テレビ紹介情報

「ソロモン流」で紹介された情報

「ソロモン流 〜賢人:坂上忍〜」 2014年4月27日(日)放送内容「ソロモン流 〜賢人:玉木潤〜」 2014年5月11日(日)放送内容

「ソロモン流」 2014年5月4日(日)放送内容

『賢人:勝山良美』
2014年5月4日(日) 23:34〜2014年5月5日(月)00:28 テレビ東京
【レギュラー出演】 船越英一郎
【声の出演】 魚住りえ
【その他】 勝山良美 , 森田日吉 , 桶浦秀雄 , 勝山美幸 , 勝山有 , 大沼豊 , 米谷市子

(賢人:勝山良美)

石屋製菓

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


六花亭

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


ロイズ

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


カルビー

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。

YOSHIMIの勝山良美代表も絶賛するカルビー「じゃがポックル」は北海道限定で発売されていて、勝山代表はその開発チームとともに新商品「ジャガジェイ」の共同開発を行なってきた。さらにGWに「ジャガジェイ」の新作を発売することになり、試食会が行われた。勝山代表はヒット作を生み出せる理由について、お菓子業界を知らないからで、知りすぎていると不可能な事だと決めつけてしまうと語った。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

白い恋人

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

マルセイバターサンド

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

生チョコレート[オーレ]

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

じゃがポックル

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。

YOSHIMIの勝山良美代表も絶賛するカルビー「じゃがポックル」は北海道限定で発売されていて、勝山代表はその開発チームとともに新商品「ジャガジェイ」の共同開発を行なってきた。さらにGWに「ジャガジェイ」の新作を発売することになり、試食会が行われた。勝山代表はヒット作を生み出せる理由について、お菓子業界を知らないからで、知りすぎていると不可能な事だと決めつけてしまうと語った。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

カリカリまだある?

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


YOSHIMI

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。

YOSHIMIの勝山良美代表は58歳からお土産菓子市場に参入し、現在は年商25億円にのぼる。本社の新作お菓子の開発会議で、海老の出汁やオイルを駆使した試作品の試食会が行われた。勝山良美代表は海老の味が弱いと指摘し、自らが探してきた海老のお菓子ぐらいの風味あり、味わい豊かなものしてほしいと語った。

YOSHIMIの勝山良美代表も絶賛するカルビー「じゃがポックル」は北海道限定で発売されていて、勝山代表はその開発チームとともに新商品「ジャガジェイ」の共同開発を行なってきた。さらにGWに「ジャガジェイ」の新作を発売することになり、試食会が行われた。勝山代表はヒット作を生み出せる理由について、お菓子業界を知らないからで、知りすぎていると不可能な事だと決めつけてしまうと語った。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

札幌おかきOh!焼とうきび

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

コレット

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

北海道クッキー ORIGINAL

北海道の観光土産市場は年間1000億円にのぼり、新千歳空港では凄絶なお土産商戦が行われていた。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」といった売れ行きが定番商品があるなか、カルビーの「じゃがポックル」はじゃがいも本来の味や風味を活かしているとして大人気。さらにYOSHIMIの「カリカリまだある?」はスパイスが効いたカレー煎餅で、発売間もない2010年には白い恋人の売上を抜いていた。他にも「コレット」、「札幌おかきOh!焼とうきび」などでYOSHIMIは売れ行きを伸ばしている。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

ジャガジェイ スパイス&チーズ

YOSHIMIの勝山良美代表も絶賛するカルビー「じゃがポックル」は北海道限定で発売されていて、勝山代表はその開発チームとともに新商品「ジャガジェイ」の共同開発を行なってきた。さらにGWに「ジャガジェイ」の新作を発売することになり、試食会が行われた。勝山代表はヒット作を生み出せる理由について、お菓子業界を知らないからで、知りすぎていると不可能な事だと決めつけてしまうと語った。


(オープニング)

(賢人:勝山良美)

札幌パルコ

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。

勝山良美は家は裕福ではなく、母親が作ってくれるカレーがごちそうだったという。15歳の時に高校受験に失敗し、極貧生活から抜け出すために当時のブームに便乗してたいやき屋を開業。ブームが下火になると様々なお店に挑戦し、32歳でレストランの経営者となった。だが事業拡大のために失敗し、5億円の借金を背負った。そんなときに母親が作ってくれたカレーを再現し、お客に出したところ絶賛された。39歳にして料理人に転身し、札幌パルコから出店依頼が舞い込んだ。そしてお店で出すメニューのお土産化を目指し、58歳の時にスープカレーをベースにした煎餅「カリカリまだある?」が誕生。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

特製オムハヤシライス

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。


「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

YOSHIMIキッチン

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

ベリーベリーのパンケーキ-

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。


「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。

 (スープカレー、欧風カレー)

