テレビ紹介情報

「Newsモーニングサテライト」で紹介された情報

「Newsモーニングサテライト」2018年2月14日(水)放送内容「Newsモーニングサテライト 〜【中国で大気汚染が改善!?】〜」 2018年2月16日(金)放送内容

「Newsモーニングサテライト」 2018年2月15日(木)放送内容

2018年2月15日(木) 05:45〜07:05 テレビ東京
【レギュラー出演】 森田京之介 , 西野志海 , 森山るり , 矢内雄一郎
【ゲスト】 壁谷洋和 , 池田雄之輔 , 市川雅浩
【その他】 堀内隆文 , リンジー・フォータード , 根來紀行 , 瀬尾浩

(オープニング)

CM

(オープニング)

大和証券

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターは大和証券の壁谷洋和と、野村證券の池田雄之輔。


野村證券

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターは大和証券の壁谷洋和と、野村證券の池田雄之輔。


(NYマーケット)

(NY証券取引所 中継)

NY証券取引所

NY証券取引所から中継。米国みずほ証券・堀内隆文がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。金利上昇やインフレは今回の株価調整のきっかけとなったが、大幅調整の主要因とはなっておらず株価は堅調。金融株やハイテク株の上昇が指数上昇をけん引した。


米国みずほ証券

NY証券取引所から中継。米国みずほ証券・堀内隆文がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。金利上昇やインフレは今回の株価調整のきっかけとなったが、大幅調整の主要因とはなっておらず株価は堅調。金融株やハイテク株の上昇が指数上昇をけん引した。


大阪取引所

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。


シカゴ取引所

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。


プロの眼

日経超特急

日本経済新聞

日本の官民がベトナムで、最先端技術を結集したスマートタウン建設する。自動運転バスやITを活用した省エネルギー機器を備えた街を2023年までに完成させる予定。住友商事、三菱重工業など20社以上と経済産業省が参画し、交通渋滞や大気汚染に悩むアジア各国に新たな都市モデルを示す。中国の影響力が高まる東南アジアで親日ぶりが際立つベトナムとの関係を深める。(日本経済新聞)

中国の春節、旧正月で、650万人が海外へ旅行する。きょうから始まる1週間の大型連休前後には、人民元高が追い風となって、去年を6%上回る中国人が世界へ飛び出す。人気の目的地は去年に引き続きタイが首位で、日本が2位、去年3位だった韓国は順位圏外に脱落した。(日本経済新聞)

日本企業の主な業種で、利益の首位交代が相次ぎそうだ。ソニーの2018年3月期の営業利益が、日立製作所を超えて首位となる見通し。いずれも最高益を見込んでいるが、ソニーが日立を上回るのは10年ぶりとなる。ビール大手でも首位交代の可能性があるなど、グローバル化や構造改革で各社がしのぎを削っている。(日本経済新聞)


住友商事

日本の官民がベトナムで、最先端技術を結集したスマートタウン建設する。自動運転バスやITを活用した省エネルギー機器を備えた街を2023年までに完成させる予定。住友商事、三菱重工業など20社以上と経済産業省が参画し、交通渋滞や大気汚染に悩むアジア各国に新たな都市モデルを示す。中国の影響力が高まる東南アジアで親日ぶりが際立つベトナムとの関係を深める。(日本経済新聞)


三菱重工業

日本の官民がベトナムで、最先端技術を結集したスマートタウン建設する。自動運転バスやITを活用した省エネルギー機器を備えた街を2023年までに完成させる予定。住友商事、三菱重工業など20社以上と経済産業省が参画し、交通渋滞や大気汚染に悩むアジア各国に新たな都市モデルを示す。中国の影響力が高まる東南アジアで親日ぶりが際立つベトナムとの関係を深める。(日本経済新聞)


ソニー

日本企業の主な業種で、利益の首位交代が相次ぎそうだ。ソニーの2018年3月期の営業利益が、日立製作所を超えて首位となる見通し。いずれも最高益を見込んでいるが、ソニーが日立を上回るのは10年ぶりとなる。ビール大手でも首位交代の可能性があるなど、グローバル化や構造改革で各社がしのぎを削っている。(日本経済新聞)


