テレビ紹介情報

「Newsモーニングサテライト」で紹介された情報

「Newsモーニングサテライト 〜【米朝会談後の市場は?】〜」 2018年6月13日(水)放送内容「Newsモーニングサテライト 〜【相談して効率化!新世代の支援ロボット】〜」 2018年6月15日(金)放送内容

「Newsモーニングサテライト」 2018年6月14日(木)放送内容

2018年6月14日(木) 05:45〜07:05 テレビ東京
【レギュラー出演】 佐々木明子 , 西野志海 , 森山るり , 矢内雄一郎 , 大浜平太郎 , 森田京之介
【ゲスト】 鈴木敏之 , 野地慎
【声の出演】 藤代宏一
【その他】 ボブ・ボイダ , 森本裕貴 , 菅谷俊二 , 鳥羽田龍太

(オープニング)

(NYマーケット)

(ニュース)

マニュライフ・アセット・マネジメント

FOMC・連邦公開市場委員会は声明文で、「政策金利は当面、長期的に適切と見る水準を下回って推移する」との表現を削除したことについて、マニュライフアセットマネジメント・ボブボイダは「FRBは中立金利に近づいていることを示唆した」とし、「これは以前よりもややタカ派な見解だ」と述べた。ボイダは、「来年は景気拡大ペースが緩やかになり、利上げは年2回に留まる」などとインフレ、物価、GDPについて言及した。


AT&T

FOMCを受けた米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説、「FOMC後に金利が大幅に上昇する場面があったが、2018年の利上げ回数見通しが3回から4回に引き上げられたこと、そして、フォワードガイダンスの見直しがそれ以上に材料視された。これまでFRBは政策金利であるFFレートは”長期的に適切とみる水準を下回る”という見解を示しており、FFレートの長期見通しが利上げの最終的な上限のように捉えられていた。しかし今回その文言が削除されたことで利上げの上限が見えなくなったと解釈され金利が急上昇。株式市場も売りで反応した。FRB・パウエル議長は会見でフォワードガイダンスの削除について、「急激な政策変更を意図するものではない」と釘を刺した。株式市場は引けにかけて下落したが、これはAT&Tによるタイム・ワーナーの買収が承認されたことで通信株が全面安になったほか、大口受注のキャンセルが報じられたボーイングが売られるなど個別の悪材料が理由だったと考えられる」との事。


タイム・ワーナー

FOMCを受けた米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説、「FOMC後に金利が大幅に上昇する場面があったが、2018年の利上げ回数見通しが3回から4回に引き上げられたこと、そして、フォワードガイダンスの見直しがそれ以上に材料視された。これまでFRBは政策金利であるFFレートは”長期的に適切とみる水準を下回る”という見解を示しており、FFレートの長期見通しが利上げの最終的な上限のように捉えられていた。しかし今回その文言が削除されたことで利上げの上限が見えなくなったと解釈され金利が急上昇。株式市場も売りで反応した。FRB・パウエル議長は会見でフォワードガイダンスの削除について、「急激な政策変更を意図するものではない」と釘を刺した。株式市場は引けにかけて下落したが、これはAT&Tによるタイム・ワーナーの買収が承認されたことで通信株が全面安になったほか、大口受注のキャンセルが報じられたボーイングが売られるなど個別の悪材料が理由だったと考えられる」との事。


大和証券CMアメリカ

FOMCを受けた米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説、「FOMC後に金利が大幅に上昇する場面があったが、2018年の利上げ回数見通しが3回から4回に引き上げられたこと、そして、フォワードガイダンスの見直しがそれ以上に材料視された。これまでFRBは政策金利であるFFレートは”長期的に適切とみる水準を下回る”という見解を示しており、FFレートの長期見通しが利上げの最終的な上限のように捉えられていた。しかし今回その文言が削除されたことで利上げの上限が見えなくなったと解釈され金利が急上昇。株式市場も売りで反応した。FRB・パウエル議長は会見でフォワードガイダンスの削除について、「急激な政策変更を意図するものではない」と釘を刺した。株式市場は引けにかけて下落したが、これはAT&Tによるタイム・ワーナーの買収が承認されたことで通信株が全面安になったほか、大口受注のキャンセルが報じられたボーイングが売られるなど個別の悪材料が理由だったと考えられる」との事。


