テレビ紹介情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 213 / 213 ページ )

「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

ありのままに 「三度目の人生」を生きる

自身の著書「ありのままに『三度目の人生』を生きる」で家族の支えについて胸中を明かした西城秀樹。このあと、知人が西城秀樹の闘病秘話を語る。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

鉄腕アトム

愛と誠は1973年に少年マガジンで連載が始まった人気漫画。そのカラー原画がまんだらけの競売サイトで400万円で落札され話題になっている。講談社の情報では、74年に愛と誠の原画15枚を外部に貸し出したところ所在不明になったという。そのうち1枚が出品されて落札された。今月5日にはパリの競売で、手塚治虫が1950年代後半に描いた鉄腕アトムの原画が予想の6倍の約3500万円で落札された。人気が高いのは初期の原画で初期はアシスタントを使わずに自分で描いていたため。手塚治虫の原画がここまで高騰したのは昨今のクールジャパンブームの影響もあるという。(日刊ゲンダイ)


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

愛と誠

愛と誠は1973年に少年マガジンで連載が始まった人気漫画。そのカラー原画がまんだらけの競売サイトで400万円で落札され話題になっている。講談社の情報では、74年に愛と誠の原画15枚を外部に貸し出したところ所在不明になったという。そのうち1枚が出品されて落札された。今月5日にはパリの競売で、手塚治虫が1950年代後半に描いた鉄腕アトムの原画が予想の6倍の約3500万円で落札された。人気が高いのは初期の原画で初期はアシスタントを使わずに自分で描いていたため。手塚治虫の原画がここまで高騰したのは昨今のクールジャパンブームの影響もあるという。(日刊ゲンダイ)


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

広島市民球場跡に取材に行った出演者は、衣笠選手のモニュメントに手を合わせる人々の姿を目撃した。その中でも現役時代を知らないはずの22歳女性がいた。話を聞くと、両親や友人の影響で、いまやすっかり自分のヒーローとなったと話してくれた。衣笠さんは京都の平安高校時代には強肩強打の捕手として2度甲子園に出場。 広島カープへは捕手として入団した。1987年には2131試合連続出場(当時世界記録)で国民栄誉賞を受賞した。この頃のモニュメントが、広島市民球場跡地にあった。広島入団時の衣笠さんの背番号は28。そこから、マンガの「鉄人28号」に由来して、「鉄人」と呼ばれるようになった。衣笠さんの代名詞は「フルスイング」。フルスイングを決定づけたのが根本陸夫コーチだった。「赤ヘル偉人伝」では、根本コーチの言葉から、衣笠選手がフルスイングにたどり着いた経緯が記されている。そして衣笠選手は歴代3位、161球のデッドボールを受けてきたが、中でも、骨折してもフルスイングというエピソードがあった。1979年8月1日の巨人戦にて、西本聖投手からの死球を受け、左肩を骨折した。しかし翌日、代打出場で登板。三に倒れるも、三回ともフルスイングであった。これについては、死球を当てた西本選手への気遣いがあったと後に本人から語られた。更には2日後のヤクルト戦では、2番サードとしてフル出場したというタフネスであった。「ザ・インタビューズ」では、”野球とけがとてんびんにかけたら、いつも野球が重たい”などと語っていた。強靭な肉体もさることながら、その温かみある人柄も愛されている。デッドボールが多かったのも、衣笠さんの感性、そしてフルスイングを警戒したからである。

「赤ヘル偉人伝 ~広島カープ黄金戦士かく語りき」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

鉄人28号

広島市民球場跡に取材に行った出演者は、衣笠選手のモニュメントに手を合わせる人々の姿を目撃した。その中でも現役時代を知らないはずの22歳女性がいた。話を聞くと、両親や友人の影響で、いまやすっかり自分のヒーローとなったと話してくれた。衣笠さんは京都の平安高校時代には強肩強打の捕手として2度甲子園に出場。 広島カープへは捕手として入団した。1987年には2131試合連続出場(当時世界記録)で国民栄誉賞を受賞した。この頃のモニュメントが、広島市民球場跡地にあった。広島入団時の衣笠さんの背番号は28。そこから、マンガの「鉄人28号」に由来して、「鉄人」と呼ばれるようになった。衣笠さんの代名詞は「フルスイング」。フルスイングを決定づけたのが根本陸夫コーチだった。「赤ヘル偉人伝」では、根本コーチの言葉から、衣笠選手がフルスイングにたどり着いた経緯が記されている。そして衣笠選手は歴代3位、161球のデッドボールを受けてきたが、中でも、骨折してもフルスイングというエピソードがあった。1979年8月1日の巨人戦にて、西本聖投手からの死球を受け、左肩を骨折した。しかし翌日、代打出場で登板。三に倒れるも、三回ともフルスイングであった。これについては、死球を当てた西本選手への気遣いがあったと後に本人から語られた。更には2日後のヤクルト戦では、2番サードとしてフル出場したというタフネスであった。「ザ・インタビューズ」では、”野球とけがとてんびんにかけたら、いつも野球が重たい”などと語っていた。強靭な肉体もさることながら、その温かみある人柄も愛されている。デッドボールが多かったのも、衣笠さんの感性、そしてフルスイングを警戒したからである。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

