テレビ紹介情報

「昼めし旅」で紹介された情報

「昼めし旅 〜海女さん夫婦のサザエ炊き込みご飯〜」 2018年2月5日(月)放送内容「昼めし旅 〜富士湧水育ち!冬の絶品野菜・水ネギ▽茨城イチゴ農家の(秘)ジュース〜」 2018年2月7日(水)放送内容

「昼めし旅」 2018年2月6日(火)放送内容

『南房総・冬の味覚(秘)サンマの丸干し』
2018年2月6日(火) 11:40〜12:40 テレビ東京
【レギュラー出演】 渡辺直美
【声の出演】 つぶやきシロー
【その他】 バービー(フォーリンラブ) , 長谷川繁男 , 渡辺吉洋 , 羽山福美恵 , 栗原和之 , 星野順子 , 星野俊文

(オープニング)

「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

サンマ

本日は昼の房総で昼めし旅。サンマを冬ならではの食べ方をする。さらに贅沢旅館のまかないを紹介する。


CM

(千葉県南房総市)

「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

なめろう

本日は南房総市でご飯調査。年間を通し様々な魚介グルメが味わえる。アジのなめろうや、黒あわび、カワハギの肝和えは濃厚な旨味の一品となっている。冬ならではの美味しい食べ方とは!?


黒アワビ

本日は南房総市でご飯調査。年間を通し様々な魚介グルメが味わえる。アジのなめろうや、黒あわび、カワハギの肝和えは濃厚な旨味の一品となっている。冬ならではの美味しい食べ方とは!?


カワハギ

本日は南房総市でご飯調査。年間を通し様々な魚介グルメが味わえる。アジのなめろうや、黒あわび、カワハギの肝和えは濃厚な旨味の一品となっている。冬ならではの美味しい食べ方とは!?


千倉漁港

バービーが千倉漁港でご飯調査をする。水揚げしているところ、漁港の人に聞いてみたら「リフトが動くから気をつけて」と言われた。


CM

(千葉県南房総市)

「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

サンマ

バービーが作業中の漁港の人に「今何をやっているとこ?」と聞いたら「アジの大きさを分けている」と答えた。「何をメインに漁に出た?」と聞くと「今日はサンマが捕れた」と話す。南房総の今の旬はサンマ、とも話した。千倉漁港では長谷川さんを始め漁協職員が約30人働いている。朝5時からの定置網漁を終え、水揚げされた魚の仕分けをしていたところである。ヒラメやアオリイカが捕れた。南房総で大量なのが冬サンマ。油が抜けてあっさりしているのが特徴。ご飯を見せてもらえるか尋ねると親方の許可が必要とのことだったが、了承を得られた。

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。

長谷川は「最近はサラリーマンなどをやめここに家族で移住し漁師になる人が増えている。朝早い仕事なのでお昼ぐらいに終わって有効に1日を使おうとする人が多い」と話す。


千倉漁港

バービーが作業中の漁港の人に「今何をやっているとこ?」と聞いたら「アジの大きさを分けている」と答えた。「何をメインに漁に出た?」と聞くと「今日はサンマが捕れた」と話す。南房総の今の旬はサンマ、とも話した。千倉漁港では長谷川さんを始め漁協職員が約30人働いている。朝5時からの定置網漁を終え、水揚げされた魚の仕分けをしていたところである。ヒラメやアオリイカが捕れた。南房総で大量なのが冬サンマ。油が抜けてあっさりしているのが特徴。ご飯を見せてもらえるか尋ねると親方の許可が必要とのことだったが、了承を得られた。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ヒラメ

バービーが作業中の漁港の人に「今何をやっているとこ?」と聞いたら「アジの大きさを分けている」と答えた。「何をメインに漁に出た?」と聞くと「今日はサンマが捕れた」と話す。南房総の今の旬はサンマ、とも話した。千倉漁港では長谷川さんを始め漁協職員が約30人働いている。朝5時からの定置網漁を終え、水揚げされた魚の仕分けをしていたところである。ヒラメやアオリイカが捕れた。南房総で大量なのが冬サンマ。油が抜けてあっさりしているのが特徴。ご飯を見せてもらえるか尋ねると親方の許可が必要とのことだったが、了承を得られた。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

アオリイカ

バービーが作業中の漁港の人に「今何をやっているとこ?」と聞いたら「アジの大きさを分けている」と答えた。「何をメインに漁に出た?」と聞くと「今日はサンマが捕れた」と話す。南房総の今の旬はサンマ、とも話した。千倉漁港では長谷川さんを始め漁協職員が約30人働いている。朝5時からの定置網漁を終え、水揚げされた魚の仕分けをしていたところである。ヒラメやアオリイカが捕れた。南房総で大量なのが冬サンマ。油が抜けてあっさりしているのが特徴。ご飯を見せてもらえるか尋ねると親方の許可が必要とのことだったが、了承を得られた。

