テレビ紹介情報

「和風総本家」で紹介された情報

「和風総本家 〜6/14(木)よる7時58分「和風総本家SP 和食の国へようこそ!」〜」 2018年6月10日(日)放送内容「和風総本家 〜傑作選「はじめてのニッポン」〜」 2018年6月17日(日)放送内容

「和風総本家」 2018年6月14日(木)放送内容

『スペシャル「和食の国へようこそ&旬を大量に買う人々」』
2018年6月14日(木) 19:53〜21:48 テレビ東京
【レギュラー出演】 前田吟 , 萬田久子 , 東貴博(Take2) , 小堺一機 , 西村和彦 , 井上和香
【ゲスト】 小堺一機 , 西村和彦 , 井上和香
【その他】 志村幸一郎 , 越中眞知子 , 太田めぐみ , 江部雅子 , 江部惠一 , 山本博 , 塩谷典史 , 浅田努 , 高橋利明 , 久保川洋平 , 高橋金次 , 小野昭司 , 金子直久 , 中島徹 , 嘉山利昭 , 大川進 , 森山登美男 , 鈴木雅博 , 佐々木信子 , 鈴木鋭一 , 菊池サダ子 , 菊池治生 , 菊池タエ子 , 水落恵美子 , 菊池俊男

CM

(このあとすぐ)

谷中銀座商店街

和食の国へようこそ&旬を大量に買う人々。放送内容を紹介した。


肉のサトー

和食の国へようこそ&旬を大量に買う人々。放送内容を紹介した。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

メンチカツ

和食の国へようこそ&旬を大量に買う人々。放送内容を紹介した。


銅源サイトウ

和食の国へようこそ&旬を大量に買う人々。放送内容を紹介した。


セブンユニフォーム

和食の国へようこそ&旬を大量に買う人々。放送内容を紹介した。


(オープニング)

和食の国へようこそ

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

YABU(蕎麦)

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

Ko Ishi(日本食)

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

LINGO(居酒屋)

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

DAISUKI(寿司)

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

Ramen Bar Akira(ラーメン)

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十 Gojuu

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。

五十のスタッフ全員が今回の来日で注目していたうなぎの名店へと移動。やってきたのは「のだや」。お店の「かねみつ」を頂いた。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

今、世界で和食がブーム。そこで番組では各国にある和食レストランに日本に和食を食べに来ませんかとオファー。いの一番に手を上げたのはポルトガル。首都リスボンには約120軒の日本料理店があり、その中の「五十 Gojuu」からオーナーと料理長を含めた6名が来日することとなった。 今回来日するメンバーは実はポルトガルで日本食のお店をしていた吉武隆司さんのお店「彩」のスタッフで、吉武さんが亡くなって9年たち、再度日本料理を学びたいなどとその思いを話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十のアレッサンドロたちは、天ぷらの名店「てんぷら小野」を訪問。グルテンを出さないために衣をあまり混ぜないことなどを教わり、薄めの衣で素材の味を活かしたあげ方を見学。アレッサンドロは上げるタイミングをどのように判断しているのかを質問。てんぷら小野の志村さんは揚げる時の音の違いを教えて、あげ始めは高い音、上がってきたら低い音になることなどを教え、天ぷらは余分な水分を抜いて、素材の味と香りを閉じ込めた究極の料理なのだと伝えた。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十

五十のスタッフたちが来日。訪れたのは台東区浅草。有名な寿司店の社長の看板などを見ながら目が止まったのは、天ぷらのディスプレイ。五十で天ぷらを担当しているアレッサンドロは吉武隆司さんから直接ではなく、間にバングラディッシュ仁シェフを挟んで天ぷらを教わっていたため、本物の日本の天ぷらを学びたがっていた。

