テレビ紹介情報

「昼めし旅」で紹介された情報

「昼めし旅 〜再会!超DIY夫婦の(秘)しゃぶしゃぶ&4男5女!大家族の市場めし〜」 2018年6月13日(水)放送内容「昼めし旅 〜瀬戸内海の連絡船…おでんを45年作り続けた母さんと再会…75歳再出発〜」 2018年6月15日(金)放送内容

「昼めし旅」 2018年6月14日(木)放送内容

『1000回記念!全校生徒4人…島の子ども達は今?▽龍飛崎の名物母さん』
2018年6月14日(木) 11:40〜12:40 テレビ東京
【声の出演】 渡部陽一
【その他】 原西孝幸(FUJIWARA) , 水嶋夏子 , 水嶋光弘 , 山口阿子 , 木村悠 , 木村旭 , 田中南 , 田中千尋 , 田中春紅 , 田中政彦

(オープニング)

熱海市立初島小中学校

オープニング映像。今週の昼めし旅は放送1000回記念。昨年7月に訪れたのは熱海市立初島小中学校。約1年ぶりに熱海市立初島小中学校へ。さらに青森県・龍飛岬へ。


CM

(青森県 龍飛岬)

「昼めし旅」で紹介された音楽・CD

津軽海峡冬景色

青森県・龍飛岬へ。津軽海峡冬景色の舞台。原西孝幸が、出会った人の中でも一番元気のいいと話す水嶋夏子さんと再会へ。出会いは2年前の夏だった。


CM

(青森県 龍飛岬)

「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ほたて塩焼

龍飛の名物母さんと再会へ。2年前にあった時、手作りのお弁当を見せてもらっていた。水嶋さんはいまもお店を営んでおり、無事に再会できた。お店には、出川哲朗と千原ジュニアが来店したときの写真が貼ってあったが、原西の写真はなく、再会できたときに写真を撮ろうと水嶋さんはカメラを用意していた。2人で記念撮影。今も変わらず元気で、原西も一安心だった。2年前と同じほたて塩焼のいただく。今年からは大金持あられを売るようになったという。自信を持ってオススメする商品には自分の写真を貼っているという。「たっぴの母さん」という愛称は当時の町長につけてもらったという。前年に比べて客が減ってしまったという。そこで原西が売上に貢献したいとお手伝い。しかし、肝心の客は来ず、待つこと3時間。岬の展望台から降りてきた人に試食を配ってアピール。津軽海峡冬景色で盛り上がる大盛況となった。その後、ご飯交渉は成立し店じまいを手伝い、自宅へ。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

大金持あられ

龍飛の名物母さんと再会へ。2年前にあった時、手作りのお弁当を見せてもらっていた。水嶋さんはいまもお店を営んでおり、無事に再会できた。お店には、出川哲朗と千原ジュニアが来店したときの写真が貼ってあったが、原西の写真はなく、再会できたときに写真を撮ろうと水嶋さんはカメラを用意していた。2人で記念撮影。今も変わらず元気で、原西も一安心だった。2年前と同じほたて塩焼のいただく。今年からは大金持あられを売るようになったという。自信を持ってオススメする商品には自分の写真を貼っているという。「たっぴの母さん」という愛称は当時の町長につけてもらったという。前年に比べて客が減ってしまったという。そこで原西が売上に貢献したいとお手伝い。しかし、肝心の客は来ず、待つこと3時間。岬の展望台から降りてきた人に試食を配ってアピール。津軽海峡冬景色で盛り上がる大盛況となった。その後、ご飯交渉は成立し店じまいを手伝い、自宅へ。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

まぐろ昆布巻

龍飛の名物母さんと再会へ。2年前にあった時、手作りのお弁当を見せてもらっていた。水嶋さんはいまもお店を営んでおり、無事に再会できた。お店には、出川哲朗と千原ジュニアが来店したときの写真が貼ってあったが、原西の写真はなく、再会できたときに写真を撮ろうと水嶋さんはカメラを用意していた。2人で記念撮影。今も変わらず元気で、原西も一安心だった。2年前と同じほたて塩焼のいただく。今年からは大金持あられを売るようになったという。自信を持ってオススメする商品には自分の写真を貼っているという。「たっぴの母さん」という愛称は当時の町長につけてもらったという。前年に比べて客が減ってしまったという。そこで原西が売上に貢献したいとお手伝い。しかし、肝心の客は来ず、待つこと3時間。岬の展望台から降りてきた人に試食を配ってアピール。津軽海峡冬景色で盛り上がる大盛況となった。その後、ご飯交渉は成立し店じまいを手伝い、自宅へ。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