「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

やわらかチキンと野菜のスープカリー

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。


YOSHIMI

YOSHIMIの勝山良美代表は札幌パルコを訪れ、コック姿で厨房に立った。勝山代表はYOSHIMIキッチンのオーナーシェフで、「特製オムハヤシライス」などが人気で、勝山代表は微妙な塩加減についてもスタッフに指導している。また同じフロアにある「ラ メゾン ド カリー クゥー-」のオーナーシェフでもあり、「やわらかチキンと野菜のスープカリー」など女性にも好まれるあっりとしたスープカレーを考案した。

YOSHIMIの勝山良美代表は「カリカリまだある?」などの製造を委託する岩塚製菓の工場に足を運んだ。高温の油でさらっと揚げることでカリカリ感じが生まれ、カレールーに浸して最後にガラムマサラをふりかけるなど美味しさのために手間をかけている。また「札幌おかきOh!焼とうきび」は開発まで2年を要し、開発のために特注設備を導入するなどで甘ダレがかかった焼きとうきびの再現を目指した。

YOSHIMIの勝山良美代表と船越英一郎は羽田空港で対面し、船越は「カリカリまだある?」と「札幌おかきOh!焼とうきび」を実食。勝山代表は自分の持つ感覚がどこまで通用するか考えていて、常に思いついた賞品のデザインを描くためにスケッチを携帯している。代表は学生時代の美術成績は低かったが、この商品を売りたいと考えれば描けるとコメント。

YOSHIMIの勝山良美代表は山崎製パンと共同で商品を開発していて、ANAフェスタでは月間で約1500万円を売り上げている。さらに北海道の野菜を最大限に活かしつつパンと相性が抜群のランチパックの新開発も行なっていて、さらなる開発を進めるという。

YOSHIMIの勝山良美代表は自宅へ帰宅すると、孫の年程に離れた息子が出迎えてくれた。


岩塚製菓

YOSHIMIの勝山良美代表は「カリカリまだある?」などの製造を委託する岩塚製菓の工場に足を運んだ。高温の油でさらっと揚げることでカリカリ感じが生まれ、カレールーに浸して最後にガラムマサラをふりかけるなど美味しさのために手間をかけている。また「札幌おかきOh!焼とうきび」は開発まで2年を要し、開発のために特注設備を導入するなどで甘ダレがかかった焼きとうきびの再現を目指した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

カリカリまだある?

YOSHIMIの勝山良美代表は「カリカリまだある?」などの製造を委託する岩塚製菓の工場に足を運んだ。高温の油でさらっと揚げることでカリカリ感じが生まれ、カレールーに浸して最後にガラムマサラをふりかけるなど美味しさのために手間をかけている。また「札幌おかきOh!焼とうきび」は開発まで2年を要し、開発のために特注設備を導入するなどで甘ダレがかかった焼きとうきびの再現を目指した。

YOSHIMIの勝山良美代表と船越英一郎は羽田空港で対面し、船越は「カリカリまだある?」と「札幌おかきOh!焼とうきび」を実食。勝山代表は自分の持つ感覚がどこまで通用するか考えていて、常に思いついた賞品のデザインを描くためにスケッチを携帯している。代表は学生時代の美術成績は低かったが、この商品を売りたいと考えれば描けるとコメント。

勝山良美は家は裕福ではなく、母親が作ってくれるカレーがごちそうだったという。15歳の時に高校受験に失敗し、極貧生活から抜け出すために当時のブームに便乗してたいやき屋を開業。ブームが下火になると様々なお店に挑戦し、32歳でレストランの経営者となった。だが事業拡大のために失敗し、5億円の借金を背負った。そんなときに母親が作ってくれたカレーを再現し、お客に出したところ絶賛された。39歳にして料理人に転身し、札幌パルコから出店依頼が舞い込んだ。そしてお店で出すメニューのお土産化を目指し、58歳の時にスープカレーをベースにした煎餅「カリカリまだある?」が誕生。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

札幌おかきOh!焼とうきび

YOSHIMIの勝山良美代表は「カリカリまだある?」などの製造を委託する岩塚製菓の工場に足を運んだ。高温の油でさらっと揚げることでカリカリ感じが生まれ、カレールーに浸して最後にガラムマサラをふりかけるなど美味しさのために手間をかけている。また「札幌おかきOh!焼とうきび」は開発まで2年を要し、開発のために特注設備を導入するなどで甘ダレがかかった焼きとうきびの再現を目指した。