五十のアレッサンドロたちは、天ぷらの名店「てんぷら小野」を訪問。グルテンを出さないために衣をあまり混ぜないことなどを教わり、薄めの衣で素材の味を活かしたあげ方を見学。アレッサンドロは上げるタイミングをどのように判断しているのかを質問。てんぷら小野の志村さんは揚げる時の音の違いを教えて、あげ始めは高い音、上がってきたら低い音になることなどを教え、天ぷらは余分な水分を抜いて、素材の味と香りを閉じ込めた究極の料理なのだと伝えた。

五十のオーナーとマネージェーは今回の来日の目的の一つとして、和食の食器を求めていた。五十では吉武さんが使っていたお皿を受け継いだのだが、割れたり欠けたりしたものもあり、二人は食器を作っている「猿江ガラス」を訪れた。そこで越中眞知子さんの作業を見学。


猿江ガラス

五十のオーナーとマネージェーは今回の来日の目的の一つとして、和食の食器を求めていた。五十では吉武さんが使っていたお皿を受け継いだのだが、割れたり欠けたりしたものもあり、二人は食器を作っている「猿江ガラス」を訪れた。そこで越中眞知子さんの作業を見学。

猿江ガラスで越中眞知子さんの作業を見学。越中さんはガラスに気泡を入れて、更には遠心力を使った高台皿を作成。見学に訪れた二人にお土産として一回り小さい高台皿をプレゼントしていた。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十のスタッフ全員が今回の来日で注目していたうなぎの名店へと移動。やってきたのは「のだや」。お店の「かねみつ」を頂いた。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

かねみつ

五十のスタッフ全員が今回の来日で注目していたうなぎの名店へと移動。やってきたのは「のだや」。お店の「かねみつ」を頂いた。


二十一代目豆助LINEスタンプ

二十一代目豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで


番組HP


CM

和食の国へようこそ

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十 Gojuu

五十のスタッフはうなぎの名店「のだや」で名物をいただき、更には厨房も見学させてもらう。五十では師匠だった吉武隆司さんが作りやすくすることを考えてはじめに似てから焼いていたが、日本のお店では泥出しや、開き、串打ちなど手法が有り、初めての経験などを体験した。五十の料理長は「素晴らしい体験だった」と感想を話し、全部とは行かなくても、なにか1つチャレンジしたいと話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十のスタッフはうなぎの名店「のだや」で名物をいただき、更には厨房も見学させてもらう。五十では師匠だった吉武隆司さんが作りやすくすることを考えてはじめに似てから焼いていたが、日本のお店では泥出しや、開き、串打ちなど手法が有り、初めての経験などを体験した。五十の料理長は「素晴らしい体験だった」と感想を話し、全部とは行かなくても、なにか1つチャレンジしたいと話した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十

五十のスタッフたちは、来日前から見学を熱望していた場所へと移動。ここでスタジオの出演者たちにどこなのか出題された。


二十一代目豆助LINEスタンプ

二十一代目豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで


番組HP


CM

和食の国へようこそ

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十

五十のスタッフが来日して訪れたかった場所は「わさび田」だった。


CM

和食の国へようこそ

伊東第一ホテル たぬきの里

伊東第一ホテル たぬきの里で宿泊した五十 Gojuuのスタッフらは、来日の最終日。前身の彩で日本料理を教えてくれた今はなき吉武隆司さんに感謝の気持ちを伝えたいと話し、墓前に報告に行くことに。そこで吉武さんの奥さんからの手紙を預かっていたスタッフが代読。「彩」の息子たちへと書かれた手紙に、今は五十で活躍するスタッフらは涙を流しながら思い偲んだ。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

五十 Gojuu

伊東第一ホテル たぬきの里で宿泊した五十 Gojuuのスタッフらは、来日の最終日。前身の彩で日本料理を教えてくれた今はなき吉武隆司さんに感謝の気持ちを伝えたいと話し、墓前に報告に行くことに。そこで吉武さんの奥さんからの手紙を預かっていたスタッフが代読。「彩」の息子たちへと書かれた手紙に、今は五十で活躍するスタッフらは涙を流しながら思い偲んだ。

