テレビ紹介情報

「東京サイト」で紹介された情報

「東京サイト」で紹介されたすべての情報 ( 987 / 987 ページ )

東京サイト

情報の詳細・ご意見・ご感想は「東京サイト」で検索。


脂質異常症

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


糖尿病

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


高血圧

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


厚生労働省

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


くも膜下出血

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


脳出血

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


不整脈

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


心筋こうそく

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


脳こうそく

今日のテーマは「冬に潜む危険 ヒートショックにご用心」。東邦大学医療センター大橋病院の櫻井医師に話を聞いた。厚生労働省の人口動態統計によると、家庭の浴槽で溺死した人の数はこの10年間で6割増加。その要因になっているのがヒートショックだが、急激な温度変化による健康被害の事で、一番多く発生するのが入浴時で、朝のトイレなどが続く。ヒートショックによるリスクには、失神、脳こうそくなどがある。家庭の浴槽で溺死した人のおよそ9割が65歳以上の高齢者だが、高血圧などの人も危険性が高い。ヒートショックを予防するには、風呂の室温を温めておく、入浴の前の水分補給などがある。


2017年11月 2017年12月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「東京サイト」で紹介されたすべての情報
  • 「東京サイト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「東京サイト」で紹介された音楽・CD
  • 「東京サイト」で紹介された映画・DVD
  • 「東京サイト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「東京サイト」で紹介されたグルメ情報
  • 「東京サイト」で紹介された料理レシピ
  • 「東京サイト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「東京サイト」で紹介された観光・地域情報
  • 「東京サイト」で紹介されたイベント情報
  • 「東京サイト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する