YOSHIMIの勝山良美代表と船越英一郎は羽田空港で対面し、船越は「カリカリまだある?」と「札幌おかきOh!焼とうきび」を実食。勝山代表は自分の持つ感覚がどこまで通用するか考えていて、常に思いついた賞品のデザインを描くためにスケッチを携帯している。代表は学生時代の美術成績は低かったが、この商品を売りたいと考えれば描けるとコメント。


羽田空港

YOSHIMIの勝山良美代表と船越英一郎は羽田空港で対面し、船越は「カリカリまだある?」と「札幌おかきOh!焼とうきび」を実食。勝山代表は自分の持つ感覚がどこまで通用するか考えていて、常に思いついた賞品のデザインを描くためにスケッチを携帯している。代表は学生時代の美術成績は低かったが、この商品を売りたいと考えれば描けるとコメント。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

スープカレー じゃがいもチキン

勝山良美は家は裕福ではなく、母親が作ってくれるカレーがごちそうだったという。15歳の時に高校受験に失敗し、極貧生活から抜け出すために当時のブームに便乗してたいやき屋を開業。ブームが下火になると様々なお店に挑戦し、32歳でレストランの経営者となった。だが事業拡大のために失敗し、5億円の借金を背負った。そんなときに母親が作ってくれたカレーを再現し、お客に出したところ絶賛された。39歳にして料理人に転身し、札幌パルコから出店依頼が舞い込んだ。そしてお店で出すメニューのお土産化を目指し、58歳の時にスープカレーをベースにした煎餅「カリカリまだある?」が誕生。


山崎製パン

YOSHIMIの勝山良美代表は山崎製パンと共同で商品を開発していて、ANAフェスタでは月間で約1500万円を売り上げている。さらに北海道の野菜を最大限に活かしつつパンと相性が抜群のランチパックの新開発も行なっていて、さらなる開発を進めるという。


ANAフェスタ

YOSHIMIの勝山良美代表は山崎製パンと共同で商品を開発していて、ANAフェスタでは月間で約1500万円を売り上げている。さらに北海道の野菜を最大限に活かしつつパンと相性が抜群のランチパックの新開発も行なっていて、さらなる開発を進めるという。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

ランチパック

YOSHIMIの勝山良美代表は山崎製パンと共同で商品を開発していて、ANAフェスタでは月間で約1500万円を売り上げている。さらに北海道の野菜を最大限に活かしつつパンと相性が抜群のランチパックの新開発も行なっていて、さらなる開発を進めるという。


CM

(賢人:勝山良美)

YOSHIMI

YOSHIMIの勝山良美代表は自宅へ帰宅すると、家族が出迎えてくれた。妻の美幸さんは62歳の代表と28歳離れていて、長男の有くんは5歳。現在美幸さんは2ひと目を妊娠中で、出産を間近に控えている。

2月5日にさっぽろ雪まつりが行われた。付近にある大丸札幌店ではバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」が開催され、YOSHIMIは「北海道クッキー ORIGINAL」といった主力商品で商戦に参入した。10日間の期間中に400万円の売上目標を設定したが、初日の売上は約4万円に留まった。


「ソロモン流」で紹介されたイベント情報

さっぽろ雪まつり

2月5日にさっぽろ雪まつりが行われた。付近にある大丸札幌店ではバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」が開催され、YOSHIMIは「北海道クッキー ORIGINAL」といった主力商品で商戦に参入した。10日間の期間中に400万円の売上目標を設定したが、初日の売上は約4万円に留まった。


大丸札幌店

2月5日にさっぽろ雪まつりが行われた。付近にある大丸札幌店ではバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」が開催され、YOSHIMIは「北海道クッキー ORIGINAL」といった主力商品で商戦に参入した。10日間の期間中に400万円の売上目標を設定したが、初日の売上は約4万円に留まった。


「ソロモン流」で紹介されたイベント情報

ショコラプロムナード

2月5日にさっぽろ雪まつりが行われた。付近にある大丸札幌店ではバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」が開催され、YOSHIMIは「北海道クッキー ORIGINAL」といった主力商品で商戦に参入した。10日間の期間中に400万円の売上目標を設定したが、初日の売上は約4万円に留まった。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

北海道クッキー ORIGINAL

2月5日にさっぽろ雪まつりが行われた。付近にある大丸札幌店ではバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」が開催され、YOSHIMIは「北海道クッキー ORIGINAL」といった主力商品で商戦に参入した。10日間の期間中に400万円の売上目標を設定したが、初日の売上は約4万円に留まった。


CM

(提供)

CM

(賢人:勝山良美)

YOSHIMI

YOSHIMIは大丸札幌店で行われたバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」に参入したが、初日の売上はノルマ40万円のところ4万円に留まった。店では試食サービスを行うも興味を示して貰えず、開催期間を通しての最終的な売上は33万円台だった。