日立製作所

日本企業の主な業種で、利益の首位交代が相次ぎそうだ。ソニーの2018年3月期の営業利益が、日立製作所を超えて首位となる見通し。いずれも最高益を見込んでいるが、ソニーが日立を上回るのは10年ぶりとなる。ビール大手でも首位交代の可能性があるなど、グローバル化や構造改革で各社がしのぎを削っている。(日本経済新聞)


(天気予報)

(ニュース)

ウォルドーフ・アストリア

世界で5000以上のホテルを展開するヒルトン・ワールドワイドの去年10月から12月期の決算は、世界経済回復を追い風に、ビジネス客の利用が増えて市場予想を上回る増収。売上高は22億7900万ドルで前年比の24%プラス、純利益は黒字転換し、1株利益は予想を上回った。1日の販売可能客室数あたりの売上は、高級ホテルのウォルドーフ・アストリアやコンラッドが大きく伸びた。


コンラッド

世界で5000以上のホテルを展開するヒルトン・ワールドワイドの去年10月から12月期の決算は、世界経済回復を追い風に、ビジネス客の利用が増えて市場予想を上回る増収。売上高は22億7900万ドルで前年比の24%プラス、純利益は黒字転換し、1株利益は予想を上回った。1日の販売可能客室数あたりの売上は、高級ホテルのウォルドーフ・アストリアやコンラッドが大きく伸びた。


ヒルトン・ワールドワイド

世界で5000以上のホテルを展開するヒルトン・ワールドワイドの去年10月から12月期の決算は、世界経済回復を追い風に、ビジネス客の利用が増えて市場予想を上回る増収。売上高は22億7900万ドルで前年比の24%プラス、純利益は黒字転換し、1株利益は予想を上回った。1日の販売可能客室数あたりの売上は、高級ホテルのウォルドーフ・アストリアやコンラッドが大きく伸びた。


チャレンジャー・グレイ&クリスマス

インフルエンザが世界的に流行する中、アメリカでは感染した従業員の生産性低下による経済損失が210億ドルに達する見込みだと、人材会社のチャレンジャー・グレイ&クリスマスが発表した。WHO(世界保健機関)も、特に北半球の温帯域で大流行しているとして警戒を呼びかけている。


インフルエンザ

インフルエンザが世界的に流行する中、アメリカでは感染した従業員の生産性低下による経済損失が210億ドルに達する見込みだと、人材会社のチャレンジャー・グレイ&クリスマスが発表した。WHO(世界保健機関)も、特に北半球の温帯域で大流行しているとして警戒を呼びかけている。


J.D.パワー

米自動車耐久品質調査が発表され、トヨタのレクサスが、高級車ポルシェを抑えて7年連続でブランド別ランキング1位を獲得した。また日産の高級ブランドインフィニティが29位から4位へ躍進。今年の業界平均も去年より14ポイント改善。各社の品質がさらに向上したことが確認された。


レクサス

米自動車耐久品質調査が発表され、トヨタのレクサスが、高級車ポルシェを抑えて7年連続でブランド別ランキング1位を獲得した。また日産の高級ブランドインフィニティが29位から4位へ躍進。今年の業界平均も去年より14ポイント改善。各社の品質がさらに向上したことが確認された。


ポルシェ

米自動車耐久品質調査が発表され、トヨタのレクサスが、高級車ポルシェを抑えて7年連続でブランド別ランキング1位を獲得した。また日産の高級ブランドインフィニティが29位から4位へ躍進。今年の業界平均も去年より14ポイント改善。各社の品質がさらに向上したことが確認された。


インフィニティ

米自動車耐久品質調査が発表され、トヨタのレクサスが、高級車ポルシェを抑えて7年連続でブランド別ランキング1位を獲得した。また日産の高級ブランドインフィニティが29位から4位へ躍進。今年の業界平均も去年より14ポイント改善。各社の品質がさらに向上したことが確認された。


