ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > ワイド!スクランブル
テレビ紹介情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された情報

「ワイド!スクランブル」で紹介されたすべての情報 ( 11030 / 11030 ページ )

「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD

ごはんとおかず

♪ごはんとおかず/矢野顕子


「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD

Story of Our Life


チンパンジー

25年前に起きたアマミノクロウサギの訴訟。ゴルフ場建設に反対する自然保護団体が原告をアマミノクロウサギにした理由は、ゴルフ場建設予定地から離れた所に住んでいた奄美の住民たちでは、直接的な利害関係を持っていないことから自然保護団体が原告になれなかったためだった。日本ではこの時が動物が原告になる訴訟は初めてだったが、アメリカでは自然の権利を守ろうという動きが活発になっているという。またインドではガンジス川に人間と同等の地位を与え汚染行為は人間に対する傷害と同等だという論争となってきているという。このクロウサギの裁判の結果は、クロウサギには当事者能力がないため原告になれないとされるも、この訴訟がメディアに取り上げられ注目されたことから、以降奄美大島にはゴルフ場がひとつも作られていないという。アマミノクロウサギの保護に尽力した人がいるらしく、その人はイギリスのフィリップ殿下。1996年WWF(世界自然保護基金)の総裁を努め、ゴルフ場建設の話がでた時に、奄美大島の多様な生物の保護を求める新書を1人の日本人に送ったという。その人物とは当時の橋本龍太郎総理大臣だった。金氏はこれから平和を考える時に、自然の権利などについては考えさせられるなどとのべた。


アマミノクロウサギ

25年前に起きたアマミノクロウサギの訴訟。ゴルフ場建設に反対する自然保護団体が原告をアマミノクロウサギにした理由は、ゴルフ場建設予定地から離れた所に住んでいた奄美の住民たちでは、直接的な利害関係を持っていないことから自然保護団体が原告になれなかったためだった。日本ではこの時が動物が原告になる訴訟は初めてだったが、アメリカでは自然の権利を守ろうという動きが活発になっているという。またインドではガンジス川に人間と同等の地位を与え汚染行為は人間に対する傷害と同等だという論争となってきているという。このクロウサギの裁判の結果は、クロウサギには当事者能力がないため原告になれないとされるも、この訴訟がメディアに取り上げられ注目されたことから、以降奄美大島にはゴルフ場がひとつも作られていないという。アマミノクロウサギの保護に尽力した人がいるらしく、その人はイギリスのフィリップ殿下。1996年WWF(世界自然保護基金)の総裁を努め、ゴルフ場建設の話がでた時に、奄美大島の多様な生物の保護を求める新書を1人の日本人に送ったという。その人物とは当時の橋本龍太郎総理大臣だった。金氏はこれから平和を考える時に、自然の権利などについては考えさせられるなどとのべた。


アマミノクロウサギ

日本でも鹿児島県・奄美大島のクロウサギが裁判となったことがあったという。1992年1994年、2つの「ゴルフ場」開発計画が奄美大島であったが、その建設予定地には国の特別天然記念物・アマミノクロウサギのフンが発見、自然保護団体は県に対し、ゴルフ場開発許可の取り消しを求め裁判所に提訴した。団体が裁判の原告としたのはアマミノクロウサギ、裁判所は原告「アマミノクロウサギ」の住所を明らかにするようにと通告。この裁判の結末は?


クロウサギ

日本でも鹿児島県・奄美大島のクロウサギが裁判となったことがあったという。1992年1994年、2つの「ゴルフ場」開発計画が奄美大島であったが、その建設予定地には国の特別天然記念物・アマミノクロウサギのフンが発見、自然保護団体は県に対し、ゴルフ場開発許可の取り消しを求め裁判所に提訴した。団体が裁判の原告としたのはアマミノクロウサギ、裁判所は原告「アマミノクロウサギ」の住所を明らかにするようにと通告。この裁判の結末は?


クマ

ドイツでは1864年、男性を刺して殺害したハチの群れが裁判にかけられ窒息刑が課せられたり、モグラが畑を荒らし裁判となるもモグラが裁判に現れなかったため欠席裁判となり畑をおいだされたなどとアニマル裁判について紹介した。


モグラ

ドイツでは1864年、男性を刺して殺害したハチの群れが裁判にかけられ窒息刑が課せられたり、モグラが畑を荒らし裁判となるもモグラが裁判に現れなかったため欠席裁判となり畑をおいだされたなどとアニマル裁判について紹介した。


ハチ

ドイツでは1864年、男性を刺して殺害したハチの群れが裁判にかけられ窒息刑が課せられたり、モグラが畑を荒らし裁判となるもモグラが裁判に現れなかったため欠席裁判となり畑をおいだされたなどとアニマル裁判について紹介した。


クロザル

今日は世界の動物仰天裁判について。インドネシアに生息する絶滅危惧種のクロザルが笑っている写真、これはイギリスの写真家のデービッド・スレーターさんが撮影したもので、カメラから離れていてもシャッターが押せる装置をつけ隠れていたところサルが自らシャッターを押したという。この写真集は大反響をよんだが、この写真が原因で動物保護団体から訴えられることに。保護団体は、写真の「著作権」はシャッターを押したクロザルにあるとし、利益はクロザルの保護にあてられるべきと主張。スレーターさんは反論し、裁判開始から2年今月ついに結論がでた。判決はサルに著作権はないと判断、スレーターさんの著作権を認めるとした。スレーターさんと動物保護団体は共同で、著作権収入について4分の1をクロザルの生息地や生活を守る団体に寄付することとなった。


2017年08月 2017年09月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたすべての情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された映画・DVD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された料理レシピ
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたイベント情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する