もにゅキャラについて、もにゅキャラとは漫画などのキャラクターの像のことで「モニュメントになったキャラクターの」造語。全国各地に点在するもにゅキャラにいち早く注目したのが「もにゅキャラ巡礼」の著者の一人、楠見清さん。自身が准教授を務める首都大学東京の大学院生とのフィールドワークで扱ったのをきっかけにもにゅキャラ巡礼の旅が始まったという。もにゅキャラは様々な成り行きで全国各地で生まれ、材質やサイズの違いも面白いという。兵庫県神戸市長田区の「鉄人28号」は震災から復興を見守るシンボルで、原作者の横山さんが神戸出身ということで作られた像は15mを超える大きさが魅力。(夕刊フジ)

「もにゅキャラ巡礼 銅像になったマンガ&アニメキャラたち」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

西部邁さんが亡くなった。ことについてスタジオトークを展開。デーブ・スペクターさんは「自殺幇助した人物は西部さんの哲学に賛成していた。自殺そのものは避けてほしいが1人でやるのが普通。限られた国で認めれられている国もあるが支えてもらっていた人が巻き込まれたのが残念。」などと話した。自殺幇助した2人は容疑を認めている。西部さんは著書「保守の真髄」で病院死を選びたくないなどと伝えている。容疑者の2人は先生の死生観を尊重して力になりたいと思った。20年以上お世話になった。西部先生のためにやらなくてはならないと思ったと供述している。金慶珠さんは「西部さんは昭和の論客。その中で日本人とは何かを伝えていた論客。西部さんの最後は人間の死について、一石を投じたかったのかも知れない。」と述べた。

「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

STAP細胞の小保方晴子さんのグラビアが好評。一連の論文不正問題で2014年12月に理化学研究所を退職。早稲田大学から博士号も剥奪された小保方晴子が発売中の「婦人公論」のインタビューに登場。グラビアも出ているということで紹介。「今日を生きることにもう迷いはありません 小保方晴子」とある。「小保方晴子 日記」という本が発売したというものでインタビューに答えてる内容だという。このインタビューでは精神的に追い詰められ、山奥の宿に身を潜めていたことや、文章を書くに当たり平安時代の「更級日記」を参考にしたことを明かし、いまもなおSTAP細胞の存在を信じ「心ある研究者に見出され、正しく人類の役に立って欲しい」とメッセージを送っている。注目の今後について「何でもやってみたい」と話をしているという。(東京スポーツ)

「小保方晴子日記 (単行本)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

野戦列車

電撃訪中では、中国側の厚遇ぶりも話題になっている。晩餐会では、金日成主席らのVTRが流れるなどした。注目された金正恩夫妻の宿泊先は、釣魚台第18号楼。釣魚台とは、中国政府の迎賓館で、約800年の歴史をもつ。敷地約43平米のなかに18の宿泊施設が点在する。そのなかでも18号楼はもっとも豪華な施設。1泊5ドルもする。翌日、夫妻は、中関村地区(北京のシリコンバレー)を視察し、ふたたび釣魚台に戻り、習主席らと昼食会などに出席した。その後、両首脳は固い握手で別れた。別れ際、リ・ソルジュ夫人の手には、お土産とみられる中国結びが握られていた。帰り道でも、夫妻は特別列車での移動をえらんだ。祖父・父の伝統を受け継いだか。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

六法全書

厚生労働省によると本人の同意がないまま、強制的に不妊手術を受けさせられた障害者らが全国で少なくとも1万6475人いるとのこと。自民公明両党は、被害の救済策を協議するため、あす初会合を開いて厚労省からヒアリングを行うことにしている。厚生労働省は与党からの要請を受ける形で全国的な実態調査に乗り出す方針。一方資料が少ないため、被害者認定方法が課題になる。


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたすべての情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された映画・DVD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された料理レシピ
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたイベント情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する