日本から帰国して数日後の「五十 Gojuu」を取材。特にうなぎのメニューには変化が見られ、中骨などはだいぶスムーズにおろせていた。串打ちや焼きなど日本で学んだことを全て実践したメニューはお客さんにも好評で、お店を訪れた日本人客も、このメニュー目的でお店に来るかもと舌鼓をうっていた。また天ぷら担当のアレッサンドロにも変化があり、天ぷらが美味しくなったという声が上がっているという。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

伊東第一ホテル たぬきの里で宿泊した五十 Gojuuのスタッフらは、来日の最終日。前身の彩で日本料理を教えてくれた今はなき吉武隆司さんに感謝の気持ちを伝えたいと話し、墓前に報告に行くことに。そこで吉武さんの奥さんからの手紙を預かっていたスタッフが代読。「彩」の息子たちへと書かれた手紙に、今は五十で活躍するスタッフらは涙を流しながら思い偲んだ。


旬を大量に買う人々

三陽

長崎県松浦市の松浦魚市場でアジの買い付けをしている高橋利明さんを取材。高橋さんはアジ30万尾を買い付けて、三陽の工場へと搬送した。

大量に仕入れられたアジのその後を取材。三陽に運ばれたアジは機械で処理。生食用のアジはかっぱ寿司 練馬店などに搬入され、お寿司のアジとして提供されていた。また他にも三陽ではアジフライ用の処理も行っており、背と腹を入れ替えるといったこだわりも。出来上がったアジフライはサミット 成城店などで販売されていた。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

アジ

長崎県松浦市の松浦魚市場でアジの買い付けをしている高橋利明さんを取材。高橋さんはアジ30万尾を買い付けて、三陽の工場へと搬送した。

大量に仕入れられたアジのその後を取材。三陽に運ばれたアジは機械で処理。生食用のアジはかっぱ寿司 練馬店などに搬入され、お寿司のアジとして提供されていた。また他にも三陽ではアジフライ用の処理も行っており、背と腹を入れ替えるといったこだわりも。出来上がったアジフライはサミット 成城店などで販売されていた。


松浦魚市場

長崎県松浦市の松浦魚市場でアジの買い付けをしている高橋利明さんを取材。高橋さんはアジ30万尾を買い付けて、三陽の工場へと搬送した。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

大量に仕入れられたアジのその後を取材。三陽に運ばれたアジは機械で処理。生食用のアジはかっぱ寿司 練馬店などに搬入され、お寿司のアジとして提供されていた。また他にも三陽ではアジフライ用の処理も行っており、背と腹を入れ替えるといったこだわりも。出来上がったアジフライはサミット 成城店などで販売されていた。

 (回転寿司、うどん、寿司)

サミット 成城店

大量に仕入れられたアジのその後を取材。三陽に運ばれたアジは機械で処理。生食用のアジはかっぱ寿司 練馬店などに搬入され、お寿司のアジとして提供されていた。また他にも三陽ではアジフライ用の処理も行っており、背と腹を入れ替えるといったこだわりも。出来上がったアジフライはサミット 成城店などで販売されていた。


大田市場

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。


新宿高野

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。

新宿高野が教える美味しいフルーツの見分け方を紹介。桃は形を見て左右対称になるものが良いと紹介。さくらんぼは色、艶を重視するが、もう一つ軸が緑ではっきりしているものが鮮度が一番いいと伝えた。

新宿高野のメロンの目利きで、つるの左右の太さが同じものと不均一なものでどちらが良いかが出題された。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

太陽のタマゴ

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

マスクメロン

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

さくらんぼ

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。

新宿高野が教える美味しいフルーツの見分け方を紹介。桃は形を見て左右対称になるものが良いと紹介。さくらんぼは色、艶を重視するが、もう一つ軸が緑ではっきりしているものが鮮度が一番いいと伝えた。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。

