テレビ紹介情報

「昼めし旅」で紹介された情報

「昼めし旅」で紹介されたすべての情報 ( 4885 / 4885 ページ )

犬小屋

三代に渡る茅葺きの技術を受け継いできた植田さん。茅葺き屋根の魅力をもっと身近に感じてもらおうと、最近では犬小屋を作るなどユニークな取り組みもしている。茅葺きの魅力について植田さんは「20〜30年前に葺かれた屋根をまた剥がしたりすると祖父や父がやった技術が見られて、それでまた1つ作品を作るみたいで、それが楽しい」などと話した。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

鶴の子芋

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ゴボウ

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

タケノコ

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ワラビ

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ひごむらさき

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

鶴の子芋の田楽味噌炒め

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ひごむらさきの田楽

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

だご汁

田楽にだご汁!郷土料理いっぱいの晩ご飯。作るのは母・美佐子さん。だごとは熊本の方言で「団子」。小麦粉をこねて作った平べったい形が特徴だそう。さらにワラビ・タケノコ・ゴボウなどを昆布や鰹でとった出汁の中に入れる。そこへ自家製味噌を入れる。そして最後に主役のだごを投入。少し湯がけば郷土料理だご汁の出来上がり。次はひごむらさきという大きなナス。果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴。これを輪切りにして、フライパンで焼いていく。このままフタをして、しんなりしたらお手製の田楽味噌をたっぷり塗っていく。こうしてひごむらさきの田楽も完成。その他、田楽味噌で炒めた里芋の一種、鶴の子芋なども。茅葺き屋根職人の晩ご飯が完成。忙しい時期は職人さん達にも振る舞うそう。


「昼めし旅」で紹介されたホテル・温泉旅館「昼めし旅」で紹介された観光・地域情報

黒川温泉 深山山荘

お邪魔したのは茅葺き屋根職人さんの工房「阿蘇茅葺工房」。こちらを切り盛りしているのが棟梁の植田さん。おじい様の代から3代続く茅葺き屋根職人の家で生まれ育ち、これまでに宮崎県の道の駅や築180年以上の国の指定重要文化財など多くの修復工事に携わってきた。現在工事中の屋根があるとのことで「黒川温泉 深山山荘」に連れて行ってもらった。茅葺き屋根は竹で骨組みを作り、茅の束を重ねて作っていく。この日行うのは屋根の厚さを増していく作業。簡単そうにみえるが繊細な作業だそう。美しくなだらかな斜面にするためには経験で培った微妙な感覚が必要だそう。また、角度と厚みで水はけがよくなり、20年から30年はもつという。仕事が一段落したら再び事務所へ。


2018年05月 2018年06月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「昼めし旅」で紹介されたすべての情報
  • 「昼めし旅」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「昼めし旅」で紹介された音楽・CD
  • 「昼めし旅」で紹介された映画・DVD
  • 「昼めし旅」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報
  • 「昼めし旅」で紹介された料理レシピ
  • 「昼めし旅」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「昼めし旅」で紹介された観光・地域情報
  • 「昼めし旅」で紹介されたイベント情報
  • 「昼めし旅」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する