テレビ紹介情報

「和風総本家」で紹介された情報

「和風総本家 〜はじめてのニッポン 鹿児島編〜」 2018年4月19日(木)放送内容「和風総本家 〜5/10(木)夜9時「和風総本家 あなたの町の有名人〜浅草編」◆傑作選〜」 2018年4月29日(日)放送内容

「和風総本家」 2018年4月26日(木)放送内容

『隠れた名店 誰も知らない美味しい京都』
2018年4月26日(木) 21:00〜21:54 テレビ東京
【レギュラー出演】 増田和也 , 萬田久子 , 東貴博(Take2)
【ゲスト】 宇梶剛士 , 伊集院光 , 璃子
【その他】 佐々木浩 , 中島弘道 , 堀口仁司 , 田中信行 , 佐竹洋治 , 山田あき , 園生宏和 , 磯辺元気 , 中東久雄 , 高沢明人 , 岩井隆明 , 中路良枝 , 内海博史 , 遠藤信好 , 田中八重子 , 鴨井智峯 , 日下部龍太 , 木村博之 , 黒田知子 , 大入達男 , 宮本武史 , 井倉康博 , 定池りゆ子

誰も知らない美味しい京都

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

京料理 およね

隠れた名店を探すため京都を代表する有名料理店で聞き込みを開始。しかし常連を大事にする土地柄からか有力な情報を得られない。そこで老舗の京懐石 美濃吉の調理長に直談判すると、料理人が通っているという店を紹介してくれた。その場所に向かうとそこは雑居ビルがあり、中に入ると料理店が。「ぎをん 川柳」は9年前に女将さんが作った和食店。8人ほどが座れるカウンターと板さんの2人の小さなお店。なぜ料理人に人気なのか。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

釜めし割烹 あげ半

隠れた名店を探すため京都を代表する有名料理店で聞き込みを開始。しかし常連を大事にする土地柄からか有力な情報を得られない。そこで老舗の京懐石 美濃吉の調理長に直談判すると、料理人が通っているという店を紹介してくれた。その場所に向かうとそこは雑居ビルがあり、中に入ると料理店が。「ぎをん 川柳」は9年前に女将さんが作った和食店。8人ほどが座れるカウンターと板さんの2人の小さなお店。なぜ料理人に人気なのか。


「和風総本家」で紹介されたホテル・温泉旅館「和風総本家」で紹介された観光・地域情報

料理旅館 鶴清

隠れた名店を探すため京都を代表する有名料理店で聞き込みを開始。しかし常連を大事にする土地柄からか有力な情報を得られない。そこで老舗の京懐石 美濃吉の調理長に直談判すると、料理人が通っているという店を紹介してくれた。その場所に向かうとそこは雑居ビルがあり、中に入ると料理店が。「ぎをん 川柳」は9年前に女将さんが作った和食店。8人ほどが座れるカウンターと板さんの2人の小さなお店。なぜ料理人に人気なのか。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

隠れた名店を探すため京都を代表する有名料理店で聞き込みを開始。しかし常連を大事にする土地柄からか有力な情報を得られない。そこで老舗の京懐石 美濃吉の調理長に直談判すると、料理人が通っているという店を紹介してくれた。その場所に向かうとそこは雑居ビルがあり、中に入ると料理店が。「ぎをん 川柳」は9年前に女将さんが作った和食店。8人ほどが座れるカウンターと板さんの2人の小さなお店。なぜ料理人に人気なのか。

 (割烹・小料理)

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

京懐石 美濃吉

隠れた名店を探すため京都を代表する有名料理店で聞き込みを開始。しかし常連を大事にする土地柄からか有力な情報を得られない。そこで老舗の京懐石 美濃吉の調理長に直談判すると、料理人が通っているという店を紹介してくれた。その場所に向かうとそこは雑居ビルがあり、中に入ると料理店が。「ぎをん 川柳」は9年前に女将さんが作った和食店。8人ほどが座れるカウンターと板さんの2人の小さなお店。なぜ料理人に人気なのか。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