「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

平昌オリンピックのスピードスケート女子1000mで小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得した。スピードスケートの表彰台に日本人が2人乗るのは初のこと。小平選手が「もう一段高いところで2人で並べたら最高でしたが、残る1種目、それぞれの舞台で実力を出し切りたい」と語った。

平昌オリンピックのスキー・ノルディック複合 個人ノーマルヒルに渡部暁斗選手が、2大会連続となる銀メダルを獲得。前半のジャンプでは3位。後半のクロスカントリーで追い上げるも、先頭を走るエリック・フレンツェル に及ばなかった。


「Newsモーニングサテライト」で紹介された音楽・CD

テレビ東京 平昌五輪2018中継テーマソング:NOKKO「翼」

テレビ東京 平昌五輪2018中継テーマソング:NOKKO「翼」


「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報

平昌五輪

テレビ東京 平昌五輪2018中継テーマソング:NOKKO「翼」

テレビ東京 平昌五輪2018中継テーマソング:NOKKO「翼」


日本郵政

日本郵政が発表した17年4-12月期の純利益は前年比26.5%増となった。傘下のゆうちょ銀行の運用で収益が拡大したほか、日本郵便で「ゆうパック」の取り扱いが増加した。一方、経常収益は前年比2.5%マイナスと民営化後では最低となった。


ゆうちょ銀行

日本郵政が発表した17年4-12月期の純利益は前年比26.5%増となった。傘下のゆうちょ銀行の運用で収益が拡大したほか、日本郵便で「ゆうパック」の取り扱いが増加した。一方、経常収益は前年比2.5%マイナスと民営化後では最低となった。


ゆうパック

日本郵政が発表した17年4-12月期の純利益は前年比26.5%増となった。傘下のゆうちょ銀行の運用で収益が拡大したほか、日本郵便で「ゆうパック」の取り扱いが増加した。一方、経常収益は前年比2.5%マイナスと民営化後では最低となった。


日本郵便

日本郵政が発表した17年4-12月期の純利益は前年比26.5%増となった。傘下のゆうちょ銀行の運用で収益が拡大したほか、日本郵便で「ゆうパック」の取り扱いが増加した。一方、経常収益は前年比2.5%マイナスと民営化後では最低となった。


トヨタ

米自動車耐久品質調査が発表され、トヨタのレクサスが、高級車ポルシェを抑えて7年連続でブランド別ランキング1位を獲得した。また日産の高級ブランドインフィニティが29位から4位へ躍進。今年の業界平均も去年より14ポイント改善。各社の品質がさらに向上したことが確認された。

春闘でトヨタ・日産の労働組合が要求書を提出した。大手労働組合 自動車総連はきのう会見を開きベースアップ相当額として、去年と同じ月額3000円を要求した。


日産

米自動車耐久品質調査が発表され、トヨタのレクサスが、高級車ポルシェを抑えて7年連続でブランド別ランキング1位を獲得した。また日産の高級ブランドインフィニティが29位から4位へ躍進。今年の業界平均も去年より14ポイント改善。各社の品質がさらに向上したことが確認された。

春闘でトヨタ・日産の労働組合が要求書を提出した。大手労働組合 自動車総連はきのう会見を開きベースアップ相当額として、去年と同じ月額3000円を要求した。


東芝

東芝は車谷暢昭氏が会長兼CEOに就任、綱川社長は続投する人事を発表した。今後車谷氏が中長期的な事業戦略を担当し、綱川氏が業務執行を受け持つことになる。車谷氏は会見で“既存の事業の再編を進めて成長分野に注力する”と表明した。


野村証券

春の賃金交渉について野村証券 池田雄之輔は、円高が重なってよくないタイミングだと指摘。経営側もベースアップには慎重にならないことを期待したいと述べた。


(NY証券取引所 中継)

NY証券取引所

NY株式の終値を伝えた。

NY証券取引所から中継で、米国みずほ証券の堀内隆文がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。金利上昇やインフレは今回の株価調整のきっかけとなったが、大幅調整の主要因とはなっておらず株価は堅調。金融株やハイテク株の上昇が指数上昇をけん引した。