ボーイング

FOMCを受けた米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説、「FOMC後に金利が大幅に上昇する場面があったが、2018年の利上げ回数見通しが3回から4回に引き上げられたこと、そして、フォワードガイダンスの見直しがそれ以上に材料視された。これまでFRBは政策金利であるFFレートは”長期的に適切とみる水準を下回る”という見解を示しており、FFレートの長期見通しが利上げの最終的な上限のように捉えられていた。しかし今回その文言が削除されたことで利上げの上限が見えなくなったと解釈され金利が急上昇。株式市場も売りで反応した。FRB・パウエル議長は会見でフォワードガイダンスの削除について、「急激な政策変更を意図するものではない」と釘を刺した。株式市場は引けにかけて下落したが、これはAT&Tによるタイム・ワーナーの買収が承認されたことで通信株が全面安になったほか、大口受注のキャンセルが報じられたボーイングが売られるなど個別の悪材料が理由だったと考えられる」との事。


大阪取引所

商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。


シカゴ取引所

商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。


三菱UFJ銀行

今朝のゲストは三菱UFJ銀行の鈴木敏之さんと、SMBC日興証券の野地慎さん。


SMBC日興証券

今朝のゲストは三菱UFJ銀行の鈴木敏之さんと、SMBC日興証券の野地慎さん。


CM

FOMCを読み解く

(天気予報)

(ワールドニュース)

トヨタ自動車

トヨタ自動車は東南アジアの配車サービス「グラブ」に約1100億円を出資すると発表。グラブは東南アジア8カ国でライドシェアやタクシー配送事業などを展開。トヨタはグラブが運営するレンタカー事業に通信端末を設置し、燃費などの車両データを収集。こうしたデータを活用することで自動車保険などのサービスを東南アジア全域に拡大したい考え。


グラブ

トヨタ自動車は東南アジアの配車サービス「グラブ」に約1100億円を出資すると発表。グラブは東南アジア8カ国でライドシェアやタクシー配送事業などを展開。トヨタはグラブが運営するレンタカー事業に通信端末を設置し、燃費などの車両データを収集。こうしたデータを活用することで自動車保険などのサービスを東南アジア全域に拡大したい考え。


ドイツ経済研究所

ドイツ経済研究所はドイツの今年の経済成長率の予測を0.5ポイント引き下げ、1.9%に修正した。イタリアなど一部のヨーロッパの国をめぐる懸念や、貿易紛争がエスカレートする可能性などを背景に不透明感が浮上していると指摘。この上で各国の企業が不透明な事業見通しを受けて投資を縮小していて、これがドイツの輸出の伸びを抑える要因だと分析している。


(NY証券取引所 中継)

NY証券取引所

NY証券取引所から中継で、大和証券キャピタルマーケッツアメリカの森本裕貴さんが今日の相場を解説した。FOMC後に金利が上下に大きく振れ、株式市場もそれに揺さぶられる形に。翌日にECB理事会を控え、引けにかけて売りがやや膨らんだ。


大和証券キャピタルマーケッツアメリカ

NY証券取引所から中継で、大和証券キャピタルマーケッツアメリカの森本裕貴さんが今日の相場を解説した。FOMC後に金利が上下に大きく振れ、株式市場もそれに揺さぶられる形に。翌日にECB理事会を控え、引けにかけて売りがやや膨らんだ。


アマゾンドットコム

米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説。FOMC後に金利が大きく上下に揺れ株式市場もそれに揺さぶられる形となった。時価総額上位企業の注目点について解説。世界の時価総額ランキングは1位・アップル、2位・アマゾンドットコム、3位・アルファベット、4位・マイクロソフト、5位・フェイスブックとなっており、上位をIT企業が独占するという構図は2017年末時点から変わっていない。その中でもアマゾンドットコムが時価総額を大きく増やし4位から2位にランクアップしており、首位アップルとの差を縮めている。アルファベットやフェイスブックなど広告販売に依存している企業の株価がやや軟調に推移する中で、Eコマース、クラウド、会員費など多角的な収益源を持つアマゾンドットコムの魅力が相対的に高まりやすかったことが株価上昇につながった。2018年に初めて時価総額ランキングトップ100入りを果たしたIT企業、ネットフリックス、アドビシステムズ、セールスフォース、PayPalの収益源について解説。


