テレビ紹介情報

「和風総本家」で紹介された情報

「和風総本家」2014年3月6日(木)放送内容「和風総本家 〜スペシャル〜」 2014年3月20日(木)放送内容

「和風総本家」 2014年3月13日(木)放送内容

(オープニング)

「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

?の芽

オープニングにて、?の芽を使ったレシピ「?の芽の天ぷら」を紹介した。


「和風総本家」で紹介されたグルメ情報

?の芽の天ぷら

オープニングにて、?の芽を使ったレシピ「?の芽の天ぷら」を紹介した。


密着 大阪の職人24時

大阪錫器

大阪・東住吉区にある大阪錫器では今井達昌さんたち数人の職人によってある物が作られていた。鋳型に溶けた錫が流し込まれ、固まる絶妙な瞬間を見計らって鋳型から取り出された。その後は鉋で加工され、熱燗を美味しくしてくれる懐かしき道具「タンポ」が完成した。道頓堀にあるたこ梅 本店では今も使用されていて、アルミ製のものよりも熱伝導率が良いので温めやすく冷めにくい。今や、大阪でこの錫器を生産するのはほんの数軒の工場のみだという。


タンポ

大阪・東住吉区にある大阪錫器では今井達昌さんたち数人の職人によってある物が作られていた。鋳型に溶けた錫が流し込まれ、固まる絶妙な瞬間を見計らって鋳型から取り出された。その後は鉋で加工され、熱燗を美味しくしてくれる懐かしき道具「タンポ」が完成した。道頓堀にあるたこ梅 本店では今も使用されていて、アルミ製のものよりも熱伝導率が良いので温めやすく冷めにくい。今や、大阪でこの錫器を生産するのはほんの数軒の工場のみだという。


「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

大阪・東住吉区にある大阪錫器では今井達昌さんたち数人の職人によってある物が作られていた。鋳型に溶けた錫が流し込まれ、固まる絶妙な瞬間を見計らって鋳型から取り出された。その後は鉋で加工され、熱燗を美味しくしてくれる懐かしき道具「タンポ」が完成した。道頓堀にあるたこ梅 本店では今も使用されていて、アルミ製のものよりも熱伝導率が良いので温めやすく冷めにくい。今や、大阪でこの錫器を生産するのはほんの数軒の工場のみだという。


上松美装店

大阪・岸和田市では建築美装を行う上松美装店の職人らが岸和田だんじり祭に使用されるだんじりの各パーツをメンテナンスのために洗浄していた。職人の1人である上松利典さんは祭りの際に大工方を担当している。さらに大下工務店では祭りの本番に向けて、メンテナンスされただんじりの各パーツが元通りに組み立てられた。


「和風総本家」で紹介されたイベント情報

岸和田だんじり祭

大阪・岸和田市では建築美装を行う上松美装店の職人らが岸和田だんじり祭に使用されるだんじりの各パーツをメンテナンスのために洗浄していた。職人の1人である上松利典さんは祭りの際に大工方を担当している。さらに大下工務店では祭りの本番に向けて、メンテナンスされただんじりの各パーツが元通りに組み立てられた。


大下工務店

大阪・岸和田市では建築美装を行う上松美装店の職人らが岸和田だんじり祭に使用されるだんじりの各パーツをメンテナンスのために洗浄していた。職人の1人である上松利典さんは祭りの際に大工方を担当している。さらに大下工務店では祭りの本番に向けて、メンテナンスされただんじりの各パーツが元通りに組み立てられた。


通天閣

大阪クロードの職人歴26年の神山辰也さんはガラス管とゴムチューブを繋げ、ガラス管の部分を700度の火で熱して曲げていった。その際にガラス管が潰れないように息を吹き込みながら加工し、電極やガス注入口を繋げるなどしてネオン管を製造した。通天閣、道頓堀のネオンサインの8割に大阪クロードのネオン管が使われていて、神山さんは「大阪を照らす大事なものだから、ずっと守り続けようと思う」とコメント。


大阪クロード

大阪クロードの職人歴26年の神山辰也さんはガラス管とゴムチューブを繋げ、ガラス管の部分を700度の火で熱して曲げていった。その際にガラス管が潰れないように息を吹き込みながら加工し、電極やガス注入口を繋げるなどしてネオン管を製造した。通天閣、道頓堀のネオンサインの8割に大阪クロードのネオン管が使われていて、神山さんは「大阪を照らす大事なものだから、ずっと守り続けようと思う」とコメント。


ネオン管

大阪クロードの職人歴26年の神山辰也さんはガラス管とゴムチューブを繋げ、ガラス管の部分を700度の火で熱して曲げていった。その際にガラス管が潰れないように息を吹き込みながら加工し、電極やガス注入口を繋げるなどしてネオン管を製造した。通天閣、道頓堀のネオンサインの8割に大阪クロードのネオン管が使われていて、神山さんは「大阪を照らす大事なものだから、ずっと守り続けようと思う」とコメント。


