計な養分を洗い流すと元気な根が蘇った。二酸化炭素を葉っぱの近くに放出し光合成を活性化させた。ミツバチではなく活発なニホンマルハナバチを使用し、納得のいく実と収穫量を実現した。匠の妻・けい子さんは「新しいことに色々挑戦してくれる。思うようにいかなかったらイライラしている」と話した。


「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

きらぴ香

育てるのが難しい「きらぴ香」は白ろう果により白い部分が残ってしまいやすく、生産者の心が折れてしまうという。匠はイチゴ栽培歴40年の経験と感性を発揮させ新たな試みを続けた。白ろう果を防いだのは根っこの水洗いで、余計な養分を洗い流すと元気な根が蘇った。二酸化炭素を葉っぱの近くに放出し光合成を活性化させた。ミツバチではなく活発なニホンマルハナバチを使用し、納得のいく実と収穫量を実現した。匠の妻・けい子さんは「新しいことに色々挑戦してくれる。思うようにいかなかったらイライラしている」と話した。

匠の魂を受け継いでいるのが息子の和雅さん。匠のイチゴ作りを見て育った和雅さんだが、イチゴの栽培方法をめぐって親子の意見が対立している。匠の息子の和雅さんとお嫁さんの梓さんは「紅ほっぺ」を育てている。普段は紅ほっぺを使っているという高木さんは「酸味と甘みのバランスがいい」と話した。和雅さんは光合成を最優先して採算度外視でおいしさにこだわっている。

匠が新しいイチゴ作りに専念できるのも家族の支えのおかげ。実家は二世帯住宅で隣の作業場では女性たちがイチゴのパック詰めなどを行う。子供が熱を出しても休めないほど大忙し。午前5時、和雅さんはイチゴをトラックに積み込み取引先に向かう。真壁刀義はお父さんがきらぴ香に挑戦できたのはひと通りを息子に任せられるからで「そうじゃないと自分の新しいチャレンジをしないはずだよね」と話した。親子のライバル関係がおいしいイチゴを生み出していた。

高木シェフは匠の「きらぴ香」の甘みと香りを凝縮した一品を作るという。息子の「紅ほっぺ」も使って親子円満スイーツを作った。真壁刀義は作業場でテーブルセッティングを行った。堀井家が揃ったところで高木シェフのスイーツが登場した。


「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報

イチゴ

育てるのが難しい「きらぴ香」は白ろう果により白い部分が残ってしまいやすく、生産者の心が折れてしまうという。匠はイチゴ栽培歴40年の経験と感性を発揮させ新たな試みを続けた。白ろう果を防いだのは根っこの水洗いで、余計な養分を洗い流すと元気な根が蘇った。二酸化炭素を葉っぱの近くに放出し光合成を活性化させた。ミツバチではなく活発なニホンマルハナバチを使用し、納得のいく実と収穫量を実現した。匠の妻・けい子さんは「新しいことに色々挑戦してくれる。思うようにいかなかったらイライラしている」と話した。

匠の魂を受け継いでいるのが息子の和雅さん。匠のイチゴ作りを見て育った和雅さんだが、イチゴの栽培方法をめぐって親子の意見が対立している。匠の息子の和雅さんとお嫁さんの梓さんは「紅ほっぺ」を育てている。普段は紅ほっぺを使っているという高木さんは「酸味と甘みのバランスがいい」と話した。和雅さんは光合成を最優先して採算度外視でおいしさにこだわっている。

匠が新しいイチゴ作りに専念できるのも家族の支えのおかげ。実家は二世帯住宅で隣の作業場では女性たちがイチゴのパック詰めなどを行う。子供が熱を出しても休めないほど大忙し。午前5時、和雅さんはイチゴをトラックに積み込み取引先に向かう。真壁刀義はお父さんがきらぴ香に挑戦できたのはひと通りを息子に任せられるからで「そうじゃないと自分の新しいチャレンジをしないはずだよね」と話した。親子のライバル関係がおいしいイチゴを生み出していた。

高木シェフは匠の「きらぴ香」の甘みと香りを凝縮した一品を作るという。息子の「紅ほっぺ」も使って親子円満スイーツを作った。真壁刀義は作業場でテーブルセッティングを行った。堀井家が揃ったところで高木シェフのスイーツが登場した。


2018年01月 2018年02月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
  • 「ごはんジャパン」で紹介されたすべての情報
  • 「ごはんジャパン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ごはんジャパン」で紹介された音楽・CD
  • 「ごはんジャパン」で紹介された映画・DVD
  • 「ごはんジャパン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ごはんジャパン」で紹介されたグルメ情報
  • 「ごはんジャパン」で紹介された料理レシピ
  • 「ごはんジャパン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ごはんジャパン」で紹介された観光・地域情報
  • 「ごはんジャパン」で紹介されたイベント情報
  • 「ごはんジャパン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する