ネットフリックス

米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説。FOMC後に金利が大きく上下に揺れ株式市場もそれに揺さぶられる形となった。時価総額上位企業の注目点について解説。世界の時価総額ランキングは1位・アップル、2位・アマゾンドットコム、3位・アルファベット、4位・マイクロソフト、5位・フェイスブックとなっており、上位をIT企業が独占するという構図は2017年末時点から変わっていない。その中でもアマゾンドットコムが時価総額を大きく増やし4位から2位にランクアップしており、首位アップルとの差を縮めている。アルファベットやフェイスブックなど広告販売に依存している企業の株価がやや軟調に推移する中で、Eコマース、クラウド、会員費など多角的な収益源を持つアマゾンドットコムの魅力が相対的に高まりやすかったことが株価上昇につながった。2018年に初めて時価総額ランキングトップ100入りを果たしたIT企業、ネットフリックス、アドビシステムズ、セールスフォース、PayPalの収益源について解説。


アドビシステムズ

米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説。FOMC後に金利が大きく上下に揺れ株式市場もそれに揺さぶられる形となった。時価総額上位企業の注目点について解説。世界の時価総額ランキングは1位・アップル、2位・アマゾンドットコム、3位・アルファベット、4位・マイクロソフト、5位・フェイスブックとなっており、上位をIT企業が独占するという構図は2017年末時点から変わっていない。その中でもアマゾンドットコムが時価総額を大きく増やし4位から2位にランクアップしており、首位アップルとの差を縮めている。アルファベットやフェイスブックなど広告販売に依存している企業の株価がやや軟調に推移する中で、Eコマース、クラウド、会員費など多角的な収益源を持つアマゾンドットコムの魅力が相対的に高まりやすかったことが株価上昇につながった。2018年に初めて時価総額ランキングトップ100入りを果たしたIT企業、ネットフリックス、アドビシステムズ、セールスフォース、PayPalの収益源について解説。


セールスフォース

米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説。FOMC後に金利が大きく上下に揺れ株式市場もそれに揺さぶられる形となった。時価総額上位企業の注目点について解説。世界の時価総額ランキングは1位・アップル、2位・アマゾンドットコム、3位・アルファベット、4位・マイクロソフト、5位・フェイスブックとなっており、上位をIT企業が独占するという構図は2017年末時点から変わっていない。その中でもアマゾンドットコムが時価総額を大きく増やし4位から2位にランクアップしており、首位アップルとの差を縮めている。アルファベットやフェイスブックなど広告販売に依存している企業の株価がやや軟調に推移する中で、Eコマース、クラウド、会員費など多角的な収益源を持つアマゾンドットコムの魅力が相対的に高まりやすかったことが株価上昇につながった。2018年に初めて時価総額ランキングトップ100入りを果たしたIT企業、ネットフリックス、アドビシステムズ、セールスフォース、PayPalの収益源について解説。


PayPal

米国株式市場の動向について大和証券CMアメリカ・森本裕貴氏が解説。FOMC後に金利が大きく上下に揺れ株式市場もそれに揺さぶられる形となった。時価総額上位企業の注目点について解説。世界の時価総額ランキングは1位・アップル、2位・アマゾンドットコム、3位・アルファベット、4位・マイクロソフト、5位・フェイスブックとなっており、上位をIT企業が独占するという構図は2017年末時点から変わっていない。その中でもアマゾンドットコムが時価総額を大きく増やし4位から2位にランクアップしており、首位アップルとの差を縮めている。アルファベットやフェイスブックなど広告販売に依存している企業の株価がやや軟調に推移する中で、Eコマース、クラウド、会員費など多角的な収益源を持つアマゾンドットコムの魅力が相対的に高まりやすかったことが株価上昇につながった。2018年に初めて時価総額ランキングトップ100入りを果たしたIT企業、ネットフリックス、アドビシステムズ、セールスフォース、PayPalの収益源について解説。