日照

大阪・守口市の大西鉄工所では職人歴33年の大西則夫さん、満智子さんが鏡を使って、ミラーボールを製造した。ミラーボールを最初に製造したのは摂津市にある日照で、ヴェルファーレなどに使用されている。


ミラーボール

大阪・守口市の大西鉄工所では職人歴33年の大西則夫さん、満智子さんが鏡を使って、ミラーボールを製造した。ミラーボールを最初に製造したのは摂津市にある日照で、ヴェルファーレなどに使用されている。


ヴェルファーレ

大阪・守口市の大西鉄工所では職人歴33年の大西則夫さん、満智子さんが鏡を使って、ミラーボールを製造した。ミラーボールを最初に製造したのは摂津市にある日照で、ヴェルファーレなどに使用されている。


大西鉄工所

大阪・守口市の大西鉄工所では鏡を使って、大阪らしい綺羅びやかな物の製造が行われた。

大阪・守口市の大西鉄工所では職人歴33年の大西則夫さん、満智子さんが鏡を使って、ミラーボールを製造した。ミラーボールを最初に製造したのは摂津市にある日照で、ヴェルファーレなどに使用されている。


武林製作所

大阪・八尾市にある武林製作所では職人歴23年の山口勝彦さんは5時間かけて金型を磨いていて、最終的に金型の表面が鏡のようになるまで磨くのだという。


大和温泉

調査捕鯨で捕獲されたセミクジラの髭は海水を濾過して餌を採取するためのフィルターの役割を果たしてる。スタジオの萬田久子ら出演者には「その髭を加工したパーツなどによって作られる日本の伝統文化に欠かせない物とは?」が出題された。回答途中に萬田久子はゲスト出演したドラマ「三匹のおっさん」の番組宣伝をした。その後、内藤剛志、東貴博はからくり人形、野々すみ花はあんま器と回答した。


セミクジラ

調査捕鯨で捕獲されたセミクジラの髭は海水を濾過して餌を採取するためのフィルターの役割を果たしてる。スタジオの萬田久子ら出演者には「その髭を加工したパーツなどによって作られる日本の伝統文化に欠かせない物とは?」が出題された。回答途中に萬田久子はゲスト出演したドラマ「三匹のおっさん」の番組宣伝をした。その後、内藤剛志、東貴博はからくり人形、野々すみ花はあんま器と回答した。


CM

密着 大阪の職人24時

武林製作所

仕事を終えた大阪の働き手たちが飲食店でどて焼、おでんなどを堪能しながら会話を弾ませていた一方で、八尾市の武林製作所では山口勝彦さんが9時間かけて歯ブラシの金型を磨き続けていた。金型が曇った状態では製品に光沢が生まれず、磨きすぎては型自体の寸法が狂ってしまうことからミリ単位の感覚が求められている。武林製作所では国産歯ブラシの5割のシェアを占めていて、磨く技術を持つのは山口勝彦さんのみ。現在は弟子たちが修行中。


上松美装店

上松美装店では深夜に稼働し、職人が大阪で馴染みとされる場所を洗うために車で移動した。


CM

密着 大阪の職人24時

「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店

上松美装店の職人は深夜にたこ焼き なおちかで使われた鉄板にこびりついた煤を落とす作業を行った。

 (バー・お酒(その他)、お好み焼き・たこ焼き(その他))

上田水産

大阪市中央卸売市場ではマグロの競りが真っ最中のなか、上田水産では大阪に欠かせないあるものの仕込み作業に追われていた。


大阪中央卸売市場ネットショップ

大阪市中央卸売市場ではマグロの競りが真っ最中のなか、上田水産では大阪に欠かせないあるものの仕込み作業に追われていた。


大阪市中央卸売市場

大阪市中央卸売市場ではマグロの競りが真っ最中のなか、上田水産では大阪に欠かせないあるものの仕込み作業に追われていた。


CM

密着 大阪の職人24時

上田水産

早朝の上田水産では際千秋さんらによって、たこ焼き店で使われるタコの仕込み作業が行われていた。


(エンディング)

(番組宣伝)

CM

「和風総本家」2014年3月6日(木)放送内容「和風総本家 〜スペシャル〜」 2014年3月20日(木)放送内容

2014年02月 2014年03月 2014年04月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「和風総本家」で紹介されたすべての情報
  • 「和風総本家」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「和風総本家」で紹介された音楽・CD
  • 「和風総本家」で紹介された映画・DVD
  • 「和風総本家」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「和風総本家」で紹介されたグルメ情報
  • 「和風総本家」で紹介された料理レシピ
  • 「和風総本家」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「和風総本家」で紹介された観光・地域情報
  • 「和風総本家」で紹介されたイベント情報
  • 「和風総本家」で紹介された雑学・豆知識