テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 84 / 84 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ドラゴン桜

これまでA380は大きい=燃費が悪いとのイメージで語られてきたが、再び大型機の時代がやってくるのではとの事で、全日空は先取りしたのではと考える。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

アルキメデスの大戦

三田紀房は現在、「アルキメデスの大戦」を連載している。他にも「ドラゴン桜2」も1月に連載を始めた。「ドラゴン桜2」は三田氏はネームだけを描き、あとはデザイン会社に外注しているという。人材を獲得するところから始めるとコストと時間的ロスがあり、分業することで漫画作りを根本から変えようとしている。三田氏は、漫画を受注して生産するスタイルができることで漫画に参入する可能性が一気に広がると話した。

漫画を外注するに至った経緯について三田氏は、体力的な問題と、やりたいが解決するかといった時に外注のシステムを採用したと話した。漫画業界に可能性を感じる若者が減っているため、会社勤めの感覚を持ってもらうことで入りやすい環境になるのではと思いトライしていると話した。また、自分やスタッフも基本的には週休3日、残業なしだと話した。できるだけに合理的にやりたいと考えていると話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ドラゴン桜2

三田紀房は現在、「アルキメデスの大戦」を連載している。他にも「ドラゴン桜2」も1月に連載を始めた。「ドラゴン桜2」は三田氏はネームだけを描き、あとはデザイン会社に外注しているという。人材を獲得するところから始めるとコストと時間的ロスがあり、分業することで漫画作りを根本から変えようとしている。三田氏は、漫画を受注して生産するスタイルができることで漫画に参入する可能性が一気に広がると話した。

漫画を外注するに至った経緯について三田氏は、体力的な問題と、やりたいが解決するかといった時に外注のシステムを採用したと話した。漫画業界に可能性を感じる若者が減っているため、会社勤めの感覚を持ってもらうことで入りやすい環境になるのではと思いトライしていると話した。また、自分やスタッフも基本的には週休3日、残業なしだと話した。できるだけに合理的にやりたいと考えていると話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ドラゴン桜

三田紀房は現在、「アルキメデスの大戦」を連載している。他にも「ドラゴン桜2」も1月に連載を始めた。「ドラゴン桜2」は三田氏はネームだけを描き、あとはデザイン会社に外注しているという。人材を獲得するところから始めるとコストと時間的ロスがあり、分業することで漫画作りを根本から変えようとしている。三田氏は、漫画を受注して生産するスタイルができることで漫画に参入する可能性が一気に広がると話した。

漫画を外注するに至った経緯について三田氏は、体力的な問題と、やりたいが解決するかといった時に外注のシステムを採用したと話した。漫画業界に可能性を感じる若者が減っているため、会社勤めの感覚を持ってもらうことで入りやすい環境になるのではと思いトライしていると話した。また、自分やスタッフも基本的には週休3日、残業なしだと話した。できるだけに合理的にやりたいと考えていると話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

漫画家・三田紀房。代表作の「ドラゴン桜」は、弁護士が生徒を1年で東大合格まで導くサクセスストーリーで累計発行部数は800万部。「インベスターZ」も100万部のヒットだ。インベスターZは実写ドラマも放送されている。ドラマには実在の経営者が本人役で登場している。

「インベスターZ」は投資がテーマだが、主人公は中学生だ。三田氏は若い社会人をターゲットにしていると話した。漫画の中ではアメリカのゴールドラッシュの話などが取り上げられている。三田氏は、知ってそうで知らないこと、他人に聞けない事を漫画で情報収集できれば実社会で役立つのではとのきっかけでこの作品を作ったと話した。漫画には実在の実業家が登場する。三田氏は、生の情報を読者に提供できると話した。

「インベスターZ(1) (モーニングKC)」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ドラゴン桜

漫画家・三田紀房。代表作の「ドラゴン桜」は、弁護士が生徒を1年で東大合格まで導くサクセスストーリーで累計発行部数は800万部。「インベスターZ」も100万部のヒットだ。インベスターZは実写ドラマも放送されている。ドラマには実在の経営者が本人役で登場している。

「インベスターZ」は投資がテーマだが、主人公は中学生だ。三田氏は若い社会人をターゲットにしていると話した。漫画の中ではアメリカのゴールドラッシュの話などが取り上げられている。三田氏は、知ってそうで知らないこと、他人に聞けない事を漫画で情報収集できれば実社会で役立つのではとのきっかけでこの作品を作ったと話した。漫画には実在の実業家が登場する。三田氏は、生の情報を読者に提供できると話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ドラゴン桜

きょうは海の日。ゲストに漫画家の三田紀房が登場。三田紀房は番組をよく見ていると話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

トリックアートノート「NOUTO」

今回のトレたまは、トリックアートノート「NOUTO」。ノートのようなトリックアート作品集で、19歳のMozuという少年の落書きを高木芳紀さんがSNS上で発見し、商品化に結びつけたという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ミシュラン

東京・千代田区の東京ミッドタウン日比谷に、開店を待つ長い行列ができていた。ここは世界一安いミシュランレストラン。ティム・ホー・ワンは、中華料理で初めてミシュラン三つ星を取った店のシェフが独立して創業した。この店の一番人気は、メロンパンに見える「ベイクド チャーシューバオ」。メニューは全部で27種類で高いものでも680円とお手頃。加納理人支配人じゃ「スピード感があるのでとにかく客の開店も速い」とその理由を説明。実際にどのくらいかかるかと図ってみると、並んでいる間に書いてもらった注文用紙を店員が持っていってから一品目まで2分ちょっと。他にも客が長いしすぎないよう、アルコール価格を高めにする工夫をしており、客の滞在時間は約40分ほどだという。このお店は、日本に住む中国人の来店が非常に多く、中華圏の客が7割以上を占める時間帯もあるという。加納理人支配人は「国内は今後4〜5店舗の展開を考えている」と語った。


2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する