テレビ紹介情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報 ( 64 / 64 ページ )

「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

きのうの米朝首脳会談では朝鮮戦争の終結まではいかず、非核化・体制保証については共同声明に盛り込まれたが安全保障の提供・朝鮮半島の非核化とする程度にとどまった。非核化の期限やスケジュール、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化といった点には言及されていないと批判もされている。会談後の会見でトランプ大統領は金委員長から過去のどの大統領よりも信頼されていると緊密さをアピールした。文在寅大統領は2人の指導者の勇気と決断に賛辞を送りますとコメントしている。これまで幾度となく約束を反故にしてきた北朝鮮だが、トランプ大統領との歴史的会談で非核化は進むのだろうか。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

きのう米朝首脳会談が行われた。しかし内容が伴っていないと海外メディアでは批判も出ている。会談で話した内容とは。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

米朝首脳会談で金正恩委員長は、「トランプ大統領と共に取り組むこの会談はすべての懐疑的な見方を克服した」とのべ、トランプ大統領は「あなたと取り組むのが楽しみだ」とかたったという。堀田氏は、トランプ大統領はこの会談について感覚的なものだと話していたこともあり、そういった意味ではトランプ大統領側からは順調に来ているように感じるとのべた。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

予定を少し遅れて始まったワーキングランチのメンバーがわかったので紹介する。まずアメリカ側から、拡大首脳会談に出席したトランプ大統領、ポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官の4人に加えてサンダース報道官、ソン・キム駐フィリピン大使、ポッティンジャーNSCアジア上級部長が出席。そして北朝鮮側は金正恩委員長、リ・ヨンホ外相、キム・ヨンチョル党副委員長、リ・スヨン副委員長の4人に加えてキム・ヨジョン党第1副部長、チェ・ソンヒ外務次官、ノ・グァンチョル人民武力相が出席。安倍総理の「米朝首脳会談が成功し、核、ミサイル、拉致問題の解決に期待している」という反応を紹介。ソウルから良永記者が中継で伝える。会談が始まると駅などの公共施設に設置されたテレビに釘付けになる市民の姿が見られた。調査によると、両首脳が握手を交わした瞬間は視聴率31%にも上り、これは普段の倍近くに上るそうだ。韓国国民の関心は極めて高いといえる。メディアや専門家も好意的に今回の会談を捉えているようだ。文大統領も生中継で見守ったそうで、両首脳の握手を見て微笑む場面もあったという。文大統領は「私も昨日は眠れませんでした。完全な非核化と平和、新しい時代を開く会談になることを国民と一緒に切実に願います」とコメント。文大統領は改めて夕方にも韓国の立場を示す声明を出す予定。続いてニューヨークから西尾記者が中継で伝える。アメリカでは会談の開始時間がテレビのゴールデンタイムと重なったことで、各局とも特別番組を編成するなど大々的に報じていた。その中では両首脳が対面するシーンについて相性が良さそうだったというレポートや、2人は年齢差はあるが同じような裕福な環境で育った者同士気が合うんじゃないかといった分析もあった。また、普段は辛口のアメリカメディアだが、功績だと主張するには十分だ、世界最大の核保有国と閉鎖された国との新たな幕開けだ、などと会談の実現そのものには一定の評価を与えている。ただ気になるのは、ニューヨーク・タイムズはアメリカと北朝鮮が目指しているという共同声明について、非核化、北朝鮮の体制保証、今後のステップの3部構成になる見通しだと報じた。しかし、肝心の北朝鮮が非核化する時期が盛り込まれるかどうかは明らかになっていないとしている。アメリカの最新の世論調査ではトランプ大統領の交渉力に期待すると回答した人は半数近くに上るものの、北朝鮮を非核化できると回答した人は2割にも達しておらず、お祭りムードの一方で成果に対しては懐疑的な見方がくすぶっている。堀田佳男さんは「先発同士お互いに握手をして、いい試合が始まったんじゃないかという感じなのかもしれないですね」などとコメント。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

米韓首脳会談についてスタジオ解説。トランプ大統領と金正恩党委員長のファーストコンタクトでは、トランプ氏が右手を出し応じるように金正恩氏も右手を出した。握手した際にトランプ大統領が左手を金委員長の右手に添えて会話を交わしながら12秒間握手した。トランプ氏はこれまで色々な首脳と握手をしてきたが、自分の方へ引き寄せるような独特な握手をしており、自らが主導権を握る手法とみられる。

現在のカペラホテルの映像。会談が終わり、ワーキングランチへ移動中との情報が入っている。拡大会談に向かう前、金委員長は3度記者から非核化の意志を問う質問をうけたが、いずれの質問も無視をして通り過ぎていったとみられる。北朝鮮は朝鮮戦争の経験から核開発をしているとされている。金委員長としては今回は決裂しないという事が重要、核廃棄に向けてどこまで踏み込んだのかが注目される。

ワーキングランチのメニューが判明しており、アボカドサラダとシュリンプのカクテル、骨つき牛カルビのコンフィ、チョコタルトなど9品が出されることがわかった。現在、ワーキングランチが行われているのか正確な情報が入っていない。

11月に行われるトランプ大統領の中間選挙について解説。大統領選の間に行わせる選挙で、今回の会談が選挙にプラスになるのかは微妙なところ。一方でトランプ氏だから会談が実現したとの声もでている。金委員長は15歳の頃に大使館職員の息子を名乗りスイス・ベルンのインターナショナルスクールに通い、近くの公立学校に移ったとされる。