新宿高野が教える美味しいフルーツの見分け方を紹介。桃は形を見て左右対称になるものが良いと紹介。さくらんぼは色、艶を重視するが、もう一つ軸が緑ではっきりしているものが鮮度が一番いいと伝えた。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

メロン

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。

新宿高野が教える美味しいフルーツの見分け方を紹介。桃は形を見て左右対称になるものが良いと紹介。さくらんぼは色、艶を重視するが、もう一つ軸が緑ではっきりしているものが鮮度が一番いいと伝えた。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

マンゴー

大田市場で大量のフルーツを買い付けている高橋金次さんは新宿高野の買い付け人。しかし自身でせりに出るのではなく、果物事に特化した買い付け人が買い付けを行ってくる。更に新宿高野のアドバイザーの大川進さんはほぼ毎年産地を訪れていることなどを話した。


二十一代目豆助LINEスタンプ

二十一代目豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで


番組HP


CM

旬を大量に買う人々

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

タカノフルーツパーラー

新宿高野の目利きで、メロンの選び方が出題。正しいメロンの選び方はつるの左右が非対称なもの。片方のつるから栄養が入ってきて、きちんと内部に栄養が詰まればもう片方のつるは細くなると説明。更にタカノフルーツパーラーの「静岡県産マスクメロンアート」などを紹介した。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

静岡県産マスクメロンアート

新宿高野の目利きで、メロンの選び方が出題。正しいメロンの選び方はつるの左右が非対称なもの。片方のつるから栄養が入ってきて、きちんと内部に栄養が詰まればもう片方のつるは細くなると説明。更にタカノフルーツパーラーの「静岡県産マスクメロンアート」などを紹介した。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

わらび

鈴木雅博さんが大量に買い付けているのは山菜。鈴木さんは天然物のみを取り扱う山菜問屋を経営。山菜を取ってくるのは地元のお年寄り。お年寄りも山菜採りは現金収入にもなるし楽しいと話す。また熊よけのベルの話なども伺った。鈴木さんは大量に仕入れた山菜を工場に運び、アク抜きなどを行った。


二十一代目豆助LINEスタンプ

二十一代目豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで


番組HP


CM

旬を大量に買う人々

ふるさとごはん

「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

けんさん焼き

新潟県魚沼市のふるさとごはん「けんさん焼き」を紹介した。


CM

旬を大量に買う人々

二子玉川ライズ

山菜を大量に買い付ける鈴木さんを取材。鈴木さんは自身の問屋の経営が苦しい時、日本で売られている山菜の殆どが海外さんであることに着目。国産お天然山菜ならば勝負できると現在の山菜問屋の形をスタート。今では二子玉川ライズの九州屋などでも販売されていることなどを紹介した。


九州屋

山菜を大量に買い付ける鈴木さんを取材。鈴木さんは自身の問屋の経営が苦しい時、日本で売られている山菜の殆どが海外さんであることに着目。国産お天然山菜ならば勝負できると現在の山菜問屋の形をスタート。今では二子玉川ライズの九州屋などでも販売されていることなどを紹介した。


(エンディング)

「和風総本家」で紹介された音楽・CD

一心

テーマ曲:縁の詩〜えにしのうた〜/上妻宏光。挿入曲:一心/KOBUDO-古武道-feat.上妻宏光


「和風総本家」で紹介された音楽・CD

縁の詩〜えにしのうた〜

テーマ曲:縁の詩〜えにしのうた〜/上妻宏光。挿入曲:一心/KOBUDO-古武道-feat.上妻宏光


(番組宣伝)

CM

「和風総本家 〜6/14(木)よる7時58分「和風総本家SP 和食の国へようこそ!」〜」 2018年6月10日(日)放送内容「和風総本家 〜傑作選「はじめてのニッポン」〜」 2018年6月17日(日)放送内容