テレビ紹介情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 205 / 205 ページ )

「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

今回桂歌丸さんが選んだのは「牡丹燈籠」という有名な怪談話。これを呼吸器をつけたまま長時間話すのはものすごい気迫だと思ったと橋本大二郎がコメントした。また、桂さんはこの日のために1週間検査入院をしたという。荻谷麻衣子はいつも笑点を楽しみにしていたそうで、「ご健在でうれしい」と話した。川村晃司は、桂さんが国策落語などの話をからめて戦争は愚の骨頂だと情熱を持って訴えていたことを話した。また、今回三遊亭円楽さんが落語芸術協会に入り初めて桂さんと同じ高座に上がるいうことになり、円楽さんが「次は介護ベッドでも」と冗談を言って会場をわかせたそうだ。

「怪談 牡丹燈籠  岩波文庫」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

渋滞予測ガイド

東北道・久喜インターチェンジ付近からの車内から中継してお盆休み渋滞を解説。NEXCO東日本渋滞予報士の外山敬祐さんは下りは今日がピークとしていて、上りは14、15日にピークということから渋滞予測ガイドの活用が効果的としている。そして車はだいぶ渋滞の影響で進めなくなっていたが、午前10時現在、下り線は羽生パーキングエリア付近で24キロの渋滞となっていることを話した。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

天皇陛下が退位の意向をにじませた「お気持ち」を表明してから1年。そのお気持ちを私たちは汲み取れているのかと橋本大二郎。日本文学家・秦澄美枝を紹介。秦は著書「美智子さま御歌 千年の后」を始めとし、天皇皇后両陛下の和歌を研究する第一人者。天皇陛下の退位に関する特例法が成立するきっかけとなったのが「お気持ち」表明だった。11分ほどのビデオレターで、身体の衰えから象徴の務めを果たすことが難しくなるのではと案じているなどと話されたもの。秦はこれを平成の人間宣言だとして、これまでの天皇の伝統を打ち破られご自分でご行動、民の中に入っていってくださる在り方が、今上両陛下に心打たれるところだなどとと話した。

「美智子さま御歌 千年の后」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

ザ・スリル・オブ・ザ・チェイス

1850年代以降、一攫千金の夢をいだき人々が殺到したアメリカのゴールドラッシュ。今、現代版ゴールドラッシュとも言える現象が起こっているという。それが宝探し。美術商として財産を築いたフォレスト・フェンさん。自身が所有する2億円以上の宝をある場所に隠し、見つけた人にプレゼントするという。なぜこのような事を始めたのか。29年前にがんと宣告され、今まで手に入れた宝をあの世に持っていくために宝箱にいれた。それをある場所に隠したのだが困ったことにがんが良くなった。せっかくだから誰かの人生に影響をあたえることをしようとおもったという。体調が回復したフェンさんは2010年、宝の隠し場所のヒントを記した本を出版。宝探しをスタートさせた。その宝が隠された場所がロッキー山脈。日本列島と比べてもわかる広大さ。7年間で7万人もの人が宝を捜したが未だ見つかっていない。困難を極める宝探しに去年と今年6月にはあわせて二人が死亡する事故が起きた。この事態を受けて地元警察は先月フェンさんに対し宝探しを中止するよう要請。その存続を巡って大きな議論が巻き起こっている。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

先月22日まで女性が宿泊していた札幌にあるゲストハウスのすぐとなりには中国で大人気だという作家「渡辺淳一文学館」がある。実はその渡辺淳一さんが書いた小説の舞台と女性の訪れた場所が一致しているという。女性が好きだったという北海道出身の直木賞作家・渡辺淳一氏。「阿寒に果つ」は1971年〜72年にかけて雑誌に連載された作品。阿寒湖を見下ろす雪の峠で遺体となって発見された初恋相手の死の真相を探る愛と死の物語。作中の少女は実在した人物がモデルとなり、渡辺氏の自伝的小説とされている。そして舞台となった阿寒湖では近年中国人観光客が増えているという。一体、女性は今何処に。渡辺作品に出てくる場所へ向かった。作中少女の遺体が発見されたのは標高600mにある阿寒湖を見下ろすことが出来る釧北峠。そこである現実を目の当たりにする。さらに阿寒湖以外にも渡辺作品ゆかりの場所があった。一体ここは…。そして発見したものとは…。

