テレビ紹介情報

「千鳥の路地裏探訪」で紹介された情報

「千鳥の路地裏探訪 〜恵比寿の路地裏シェアハウス&豪邸でシャワー〜」 2000年7月29日(土)放送内容「千鳥の路地裏探訪 〜都会の真ん中に残る昭和の風景〜」 2018年5月27日(日)放送内容

「千鳥の路地裏探訪」 2018年4月29日(日)放送内容

『新番組スタート!今日は新宿の路地裏を歩きます』
2018年4月29日(日) 10:00〜11:45 テレビ朝日
【レギュラー出演】 ノブ(千鳥) , 大悟(千鳥)
【ゲスト】 中岡創一(ロッチ) , 吉村崇(平成ノブシコブシ)
【その他】 若色一郎 , 岩瀬忠利 , 宮崎忠晴 , 黒須のぶ , 青木富士夫 , 大井久江 , 大井洪二 , 溝田美智子 , 宮川幸子

(オープニング)

千鳥の路地裏探訪

都庁

今回の舞台は大都会・新宿。千鳥の2人は「まさか千鳥が朝の顔になるとは」などとトーク。番組では大都会のすぐ近くにある昔ながらの路地裏を探訪。以前にも路地裏探訪番組をやっていた千鳥だが、その際の番組は20分。この番組は2時間の尺。都庁をのぞむこのエリアは、坪単価が約3300万円。大吾は、実家・岡山県北木島は3300円位と話した。東京都庁前をスタート地点に、探訪開始。

都庁前から徒歩10分の地点に、昭和の息吹が漂う路地裏を発見。ユニークな洗濯物の干し方をしてある光景や、犬の糞を捨てることを禁止する絵付きの張り紙など、気になるものがたくさん。路地裏にあったアパートを訪問してみるも、誰も出ない。仕方ないのでインスタグラム用の写真を撮影してアパートを後にした。次に見つけたのはふすま店。お話をきいてみると、60年の歴史がある店だとか。

新宿の真ん中でふすま店を営む3代目の若色一郎さん(77)とトーク。若色さんは「昔から下町。都庁なんかもない」と話し、昔は淀橋浄水場があったことを教えてくれた。この浄水場は今から53年前、新宿副都心計画により廃止され、1971年に京王プラザビルが建設。その後、高層ビルが次々と建設され、1990年には都庁が完成。ほぼ現在の街のすがたになった。若色さんは「土地の値段高騰は気にしない。みんな街の人、ガキの頃からの先輩たちがいるから」と話していた。

2階から気さくに話しかけてくれたのは、62歳の岩瀬忠利さん。仕事は引退したそうだ。大吾が話をきくと、15歳で千葉県から上京し、職を転々とし、新宿の路地裏にあるアパートで20年間一人暮らしをしているという。2階からの景色を撮らせてもらった。岩瀬さんの半生に大吾は「大ドキュメンタリー…」とタジタジの様子。「深夜番組にしましょう」と報告して詳しくは放送できなかった様子。大吾は「休憩させてください」と赤い目をして出てきた。

さらに路地裏を進むと、今度は謎の全部トタンでできた豪邸を発見。はっさくやキンカンの木があり、都内ではめずらしい庭の様相だ。インターホン越しに話を聞くことに。戦後の祖父母世代から現在は兄弟で住んでいるそうで、土地代が高くなっても売りたくないと話していた。トタンなのは、瓦屋根を地震対策でトタンに変えたからだそうだ。キンカンをとっていってもよいと言われたので、お言葉に甘えていただいた。


淀橋浄水場

新宿の真ん中でふすま店を営む3代目の若色一郎さん(77)とトーク。若色さんは「昔から下町。都庁なんかもない」と話し、昔は淀橋浄水場があったことを教えてくれた。この浄水場は今から53年前、新宿副都心計画により廃止され、1971年に京王プラザビルが建設。その後、高層ビルが次々と建設され、1990年には都庁が完成。ほぼ現在の街のすがたになった。若色さんは「土地の値段高騰は気にしない。みんな街の人、ガキの頃からの先輩たちがいるから」と話していた。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたホテル・温泉旅館「千鳥の路地裏探訪」で紹介された観光・地域情報