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

マダコ

バービーが作業中の漁港の人に「今何をやっているとこ?」と聞いたら「アジの大きさを分けている」と答えた。「何をメインに漁に出た?」と聞くと「今日はサンマが捕れた」と話す。南房総の今の旬はサンマ、とも話した。千倉漁港では長谷川さんを始め漁協職員が約30人働いている。朝5時からの定置網漁を終え、水揚げされた魚の仕分けをしていたところである。ヒラメやアオリイカが捕れた。南房総で大量なのが冬サンマ。油が抜けてあっさりしているのが特徴。ご飯を見せてもらえるか尋ねると親方の許可が必要とのことだったが、了承を得られた。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

大根

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ニンジン

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

スルメイカ

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ご飯

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

味噌汁

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

イカ大根

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

冬サンマの甘露煮

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

冬サンマの丸干し

南房総市の漁師の番屋では毎日、朝から働く漁師30人分の食事が2人の女性により用意されている。ここにはテーブルの上に食事が並べており、仕事が終わった者から順に座って食べていく。ご飯と味噌汁はおかわり自由。親方の判断で、ご飯を食べてから解散するという形をとっているという。この日のメニューはアオリイカや大根で作られたイカ大根。親方である渡辺吉洋は「あまり磯臭くない」などとコメントし、バービーは「イカが柔らかい」などとコメントした。漁師の中には北海道などから住み込みで働いている者もいるという。11時半を過ぎると、長谷川部長が仕事を終えて食堂に来た。長谷川部長は冬サンマの甘露煮などを朝食に食べた。長谷川は「北海道のサンマは脂が乗っているが、それが南下するにつれ脂が抜けていく。昔の人は醤油で煮たりしておいしく食べていた」と話す。バービーは冬サンマの丸干しを食べ「内蔵の苦味がイヤな苦味じゃなくなっている」などとコメントした。


羽山商店

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

かわはぎ(かた焼き)

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ウマヅラハギ

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

アジ

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

クジラ

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

唐辛子

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


カモメ

創業50年を超える干物屋、羽山商店に来たバービー。この店の一番人気のかわはぎの干物の製造工程を見せてもらう。今の時期は、1日にウマヅラハギ約200kgを奥さん、主人、従業員の3人で捌くという。切り身を真水にさらすと一気に皮が剥げるようになる。皮を剥いだら朝8時から夕方5時ごろまで天日干しにする。干物の味付けは3種類。塩と砂糖で味付けしたもの、醤油と味醂にごまをまぶしたもの、唐辛子をまぶしたものがある。バービーは羽山さんらの昼ごはんを見せてもらおうとしたが、羽山さんは「今日はもう食べ終わってしまった」と話した。


「昼めし旅」で紹介されたレストラン・飲食店

住宅街でご飯調査。お寿司屋さんを見つけ、入ることに。お店の人気メニューは代々受け継がれる地魚のなめろう。新鮮だから臭みをないし旨味が出ている、と感想を述べた。

お店で受け継がれてきた”なめろう”を使ったまかない。なめろうを炒め”さんがら”と言うおぼろにする。

 (寿司、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他))

「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

地魚のなめろう

住宅街でご飯調査。お寿司屋さんを見つけ、入ることに。お店の人気メニューは代々受け継がれる地魚のなめろう。新鮮だから臭みをないし旨味が出ている、と感想を述べた。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

本マグロ

住宅街でご飯調査。お寿司屋さんを見つけ、入ることに。お店の人気メニューは代々受け継がれる地魚のなめろう。新鮮だから臭みをないし旨味が出ている、と感想を述べた。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

金目鯛

住宅街でご飯調査。お寿司屋さんを見つけ、入ることに。お店の人気メニューは代々受け継がれる地魚のなめろう。新鮮だから臭みをないし旨味が出ている、と感想を述べた。


CM

(千葉県南房総市)

「昼めし旅」で紹介されたレストラン・飲食店

地元ならではの裏ワザまかない丼を作る。本マグロの筋の部分を加熱して焼肉のタレ、洋梨を加える。ごはんに”さんがら”卵焼きをのせ完成。「タレがご飯にあっておいしい」などコメントした。

栗原さんの息子は銀座の鮨かねさかで修行中。栗原さん自身も銀座で修行をし帰ってきて漁師さんにたくさん料理を教わったという。なめろうとシャリの味だけは伝えましょうかねとご主人は話した。

