ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > マネーの羅針盤
テレビ紹介情報

「マネーの羅針盤」で紹介された情報

「マネーの羅針盤」で紹介されたすべての情報 ( 137 / 137 ページ )

日本商工会議所

国際協力銀行・渡辺総裁は『これ以上、円安になれば、マイナスになる産業が増えてくる』とし、日本商工会議所・三村会頭は『円安の負担が国民全般にかかる。どの程度が好ましい水準か真剣に考えるべきだ。』と、加速する円安に警戒感を示している。

加速する円安について加藤出は、世界的に原油価格が下がっているのにも関わらず円安で相殺されてしまい、消費者にとっては打撃になりやすいと話した。日本商工会議所が聞いた中小企業が望む為替水準の61%は95〜105円未満で25.2%が95円未満で、今の水準は行き過ぎだと見ていることがわかる。


国際協力銀行

国際協力銀行・渡辺総裁は『これ以上、円安になれば、マイナスになる産業が増えてくる』とし、日本商工会議所・三村会頭は『円安の負担が国民全般にかかる。どの程度が好ましい水準か真剣に考えるべきだ。』と、加速する円安に警戒感を示している。


日銀

加速する円安に対して日銀の黒田東彦総裁は『日本経済にとってマイナスになるとは思っていない』と話しているが、消費者の生活が圧迫され始めているのは事実としてある。

急激に円安が進んだ要因は日米の金利差にあると加藤出が話し、日銀の「金融緩和」継続とFRBの「金融緩和」出口で1ドル=120円の可能性もあるとし、アメリカ経済が順調に回復していく場合は新しいトレンドとして続いていくと話した。


日本旅行

急激な円安は観光地の風景を一変させていて、外国人に人気の観光名所の東京・浅草ではタイからの旅行者が増加しているという。去年7月からビザの発給条件が緩和されたのに加え、タイのバーツに対して円が急激に安くなっている背景があるという。しかし、海外への日本人旅行者が減少していて、日本旅行では海外から国内にお客様がシフトしていると指摘。


日進ワールドデリカテッセン

輸入食品を中心に値上げが続く中、生活にも影響が出始めている。日進ワールドデリカテッセンでは、値段は5%くらいしか上がっていないが仕入れ値は10〜15%上がっているという。円安による値上げの恐れがあるのは輸入食品だけではなく、国産の肉や乳製品などもエサとなる輸入飼料が高騰していて、値段の高止まりが心配されている。


東短リサーチ

きょうの特集のテーマは“加速する円安 その行方は?”。ゲストに東短リサーチ社長の加藤出さんを迎えて、生活にどのような影響が出始めているのかを紹介。


ヤンキースタジアム

ニューヨーク・ヤンキースのジーター選手が、地元・ヤンキースタジアムで現役最後の試合に出場。その引退試合でサヨナラヒットを放ち、最高のフィナーレを迎えた。


「マネーの羅針盤」で紹介されたイベント情報

現在、スーパーマケットに置かれている多くは輸入された魚で、国産魚に関しては漁獲量が減少しているため置かれている事が少ない。欧米では海の自然や資源を守って捕られた水産物のみ「MSCマーク」がついており、資源管理の証明がされている。今度行われるリオ五輪でも、選手村ではMSCマークがついた水産物のみが提供される。このため、日本も同じような意識を持つことが重要。


クロマグロ

日本人が好んで食べるマグロやウナギが消えると言われている。日本は世界のウナギの7割を消費してしるが、漁獲量は最盛期に比べ激減、今年6月にはニホンウナギが絶滅危惧種に指定された。クロマグロの漁獲量も世界の8割を日本が締めており、最盛期の2割以下に激減している。

こうした中、今月に入り日本、アメリカ、韓国などを中心に規制へと動き出した。30キロ未満のクロマグロの漁獲枠を5割に削減することが決定、来年から実施される。ニホンウナギでは日本、中国、台湾のあいだで養殖稚魚を8割に削減することで合意している。

クロマグロやニホンウナギの数が減っている事についてスタジオ解説。最大の原因は乱獲されたもので、背景には国内での漁獲規制が極めて緩いという事がある。日本の場合、漁獲枠の対処は7種類しかなく、海外ではほぼ全魚種が設定されている。7魚種のうち捕獲は早い物勝ちでオリンピック方式になっている。

現在、スーパーマケットに置かれている多くは輸入された魚で、国産魚に関しては漁獲量が減少しているため置かれている事が少ない。欧米では海の自然や資源を守って捕られた水産物のみ「MSCマーク」がついており、資源管理の証明がされている。今度行われるリオ五輪でも、選手村ではMSCマークがついた水産物のみが提供される。このため、日本も同じような意識を持つことが重要。


ニホンウナギ

日本人が好んで食べるマグロやウナギが消えると言われている。日本は世界のウナギの7割を消費してしるが、漁獲量は最盛期に比べ激減、今年6月にはニホンウナギが絶滅危惧種に指定された。クロマグロの漁獲量も世界の8割を日本が締めており、最盛期の2割以下に激減している。

こうした中、今月に入り日本、アメリカ、韓国などを中心に規制へと動き出した。30キロ未満のクロマグロの漁獲枠を5割に削減することが決定、来年から実施される。ニホンウナギでは日本、中国、台湾のあいだで養殖稚魚を8割に削減することで合意している。

クロマグロやニホンウナギの数が減っている事についてスタジオ解説。最大の原因は乱獲されたもので、背景には国内での漁獲規制が極めて緩いという事がある。日本の場合、漁獲枠の対処は7種類しかなく、海外ではほぼ全魚種が設定されている。7魚種のうち捕獲は早い物勝ちでオリンピック方式になっている。

現在、スーパーマケットに置かれている多くは輸入された魚で、国産魚に関しては漁獲量が減少しているため置かれている事が少ない。欧米では海の自然や資源を守って捕られた水産物のみ「MSCマーク」がついており、資源管理の証明がされている。今度行われるリオ五輪でも、選手村ではMSCマークがついた水産物のみが提供される。このため、日本も同じような意識を持つことが重要。


2014年09月 2014年10月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたすべての情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された音楽・CD
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された映画・DVD
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたグルメ情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された料理レシピ
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された観光・地域情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介されたイベント情報
  • 「マネーの羅針盤」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する