しじみ みそ汁

龍飛の名物母さんと再会へ。2年前にあった時、手作りのお弁当を見せてもらっていた。水嶋さんはいまもお店を営んでおり、無事に再会できた。お店には、出川哲朗と千原ジュニアが来店したときの写真が貼ってあったが、原西の写真はなく、再会できたときに写真を撮ろうと水嶋さんはカメラを用意していた。2人で記念撮影。今も変わらず元気で、原西も一安心だった。2年前と同じほたて塩焼のいただく。今年からは大金持あられを売るようになったという。自信を持ってオススメする商品には自分の写真を貼っているという。「たっぴの母さん」という愛称は当時の町長につけてもらったという。前年に比べて客が減ってしまったという。そこで原西が売上に貢献したいとお手伝い。しかし、肝心の客は来ず、待つこと3時間。岬の展望台から降りてきた人に試食を配ってアピール。津軽海峡冬景色で盛り上がる大盛況となった。その後、ご飯交渉は成立し店じまいを手伝い、自宅へ。


「昼めし旅」で紹介された音楽・CD

津軽海峡冬景色

龍飛の名物母さんと再会へ。2年前にあった時、手作りのお弁当を見せてもらっていた。水嶋さんはいまもお店を営んでおり、無事に再会できた。お店には、出川哲朗と千原ジュニアが来店したときの写真が貼ってあったが、原西の写真はなく、再会できたときに写真を撮ろうと水嶋さんはカメラを用意していた。2人で記念撮影。今も変わらず元気で、原西も一安心だった。2年前と同じほたて塩焼のいただく。今年からは大金持あられを売るようになったという。自信を持ってオススメする商品には自分の写真を貼っているという。「たっぴの母さん」という愛称は当時の町長につけてもらったという。前年に比べて客が減ってしまったという。そこで原西が売上に貢献したいとお手伝い。しかし、肝心の客は来ず、待つこと3時間。岬の展望台から降りてきた人に試食を配ってアピール。津軽海峡冬景色で盛り上がる大盛況となった。その後、ご飯交渉は成立し店じまいを手伝い、自宅へ。


青函トンネル

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

タケノコ

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ミズ

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

タコ

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

メバル

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ホヤ

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

津軽海峡メバルの煮付け

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

マダコの刺身

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ミズとホヤ

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

根曲がり竹とワカメの味噌汁

自宅に到着。ご主人は地元の漁師。父親の後を継ぎ、10代のころから漁をしており、26歳のころからは青函トンネルの機械工として働いていた。開通まで16年間、トンネル工事と漁師の2足のわらじで家庭を支えていた。台所で夕飯のお手伝いをさせていただいた。今日の晩ごはんはマダコの刺身や根曲がり竹とワカメの味噌汁など。ご馳走になった原西は「ホヤにくさみがなくておいしい」などとコメント。


青函トンネル記念館

水嶋さんは、おみやげ販売は自然にそうなったと話す。始めは青函トンネル記念館の近くでやっていたという。2004年にオープン、翌年青森市内に移転。夫婦で切り盛りしていたが、ご主人の体調が悪くなり、自宅近くで商売しようと町長の直談判し現在の場所で店を始めた。ご主人の体調はその後回復、そして60歳にしてマグロ漁師に挑戦。原西はまたの再会を約束し別れた。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

本マグロ

水嶋さんは、おみやげ販売は自然にそうなったと話す。始めは青函トンネル記念館の近くでやっていたという。2004年にオープン、翌年青森市内に移転。夫婦で切り盛りしていたが、ご主人の体調が悪くなり、自宅近くで商売しようと町長の直談判し現在の場所で店を始めた。ご主人の体調はその後回復、そして60歳にしてマグロ漁師に挑戦。原西はまたの再会を約束し別れた。


(静岡県 初島)

「昼めし旅」で紹介されたホテル・温泉旅館「昼めし旅」で紹介された観光・地域情報

エクシブ初島クラブ

静岡県・初島は漁師が経営する食堂や民宿が立ち並んでおり、人口は194人。島内にある唯一の学校が「熱海市立初島小中学校」、2017年7月に取材した。当時は小学生3人、中学生2人の合わせて5人が通っていた。尋ねたのは夏休み前日、当時小学1年生だった木村旭くんは人生初の通信簿、姉・悠ちゃんは神妙な面持ちだった。その後、ピアノが得意な小学6年生の田中南ちゃんのお宅にお邪魔、両親が忙しいため番組史上初の小学生だけの取材となった。


熱海市立初島小中学校

静岡県・初島は漁師が経営する食堂や民宿が立ち並んでおり、人口は194人。島内にある唯一の学校が「熱海市立初島小中学校」、2017年7月に取材した。当時は小学生3人、中学生2人の合わせて5人が通っていた。尋ねたのは夏休み前日、当時小学1年生だった木村旭くんは人生初の通信簿、姉・悠ちゃんは神妙な面持ちだった。その後、ピアノが得意な小学6年生の田中南ちゃんのお宅にお邪魔、両親が忙しいため番組史上初の小学生だけの取材となった。