CM

(提供)

CM

(為替 きょうの見通し)

日経朝特急

日本経済新聞

中国 が海外で商標出願急増させているという。中国による日本とアメリカ・ヨーロッパでの出願は2017年までの3年間で7倍近くに急増した。中国政府は世界的なブランド育成を掲げており国外の商標を含む知的財産権の出願に対して補助金を出していることが背景にあるようだという。出願に対する政府の積極的な関与は企業活動の競争条件に影響を及ぼすだけに今後、商標登録を巡ってトラブルが起きないか懸念する声も出ているという。(日本経済新聞)

ガソリン 2ヵ月ぶり下落、春以降の高値でガソリンの需要が落ち込む中、原油の値下がりで石油元売り各社が相次いで卸値を引き下げた。販売量を確保するため、ガソリンスタンドも値下げに動いたためだという。消費者の買い控え姿勢は根強く、当面は値上がりしにくい体制が続くという。「ここ数ヶ月日本の個人消費が伸び悩んでいる感じがして、ガソリン価格が下がって実質購買力が上がって来ると中長期的には消費を拡大させて物価をお仕上げていく要因になると思う」と野地さんが述べた。(日本経済新聞)

韓国では統一地方選挙で与党が勝利した。注目選挙区である広域自治体17のうち13が革新系与党、共に民主党の候補が当選を各日にして勝利を手にした。米朝首脳会談の実現を後押しして南北融和を求めるムンジェイン政権が韓国国民の信任を受けた形となった。(日本経済新聞)


日銀

ガソリン 2ヵ月ぶり下落、春以降の高値でガソリンの需要が落ち込む中、原油の値下がりで石油元売り各社が相次いで卸値を引き下げた。販売量を確保するため、ガソリンスタンドも値下げに動いたためだという。消費者の買い控え姿勢は根強く、当面は値上がりしにくい体制が続くという。「ここ数ヶ月日本の個人消費が伸び悩んでいる感じがして、ガソリン価格が下がって実質購買力が上がって来ると中長期的には消費を拡大させて物価をお仕上げていく要因になると思う」と野地さんが述べた。(日本経済新聞)


共に民主党

韓国では統一地方選挙で与党が勝利した。注目選挙区である広域自治体17のうち13が革新系与党、共に民主党の候補が当選を各日にして勝利を手にした。米朝首脳会談の実現を後押しして南北融和を求めるムンジェイン政権が韓国国民の信任を受けた形となった。(日本経済新聞)


CM

(株価 きょうの見通し)

大阪取引所

NY株式、株式先物の終値を伝えた。


シカゴ取引所

NY株式、株式先物の終値を伝えた。


クイック

先読みAIクイック版による日経平均の予想を伝えた、寄り付きは小雨、下げで始まり、予想レンジは22816円〜23022円、6/13のニューヨーク市場はS&P500指数は下落、ダウ平均は下落、でネガティブです。アメリカ米国債の利回りは横ばい。


(きょうの株価材料)

日本経済新聞

個別銘柄に影響しそうな株価材料。コマツの2019年3月期の純現金収支は2年振りに黒字となる見通し。黒字額は1,800億円程度で、半分を配当、残りを銀行借り入れなどの返済に使う。今後3年で有利子負債を3,000億円程度減らし、去年の大型買収前の財務状況に戻す。(日本経済新聞)


コマツ

個別銘柄に影響しそうな株価材料。コマツの2019年3月期の純現金収支は2年振りに黒字となる見通し。黒字額は1,800億円程度で、半分を配当、残りを銀行借り入れなどの返済に使う。今後3年で有利子負債を3,000億円程度減らし、去年の大型買収前の財務状況に戻す。(日本経済新聞)


ヤーマン

ヤーマンが発表した2018年4月期の純利益は、1年前に比べて50%プラスの33億9,900万円だった。主力の美顔器が訪日客向けに好調で、過去最高益を更新した。今季は投資や広告宣伝を積極的に進めるため、7%の減益を見込んでいる。