米国みずほ証券

NY証券取引所から中継で、米国みずほ証券の堀内隆文がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。金利上昇やインフレは今回の株価調整のきっかけとなったが、大幅調整の主要因とはなっておらず株価は堅調。金融株やハイテク株の上昇が指数上昇をけん引した。


NY証券取引所

NY証券取引所から中継。株価の下落はスピード調整の一環であり、年末にはS&P500が2500ポイント目指すと引き続き考えており、現状の水準からすると10%弱の上昇余地があるとみている。20日安値更新銘柄が50%を超えると、株価の底打ちサインとなるとした。またプットコールレシオもその指標のひとつである。


CM

(提供)

CM

(為替・株価 きょうの見通し)

日銀

今日のドル/円相場の見通しは106.00円〜108.00円で推移し、ドル安・円高基調になっている。池田さんによると、アメリカ株の急落で利上げが難しくなるのではないかという見方が広がり、ドル安となった。また、黒田総裁が続投する見通しになったことで一段の緩和期待が縮小し、円高要因となっている。ドル/円相場については昨年9月の安値水準を割り込んだことも円高を後押ししている。ドル安の止まる条件は、アメリカ株の持ち直し、FRBが利上げ継続を表明すること、日銀が緩和の「出口」言及を封印すること、原油価格が緩やかに低下することだとした。池田さんは、「すべて揃うのは3月、4月になると思う」とコメントした。


大阪取引所

NY株式、2月14日のセクター別騰落率、株式先物の終値を伝えた。


シカゴ取引所

NY株式、2月14日のセクター別騰落率、株式先物の終値を伝えた。


QUICK

QUICKのAIによる株価予想を伝えた。寄り付きは晴れ。日中の予想レンジは21,249円から21,441円。ナスダック総合指数とS&P500指数の上昇はいずれも日経平均にポジティブに働きそう。


(きょうの株価材料)

ジャパンディスプレイ

経営再建中のジャパンディスプレイが発表した去年の最終損益は1006億円の赤字となった。1年前から大幅に悪化。アップルがiPhoneの一部で他社の有機ELを採用したことが響いた。早期退職の募集など構造改革費用を計上したことも影響した。


アップル

経営再建中のジャパンディスプレイが発表した去年の最終損益は1006億円の赤字となった。1年前から大幅に悪化。アップルがiPhoneの一部で他社の有機ELを採用したことが響いた。早期退職の募集など構造改革費用を計上したことも影響した。


iPhone

経営再建中のジャパンディスプレイが発表した去年の最終損益は1006億円の赤字となった。1年前から大幅に悪化。アップルがiPhoneの一部で他社の有機ELを採用したことが響いた。早期退職の募集など構造改革費用を計上したことも影響した。


キリンホールディングス

キリンホールディングスは2018年12月期の純利益が1年前より36%マイナスの1550億円になる見通しだと発表した。売上高は5%プラスの1兆9600億円を見込んでいるが、ブラジル事業の譲渡益がなくなることが響いている。


リクルートホールディングス

リクルートホールディングスは2018年3月期の純利益が9%プラスの1490億円になる見通しだと発表した。従来の減益予想から一転して増益になる。人材派遣事業などが好調なため。


出光興産

出光興産は2018年3月期の純利益見通しを従来の1000億円から1600億円に上方修正した。石炭価格の上昇などが寄与。


QUICK

QUICKのAiが選んだ注目銘柄を紹介。昭和電工は2018年12月期の純利益予想が前年比94%プラスの650億円になる見通し。すかいらーくの2017年12月期の純利益は前年比7%マイナスの169億円。関東電化工業は2018年3月期の純利益予想を49億5000万円から60億円に引き上げ。


昭和電工

QUICKのAiが選んだ注目銘柄を紹介。昭和電工は2018年12月期の純利益予想が前年比94%プラスの650億円になる見通し。すかいらーくの2017年12月期の純利益は前年比7%マイナスの169億円。関東電化工業は2018年3月期の純利益予想を49億5000万円から60億円に引き上げ。