隠れた名店を探すため京都を代表する有名料理店で聞き込みを開始。しかし常連を大事にする土地柄からか有力な情報を得られない。そこで老舗の京懐石 美濃吉の調理長に直談判すると、料理人が通っているという店を紹介してくれた。その場所に向かうとそこは雑居ビルがあり、中に入ると料理店が。「ぎをん 川柳」は9年前に女将さんが作った和食店。8人ほどが座れるカウンターと板さんの2人の小さなお店。なぜ料理人に人気なのか。

京都の旅館などで研鑽を積んだ板長がその日仕入れた食材を元に女将さんとメニューを決める。お店には舞妓さんや紹介してくれた美濃吉の佐竹調理長など料理人仲間が来店。人気の秘密は料理人仲間も参考にする女将さんと板長のセンスが合わさった斬新な料理。

 (割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理)

「和風総本家」で紹介された映画・DVD

佐竹洋治さん

京都の旅館などで研鑽を積んだ板長がその日仕入れた食材を元に女将さんとメニューを決める。お店には舞妓さんや紹介してくれた美濃吉の佐竹調理長など料理人仲間が来店。人気の秘密は料理人仲間も参考にする女将さんと板長のセンスが合わさった斬新な料理。


「和風総本家」で紹介された映画・DVD

磯辺元気さん

京都の旅館などで研鑽を積んだ板長がその日仕入れた食材を元に女将さんとメニューを決める。お店には舞妓さんや紹介してくれた美濃吉の佐竹調理長など料理人仲間が来店。人気の秘密は料理人仲間も参考にする女将さんと板長のセンスが合わさった斬新な料理。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

今最も京都で予約が取りにくいと言われる和食店「草喰 なかひがし」へ。京都の有名旅館で料理長を務めたご主人が自ら山へ入り摘み取った山菜や草花を中心の料理を得意とする京都を代表する名店。誰も知らない美味しい京都の情報を聞くと、料理人御用達の食材専門店を紹介された。待っていると、その店のご主人が配達に。取材の許可を得て店に向かった。ここで問題として「ここで作られている京都の料理人が使う食材とは?」と出された。


ゆば工房 半升

高沢明人さんが作る食材は湯葉。京都の料理人たちが絶賛する「ゆば工房 半升」は11年前にオープン。高沢明人さんは元々祇園で豆腐や湯葉の料理店を営んでいたが、納得の湯葉に巡り会えなかったことから一念発起して3年懸けて独学で湯葉づくりを学んだ。ご主人がこだわったのは甘みのある湯葉。固まりにくく湯葉に適さない大豆を使うことで今までになかった甘い湯葉を作ることに成功。和食店を閉め、湯葉専門店を開いた。10年間この店の湯葉を使う中東さんは湯葉が生きている感じがするとした。湯葉は店頭でも購入可能。高沢さんは完成度はまだ6割とした。

宇梶、伊集院、萬田が正解。伊集院が食べたいと話すと、増田和也アナはないですよとした。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

次は京都の商店街で聞き込み調査。蕎麦屋を紹介してくれ、雑誌やテレビ取材はないとしていたが、臨時休業だった。引き続き聞き込みを続けるが観光客に人気店ばかりだった。場所を変えて北野天満宮周辺のお茶屋さんで聞き込みをすると、「いとせん」さんを案内してもらうることに。特別に取材をさせていただき舞妓さんたちはいつものを注文。その仕込みは朝7時から始まる。ここで「舞妓さんたちに人気のメニューとは」と問題が出された。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

カラシ入そば

次は京都の商店街で聞き込み調査。蕎麦屋を紹介してくれ、雑誌やテレビ取材はないとしていたが、臨時休業だった。引き続き聞き込みを続けるが観光客に人気店ばかりだった。場所を変えて北野天満宮周辺のお茶屋さんで聞き込みをすると、「いとせん」さんを案内してもらうることに。特別に取材をさせていただき舞妓さんたちはいつものを注文。その仕込みは朝7時から始まる。ここで「舞妓さんたちに人気のメニューとは」と問題が出された。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