シンガポールからの映像。金委員長とトランプ大統領はワーキングランチ会場に入り、予定より20分遅れて始まった。拡大会談より多い人数でのランチになるとみられ、金委員長は少し疲れたような表情がみられる。メニューは西洋風の肉料理やチャーハンなどの中華料理、北朝鮮の代表的な魚料理、デザートにはハーゲンダッツもでているとみられる。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

カペラホテルに到着した両首脳は左右からほぼ同時に歩み寄り12秒間の握手を交わした。金正恩は英語でトランプ大統領にあいさつをしたという。トランプ大統領が促す形で会場入りした。時折短い会話の中で笑顔も見られた。午前10時8分、1対1での会談が開始、トランプ大統領は記者に今の心境を聞かれると「非常にいい気分だ、素晴らしい会談になるだろう」などとコメント。金正恩はこれに対して「ここまで来る道のりは容易な道ではありませんでした」などと返した。その言葉を聞いたトランプ大統領は「その通りですね」と返し握手をした。40分ほど会談をしたら、側近を交えた拡大会合が行われた。北朝鮮の非核化をどう進めるか、北朝鮮の体制保証、朝鮮戦争の終戦、国交の正常化などが焦点となっている。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

セントレジスホテル

カペラホテルに到着した両首脳は左右からほぼ同時に歩み寄り12秒間の握手を交わした。金正恩は英語でトランプ大統領にあいさつをしたという。トランプ大統領が促す形で会場入りした。時折短い会話の中で笑顔も見られた。午前10時8分、1対1での会談が開始、トランプ大統領は記者に今の心境を聞かれると「非常にいい気分だ、素晴らしい会談になるだろう」などとコメント。金正恩はこれに対して「ここまで来る道のりは容易な道ではありませんでした」などと返した。その言葉を聞いたトランプ大統領は「その通りですね」と返し握手をした。40分ほど会談をしたら、側近を交えた拡大会合が行われた。北朝鮮の非核化をどう進めるか、北朝鮮の体制保証、朝鮮戦争の終戦、国交の正常化などが焦点となっている。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

橋本さんは「通訳交えて2人だけで会談した後拡大会合に移る途中和らいだ雰囲気が見えた。トランプ大統領としてはそういうものをアメリカ国民に見せたいと思ったでしょうし、金正恩委員長も事がうまく進んでる感じが内面から出たのかな」と話す。現在拡大会談が開かれている。トランプ大統領は会談冒頭笑顔を見せなかったがその後人間関係を強調した。会談前も最低ラインは金委員長との関係作りと話していた。非核化は成果がないと見越し期待値を下げたと指摘されていた。会談は非常に良かったと話し、金委員長は記者に対し無言だった。今は共同文書を詰めているとみられ、非核化についてロードマップをどれだけ盛り込めるかが焦点。北朝鮮が求める体制保障や朝鮮戦争終戦については明確な合意が出る可能性がある。会談開始時点で元高官は「金委員長の使命は達成された。アメリカと同格と主張できる。トランプ大統領は合意をしても検証が必要で今後壊れる場合もありリスクを背負った」と話した。トランプさんは明日昼帰国予定だったが今日の夜に早めた。拉致問題が1対1の会談で出たのか拡大会合ワーキングランチで出るのかが焦点。会見でトランプさんが明らかにするのか日米首脳会談で明らかにすることになる。どの程度取り上げられたかは未知数。

今日日本時間午前10時4分米朝首脳会談が始まった。トランプ大統領と金正恩委員長は10秒以上握手、この時金正恩委員長は英語で「はじめまして大統領」と話しかけたという。トランプ大統領は「すばらしい会談になると思います」、金委員長は「ここまでの道のりは簡単ではありませんでした」などと話す。会談中も時折笑顔を見せる金委員長、この会談はどのような影響を与えるのか。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

米朝首脳会談の舞台となっているカペラホテルは2009年開業、幸運とされる8の字型を採用し建造された。メイン棟で両首脳が握手をしたとみられる。牛窪恵は泊まったことがある、欧米資本ではないシンガポール資本、宿泊客以外はなかなか入れないようになっているなどと話した。堀田佳男はどうやって査察をしていくのか、北朝鮮の非核化はありえないという意見もある、磐村和哉は査察の代わりにアメリカが相応するものを出せるかどうか、申告・検証・査察に時間がかかるとコメントした。


「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

現在セントーサ島のホテルで、米朝首脳会談が行われている。カペラホテルからは美しいビーチが見える。西側に金正恩委員長、東側にトランプ大統領が待機していた。建物の中央に歩み寄ったという。今、建物は厳戒態勢となっている。立ち入りが規制されている。軍のヘリコプターが低空で飛ぶ。軍艦も沖合にある。島の近くには船も立ち寄れない。多くの島の施設は通常通り営業し熱帯雨林の中に建つホテルだ。警察は10mおきに立ち、警備をしている。ホテルを囲んでいる。昨夜、金正恩委員長が散策する様子を取材した。金正恩委員長の表情を正面から見た。リラックスしていたという。笑顔で周辺の人たちと言葉を交わしていた。一夜明けたら、真剣な表情になった。今後の北朝鮮のために勉強したのか。ただの散策だったのか。両方の意味があっただろう。マリーナ・ベイ・サンズの屋上では記念撮影もした。観光に近い意味合いもあった。北朝鮮が、カジノを誘致する計画もあるという。開発の最前線のエリアを自分の目で見たのだろう。自分の国の未来に活かしていこうとしている。世界中からたくさんのメディアが集まっている。朝から中継を続けている。世界中のメディアが注目している。

史上初の米朝首脳会談 最新詳報 今後の展望は・・・


2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたすべての情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された映画・DVD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された料理レシピ
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたイベント情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する