Hamee

ネット通販等を手がけるHameeの2018年4月期の純利益は1年前に比べて25%プラスの8億7,200万円だった。スマートフォンケースの販売が好調で、今季も12%の増益を見込んでいる。


東建コーポレーション

東建コーポレーションの2018年4月期の純利益は1年前と比べて2%プラスの125億円だった。賃貸アパートやマンションの受注産が高水準だったことが寄与した。


QUICK

QUICKのAIが選んだ注目銘柄を紹介。食品スーパーを手がける「神戸物産」は2017年11月から2018年4月期の純利益が1年前に比べて16%プラスの51億円だった。インターネット広告事業などを展開するオプトホールディングは2018年12月の通期の純利益の見通しを6億円から14億円に上方修正した。三菱地所はJPモルガン証券が目標株価を1950円から2180円に引き上げた。


神戸物産

QUICKのAIが選んだ注目銘柄を紹介。食品スーパーを手がける「神戸物産」は2017年11月から2018年4月期の純利益が1年前に比べて16%プラスの51億円だった。インターネット広告事業などを展開するオプトホールディングは2018年12月の通期の純利益の見通しを6億円から14億円に上方修正した。三菱地所はJPモルガン証券が目標株価を1950円から2180円に引き上げた。


オプトホールディング

QUICKのAIが選んだ注目銘柄を紹介。食品スーパーを手がける「神戸物産」は2017年11月から2018年4月期の純利益が1年前に比べて16%プラスの51億円だった。インターネット広告事業などを展開するオプトホールディングは2018年12月の通期の純利益の見通しを6億円から14億円に上方修正した。三菱地所はJPモルガン証券が目標株価を1950円から2180円に引き上げた。


三菱地所

QUICKのAIが選んだ注目銘柄を紹介。食品スーパーを手がける「神戸物産」は2017年11月から2018年4月期の純利益が1年前に比べて16%プラスの51億円だった。インターネット広告事業などを展開するオプトホールディングは2018年12月の通期の純利益の見通しを6億円から14億円に上方修正した。三菱地所はJPモルガン証券が目標株価を1950円から2180円に引き上げた。


JPモルガン証券

QUICKのAIが選んだ注目銘柄を紹介。食品スーパーを手がける「神戸物産」は2017年11月から2018年4月期の純利益が1年前に比べて16%プラスの51億円だった。インターネット広告事業などを展開するオプトホールディングは2018年12月の通期の純利益の見通しを6億円から14億円に上方修正した。三菱地所はJPモルガン証券が目標株価を1950円から2180円に引き上げた。


日銀

藤代さんは今朝のポイントを「鈍い物価上昇率。さすがの日銀も…」と挙げ、「明日の日銀の金融政策決定会合ですが、政策は現状維持の可能性が濃厚です。短期金利はマイナス0.1%、長期金利は0%程度、その他の政策変更もないと思います。物価についていつも強気の日銀なんですが、さすがに先月発表されたデータには失望したと思います。将来的な2%の物価目標の達成見通しは維持されると思いますが、足元の評価については一部に弱い動きがみられるといった場合に何らかの言及が加わるかも知れないと思います。長い目で見ると悪化要因になる。しかし数ヶ月といった短い期間で考えるとプラスの影響もあると思います。」などと解説した。


第一生命

藤代さんは今朝のポイントを「鈍い物価上昇率。さすがの日銀も…」と挙げ、「明日の日銀の金融政策決定会合ですが、政策は現状維持の可能性が濃厚です。短期金利はマイナス0.1%、長期金利は0%程度、その他の政策変更もないと思います。物価についていつも強気の日銀なんですが、さすがに先月発表されたデータには失望したと思います。将来的な2%の物価目標の達成見通しは維持されると思いますが、足元の評価については一部に弱い動きがみられるといった場合に何らかの言及が加わるかも知れないと思います。長い目で見ると悪化要因になる。しかし数ヶ月といった短い期間で考えるとプラスの影響もあると思います。」などと解説した。