すかいらーく

QUICKのAiが選んだ注目銘柄を紹介。昭和電工は2018年12月期の純利益予想が前年比94%プラスの650億円になる見通し。すかいらーくの2017年12月期の純利益は前年比7%マイナスの169億円。関東電化工業は2018年3月期の純利益予想を49億5000万円から60億円に引き上げ。


関東電化工業

QUICKのAiが選んだ注目銘柄を紹介。昭和電工は2018年12月期の純利益予想が前年比94%プラスの650億円になる見通し。すかいらーくの2017年12月期の純利益は前年比7%マイナスの169億円。関東電化工業は2018年3月期の純利益予想を49億5000万円から60億円に引き上げ。


CM

マイクロスコープ

三菱自動車

決算から見る来期の注目テーマを探る。市川さんによると、製造業の業績回復が続いており、三菱自動車は今年度の営業利益見通しを35.7%上方修正した。10月〜12月期で見ても上場企業の純利益の伸び率は前年比40%を超えている。三井住友アセットマネジメントが調査対象とする224銘柄の経常利益は前年比+17.1%と二桁の増益を見込んでいる。市場の関心は既に来年の企業業績に移りつつあり、来年度の伸び率は9.5%の見通し。今後円高が進むと利益の伸び率が低下するため為替の動向は要注意。ゲームや電子部品は来年度も高い増益率が見込まれ、こういったセクターを中心に選別が進むと予想される。


セブン&アイ・ホールディングス

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。


ホンダ

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


日産

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


トヨタ

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。


マツダ

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。


ヤマハ発動機

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。


キヤノン

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。


日本電産

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。1.5兆ドル規模のトランプ減税、アメリカの景気効果はGDP0.2%程度の押しあげなどと試算されている。市川はこの減税によって日本企業は現地法人の減税、アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるという。現地法人の減税による恩恵を受ける会社は、北米拠点の売上比率が高く主に自動車メーカーだが、セブン&アイ・ホールディングスはアメリカ子会社の店舗網があるので、売上比率が高くなっている。現地法人は法人減税の恩恵と、所得減税による消費増の恩恵が直接影響を受けやすい。


SUBARU

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


ブリヂストン

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


大日本住友製薬

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


任天堂

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


コマツ

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


武田薬品

市川が注目するのはアメリカの減税の恩恵銘柄。アメリカ向け輸出の増加という点で恩恵があるのは北米向け売上高が大きい企業で、自動車メーカーや医薬品、ゲーム、建機などの企業がある。来期のセクター別の利益予想を整理すると、市川は上振れ余地が期待できるのは自動車、産業機械だという。今後トランプ政策の恩恵を受けやすい企業に注目するのも一つの投資選択だと思うと述べた。


CM

日刊モーサテジャーナル

ウォール・ストリート・ジャーナル

アメリカの株式相場の大幅下落を助長した要因の1つとして注目を集めたVIX指数だが不正操作が行われていると告発がありアメリカの規制当局が調査に乗り出した。VIX指数は市場の不安指数を推し量る目安とされるが先週急上昇した。記事によると告発者は「不正操作が投資家に毎月数億ドルの損失を与えている」と主張、VIX指数の算出方法に欠陥があり投資会社が実際に取引をせず資本も使わずに指数を上下に動かすことができると指摘している。また専門家は「価格を意図的に動かす能力や人為的な価格形成などを証明する必要がある」と述べている。

アメリカでは苦境が報じられているショッピングモールだがメキシコでは活況を呈しているとウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。現在34のショッピングモールが建設中で去年オープンしたショッピングモールの面積の約2倍にもなる。活況の理由の1つは中流階級の増加でショッピングモールでの買い物が増えているためで、ネット通販が浸透せずクレジットカードの普及率も低く配送網も未整備なことも背景にある。