CM

(静岡県 初島)

熱海市立初島小中学校

昼めし旅、再会スペシャル。やってきたのは初島にある「熱海市立初島小中学校」。最初に出会ったのは小2になった木村旭くんや小4になった木村悠ちゃん、昨年と同じスタッフが向かったのだが顔は覚えられてない様子だった。現在、生徒数4人、先生は8人。中学生になった田中南ちゃんは技術に苦戦中、受験生となった田中千尋ちゃんは社会を学んでいた。休み時間になると自主的に島民のお宅を周りベルマークを回収、1点1円換算で学校の備品を購入できる。


CM

(静岡県 初島)

熱海市立初島小中学校

昼めし旅、再会スペシャル。やってきたのは初島にある「熱海市立初島小中学校」。お昼になると給食の時間、先生と生徒12人分の料理を1人の調理師さんが作っている。本日のメニューは「ひき肉のコーン蒸し」や「じゃがいもの味噌汁」、「サラダ」など。少人数ならではの習慣もあり、お誕生日の月にはリクエストできる。

ご飯を見せてくれるのは中学1年の田中南ちゃん、現在バドミントン部に所属している。部活動はバドミントン部のみ、先生らは学校に赴任してきてから生徒のために猛特訓した。学校が終わると南ちゃんのお宅へお邪魔、前回の放送では南ちゃんが玉子焼きを作ってくれた。今回作ったのは中華風の「トマトと卵の炒め物」、付け合せは惣菜のエビのコロッケ。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

じゃがいもの味噌汁

昼めし旅、再会スペシャル。やってきたのは初島にある「熱海市立初島小中学校」。お昼になると給食の時間、先生と生徒12人分の料理を1人の調理師さんが作っている。本日のメニューは「ひき肉のコーン蒸し」や「じゃがいもの味噌汁」、「サラダ」など。少人数ならではの習慣もあり、お誕生日の月にはリクエストできる。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

サラダ

昼めし旅、再会スペシャル。やってきたのは初島にある「熱海市立初島小中学校」。お昼になると給食の時間、先生と生徒12人分の料理を1人の調理師さんが作っている。本日のメニューは「ひき肉のコーン蒸し」や「じゃがいもの味噌汁」、「サラダ」など。少人数ならではの習慣もあり、お誕生日の月にはリクエストできる。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

ひき肉のコーン蒸し

昼めし旅、再会スペシャル。やってきたのは初島にある「熱海市立初島小中学校」。お昼になると給食の時間、先生と生徒12人分の料理を1人の調理師さんが作っている。本日のメニューは「ひき肉のコーン蒸し」や「じゃがいもの味噌汁」、「サラダ」など。少人数ならではの習慣もあり、お誕生日の月にはリクエストできる。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

エビのコロッケ

ご飯を見せてくれるのは中学1年の田中南ちゃん、現在バドミントン部に所属している。部活動はバドミントン部のみ、先生らは学校に赴任してきてから生徒のために猛特訓した。学校が終わると南ちゃんのお宅へお邪魔、前回の放送では南ちゃんが玉子焼きを作ってくれた。今回作ったのは中華風の「トマトと卵の炒め物」、付け合せは惣菜のエビのコロッケ。


「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報

トマトと卵の炒め物

ご飯を見せてくれるのは中学1年の田中南ちゃん、現在バドミントン部に所属している。部活動はバドミントン部のみ、先生らは学校に赴任してきてから生徒のために猛特訓した。学校が終わると南ちゃんのお宅へお邪魔、前回の放送では南ちゃんが玉子焼きを作ってくれた。今回作ったのは中華風の「トマトと卵の炒め物」、付け合せは惣菜のエビのコロッケ。


「昼めし旅 〜再会!超DIY夫婦の(秘)しゃぶしゃぶ&4男5女!大家族の市場めし〜」 2018年6月13日(水)放送内容「昼めし旅 〜瀬戸内海の連絡船…おでんを45年作り続けた母さんと再会…75歳再出発〜」 2018年6月15日(金)放送内容

2018年05月 2018年06月 2018年07月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「昼めし旅」で紹介されたすべての情報
  • 「昼めし旅」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「昼めし旅」で紹介された音楽・CD
  • 「昼めし旅」で紹介された映画・DVD
  • 「昼めし旅」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「昼めし旅」で紹介されたグルメ情報
  • 「昼めし旅」で紹介された料理レシピ
  • 「昼めし旅」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「昼めし旅」で紹介された観光・地域情報
  • 「昼めし旅」で紹介されたイベント情報
  • 「昼めし旅」で紹介された雑学・豆知識