AT&T

CMのあと、鈴木敏之さんにFRBを率いるパウエル議長の評価を聞く。「日刊モーサテジャーナル」では、AT&Tとタイム・ワーナーの全面勝訴を受けて動き出す巨大合併について。


タイム・ワーナー

CMのあと、鈴木敏之さんにFRBを率いるパウエル議長の評価を聞く。「日刊モーサテジャーナル」では、AT&Tとタイム・ワーナーの全面勝訴を受けて動き出す巨大合併について。


CM

FOMCを読み解く

日刊モーサテジャーナル

ニューヨーク・タイムズ

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)

米朝首脳会談を終え、ニューヨーク・タイムズは今後の北朝鮮経済がどうなるのかを分析している。ニューヨーク・タイムズは「北朝鮮が近い将来に経済発展する可能性は非常に少ない」と指摘している。理由として「予測不可能な独裁者のもとで、誰もビジネスをしたくない」とした。一方、先週韓国の新聞社が調査を行ったところ、韓国企業167社のうち130社ほどの企業が、北朝鮮での事業展開に積極的な意向を示したとのこと。北朝鮮は比較的若い世代が多く、鉄鉱石などの資源が豊富で投資を呼び込む環境があると分析。しかし労働力は基本的なスキルに欠けている上、過去には韓国と北朝鮮の経済協力事業「開城工業団地」の操業停止で企業は巨額の損失をこうむったとしている。(ニューヨーク・タイムズ)


ウォール・ストリート・ジャーナル

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


AT&T

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


タイム・ワーナー

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


ディズニー

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


コムキャスト

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


21世紀フォックス

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


CBSテレビ

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


バイアコム

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


ベライゾン

通信大手AT&Tによる、メディア大手タイム・ワーナーの買収が裁判で認められた。各紙は次なる巨大合併はどこかメディアと通信大手のCEOなどの写真を使い予測を展開している。今回の裁判は公正な競争が阻害されるとして、司法省が買収差し止め請求をしていた。AT&Tによるタイム・ワーナーの買収は、通信とメディアという直接競合しない「垂直統合」。結果は無条件で買収を認めるというAT&T側の全面勝訴となった。背景にあるのはネットフリックスの台頭で、今後はメディア再編が加速するとの見方が濃厚。ニューヨーク・タイムズが注目しているのは、ディズニーとコムキャストが繰り広げている、21世紀フォックスの事業争奪戦。またウォール・ストリート・ジャーナルは、CBSテレビ獲得に向けてバイアコムが交渉を進展させたり、通信大手ベライゾンなどが買収に乗り出す可能性もあると指摘している。先程、コムキャストが21世紀フォックスに対しコンテンツ事業を650億ドルで買収するとの正式提案をしたことを速報で伝えた。(ニューヨーク・タイムズ/ウォール・ストリート・ジャーナル)


開城工業団地

米朝首脳会談を終え、ニューヨーク・タイムズは今後の北朝鮮経済がどうなるのかを分析している。ニューヨーク・タイムズは「北朝鮮が近い将来に経済発展する可能性は非常に少ない」と指摘している。理由として「予測不可能な独裁者のもとで、誰もビジネスをしたくない」とした。一方、先週韓国の新聞社が調査を行ったところ、韓国企業167社のうち130社ほどの企業が、北朝鮮での事業展開に積極的な意向を示したとのこと。北朝鮮は比較的若い世代が多く、鉄鉱石などの資源が豊富で投資を呼び込む環境があると分析。しかし労働力は基本的なスキルに欠けている上、過去には韓国と北朝鮮の経済協力事業「開城工業団地」の操業停止で企業は巨額の損失をこうむったとしている。(ニューヨーク・タイムズ)


(ニュース)

東芝

東芝が7000億円の自社株買い実施すると発表。規模は時価総額の約3分の1にあたり、日本企業としていは過去最大規模。東芝は去年12月に新たに株式を発行し、海外ファンドなどから6000億円を調達したほか、半導体子会社の売却で約1兆円の利益を計上することになる。財務が改善したことを受け、海外ファンドなどからは自社株買いで株主に還元するべきとの声が広まっていた。このタイミングでの自社株買いは27日の株主総会に向けて「物言う株主」への対応策と見られている。


