ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > Newsモーニングサテライト
テレビ紹介情報

「Newsモーニングサテライト」で紹介された情報

「Newsモーニングサテライト」で紹介されたすべての情報 ( 8321 / 8321 ページ )

CBOEグローバルマーケッツ

ビットコインの先物取引が始まる。ビットコイン相場の乱高下が続く中、取引所の監督のもとで公正な価格形成ができるかが焦点となる。18日にはCMEグループも先物取引を開始する計画。


CME グループ

ビットコインの先物取引が始まる。ビットコイン相場の乱高下が続く中、取引所の監督のもとで公正な価格形成ができるかが焦点となる。18日にはCMEグループも先物取引を開始する計画。


バンクオブアメリカ・メリルリンチ

アメリカの11月の雇用統計は全体的に堅調な内容だったものの、賃金の伸びや悩みが続いていることを示した。市場関係者の間では賃金の上昇の加速は時間の問題だとの声も聞かれる。

今週は連邦公開市場委員会が開かれる。追加利上げの決定が確実だとみられているが、終了後に今後の利上げと経済見通しも明らかにされる。ハリス氏によると、利上げ見通しについては19年は従来の2回から3回に引き上げるという。


ロイター通信

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことに抗議する動きが続いている。ヨルダン川西岸のベツレヘムでは10日もデモ隊がイスラエル軍兵士に向かって投石し、軍が催涙ガスで応戦するなど緊張が続いた。パキスタン・カラチでは400人のイスラム教徒がアメリカの国旗を燃やすなどのデモを起こし、モロッコでも数万人規模の抗議集会が開かれた。


竹内製作所

長野・坂城町にある建設機械メーカー竹内製作所。主力は建設現場や造園工事など活躍するミニショベル。ヨーロッパ向けが好調で、今季の純利益は88億円と過去最高を見込んでいる。1963年に創業し会社を一代で築き上げた竹内明雄社長には、創業以来一貫した思いがあった。竹内社長は、「人のモノマネでは駄目。自分で作るものでないと将来性がなく進歩がない」と語る。当初は自動車部品などを製造していたが、1971年に建設現場で手作業の基礎工事に負担があることを聞き、世界初のミニショベルを完成させた。手作業の14倍という速さが評価された。その後、ライバル会社が参入し、そこで海外進出に活路を見出した。アメリカではキャタピラー式の製品を投入しヒットした。今では売上の97%が海外。さらに、製造は鉄板から最終製品まで一貫生産。しかも手作業で行っている。いま開発を進めているのが遠隔操作ショベルで、人が立ち入れない場所で活躍している。

スタジオでVTRの補足。輸出先の大半が欧米で、欧米の景気回復によって住宅投資が活発化しているとのこと。ミニショベルの需要も旺盛だそうで、5億円を投じて長野県に新工場を設立していて、来年1月の完成予定だという。


TAKEUCHI

1989年にベルリンの壁が崩壊した時、ある日本の名が世界で注目された。その名もTAKEUCH。建設機械のベンツと言われ、海外で快進撃を続ける企業が登場する。


ベルリンの壁

1989年にベルリンの壁が崩壊した時、ある日本の名が世界で注目された。その名もTAKEUCH。建設機械のベンツと言われ、海外で快進撃を続ける企業が登場する。


S&P

南アフリカでは世界金融危機以降、財政悪化が続いていて、債権に歯止めをかけることが重要になっているが、ズマ大統領は2015年に財政再建派の財務大臣を突如更迭してしまい、国際金融市場が混乱しランドが一時最安値を付けたことがあった。その後、ズマ大統領は財政再建派に以前やっていた人を再任して収束を図った。金融市場は落ち着きを取り戻しており、安値をつけた後は上昇が続いている。今年3月、財務相が更迭に追い込まれ、ランドの信用を相次いで格下げとなった。フィッチなど3社中2社が投資不適格という状態になり、ムーディーズも下がる直前になっている。ランド相場は実体経済は悪いにも関わらず堅調を維持しているという奇妙な状態。西濱徹のアップデートポイントは、「ランド相場は投機の色合いを強めるか」。ラマポーザ副大統領はビジネス界出身ということもあり、非常に構造改革路線の展開に期待がある。一方、もう1人の有力候補がズマ大統領の元奥さんのドラミニ=ズマ氏で、財政政策もズマ大統領に近い。世論調査を見るとラマポーザ副大統領が優勢となっているが、ドラミニ=ズマ氏はネットなど情報戦をしており、非常に不透明になっている。


ムーディーズ

南アフリカでは世界金融危機以降、財政悪化が続いていて、債権に歯止めをかけることが重要になっているが、ズマ大統領は2015年に財政再建派の財務大臣を突如更迭してしまい、国際金融市場が混乱しランドが一時最安値を付けたことがあった。その後、ズマ大統領は財政再建派に以前やっていた人を再任して収束を図った。金融市場は落ち着きを取り戻しており、安値をつけた後は上昇が続いている。今年3月、財務相が更迭に追い込まれ、ランドの信用を相次いで格下げとなった。フィッチなど3社中2社が投資不適格という状態になり、ムーディーズも下がる直前になっている。ランド相場は実体経済は悪いにも関わらず堅調を維持しているという奇妙な状態。西濱徹のアップデートポイントは、「ランド相場は投機の色合いを強めるか」。ラマポーザ副大統領はビジネス界出身ということもあり、非常に構造改革路線の展開に期待がある。一方、もう1人の有力候補がズマ大統領の元奥さんのドラミニ=ズマ氏で、財政政策もズマ大統領に近い。世論調査を見るとラマポーザ副大統領が優勢となっているが、ドラミニ=ズマ氏はネットなど情報戦をしており、非常に不透明になっている。


フィッチ

南アフリカでは世界金融危機以降、財政悪化が続いていて、債権に歯止めをかけることが重要になっているが、ズマ大統領は2015年に財政再建派の財務大臣を突如更迭してしまい、国際金融市場が混乱しランドが一時最安値を付けたことがあった。その後、ズマ大統領は財政再建派に以前やっていた人を再任して収束を図った。金融市場は落ち着きを取り戻しており、安値をつけた後は上昇が続いている。今年3月、財務相が更迭に追い込まれ、ランドの信用を相次いで格下げとなった。フィッチなど3社中2社が投資不適格という状態になり、ムーディーズも下がる直前になっている。ランド相場は実体経済は悪いにも関わらず堅調を維持しているという奇妙な状態。西濱徹のアップデートポイントは、「ランド相場は投機の色合いを強めるか」。ラマポーザ副大統領はビジネス界出身ということもあり、非常に構造改革路線の展開に期待がある。一方、もう1人の有力候補がズマ大統領の元奥さんのドラミニ=ズマ氏で、財政政策もズマ大統領に近い。世論調査を見るとラマポーザ副大統領が優勢となっているが、ドラミニ=ズマ氏はネットなど情報戦をしており、非常に不透明になっている。


2017年11月 2017年12月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する