 (寿司、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他))

「昼めし旅」で紹介されたレストラン・飲食店

栗原さんの息子は銀座の鮨かねさかで修行中。栗原さん自身も銀座で修行をし帰ってきて漁師さんにたくさん料理を教わったという。なめろうとシャリの味だけは伝えましょうかねとご主人は話した。


CM

(千葉県南房総市)

「昼めし旅」で紹介されたホテル・温泉旅館「昼めし旅」で紹介された観光・地域情報

おやど すえひろ

南房総市で旅館を営む夫婦のご飯を拝見。星野さん夫婦が営むおやどすえひろを紹介し、以前は和食店を経営していたが、南房総の魅力を堪能してほしいと旅館を開業したと伝えた。宿泊客は1日2組のみでほぼ貸し切り気分でくつろぐことができる。自慢は厳選素材を使った料理の数々で一部の料理を紹介。まかないはご主人が作ることが多く、きょうのご飯はお客さんに出した残り物。


「昼めし旅」で紹介された観光・地域情報

基本プラン

南房総市で旅館を営む夫婦のご飯を拝見。星野さん夫婦が営むおやどすえひろを紹介し、以前は和食店を経営していたが、南房総の魅力を堪能してほしいと旅館を開業したと伝えた。宿泊客は1日2組のみでほぼ貸し切り気分でくつろぐことができる。自慢は厳選素材を使った料理の数々で一部の料理を紹介。まかないはご主人が作ることが多く、きょうのご飯はお客さんに出した残り物。


昼めしキッチン×Tastemade

「昼めし旅」で紹介された料理レシピ

ミラノ風ドリア

ミラノ風ドリアの作り方を紹介。合挽き肉・玉ねぎ・ニンニク・薄力粉・赤ワイン・ウスターソース・コンソメ・砂糖・ケチャップを入れて混ぜたらレンジでチンする。続いてバター・薄力粉をレンジでチンし、牛乳を入れたらかき混ぜて温めるを繰り返し、ホワイトソースにする。耐熱容器にごはん・バター・ターメリック・ニンニクを入れて混ぜ合わせたところに先程のホワイトソースを加える。塩・コショウで味を整え、チーズ・ミートソースをトッピングしたらオーブンで焼け色をつけ、完成。


昼めし旅

ミラノ風ドリアの作り方を紹介。合挽き肉・玉ねぎ・ニンニク・薄力粉・赤ワイン・ウスターソース・コンソメ・砂糖・ケチャップを入れて混ぜたらレンジでチンする。続いてバター・薄力粉をレンジでチンし、牛乳を入れたらかき混ぜて温めるを繰り返し、ホワイトソースにする。耐熱容器にごはん・バター・ターメリック・ニンニクを入れて混ぜ合わせたところに先程のホワイトソースを加える。塩・コショウで味を整え、チーズ・ミートソースをトッピングしたらオーブンで焼け色をつけ、完成。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

玉ねぎ

ミラノ風ドリアの作り方を紹介。合挽き肉・玉ねぎ・ニンニク・薄力粉・赤ワイン・ウスターソース・コンソメ・砂糖・ケチャップを入れて混ぜたらレンジでチンする。続いてバター・薄力粉をレンジでチンし、牛乳を入れたらかき混ぜて温めるを繰り返し、ホワイトソースにする。耐熱容器にごはん・バター・ターメリック・ニンニクを入れて混ぜ合わせたところに先程のホワイトソースを加える。塩・コショウで味を整え、チーズ・ミートソースをトッピングしたらオーブンで焼け色をつけ、完成。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

合挽き肉

ミラノ風ドリアの作り方を紹介。合挽き肉・玉ねぎ・ニンニク・薄力粉・赤ワイン・ウスターソース・コンソメ・砂糖・ケチャップを入れて混ぜたらレンジでチンする。続いてバター・薄力粉をレンジでチンし、牛乳を入れたらかき混ぜて温めるを繰り返し、ホワイトソースにする。耐熱容器にごはん・バター・ターメリック・ニンニクを入れて混ぜ合わせたところに先程のホワイトソースを加える。塩・コショウで味を整え、チーズ・ミートソースをトッピングしたらオーブンで焼け色をつけ、完成。


「昼めし旅 〜海女さん夫婦のサザエ炊き込みご飯〜」 2018年2月5日(月)放送内容「昼めし旅 〜富士湧水育ち!冬の絶品野菜・水ネギ▽茨城イチゴ農家の(秘)ジュース〜」 2018年2月7日(水)放送内容