フィナンシャル・タイムズ

今日のフィナンシャル・タイムズの注目記事「“物言う株主”メインストリームに」を紹介。記事によると去年は物を言う株主たちにとって最も忙しい1年でP&Gやネスレなども標的になり620億ドルの資金が投入された。物言う株主の動向も変化しかつては自分たちの利益だけを追及し短期で株式を売買することが多かったが、最近は企業価値を高めようと企業とともに長期的に改革へ取り組んでいる。こうした変化はヘッジファンドの戦略が年月とともに変わり成熟したためだと記者は指摘している。


P&G

今日のフィナンシャル・タイムズの注目記事「“物言う株主”メインストリームに」を紹介。記事によると去年は物を言う株主たちにとって最も忙しい1年でP&Gやネスレなども標的になり620億ドルの資金が投入された。物言う株主の動向も変化しかつては自分たちの利益だけを追及し短期で株式を売買することが多かったが、最近は企業価値を高めようと企業とともに長期的に改革へ取り組んでいる。こうした変化はヘッジファンドの戦略が年月とともに変わり成熟したためだと記者は指摘している。


ネスレ

今日のフィナンシャル・タイムズの注目記事「“物言う株主”メインストリームに」を紹介。記事によると去年は物を言う株主たちにとって最も忙しい1年でP&Gやネスレなども標的になり620億ドルの資金が投入された。物言う株主の動向も変化しかつては自分たちの利益だけを追及し短期で株式を売買することが多かったが、最近は企業価値を高めようと企業とともに長期的に改革へ取り組んでいる。こうした変化はヘッジファンドの戦略が年月とともに変わり成熟したためだと記者は指摘している。


BSジャパン

「BSジャパンでは7時5分からの日経モーニングプラスでもFTのニュース解説をお送りします。


FT

「BSジャパンでは7時5分からの日経モーニングプラスでもFTのニュース解説をお送りします。


CM

(提供)

CM

コーポレートサーチ

松風

人工歯を作る企業「松風」を紹介。人工歯は約4000種類、国内シェアは約4割でトップを誇る。松風は1848年に創業。始めは清水焼の製造会社だった。転機が訪れたのは3代目の時代、1920年代、人工歯は陶器製の輸入品で日本人に合わなかったことから、松風は職人技を駆使し1922年、陶器製人工歯の国産化に成功した。現在主力の人工歯の原料はアクリル樹脂。強度にもこだわりがありガラスの粉を混ぜている。松風の人工歯は海外にも進出。2015年ドイツの人工歯メーカー「メルツ・デンタル・ゲーエムベーハー」を買収した。海外への売上高比率は約4割、今後も強化する戦略。

リアリティのある人工歯だったなどスタジオトークした。松風は国内海外で4年後には全体の売上500億円を目指しているという。


メルツ・デンタル・ゲーエムベーハー

人工歯を作る企業「松風」を紹介。人工歯は約4000種類、国内シェアは約4割でトップを誇る。松風は1848年に創業。始めは清水焼の製造会社だった。転機が訪れたのは3代目の時代、1920年代、人工歯は陶器製の輸入品で日本人に合わなかったことから、松風は職人技を駆使し1922年、陶器製人工歯の国産化に成功した。現在主力の人工歯の原料はアクリル樹脂。強度にもこだわりがありガラスの粉を混ぜている。松風の人工歯は海外にも進出。2015年ドイツの人工歯メーカー「メルツ・デンタル・ゲーエムベーハー」を買収した。海外への売上高比率は約4割、今後も強化する戦略。


(ニュース)

(天気予報)

(きょうの予定&経済視点)

フィラデルフィア連銀

きょうの予定を一覧で紹介。12月の機械受注統計、アメリカの2月・フィラデルフィア連銀の製造業景気指数が発表される。


CM

(エンディング)

テレビ東京

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。


BSジャパン

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。


「Newsモーニングサテライト」2018年2月14日(水)放送内容「Newsモーニングサテライト 〜【中国で大気汚染が改善!?】〜」 2018年2月16日(金)放送内容

2018年01月 2018年02月 2018年03月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された雑学・豆知識