京王プラザビル

新宿の真ん中でふすま店を営む3代目の若色一郎さん(77)とトーク。若色さんは「昔から下町。都庁なんかもない」と話し、昔は淀橋浄水場があったことを教えてくれた。この浄水場は今から53年前、新宿副都心計画により廃止され、1971年に京王プラザビルが建設。その後、高層ビルが次々と建設され、1990年には都庁が完成。ほぼ現在の街のすがたになった。若色さんは「土地の値段高騰は気にしない。みんな街の人、ガキの頃からの先輩たちがいるから」と話していた。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

キンカン

さらに路地裏を進むと、今度は謎の全部トタンでできた豪邸を発見。はっさくやキンカンの木があり、都内ではめずらしい庭の様相だ。インターホン越しに話を聞くことに。戦後の祖父母世代から現在は兄弟で住んでいるそうで、土地代が高くなっても売りたくないと話していた。トタンなのは、瓦屋根を地震対策でトタンに変えたからだそうだ。キンカンをとっていってもよいと言われたので、お言葉に甘えていただいた。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

夏みかん

さらに路地裏を進むと、今度は謎の全部トタンでできた豪邸を発見。はっさくやキンカンの木があり、都内ではめずらしい庭の様相だ。インターホン越しに話を聞くことに。戦後の祖父母世代から現在は兄弟で住んでいるそうで、土地代が高くなっても売りたくないと話していた。トタンなのは、瓦屋根を地震対策でトタンに変えたからだそうだ。キンカンをとっていってもよいと言われたので、お言葉に甘えていただいた。


はっさく

さらに路地裏を進むと、今度は謎の全部トタンでできた豪邸を発見。はっさくやキンカンの木があり、都内ではめずらしい庭の様相だ。インターホン越しに話を聞くことに。戦後の祖父母世代から現在は兄弟で住んでいるそうで、土地代が高くなっても売りたくないと話していた。トタンなのは、瓦屋根を地震対策でトタンに変えたからだそうだ。キンカンをとっていってもよいと言われたので、お言葉に甘えていただいた。


(番組宣伝)

CM

千鳥の路地裏探訪

Googleマップ

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


新宿中央公園

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


東京都庁

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


Google Earth

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたホテル・温泉旅館「千鳥の路地裏探訪」で紹介された観光・地域情報

京王プラザビル

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


新宿駅

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

夏みかん

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

キンカン

都庁から徒歩10分の路地裏豪邸は昭和の風情を残したお宅。広い庭には夏みかんやキンカンの木がある。家の主人は柿もなるという。新宿産の夏みかんとキンカンを千鳥の二人が収穫する。ノブがこんな楕円形のキンカンあると話すと主人がこれは時期が違うなどと話した。新宿産の夏みかんを食べたノブは酸い〜などと話した。ビルに囲まれた暮らしについて家の主人はもう普通ですよなどと話し、都庁の展望台から見るとうちの屋根が一番汚いですよなどと話した。実際にGoogle Earthでみるとすぐにわかった。この家は戦後すぐに建てたので約70年前などと話し、家内の実家だという。主人はここに住み始めて45年くらいだという。45年前の都庁周辺は浄水場が廃止され広大な空地になった。当時日本一の高層ビルは京王プラザビルだけだった。先代が移り住んだ大正時代この周辺は野原で新宿駅への道は無かったという。主人は家を売りたくない、周りはみんな知り合いなどと話し、地方都市より静かだという。土地を売ってくれという話はしょっちゅうあるがやっぱり自分の家が良いといって売らないという。不便はないといい、子供らがリフォームして住むかは本人たちの選択だという。最大3世帯12人家族だったという主人は現在妻と妹夫婦と暮らしている。2階から見える景色を撮影するといい、2階へは一度表へでて裏の勝手口から入るという。


CM

千鳥の路地裏探訪

都庁

100坪の広さをもつ、新宿の路地裏豪邸からの景色を撮影。庭にはもみじの木がある。宮崎忠晴さんは、二階から見える景色は昔とは全然違うと話した。昔は周辺は一軒家ばかりで、今はビルが増えた印象がやはり強いようだった。大吾は無茶ぶりにより「新宿に ひときわ目立つ オールトタン」と一句詠んだ。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

夏みかん

100坪の広さをもつ、新宿の路地裏豪邸からの景色を撮影。庭にはもみじの木がある。宮崎忠晴さんは、二階から見える景色は昔とは全然違うと話した。昔は周辺は一軒家ばかりで、今はビルが増えた印象がやはり強いようだった。大吾は無茶ぶりにより「新宿に ひときわ目立つ オールトタン」と一句詠んだ。