次は京都の商店街で聞き込み調査。蕎麦屋を紹介してくれ、雑誌やテレビ取材はないとしていたが、臨時休業だった。引き続き聞き込みを続けるが観光客に人気店ばかりだった。場所を変えて北野天満宮周辺のお茶屋さんで聞き込みをすると、「いとせん」さんを案内してもらうることに。特別に取材をさせていただき舞妓さんたちはいつものを注文。その仕込みは朝7時から始まる。ここで「舞妓さんたちに人気のメニューとは」と問題が出された。

 (割烹・小料理、居酒屋)

「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

月替り定食

次は京都の商店街で聞き込み調査。蕎麦屋を紹介してくれ、雑誌やテレビ取材はないとしていたが、臨時休業だった。引き続き聞き込みを続けるが観光客に人気店ばかりだった。場所を変えて北野天満宮周辺のお茶屋さんで聞き込みをすると、「いとせん」さんを案内してもらうることに。特別に取材をさせていただき舞妓さんたちはいつものを注文。その仕込みは朝7時から始まる。ここで「舞妓さんたちに人気のメニューとは」と問題が出された。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

お茶屋 梅乃

次は京都の商店街で聞き込み調査。蕎麦屋を紹介してくれ、雑誌やテレビ取材はないとしていたが、臨時休業だった。引き続き聞き込みを続けるが観光客に人気店ばかりだった。場所を変えて北野天満宮周辺のお茶屋さんで聞き込みをすると、「いとせん」さんを案内してもらうることに。特別に取材をさせていただき舞妓さんたちはいつものを注文。その仕込みは朝7時から始まる。ここで「舞妓さんたちに人気のメニューとは」と問題が出された。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

糸仙

たけのこなどを炒めたものを生地に包み、油で上げると春巻が完成。「糸仙」は創業37年の中華料理店。のれんを出していないのは常連さんの予約で一杯だから。中でも1番人気は春巻。味もさることながら愛される秘密はご主人の舞妓さんへの心遣い。大きく口を開けて食べると化粧が崩れるため一口大にしている。更に秘伝の甘酢を絡めた豚肉とパイナップルだけの酢豚もお肉は一口サイズに。この他にも自家製チャーシューのラーメンなど全てのメニューがご主人と息子さんの手作り。なので、朝7時から仕込みをしないと夕方の開店に間に合わない。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

すぶた

たけのこなどを炒めたものを生地に包み、油で上げると春巻が完成。「糸仙」は創業37年の中華料理店。のれんを出していないのは常連さんの予約で一杯だから。中でも1番人気は春巻。味もさることながら愛される秘密はご主人の舞妓さんへの心遣い。大きく口を開けて食べると化粧が崩れるため一口大にしている。更に秘伝の甘酢を絡めた豚肉とパイナップルだけの酢豚もお肉は一口サイズに。この他にも自家製チャーシューのラーメンなど全てのメニューがご主人と息子さんの手作り。なので、朝7時から仕込みをしないと夕方の開店に間に合わない。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

焼豚汁そば

たけのこなどを炒めたものを生地に包み、油で上げると春巻が完成。「糸仙」は創業37年の中華料理店。のれんを出していないのは常連さんの予約で一杯だから。中でも1番人気は春巻。味もさることながら愛される秘密はご主人の舞妓さんへの心遣い。大きく口を開けて食べると化粧が崩れるため一口大にしている。更に秘伝の甘酢を絡めた豚肉とパイナップルだけの酢豚もお肉は一口サイズに。この他にも自家製チャーシューのラーメンなど全てのメニューがご主人と息子さんの手作り。なので、朝7時から仕込みをしないと夕方の開店に間に合わない。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

春巻

たけのこなどを炒めたものを生地に包み、油で上げると春巻が完成。「糸仙」は創業37年の中華料理店。のれんを出していないのは常連さんの予約で一杯だから。中でも1番人気は春巻。味もさることながら愛される秘密はご主人の舞妓さんへの心遣い。大きく口を開けて食べると化粧が崩れるため一口大にしている。更に秘伝の甘酢を絡めた豚肉とパイナップルだけの酢豚もお肉は一口サイズに。この他にも自家製チャーシューのラーメンなど全てのメニューがご主人と息子さんの手作り。なので、朝7時から仕込みをしないと夕方の開店に間に合わない。


