ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > カンブリア宮殿
テレビ紹介情報

「カンブリア宮殿」で紹介された情報

「カンブリア宮殿」で紹介されたすべての情報 ( 1143 / 1143 ページ )

ビジネスオンデマンド


パラビ


銀木犀 浦安

銀木犀 浦安では年に一度に銀木犀祭りを開催している。入居者や地元住人が集ってみんな笑顔になる。これが下河原の理想の形だという。さらにいろいろな世帯が暮らして助け合う文化が生まれたら良いとコメントした。


銀木犀 浦安

老若男女がごちゃ混ぜ…次なる“新発想”住宅!?


セブン-イレブン・ジャパン

セブン-イレブン・ジャパンに下河原は新プロジェクトを引っさげてやって来た。認知書のある人たちがみている世界をVRで忠実に再現していく。シルバーウッドが独自に制作したバーチャル映像で認知症を疑似体験。認知症では空間を正しく理解できない状態になる。体験者は認知症の症状に驚いた人が多かった。この映像は認知症がある人に聞き取りをし制作した。さらに業界ごとに違った映像を作っている。


セブン-イレブン・ジャパン

セブン-イレブン・ジャパンに下河原は新プロジェクトを引っさげてやって来た。認知書のある人たちがみている世界をVRで忠実に再現していく。会場に集っていたのはセブン-イレブン参加者。人数や社員教育に携わる約50人。シルバーウッド製作の映像を使い認知症がどういうものなのか体験してもらう。


銀木犀 柏

末期の乳がんだった入居者の白井さんはここで死ぬことを選んだ。下河原はスタッフにも覚悟を決めさせた。白井さんは延命治療を拒否し、毎日通ってくる孫たちと穏やかな日々を過ごした。しだいに容態は悪化しベッドから起き上がれなくなった。下河原は石井さんを訪ね、ゼリー状の栄養食を口元に近づけると白井さんはしつこいと言ったと言う。下河原は良かれと思ってやっていたことが本人にはありがた迷惑だったと答え本人が臨んでいないのに施すのは違うと彼女に教えてもらったという。入居から3ヶ月で白井さんは亡くなった。下河原はそれ以来他の施設では敬遠されがちな看取りに積極的に取り組んでいる。銀木犀の看取り率は76%と圧倒的に高い。千葉県柏市にある銀木犀では介護福祉士の斎藤さんがやってきた。去年の秋に仙台の高齢者施設から転職し、今まで働いていた場所では看取りは後回しだった。そうではないケアに向き合いたかったと答えた。5月15日銀木犀柏のスタッフが提携する在宅クリニックを訪れた。そこには齋藤さんもいた。待ち合わせていたのは武居謙治さん。母の純子さんは山口県で一人暮らしをしていたが、半年前に末期の肺がんになり、最後の場として銀木犀に移り住んだ。脳転移のために病院に緊急入院。そこでは最後をどこで看取るかと言う話し合いをしていた。武居謙治さんは母の状態が安定したら銀木犀に帰宅させるという。それから5日後自体は急変し順子さんは亡くなり銀木犀に戻ってきた。翌日にはお別れ会が行われ銀木犀では入居者と職員が花を手向け別れを偲ぶ。


シルバーウッド

下河原忠道は銀木犀で気がつくと窓を開ける。彼はもともと高齢者福祉とは関係なく、鉄鋼会社の長男として生まれ、バブル崩壊後家業の業績が下向きになるとアメリカに渡米。その学んだ技術を元に2000年には建設会社シルバーウッドを設立した。2011年に高齢者住宅「銀木犀」の運営を開始した。一人の入居者の白井裕子さんがココへ来たのは銀木犀が開設して程なくした頃。乳がん末期で余命宣告を受けていた白井さん。銀木犀を一目見て気に入った白井さんは下河原に「私ここで死にます。」と言われたという。白井さんは元看護師で、さらに下河原に「私が死に方を教えてあげます。」と述べた。


ローソン 浦安富士見店

ココは銀木犀と呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅。部屋は一人用が中心で全42室。銀木犀は賃貸住宅で入居一時金0円。毎月の費用は20万円から。入居率は98%。銀木犀では食事を自分で運び、できることは自分でやる。手が必要なら入居者同士で助け合い、職員は見守り役。銀木犀の入居条件は要介護。要支援の認定を受けていること。なるべく手助けをせずに脱・お世話型の介護が銀木犀の鉄則。なんでも自由なので中には花の手入れをかって出ている脇屋恭二さんは以前杖を付いて歩いていたが今は杖すらいらない。下河原忠道は一人ぼっちでいるよりもみんなと接して楽しいことやイラッとするともあってもいいと答えた。さらにあまり管理をすると何もしなくていいと感じ、生きる意欲をなくしてしまうと答えた。銀木犀の入居者の平均年齢は85歳。認知症を抱えている。82歳の橋アヤ子さんは毎日の散歩が楽しみ。たいていの高齢者施設ではリスクをさけるために鍵をかけることが多いが、ここでは出入り自由。出かける高齢者は銀木犀の迷子札を持ち方向がわからなくなった時にコンビニに駆け込んだ。その時にいた店員の町田素子さんは案内しても思い通り渡ってくれず迷子札に気づいた町田さんは銀木犀に連絡をした。


銀木犀

ココは銀木犀と呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅。部屋は一人用が中心で全42室。銀木犀は賃貸住宅で入居一時金0円。毎月の費用は20万円から。入居率は98%。銀木犀では食事を自分で運び、できることは自分でやる。手が必要なら入居者同士で助け合い、職員は見守り役。銀木犀の入居条件は要介護。要支援の認定を受けていること。なるべく手助けをせずに脱・お世話型の介護が銀木犀の鉄則。なんでも自由なので中には花の手入れをかって出ている脇屋恭二さんは以前杖を付いて歩いていたが今は杖すらいらない。下河原忠道は一人ぼっちでいるよりもみんなと接して楽しいことやイラッとするともあってもいいと答えた。さらにあまり管理をすると何もしなくていいと感じ、生きる意欲をなくしてしまうと答えた。銀木犀の入居者の平均年齢は85歳。認知症を抱えている。82歳の橋アヤ子さんは毎日の散歩が楽しみ。たいていの高齢者施設ではリスクをさけるために鍵をかけることが多いが、ここでは出入り自由。出かける高齢者は銀木犀の迷子札を持ち方向がわからなくなった時にコンビニに駆け込んだ。その時にいた店員の町田素子さんは案内しても思い通り渡ってくれず迷子札に気づいた町田さんは銀木犀に連絡をした。


2018年05月 2018年06月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「カンブリア宮殿」で紹介されたすべての情報
  • 「カンブリア宮殿」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「カンブリア宮殿」で紹介された音楽・CD
  • 「カンブリア宮殿」で紹介された映画・DVD
  • 「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報
  • 「カンブリア宮殿」で紹介された料理レシピ
  • 「カンブリア宮殿」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「カンブリア宮殿」で紹介された観光・地域情報
  • 「カンブリア宮殿」で紹介されたイベント情報
  • 「カンブリア宮殿」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する