もみじ

100坪の広さをもつ、新宿の路地裏豪邸からの景色を撮影。庭にはもみじの木がある。宮崎忠晴さんは、二階から見える景色は昔とは全然違うと話した。昔は周辺は一軒家ばかりで、今はビルが増えた印象がやはり強いようだった。大吾は無茶ぶりにより「新宿に ひときわ目立つ オールトタン」と一句詠んだ。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

キンカン

100坪の広さをもつ、新宿の路地裏豪邸からの景色を撮影。庭にはもみじの木がある。宮崎忠晴さんは、二階から見える景色は昔とは全然違うと話した。昔は周辺は一軒家ばかりで、今はビルが増えた印象がやはり強いようだった。大吾は無茶ぶりにより「新宿に ひときわ目立つ オールトタン」と一句詠んだ。


ライオン

地元民の大切な生活道路は、すれ違うのも大変なほど狭い路地。路地裏を大吾が先にチェック。「頭 守り夫」として再登場した。続いて発見したのは、カバーをかぶせたライオン(カバーがかかった車高が低すぎるバイク)。次に「黒須銀吾」の表札を発見し、訪ねてみることに。


(番組宣伝)

CM

千鳥の路地裏探訪

CM

千鳥の路地裏探訪

東京都庁

東京都庁から徒歩10分の青木精肉店でコロッケを頂く。この精肉店は50か60年くらい続いていて店の男性で2代目だという。できたてを提供するため作り置きはしないという。メンチカツの隠し味はケチャップで混ぜることでお肉の臭みがなくなるといい、この味を守り続けているという。元々ここは職人さんの街だったといい昔は大工さんが多かったという。街としては通勤するのにちょうどいいくらいだという。1970年以降高層ビルの建築ラッシュでこの界隈は大工さんが多く住んでいたという。先程の女性の夫の男性は地元でも有名人で防衛大学の名誉教授を務めたという。

東京都庁から約10分の路地裏で雰囲気のある一軒家を発見した。住人の女性は戦後から住んでいてもう70何年だという。女性は家付きで子供の頃から住んでいるという。今のところは売ったりはしないという。住人のご厚意で家の中へ入る。


青木精肉店

東京都庁から徒歩10分の青木精肉店でコロッケを頂く。この精肉店は50か60年くらい続いていて店の男性で2代目だという。できたてを提供するため作り置きはしないという。メンチカツの隠し味はケチャップで混ぜることでお肉の臭みがなくなるといい、この味を守り続けているという。元々ここは職人さんの街だったといい昔は大工さんが多かったという。街としては通勤するのにちょうどいいくらいだという。1970年以降高層ビルの建築ラッシュでこの界隈は大工さんが多く住んでいたという。先程の女性の夫の男性は地元でも有名人で防衛大学の名誉教授を務めたという。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

コロッケ

東京都庁から徒歩10分の青木精肉店でコロッケを頂く。この精肉店は50か60年くらい続いていて店の男性で2代目だという。できたてを提供するため作り置きはしないという。メンチカツの隠し味はケチャップで混ぜることでお肉の臭みがなくなるといい、この味を守り続けているという。元々ここは職人さんの街だったといい昔は大工さんが多かったという。街としては通勤するのにちょうどいいくらいだという。1970年以降高層ビルの建築ラッシュでこの界隈は大工さんが多く住んでいたという。先程の女性の夫の男性は地元でも有名人で防衛大学の名誉教授を務めたという。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

メンチカツ

東京都庁から徒歩10分の青木精肉店でコロッケを頂く。この精肉店は50か60年くらい続いていて店の男性で2代目だという。できたてを提供するため作り置きはしないという。メンチカツの隠し味はケチャップで混ぜることでお肉の臭みがなくなるといい、この味を守り続けているという。元々ここは職人さんの街だったといい昔は大工さんが多かったという。街としては通勤するのにちょうどいいくらいだという。1970年以降高層ビルの建築ラッシュでこの界隈は大工さんが多く住んでいたという。先程の女性の夫の男性は地元でも有名人で防衛大学の名誉教授を務めたという。


