ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > マネーの羅針盤
テレビ紹介情報

「マネーの羅針盤」で紹介された情報

「マネーの羅針盤」で紹介されたすべての情報 ( 135 / 135 ページ )

エボラ出血熱

平野さんは「先進国が介入した事で急成長したのがアフリカ。我々がエボラ出血熱の防衛の姿勢を強くする事が重要。」と話した。


エボラ出血熱

エボラ出血熱に見る経済発展の影。ゲストに平野克己さんを紹介した。「これまでの発生と状況が違う。予想を裏切る拡大に広がっている。」と話した。

去年12月、ギニアに始まったエボラ出血熱の感染はリベリアやシエラレオネへと広まり、ナイジェリアの首都ラゴス、セネガルでも発症した。感染規模は世界最大とされていてスペイン・アメリカ・ミャンマーイギリスにも患者がでている。旧植民地との関係から人の移動が多いヨーロッパやアフリカ進出が目覚ましい中国などに感染が広がらない保証はない。世界保健機関は28日ジュネーブで会見を開き感染者は2万人を上回る可能性があると指摘、世界規模での対策をとる必要があると伝えた。近代化が進むアフリカ、しかし著しい経済発展の影で格差が広がり貧困層が増加が懸念される。

今後北部で新たなエボラ出血熱の感染者が確認され医療従事者を含む13人が死亡したと伝えた。ひろなさんは「今回の大きな違いは都市部で発症している事。感染力が弱い感染症なのでこれまでは小さな地域で終息していた。今回は西アフリカのハズレの国に一気に出た。これは人の移動が10年間の経済成長でものすごく加速したから。」と話した。「前回のエボラの発症と違うのは中国がアフリカに入っている事。エボラの事が起こり中国人が隔離された。中国で万が一発症すると大変な事になる。」と話した。

新薬開発について、「薬は市場で企業が作る。そこにマーケットがいなければならない。お金が払える人が感染しない病気についての薬は開発されない。数百億のコストがかかる。今回のように感染が広がると市場での公的な努力で新薬を作る。アメリカで未承認薬ZMappが開発された事は意外だった。テロ対策としてアメリカ政府から予算がでて開発されたものといわれている。これからこれを増産して新しい新薬の開発も進みそう。医療体制があれば封じ込める事は難しい事ではない。医療体制が弱い国に発症した。ここ10年のアフリカは資源開発のブーム。資源開発は奥地で行われる。新しい病気を広げさせる経験にもなり得る。」と話した。


エボラ出血熱

エボラ出血熱についてのアメリカの状況を進藤さんは「2人の医師がアフリカで感染、未承認薬ZMapp」投与で回復した。国立衛生研究所はイギリスの製薬大手と共同開発のワクチンを人で臨床実験を開始すると発表した。」などと話した。


ティムホートンズ

ニューヨーク支社の進藤さんが最新のマーケット情報を伝えた。「今週のアメリカの相場を支えたのはヨーロッパ。実はアメリカの相場全体を支えたのがヨーロッパ株の上昇だった。S&Pが史上初2000を超えた。ただウクライナ・シリア情勢など地政学的なリスクも不安材料もある。今週もバーガーキングがカナダのドーナツチェーンティムホートンズを一兆円超で買収した。」などと話した。


バーガーキング

ニューヨーク支社の進藤さんが最新のマーケット情報を伝えた。「今週のアメリカの相場を支えたのはヨーロッパ。実はアメリカの相場全体を支えたのがヨーロッパ株の上昇だった。S&Pが史上初2000を超えた。ただウクライナ・シリア情勢など地政学的なリスクも不安材料もある。今週もバーガーキングがカナダのドーナツチェーンティムホートンズを一兆円超で買収した。」などと話した。


エボラ出血熱

秋元がエボラ出血熱の感染者と死者数の推移を伝えた。今日の特集はエボラ出血熱に見る経済発展の影。


ニッセイ基礎研究所

ニッセイ基礎研究所・伊藤さゆり氏がドイツ経済について解説。ドイツが債務国への支援条件として求めたのが厳しい緊縮策だったが、その後遺症である高い失業率にいまだ悩まされており、一つの通貨を共有していることもネックに。


「マネーの羅針盤」で紹介されたイベント情報

2014 FIFAワールドカップ

W杯で優勝したドイツ、一方の債務国は偶然にも予選敗退となった。しかし経済でも独り勝ちを維持してきたドイツにも陰りがみえており、デフレ懸念が広がっている。


「マネーの羅針盤」で紹介されたイベント情報

2014 FIFAワールドカップ

熱戦がまだ記憶に新しいサッカーワールドカップ、ヨーロッパから決勝トーナメントに進出した国と予選敗退した国には偶然にも、債権国が勝ち進み債務国が敗退していたというデータがあった。今日の特集は、「ユーロ危機再熱か!引き金はドイツ?」「イエレン流 出口戦略」をお届けする。


日経マネー

日経マネー編集長の大口克人が、「人気集中!ETFに再注目」をテーマに投資のヒントを伝授。大口はETFの特長として低コスト、少額の取引から可能、配当が受けられることをあげた。また、6月の東証売買代金ランキグでも2位に日経平均レバレッジ上場投信がランクインしている。


2014年08月 2014年09月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたすべての情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された音楽・CD
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された映画・DVD
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたグルメ情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された料理レシピ
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された観光・地域情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたイベント情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する