南禅寺

今度はお寺の近くで聞き込み調査。巴屋さんというおはぎ屋さんを紹介してくれたが、みんな知っている。行列があるとした。


東寺

今度はお寺の近くで聞き込み調査。巴屋さんというおはぎ屋さんを紹介してくれたが、みんな知っている。行列があるとした。


巴屋

今度はお寺の近くで聞き込み調査。巴屋さんというおはぎ屋さんを紹介してくれたが、みんな知っている。行列があるとした。

おはぎ専門店の巴屋は創業から30年甘さ控えめで柔らかな舌触りが特徴のおはぎが有名。続いて仁和寺の鴨井智峯さんに話を聞くと、仁和寺のお坊さんから絶大な支持を得ている「かべや」さんを案内してくれることに。


平安神宮

今度はお寺の近くで聞き込み調査。巴屋さんというおはぎ屋さんを紹介してくれたが、みんな知っている。行列があるとした。


仁和寺

おはぎ専門店の巴屋は創業から30年甘さ控えめで柔らかな舌触りが特徴のおはぎが有名。続いて仁和寺の鴨井智峯さんに話を聞くと、仁和寺のお坊さんから絶大な支持を得ている「かべや」さんを案内してくれることに。


CM

誰も知らない美味しい京都

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

お坊さんの紹介ということで撮影を快諾してもらった「kabe家」は蕎麦屋。少しでも自分のそばで地元を元気にできればと考えたご主人は脱サラしてから独学でそば打ちを学び店をオープンさせた。そば粉100%の十割蕎麦にこだわっている。オススメの食べ方は塩で食べる。

 (日本酒バー、そば)

帯屋 捨松

続いては過去に番組でお世話になった職人さんの元に聞き込み。中々有力な情報が得られないまま粘り強く聞いて回ると、創業160年続く「帯屋 捨松」の職人さんから「十両」というお店を紹介したもらった。お店に行ってみるとショーケースには料理サンプルがなく、のれんだけあった。 ここは創業100年以上続く和食店。人気メニューは毎朝市場から仕入れる天然鰤のお刺身。近所に京都大学付属病院があることから名だたる教授たちも足繁く通う隠れた名店。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

続いては過去に番組でお世話になった職人さんの元に聞き込み。中々有力な情報が得られないまま粘り強く聞いて回ると、創業160年続く「帯屋 捨松」の職人さんから「十両」というお店を紹介したもらった。お店に行ってみるとショーケースには料理サンプルがなく、のれんだけあった。 ここは創業100年以上続く和食店。人気メニューは毎朝市場から仕入れる天然鰤のお刺身。近所に京都大学付属病院があることから名だたる教授たちも足繁く通う隠れた名店。

 (魚介料理・海鮮料理、定食・食堂)

黒田装束店

続いては京都御所の目の前で400年以上続く十二単などを作る「黒田装束店」へ。そこでは松風という白味噌を使ったお菓子を販売している創業360年の「松屋常盤」を紹介したもらったが取材歴があった。次に掛軸などの修復を手掛ける「大入」の職人さんは「割烹 たん義」を紹介してくれたが取材歴があった。続いて「ふさとひも 宮本」で話を聞き、紹介したもらった場所へ向かうと材木店だった。


松屋常盤

続いては京都御所の目の前で400年以上続く十二単などを作る「黒田装束店」へ。そこでは松風という白味噌を使ったお菓子を販売している創業360年の「松屋常盤」を紹介したもらったが取材歴があった。次に掛軸などの修復を手掛ける「大入」の職人さんは「割烹 たん義」を紹介してくれたが取材歴があった。続いて「ふさとひも 宮本」で話を聞き、紹介したもらった場所へ向かうと材木店だった。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

味噌松風

続いては京都御所の目の前で400年以上続く十二単などを作る「黒田装束店」へ。そこでは松風という白味噌を使ったお菓子を販売している創業360年の「松屋常盤」を紹介したもらったが取材歴があった。次に掛軸などの修復を手掛ける「大入」の職人さんは「割烹 たん義」を紹介してくれたが取材歴があった。続いて「ふさとひも 宮本」で話を聞き、紹介したもらった場所へ向かうと材木店だった。


