テレビ紹介情報

「Eネ!」で紹介された情報

「Eネ!」で紹介されたすべての情報 ( 653 / 653 ページ )

「Eネ!」で紹介されたイベント情報

Re 又造 MATAZO KAYAMA

「Re 又造」では、加山又造が生み出した2匹の龍「墨龍」「雲龍図」の創作の秘密に迫っている。又造はダイナミックな墨の流れの表現するために噴霧器やエアブラシなどを使い、二次元の水墨画が立体的に見えるように魂を吹き込んだ。会場では2つ龍の下絵の展示や、生前のドキュメンタリー映像を上映している。

「Re 又造」では、加山又造が手がけたいくつかの日本画をデジタル映像化することで新たな日本画の楽しみ方を生み出している。その中でも注目なのは、世界的特殊メークアーティストのAmazing JIROがボディペイントで表現した「黒い薔薇の裸婦」。この絵を見続けると何かが起こる!

『「Re 又造」をもっと楽しみたい』という要望に応え、加山又造の孫である加山由起さんによるガイド付き鑑賞ツアーを毎日実施中。ここでしか聞けない話が満載で、「Re 又造」を100倍楽しめる!実施時間は12時30分〜。17時30分〜、18時30分〜で、所要時間は約30分。

「Re 又造」の来場客の声を紹介。来場者は「龍の迫力が素晴らしかった」「写真が撮れたり動画が撮れたり、自分も参加しながら楽しめた」「自分の生き方を問い直すいい機会になった」「新しいタイプの展示になっていて楽しめた」「とてもワクワクするような展示会だった」「パワースポットのような神秘的な力を感じた」などの感想を語った。

5月5日(土・祝)までEBiS 303で開催されている展示会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」の告知。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。会場では多くの関連グッズや陶板も販売。開場前には特別に制作したラッピングカーが展示されている。


テレビ東京イベント

5月5日(土・祝)までEBiS 303で開催されている展示会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」の告知。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。会場では多くの関連グッズや陶板も販売。開場前には特別に制作したラッピングカーが展示されている。


「Eネ!」で紹介されたイベント情報

Re 又造 MATAZO KAYAMA

「Re 又造」では「感動を多くの人達と共有してもらいたい」との思いからスマートフォンによる撮影やSNSへの投稿が許可されている。「体験するアート展」として新しい楽しみ方が広がる。写真撮影に一番人気の展示が「春秋波濤」。絵の世界観を空間レイヤーで表現しており、絵画の中を歩くような幻想的な体験をすることができる。

「Re 又造」では、一部の作品は直接触って質感まで体験することができる。それを可能にしたのは、板状の焼き物に図柄を描いて焼き付けた「陶板」という技術だ。サイズや色彩はもちろんのこと、表面の質感や筆使いまでも職人たちが再現している。陶板は色調の経年劣化がほとんどなく、屋外に展示したり、作品に触れることができるのが特徴。「Re 又造」では全長約7mの「華扇屏風」を新たに陶板で制作した。さらに、G7伊勢志摩サミットで展示された陶板「おぼろ」も展示!世界の国賓を感動させた美しさを見ることができる。

5月5日(土・祝)までEBiS 303で開催されている展示会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」の告知。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。


テレビ東京イベント

5月5日(土・祝)までEBiS 303で開催されている展示会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」の告知。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。


「Eネ!」で紹介されたイベント情報

G7伊勢志摩サミット

「Re 又造」では、一部の作品は直接触って質感まで体験することができる。それを可能にしたのは、板状の焼き物に図柄を描いて焼き付けた「陶板」という技術だ。サイズや色彩はもちろんのこと、表面の質感や筆使いまでも職人たちが再現している。陶板は色調の経年劣化がほとんどなく、屋外に展示したり、作品に触れることができるのが特徴。「Re 又造」では全長約7mの「華扇屏風」を新たに陶板で制作した。さらに、G7伊勢志摩サミットで展示された陶板「おぼろ」も展示!世界の国賓を感動させた美しさを見ることができる。


「Eネ!」で紹介されたイベント情報

ものづくり日本大賞

「Re 又造」では、一部の作品は直接触って質感まで体験することができる。それを可能にしたのは、板状の焼き物に図柄を描いて焼き付けた「陶板」という技術だ。サイズや色彩はもちろんのこと、表面の質感や筆使いまでも職人たちが再現している。陶板は色調の経年劣化がほとんどなく、屋外に展示したり、作品に触れることができるのが特徴。「Re 又造」では全長約7mの「華扇屏風」を新たに陶板で制作した。さらに、G7伊勢志摩サミットで展示された陶板「おぼろ」も展示!世界の国賓を感動させた美しさを見ることができる。


「Eネ!」で紹介されたイベント情報

Re 又造 MATAZO KAYAMA

「Re 又造」では原画はもちろん、デジタル映像など30点以上の加山又造の作品を展示している。加山又造は「日本のピカソ」「現代の琳派」と称された日本画壇を代表する奇才。そんな又造が目指したのが「新しい日本画」。日本画家でありながらルソーやピカソなど西洋の様々な絵画を貪欲に研究・吸収し、独自の世界観を作り上げた。中でも又造に大きな影響を与えたのが「ラスコーの洞窟壁画」だ。「日本独自の美意識から生まれる何かを作り出さなくてはいけない」という使命感にも似た思いに突き動かされていた又造。そんな又造の心情を表したのが加山家門外不出の「黒い鳥」。今回、この「黒い鳥」の原画が国内初公開される。

5月5日(土・祝)までEBiS 303で開催されている展示会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」の告知。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。


テレビ東京イベント

5月5日(土・祝)までEBiS 303で開催されている展示会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」の告知。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。


天龍寺

今回は、EBiS 303で開催中のアート展「Re 又造 MATAZO KAYAMA」を読み解く。「Re 又造」では、山梨県の身延山久遠寺にある「墨龍」と、京都府の天龍寺にある「雲龍図」が同時に実物大で再現されている。その場所でしか見られない天井画を見比べられる最初で最後のチャンスかもしれないと大きな話題を呼んでいる。


「Eネ!」で紹介されたイベント情報

Re 又造 MATAZO KAYAMA

今回は、EBiS 303で開催中のアート展「Re 又造 MATAZO KAYAMA」を読み解く。「Re 又造」では、山梨県の身延山久遠寺にある「墨龍」と、京都府の天龍寺にある「雲龍図」が同時に実物大で再現されている。その場所でしか見られない天井画を見比べられる最初で最後のチャンスかもしれないと大きな話題を呼んでいる。


2018年03月 2018年04月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「Eネ!」で紹介されたすべての情報
  • 「Eネ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「Eネ!」で紹介された音楽・CD
  • 「Eネ!」で紹介された映画・DVD
  • 「Eネ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「Eネ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「Eネ!」で紹介された料理レシピ
  • 「Eネ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「Eネ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「Eネ!」で紹介されたイベント情報
  • 「Eネ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する