CM

千鳥の路地裏探訪

東京都庁

新宿・東京都庁から10分の路地裏にある一軒家で話を伺う。ご主人は82歳、妻は79歳で息子は52歳。結婚してから52年、現在も3人で住んでいる。カツオのたたきを頂いた。ロッチ中岡が第ニの出川と評された。夫婦の馴れ初めは、三越づとめの奥さんのもとへ洋服箱に服を詰めに行っており毎日会っておりご主人の一目惚れ。長嶋茂雄が立教で優勝した際の池袋のパレードで奥さんはミス池袋として花束を渡していた。結婚式の写真を紹介。当時はキスではなく口吸いと話す、プロポーズはしておらず先に手を出したとトーク。50年の感謝とプロポーズを奥さんに対し述べた。夫妻は見送りをしてくれた。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

カツオのたたき

新宿・東京都庁から10分の路地裏にある一軒家で話を伺う。ご主人は82歳、妻は79歳で息子は52歳。結婚してから52年、現在も3人で住んでいる。カツオのたたきを頂いた。ロッチ中岡が第ニの出川と評された。夫婦の馴れ初めは、三越づとめの奥さんのもとへ洋服箱に服を詰めに行っており毎日会っておりご主人の一目惚れ。長嶋茂雄が立教で優勝した際の池袋のパレードで奥さんはミス池袋として花束を渡していた。結婚式の写真を紹介。当時はキスではなく口吸いと話す、プロポーズはしておらず先に手を出したとトーク。50年の感謝とプロポーズを奥さんに対し述べた。夫妻は見送りをしてくれた。


三越

新宿・東京都庁から10分の路地裏にある一軒家で話を伺う。ご主人は82歳、妻は79歳で息子は52歳。結婚してから52年、現在も3人で住んでいる。カツオのたたきを頂いた。ロッチ中岡が第ニの出川と評された。夫婦の馴れ初めは、三越づとめの奥さんのもとへ洋服箱に服を詰めに行っており毎日会っておりご主人の一目惚れ。長嶋茂雄が立教で優勝した際の池袋のパレードで奥さんはミス池袋として花束を渡していた。結婚式の写真を紹介。当時はキスではなく口吸いと話す、プロポーズはしておらず先に手を出したとトーク。50年の感謝とプロポーズを奥さんに対し述べた。夫妻は見送りをしてくれた。


(番組宣伝)

CM

千鳥の路地裏探訪

東京都庁

新宿・東京都庁から徒歩10分の路地裏でザリガニの剥製を飾っている家を発見。屋上では外人が集まっておりニューヨークと表現。「だんごのやよい」は地元人気店でTVで取り上げられることも多い。玉袋筋太郎が自転車ロケで訪れていた。一人で店を切り盛りする溝田さん(82)が店から顔を出してくれた。

新宿の路地を進むと昭和の情緒が残るかつてのメインストリート「みのり商店会」。当時のフォークデュオのような写真を撮影。和泉川を埋め立てて作られた公園は縦に細い。カバの置物を使い飼育員風のギャグを行った。更に路地にジャングルジムが現れた。千鳥の代わりに吉村が路地を見に行き「和風ペガサス」として現れた。路地坂の奥にビル群を発見、都庁が見えたので写真撮影。太った金・銀のオッドアイの白猫「諭吉(15歳)」にエサを与える奥さんを発見、中岡が低い姿勢でネコを触った。どうしても入浴したいと交渉し承諾。


ザリガニ

新宿・東京都庁から徒歩10分の路地裏でザリガニの剥製を飾っている家を発見。屋上では外人が集まっておりニューヨークと表現。「だんごのやよい」は地元人気店でTVで取り上げられることも多い。玉袋筋太郎が自転車ロケで訪れていた。一人で店を切り盛りする溝田さん(82)が店から顔を出してくれた。


だんごのやよい

新宿・東京都庁から徒歩10分の路地裏でザリガニの剥製を飾っている家を発見。屋上では外人が集まっておりニューヨークと表現。「だんごのやよい」は地元人気店でTVで取り上げられることも多い。玉袋筋太郎が自転車ロケで訪れていた。一人で店を切り盛りする溝田さん(82)が店から顔を出してくれた。

「だんごのやよい」は7年前にご主人が他界、奥さんが息子と2人暮らしをしながら店を切り盛りしている。映画の舞台にもなっておりALWAYSなどの撮影風景写真が飾られていた。団子を焼いて貰っている間にロッチ中岡がALWAYSを再現し撮影した。だんご一串100円、のりは110円で醤油味。どんどん団子を焼き、温かいお茶も出してくれた。もともと高層ビル下のけやき橋商店街で店を営んでいたが立ち退き4年前に店移動し再出発。現在の店の場所も再開発でなくなる予定で大手ゼネコンがよく来るという。新宿は地盤が固くて良いとコメント。お店、奥さんと記念撮影を行った。