大入

続いては京都御所の目の前で400年以上続く十二単などを作る「黒田装束店」へ。そこでは松風という白味噌を使ったお菓子を販売している創業360年の「松屋常盤」を紹介したもらったが取材歴があった。次に掛軸などの修復を手掛ける「大入」の職人さんは「割烹 たん義」を紹介してくれたが取材歴があった。続いて「ふさとひも 宮本」で話を聞き、紹介したもらった場所へ向かうと材木店だった。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

割烹 たん義

続いては京都御所の目の前で400年以上続く十二単などを作る「黒田装束店」へ。そこでは松風という白味噌を使ったお菓子を販売している創業360年の「松屋常盤」を紹介したもらったが取材歴があった。次に掛軸などの修復を手掛ける「大入」の職人さんは「割烹 たん義」を紹介してくれたが取材歴があった。続いて「ふさとひも 宮本」で話を聞き、紹介したもらった場所へ向かうと材木店だった。


ふさとひも 宮本

続いては京都御所の目の前で400年以上続く十二単などを作る「黒田装束店」へ。そこでは松風という白味噌を使ったお菓子を販売している創業360年の「松屋常盤」を紹介したもらったが取材歴があった。次に掛軸などの修復を手掛ける「大入」の職人さんは「割烹 たん義」を紹介してくれたが取材歴があった。続いて「ふさとひも 宮本」で話を聞き、紹介したもらった場所へ向かうと材木店だった。


CM

誰も知らない美味しい京都

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

井倉木材

職人さんから紹介したもらった店は材木店だった。しばらく様子を見ているとテーブルが設置せれ、のれんがあがった。ここは6年前から夜は立ち呑み屋になる。お客さんは地元京都の人が中心のためあえて京都らしい料理を出さないのがこだわり。人気のメニューは谷中生姜に豚肉を巻いて炭火で焼く一品。なぜ二足のわらじを履いているのか聞くと、そこには主人の決断があった。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

谷中生姜

職人さんから紹介したもらった店は材木店だった。しばらく様子を見ているとテーブルが設置せれ、のれんがあがった。ここは6年前から夜は立ち呑み屋になる。お客さんは地元京都の人が中心のためあえて京都らしい料理を出さないのがこだわり。人気のメニューは谷中生姜に豚肉を巻いて炭火で焼く一品。なぜ二足のわらじを履いているのか聞くと、そこには主人の決断があった。


ふるさとごはん

「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

ぼっかけ

東尋坊で知られる福井県坂井市。この土地で味わえるふるさとごはんはささがきにしたごぼうや人参、厚揚げなどを出汁で煮た後にご飯の上にかける「ぼっかけ」。


東尋坊

東尋坊で知られる福井県坂井市。この土地で味わえるふるさとごはんはささがきにしたごぼうや人参、厚揚げなどを出汁で煮た後にご飯の上にかける「ぼっかけ」。


CM

誰も知らない美味しい京都

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

井倉木材

なぜ材木店と立ち呑み屋の二足のわらじを履いているのか聞くと、材木屋を継ぐ気がなくサラリーマンをしていたが、飲食に興味があって店を出そうとした矢先に父が病気で急死。そこで主人は店の看板を守りながら飲食店を始めることにしたとのこと。


(エンディング)

(番組宣伝)

CM

「和風総本家 〜はじめてのニッポン 鹿児島編〜」 2018年4月19日(木)放送内容「和風総本家 〜5/10(木)夜9時「和風総本家 あなたの町の有名人〜浅草編」◆傑作選〜」 2018年4月29日(日)放送内容

2018年03月 2018年04月 2018年05月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「和風総本家」で紹介されたすべての情報
  • 「和風総本家」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「和風総本家」で紹介された音楽・CD
  • 「和風総本家」で紹介された映画・DVD
  • 「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「和風総本家」で紹介されたグルメ情報
  • 「和風総本家」で紹介された料理レシピ
  • 「和風総本家」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「和風総本家」で紹介された観光・地域情報
  • 「和風総本家」で紹介されたイベント情報
  • 「和風総本家」で紹介された雑学・豆知識