ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > 日曜ビッグバラエティ
テレビ紹介情報

「日曜ビッグバラエティ」で紹介された情報

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたすべての情報 ( 1173 / 1173 ページ )

尿膜管遺残

赤十字病院初の女性小児外科部長・中原さおり氏が紹介された。中原さおり氏は1歳8か月のスリランカ人の男の子の手術を行った。男の子は尿膜管遺残を患っていた。手術では尿膜管遺残が摘出された。


スポーツニッポン

赤十字病院初の女性小児外科部長・中原さおり氏が紹介された。中原さおり氏は1歳8か月のスリランカ人の男の子の手術を行った。男の子は尿膜管遺残を患っていた。手術では尿膜管遺残が摘出された。


日本赤十字社医療センター

赤十字病院初の女性小児外科部長・中原さおり氏が紹介された。中原さおり氏は1歳8か月のスリランカ人の男の子の手術を行った。男の子は尿膜管遺残を患っていた。手術では尿膜管遺残が摘出された。


日本赤十字社医療センター

東京都渋谷区にある日本赤十字社医療センターが紹介された。日本赤十字社医療センターには40もの診療科があり、24時間体制で緊急患者の受け入れを行っている。また2000年に都内初の赤ちゃんにやさいい病院に認定されている。

赤十字病院初の女性小児外科部長・中原さおり氏が紹介された。中原さおり氏は母親目線で患者と接し、16歳になるまで患者を母親のように見守っていくという。またできるだけ傷が少なく目立たなくすることを心がけているという。


僧帽弁閉鎖不全症

心臓外科のエキスパート・新浪博士氏が紹介された。患者の男性は僧帽弁閉鎖不全症を患っていた。手術では人工心肺装置が取り付けられ、心臓が一旦停止された。その後、僧帽弁に人工リングが取り付けられた。


僧帽弁閉鎖不全症

心臓外科のエキスパート・新浪博士氏が紹介された。患者の男性は僧帽弁閉鎖不全症を患っていた。新浪博士氏は今回の手術について、弁形成術を施すことにした。弁形成術は人工のリングを取り付けることで、その機能を回復させるという。


大動脈弁狭窄症

心臓外科のエキスパート・新浪博士氏が紹介された。新浪博士氏は年間300例以上心臓手術を執刀している国内有数の心臓外科医であるという。大動脈弁狭窄症を患っている女性に対し、新浪博士氏は最先端の治療法を施すことにした。

心臓外科のエキスパート・新浪博士氏が紹介された。新浪博士氏は手術で患者の大動脈弁にステントを入れた。人工弁が大動脈弁の場所に収まり、新浪博士氏は次の手術室に向かい、オフポンプバイパス手術を行った。


埼玉医科大学

心臓外科のエキスパート・新浪博士氏が紹介された。新浪博士氏は年間300例以上心臓手術を執刀している国内有数の心臓外科医であるという。大動脈弁狭窄症を患っている女性に対し、新浪博士氏は最先端の治療法を施すことにした。


神戸市立医療センター中央市民病院

脳カテーテルのスゴ腕名医・坂井信幸氏が紹介された。坂井信幸氏は脳の血管内カテーテル治療を専門としており、これまでに8000件以上の経験があるという。手術では動脈瘤に入る血管を止めて破裂の危険を回避する。


日刊スポーツ

動脈瘤が発見された患者の女性が紹介された。動脈瘤が破裂するとくも膜下出血を引き起こし、麻痺や言語障害の後遺症の他、最悪の場合、命を落とす可能性もあるという。


2017年02月 2017年03月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたすべての情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された音楽・CD
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された映画・DVD
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された料理レシピ
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された観光・地域情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたイベント情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する