だんご

「だんごのやよい」は7年前にご主人が他界、奥さんが息子と2人暮らしをしながら店を切り盛りしている。映画の舞台にもなっておりALWAYSなどの撮影風景写真が飾られていた。団子を焼いて貰っている間にロッチ中岡がALWAYSを再現し撮影した。だんご一串100円、のりは110円で醤油味。どんどん団子を焼き、温かいお茶も出してくれた。もともと高層ビル下のけやき橋商店街で店を営んでいたが立ち退き4年前に店移動し再出発。現在の店の場所も再開発でなくなる予定で大手ゼネコンがよく来るという。新宿は地盤が固くて良いとコメント。お店、奥さんと記念撮影を行った。


「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報

のり

「だんごのやよい」は7年前にご主人が他界、奥さんが息子と2人暮らしをしながら店を切り盛りしている。映画の舞台にもなっておりALWAYSなどの撮影風景写真が飾られていた。団子を焼いて貰っている間にロッチ中岡がALWAYSを再現し撮影した。だんご一串100円、のりは110円で醤油味。どんどん団子を焼き、温かいお茶も出してくれた。もともと高層ビル下のけやき橋商店街で店を営んでいたが立ち退き4年前に店移動し再出発。現在の店の場所も再開発でなくなる予定で大手ゼネコンがよく来るという。新宿は地盤が固くて良いとコメント。お店、奥さんと記念撮影を行った。


けやき橋商店街

「だんごのやよい」は7年前にご主人が他界、奥さんが息子と2人暮らしをしながら店を切り盛りしている。映画の舞台にもなっておりALWAYSなどの撮影風景写真が飾られていた。団子を焼いて貰っている間にロッチ中岡がALWAYSを再現し撮影した。だんご一串100円、のりは110円で醤油味。どんどん団子を焼き、温かいお茶も出してくれた。もともと高層ビル下のけやき橋商店街で店を営んでいたが立ち退き4年前に店移動し再出発。現在の店の場所も再開発でなくなる予定で大手ゼネコンがよく来るという。新宿は地盤が固くて良いとコメント。お店、奥さんと記念撮影を行った。


みのり商店会

新宿の路地を進むと昭和の情緒が残るかつてのメインストリート「みのり商店会」。当時のフォークデュオのような写真を撮影。和泉川を埋め立てて作られた公園は縦に細い。カバの置物を使い飼育員風のギャグを行った。更に路地にジャングルジムが現れた。千鳥の代わりに吉村が路地を見に行き「和風ペガサス」として現れた。路地坂の奥にビル群を発見、都庁が見えたので写真撮影。太った金・銀のオッドアイの白猫「諭吉(15歳)」にエサを与える奥さんを発見、中岡が低い姿勢でネコを触った。どうしても入浴したいと交渉し承諾。


竹下通り

新宿のネコの諭吉(15)を飼う路地裏の住人・宮川さん(68)のお宅でロッチ中岡が入浴。家は奥に広い。奥さんは一人暮らしでネコと上の部屋に住む孫が生きがい、このあとヘルパーで出かけるという。持ち家で土地は借地、立ち退きの依頼が現在来ているという。10年単位で街は変わるだろうと話す。一体は昭和の始めまで花街として栄えていた。中岡は風呂で髪を洗い良いお風呂だったと感想。奥さんは表参道・竹下通りが民家だった頃にそこで育ったという。昔は生花の先生。


(番組宣伝)

CM

千鳥の路地裏探訪

(エンディング)

(番組宣伝)

CM

「千鳥の路地裏探訪 〜恵比寿の路地裏シェアハウス&豪邸でシャワー〜」 2000年7月29日(土)放送内容「千鳥の路地裏探訪 〜都会の真ん中に残る昭和の風景〜」 2018年5月27日(日)放送内容

2018年03月 2018年04月 2018年05月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたすべての情報
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介された音楽・CD
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介された映画・DVD
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたグルメ情報
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介された料理レシピ
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介された観光・地域情報
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介されたイベント情報
  • 「千鳥の路地裏探訪」で紹介された雑学・豆知識