ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > マネーの羅針盤
テレビ紹介情報

「マネーの羅針盤」で紹介された情報

「マネーの羅針盤」で紹介されたすべての情報 ( 144 / 144 ページ )

東証

東証1部では26%の銘柄が上方修正、上場全銘柄では13%が上方修正している。上方修正した企業は主に、中堅建設業と、地方銀行である。銘柄選びのポイントとしては「上方修正率が高い」「PERは17倍以下」である。


原油

原油の値段が下がっているが、経済にはプラスになっていない。注目するポイントは、「アジアに追い風」である。

OPEC総会が開かれる。かつては需給バランスをとっていたのは、生産量の多いサウジアラビアの役割だった。現在はいろんな国が勝手に生産している。その為、サウジアラビアは減産しなければならなくなる。原油価格が安くなることは、アジアにとってはいいことばかりが並んでいる。


メイシーズ

全米50州全てで、気温がマイナスを記録し、1976年以来の寒さを記録した。また恒例のデパートのメイシーズによる感謝祭パレードが行われ、350万人が訪れると予想されている。


NYタイムズ

衆議院の解散について、NYタイムズでは「日本はリセッションに入った」としている。選挙で国民がどう評価するのかをアメリカも注目している。アメリカの景気回復とは裏腹に、世界の景気は停滞している。


日銀

来週の主な予定は、7-9月期のGDP速報値が発表となる。また、同日、上海・香港の株式相互取引開始となる。翌日、日銀金融政策決定会合が行われる。


コモンズ投信

今週の日経平均株価は上昇し続けた。これは解散報道が要因である。解散すると消費税増税先送りされ景気が回復するという予想から。昨年、日銀総裁が金融緩和をし約1か月半株価が上昇。10月末に2回目の金融緩和があり、急上昇したため今後は緩やかな上昇が予想される。


日プラ

スタジオトーク。今年経済産業省はグローバルニッチトップ企業100社を発表した。ヤナギヤ、日プラなど。中島厚志氏はそもそも日本にはものづくりのベースがあり、この100社はそれらの代表的な企業となると語った。また市場が小さい場合は海外へ視野が広がっていく事が多いと語った。海外進出の為にはリスク回避や人材など様々な事が問題となるため、政府が支える必要がある。


ヤナギヤ

スタジオトーク。今年経済産業省はグローバルニッチトップ企業100社を発表した。ヤナギヤ、日プラなど。中島厚志氏はそもそも日本にはものづくりのベースがあり、この100社はそれらの代表的な企業となると語った。また市場が小さい場合は海外へ視野が広がっていく事が多いと語った。海外進出の為にはリスク回避や人材など様々な事が問題となるため、政府が支える必要がある。


ロルト

ニッチ市場に特化した商品を生産している「キングジム」を取材。キングジムは特殊な市場をあえて狙っている企業。例えばカメラ付きマウス、スマートフォン専用の小型プリンター「ロルト」など。


キングジム

ニッチ市場に特化した商品を生産している「キングジム」を取材。キングジムは特殊な市場をあえて狙っている企業。例えばカメラ付きマウス、スマートフォン専用の小型プリンター「ロルト」など。


2014年10月 2014年11月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたすべての情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された音楽・CD
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された映画・DVD
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたグルメ情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された料理レシピ
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された観光・地域情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたイベント情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する