女性は北海道出身の直木賞作家・渡辺淳一さんの作品が好きだったという父親の証言がある。女性の旅行は先月18日〜25日までの予定だった。23日以降の足取りが分かっていない。その足取りを改めて紹介。18日に函館に中国からの飛行機で到着。札幌に向かい、さらに釧路から阿寒湖へ向かった。そもそも家族に伝えていた予定としては旭川・富良野に行くと話していた。しかしどちらにも行った形跡が無い。25日に千歳から中国へ帰る予定だった。最後の足取りとしては23日の釧路市内の午後0時20分ごろにコンビニエンスストアの前を歩いている女性の様子があった。その後、遊覧船や午前10時過ぎにバスセンターで切符を購入した様子が捉えられている。元々日本の文化に興味があったという。専攻は英語だったというが第2外国語は日本語だったといい、日常会話程度は話せたという。日本には数回来たことがあるという。好きな作家は渡辺淳一さん、村上春樹さん、東野圭吾さんだったという。渡辺淳一さんに関して札幌で泊まったゲストハウスのすぐ近くに文学館があり、直筆原稿や業績を紹介していた。渡辺淳一は中国で非常に人気があり近年は中国人の訪問が増加しており、去年中国の出版社が買収したこともあったといい、女性はここを訪れたのかもしれない。22・23にかけて行った阿寒湖も渡辺淳一の作品に縁のある土地。「阿寒に果つ」というものは20年前に阿寒の峠で見つかった天才少女画家の死の真相を探る物語。実在した人物がモデルで渡辺自身の初恋を描いた自伝的小説となっている。実際に阿寒湖を見下ろす峠で少女は自殺していたという。山崎アナはその峠を取材した。小説のストーリーの中では釧北峠は阿寒湖を見渡せるという設定になっているが実際には木で遮られていて見えなかった。話を聞くと旧道があるということで旧道も実際に行った。しかしこれも舗装もされていない道で地元の人も殆ど通らない道。木で遮られておりここでも阿寒湖を見渡すことは出来なかった。ところどころ封鎖されている道があり、人が入れる範囲内では見えなかったという。捜索願の次第によってはスマートフォンの通信記録を調べられるがそこまでされているかどうかだ、等とトークされた。

雄別炭鉱跡地という場所も小説縁の地。跡地となった病院、山奥で廃墟とかしている。

「阿寒に果つ (ポプラ文庫)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

女性は先月23日、午後0時20分ごろ、釧路市のコンビニエンスストアの防犯カメラに姿が映っていた。これが最後の目撃情報となっている。北海道を旅行中に行方がわからなくなっている26歳の中国人女性。コンビニエンスストアの100mほど手前にある仏具店の防犯カメラの映像。白い洋服をきた女性によく似た女性が釧路駅方面から南へと向かう姿が残されていた。これを最後に女性に関する有力な情報は出ていない。女性が勤めていた小学校の校長先生から見えてきた女性の素顔とは。そして行方がわからなくなる直前に訪れた阿寒湖は女性の好きな日本人作家が書いた小説に登場する舞台。さらに阿寒湖以外にもあった小説に登場する実在の場所。番組はその地を取材した。