「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピックがある2020年に限り、祝日の日付が移動する。海の日は開会式前日の7月23日、体育の日は7月24日、山の日は閉会式が翌日の8月10日に移される。これにより開会式前後は4連休、閉会式前後は3連休になる。開会式・閉会式の前後には海外の要人が多く出入国すると見込まれるため、その期間の通勤・通学を減らすことで渋滞の緩和や警備をしやすくする狙い。


関西大学

経済効果は99億円に上ると試算されています。Jリーグのヴィッセル神戸に世界的に有名なスペイン代表のイニエスタ選手が加入したことで国内に年間およそ99億円の経済効果を生むとの試算を関西大学の宮本名誉教授がまとめました。チケットの売り上げが増え直接的な効果が46億円ほど見込まれるほか、スタジアム周辺にある店舗の従業員などの所得アップに伴う消費の増加など、およそ53億円の波及効果があるとしています。


CM

(提供)

CM

コーポレートサーチ

オプティム

都内で東証1部となったオプティムが紹介された、業績は右肩上がり、菅谷社長は「ポケットドクターに力を入れております」とコメントした、病院と患者をつないで診察するシステムで、累計500箇所の病院で導入されたとの事。さらにスマート農業が紹介された、4kカメラを用いてドローンで撮影、AIで解析する事で害虫である青虫を探し出す、変形、変色を検知するとの事。ドローンがピンポイントで農薬を散布するとの事。人手不足となる医療に農業、菅谷社長は「世界で一番AIを実用化させる会社になります」とコメントした。スタジオの出演者らはAIで遠隔操作を行う点が画期的な事、来季にはサービスが始まる事、などを補足した。


ドローン

都内で東証1部となったオプティムが紹介された、業績は右肩上がり、菅谷社長は「ポケットドクターに力を入れております」とコメントした、病院と患者をつないで診察するシステムで、累計500箇所の病院で導入されたとの事。さらにスマート農業が紹介された、4kカメラを用いてドローンで撮影、AIで解析する事で害虫である青虫を探し出す、変形、変色を検知するとの事。ドローンがピンポイントで農薬を散布するとの事。人手不足となる医療に農業、菅谷社長は「世界で一番AIを実用化させる会社になります」とコメントした。スタジオの出演者らはAIで遠隔操作を行う点が画期的な事、来季にはサービスが始まる事、などを補足した。


(ニュース)

トランプ大統領

北朝鮮との交渉を主導するアメリカのポンペオ国務長官は13日、北朝鮮の非核化の時期についてに言及し、トランプ大統領の1期目の任期が終わる2021年1月までに達成したいとの考えを表明しました。また、非核化交渉が行き詰まれば、トランプ大統領が中止するとしていた米韓合同軍事演習を再開するとの認識も示しました。一方、米朝首脳会談から帰国したトランプ大統領は、「北朝鮮の核の脅威はもはやない」と、ツイッターに投稿して会談の成果を強調しました。


「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報

サッカーワールドカップ

2026年のサッカーワールドカップが米国、カナダ、メキシコの共同開催となることが13日に決まった、国際サッカー連盟は、トランプ政権によるイスラム圏8カ国の入国規制に懸念を示していたが、トランプ大統領がFIFAに書簡を送り、差別なく入国出来る事を約束したとの事。一方で3カ国共催、トランプ大統領に対してカナダ・メキシコで反発が強まっており、懸念する声も挙がっているとの事。


(天気予報)

(きょうの予定&経済視点)

CM

(エンディング)

テレビ東京

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。


BSジャパン

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。


「Newsモーニングサテライト 〜【米朝会談後の市場は?】〜」 2018年6月13日(水)放送内容「Newsモーニングサテライト 〜【相談して効率化!新世代の支援ロボット】〜」 2018年6月15日(金)放送内容

2018年05月 2018年06月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「Newsモーニングサテライト」で紹介された雑学・豆知識