ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > テレメンタリー
テレビ紹介情報

「テレメンタリー」で紹介された情報

「テレメンタリー」で紹介されたすべての情報 ( 233 / 233 ページ )

テレメンタリーホームページ

テレメンタリー2018参加局を紹介。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」で検索。


「テレメンタリー」で紹介された音楽・CD

口笛

林恵子さんが、朝鮮人と結婚して北朝鮮に渡った姉と再会した。林さんが姉に、両親の墓の写真や、日本の映像を見せた。林さんの姉が、千昌夫「北国の春」を歌った。林さんの姉の娘の北朝鮮人が、日本が我が国を植民地にして朝鮮人民を弾圧してり苦しめたことを思うと、敵意が強くわくと述べた。林さんと姉の家族が、米朝首脳会談やトランプ大統領の印象について語った。


「テレメンタリー」で紹介された音楽・CD

林恵子さんが、朝鮮人と結婚して北朝鮮に渡った姉と再会した。林さんが姉に、両親の墓の写真や、日本の映像を見せた。林さんの姉が、千昌夫「北国の春」を歌った。林さんの姉の娘の北朝鮮人が、日本が我が国を植民地にして朝鮮人民を弾圧してり苦しめたことを思うと、敵意が強くわくと述べた。林さんと姉の家族が、米朝首脳会談やトランプ大統領の印象について語った。

「北国の春」

Amazon.co.jp


北京首都国際空港

北朝鮮政府から入国許可がでて、中本さんの妹は、北京首都国際空港を経由して、平壌入りした。中本さんの妹は、姉の自宅を訪問することを希望したが、安全面で問題があると断られた。


東峰村役場

福岡県東峰村では九州豪雨で3人が犠牲となった。澁谷博昭村長は豪雨当日に被害が広がる速さにうちていけず避難指示のタイミングを逃した。当時防災担当の職員は出張でおらず、役場には47人しかおらず防災対策室を組まなければならないがそれには出来なかったと答える。台風19号が迫る中、幹部たちは対策を練っていた。天気予報を予測するのは阿波康成氏。今年3月まで地元の消防士だった。去年の反省から防災専任職員として東峰村役場へ招かれた。台風12号の時は職員は2人でほかは皆避難所などに行ってしまった。その間にも電話がなり停電が起きているなどの連絡があった。東峰村は役場の対応だけでは限界だと九州大学の研究者の協力もああおぎ、住民とともにどこが危ないのかと場所を確認した。


中国新聞社

広島県熊野町では複数の住宅が土砂にまみれ12人が犠牲になった。7月6日午後3時40分に熊野町では地中に溜まった雨量が150ミリに。街の防災マニュアルでは避難勧告を出す基準の一つだった。しかし町内に避難勧告を出したのは午後7時。判断を3時間も遅く先送りした。危機管理課は7月に新しく作られた課だった。対応にあたった民法好浩さんは当時の様子を統制が取れていない状態だったと答えた。電話の対応に時間をとられ避難情報を出すかは後回しになったという。


熊野町役場

広島県熊野町では複数の住宅が土砂にまみれ12人が犠牲になった。7月6日午後3時40分に熊野町では地中に溜まった雨量が150ミリに。街の防災マニュアルでは避難勧告を出す基準の一つだった。しかし町内に避難勧告を出したのは午後7時。判断を3時間も遅く先送りした。危機管理課は7月に新しく作られた課だった。対応にあたった民法好浩さんは当時の様子を統制が取れていない状態だったと答えた。電話の対応に時間をとられ避難情報を出すかは後回しになったという。


テレメンタリーホームページ

テレメンタリー2018参加局を紹介。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」で検索。


四国地方整備局

肱川氾濫から1か月余、説明会には緊急放流の理由を聞くために多くの人が集まった。ダム側は、措置は操作規則に則ったものと主張した。四国地方整備局は、越水するとダムは決壊しないが、ダム両端で土石流の可能性があると主張。今本博健氏は地形的に大規模な土石流は起こらないとし、越水の場合は津波のように押し寄せることはないとした。野村ダムは緊急放流の30分前まで、毎秒300立方メートルの放水を維持し続けた。22年前までの規則であれば、緊急放流まで2時間開始が遅らせることができたという。緊急放流をしない選択肢も検討できた可能性もある。


野村ダム

肱川氾濫から1か月余、説明会には緊急放流の理由を聞くために多くの人が集まった。ダム側は、措置は操作規則に則ったものと主張した。四国地方整備局は、越水するとダムは決壊しないが、ダム両端で土石流の可能性があると主張。今本博健氏は地形的に大規模な土石流は起こらないとし、越水の場合は津波のように押し寄せることはないとした。野村ダムは緊急放流の30分前まで、毎秒300立方メートルの放水を維持し続けた。22年前までの規則であれば、緊急放流まで2時間開始が遅らせることができたという。緊急放流をしない選択肢も検討できた可能性もある。

ダムの規則の変更は、1995年の大洲市の氾濫が原因。大洲市は当時河川整備が十分でなく、約1200戸が浸水。野村町は被害なし。野村ダムは翌年、放流は毎秒300立方メートルまでとした。現在、大洲市の河川整備は計画の半分ほどしか終わっていない。緊急放流6日後、安倍総理は野村町を視察し、「改善すべき点は改善する。」などと話した。野村ダムは緊急放流の前に避難完了を確認していなかった。西日本豪雨では、6府県8つのダムで緊急放流が行われた。


2018年08月 2018年09月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「テレメンタリー」で紹介されたすべての情報
  • 「テレメンタリー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「テレメンタリー」で紹介された音楽・CD
  • 「テレメンタリー」で紹介された映画・DVD
  • 「テレメンタリー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「テレメンタリー」で紹介されたグルメ情報
  • 「テレメンタリー」で紹介された料理レシピ
  • 「テレメンタリー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「テレメンタリー」で紹介された観光・地域情報
  • 「テレメンタリー」で紹介されたイベント情報
  • 「テレメンタリー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する