「阿寒に果つ (ポプラ文庫)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

サラダ好きのライオン

北海道旅行中に行方不明となっている中国人女性の悩み事やトラブルがあったかについてのトーク。女性の弟によると、女性は教師という仕事がかなり好きで、去年から実家のある福建省の小学校で勤務し、今年の夏休み終了後に正式な教師となる予定だったという。趣味は旅行・読書・音楽鑑賞で、日本に複数回旅行に来ていたが北海道は今回が初めてだといい、友達と来る予定だったが急遽ひとりとなってしまったという。好きな日本の作家は、村上春樹と東野圭吾で、札幌の宿泊先には村上春樹の「サラダ好きのライオン」が置かれていた。この本の間に両親への手紙が挟まれていたという。手紙は「育ててくれてありがとう 新生活を始めます」という両親への感謝や、現在の生活に満足できないため新たな生活を始めたいという内容が書かれていた。警察は「自殺をほのめかすような内容ではない」と発表している。末延さんは「断定的には言えないが、小説に自分を投影したり解放したいという思いがあったのではないか」と語り、無事で帰ってきてほしいと出演者らがトークした。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

北海道旅行中に行方不明となっている中国人女性が、予定していなかった阿寒湖になぜ向かったのかについてのトーク。その理由を東さんが解説する。現在中国では北海道出身の渡辺淳一氏の作品が人気で、札幌市にある「渡辺淳一文学館」では近年日本人観光客は減っているが、中国人の訪問が増加しているという。去年9月には渡辺氏の作品の翻訳を手がける中国の出版社が買収した。女性の父は「娘は渡辺淳一の本が好きだ」と話しているという。阿寒湖と渡辺氏の作品の関係について、1970年代の「阿寒に果つ」という作品がある。このストーリーは、冬の阿寒で自殺を遂げた天才少女画家と当時恋をしていた作家が探るもので、渡辺氏自身の初恋を描いた作品とも言われている。作中で少女は実際に阿寒湖を見下ろす峠で自殺しているという。観光客が作品の舞台となった場所をめぐりたい人もいると大下さんが語り、釧路に戻ったのは”小説の舞台”から現実へ戻ったため迷いがあったとは考えにくいと友利さんが語った。中国のように文化や音楽などを抑え込まれている場合、小説への憧れや自分と重ねることもあるため、ストーリーと重ねてしまった可能性は捨てきれないと末延さんが語った。

「阿寒に果つ (ポプラ文庫)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

行方不明の女性の父は、女性が好きな小説は「阿寒に果つ」だと答えている。日本人作家が書いた小説「阿寒に果つ」は1人の女性が阿寒湖に向かう物語だという。

「阿寒に果つ (ポプラ文庫)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

砂川さんは初代”体操のおにいさん”で有名となり、ドラえもんの声優を務めた大山のぶ代さんと1964年に結婚した。仲睦まじい姿の裏には壮絶なドラマがあった。2001年、妻・のぶ代さんに直腸がんが見つかった。2008年にはのぶ代さんが脳梗塞で緊急入院。そして2012年、のぶ代さんは認知症と診断された。砂川さんが介護生活を綴った著書には、壮絶な闘病の様子が綴られていた。変わりゆく妻の姿に混乱し、1人で抱え込んでいたという砂川さん。そして遂に2105年5月、砂川さんは妻・のぶ代さんの認知症を公表した。公表した砂川さんにはある変化が起きていた。会見で砂川さんは以前よりのぶ代さんに素直に優しく出来るようになったと話した。砂川さんは「(自分のことが)いつ分からなくなる時が来るのかと思うけど、 いとおしさというのはどんどん強くなる」と語った。

大山さんは砂川さんの棺の横で「お父さん」と言って涙し部屋から出ようとしたため、マネージャーが「帰るの?」と聞くと、「帰る」と話したという。砂川さんは介護について「1人で背負わないこと、隠しても仕方がない。周囲に相談すれば理解してくれるし、助けてくれる」、「老老介護で自分が”年をとってはダメ”、介護だけに集中せず息抜きも必要」と語っていた。川村さんは「いまだに体操のおにいさんのイメージがあって、こういうお歳になっていたのかっていう感じもしたんですけど、ものすごく看病する中で、自分自身の肉体も相当老化していったというか、体調が悪くなっていってたんだなと思いますね」と話した。

「娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記」

Amazon.co.jp


2017年07月 2017年08月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたすべての情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された映画・DVD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された料理レシピ
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたイベント情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する