YOSHIMIではGWに向けた新商品開発の会議が行われた。従来の商品「北海道クッキー」をリニューアルしたものだが、バターを通常よりも2倍使用しているため水分は少なく生地は割れやすかった。そこで小麦粉を増量し、サイズを小さくしたが勝山良美代表はさらなる改良を指示した。だがクッキーはボロボロで、サンドしたチョコを増量しすぎたために一口サイズよりも大きくなっていた。勝山代表は北海道らしい商品の素朴さを打ち出すように指摘し、味についての改良も社員に指摘した。


大丸札幌店

YOSHIMIは大丸札幌店で行われたバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」に参入したが、初日の売上はノルマ40万円のところ4万円に留まった。店では試食サービスを行うも興味を示して貰えず、開催期間を通しての最終的な売上は33万円台だった。


「ソロモン流」で紹介されたイベント情報

ショコラプロムナード

YOSHIMIは大丸札幌店で行われたバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」に参入したが、初日の売上はノルマ40万円のところ4万円に留まった。店では試食サービスを行うも興味を示して貰えず、開催期間を通しての最終的な売上は33万円台だった。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

北海道クッキー ORIGINAL

YOSHIMIは大丸札幌店で行われたバレンタイン商戦「ショコラプロムナード」に参入したが、初日の売上はノルマ40万円のところ4万円に留まった。店では試食サービスを行うも興味を示して貰えず、開催期間を通しての最終的な売上は33万円台だった。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

北海道クッキー

YOSHIMIではGWに向けた新商品開発の会議が行われた。従来の商品「北海道クッキー」をリニューアルしたものだが、バターを通常よりも2倍使用しているため水分は少なく生地は割れやすかった。そこで小麦粉を増量し、サイズを小さくしたが勝山良美代表はさらなる改良を指示した。だがクッキーはボロボロで、サンドしたチョコを増量しすぎたために一口サイズよりも大きくなっていた。勝山代表は北海道らしい商品の素朴さを打ち出すように指摘し、味についての改良も社員に指摘した。


NTT札幌病院

YOSHIMIの勝山良美代表の妻である美幸さんの陣痛が始まり、NTT札幌病院を訪れた。無事に男の子の出産に成功し、勝山代表は2人目の我が子を抱き上げた。


CM

(賢人:勝山良美)

YOSHIMI

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表によるとクリームにごまを増量したことで適度な柔らかさとなり、サンドするクッキーも割れにくくなったという。初日の売上目標を5万円に設定した。


平塚製菓

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表によるとクリームにごまを増量したことで適度な柔らかさとなり、サンドするクッキーも割れにくくなったという。初日の売上目標を5万円に設定した。


新千歳空港

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表によるとクリームにごまを増量したことで適度な柔らかさとなり、サンドするクッキーも割れにくくなったという。初日の売上目標を5万円に設定した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

北海道クッキー ごまチョコサンド

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表によるとクリームにごまを増量したことで適度な柔らかさとなり、サンドするクッキーも割れにくくなったという。初日の売上目標を5万円に設定した。


CM

(賢人:勝山良美)

YOSHIMI

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表は初日の売上目標を5万円と設定したところ、結果は13万円台だった。客に味を知ってもらおうと試食を行い、試食した人が続々とYOSHIMIの商品を購入した。


新千歳空港

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表は初日の売上目標を5万円と設定したところ、結果は13万円台だった。客に味を知ってもらおうと試食を行い、試食した人が続々とYOSHIMIの商品を購入した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

北海道クッキー ごまチョコサンド

GW初日に新千歳空港の売り場ではYOSHIMIの「北海道クッキー ごまチョコサンド」が販売スタート。勝山良美代表は初日の売上目標を5万円と設定したところ、結果は13万円台だった。客に味を知ってもらおうと試食を行い、試食した人が続々とYOSHIMIの商品を購入した。


小林牧場

YOSHIMIの勝山良美代表は新商品にソフトクリームを作りたいと、小林牧場に足を運んだ。現在62歳だが、勝山代表は「歳だからと自分で決め付けなければ、老いることはない」とコメント。


(エンディング)

「ソロモン流」で紹介された音楽・CD

GRACELAND〜ソロモン流のテーマ〜

エンディングテーマ:GRACELAND〜ソロモン流のテーマ〜/溝口肇


YOSHIMI

エンディングにて、船越英一郎はYOSHIMIの勝山良美について、「進化を続ける62歳の次なる一手に期待したい」とコメント。


(番組宣伝)

CM

「ソロモン流 〜賢人:坂上忍〜」 2014年4月27日(日)放送内容「ソロモン流 〜賢人:玉木潤〜」 2014年5月11日(日)放送内容