テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 77 / 77 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

わたしを離さないで

ノーベル文学賞が発表され、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏が受賞した。2005年に発表した「わたしを離さないで」は映画・ドラマ化された作品である。カズオ・イシグロ氏は1954年に長崎県で生まれ、5歳からイギリスで育つ。代表作には「日の名残り」などがある。本屋を訪れた人は「村上春樹ではなかったが、同じ日本生まれで良かった」などの声が聞かれた。地元ロンドン市内の書店でもイシグロ氏の本が数多く並べられた。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ノーベル文学賞が発表され、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏が受賞した。2005年に発表した「わたしを離さないで」は映画・ドラマ化された作品である。カズオ・イシグロ氏は1954年に長崎県で生まれ、5歳からイギリスで育つ。代表作には「日の名残り」などがある。本屋を訪れた人は「村上春樹ではなかったが、同じ日本生まれで良かった」などの声が聞かれた。地元ロンドン市内の書店でもイシグロ氏の本が数多く並べられた。

「日の名残り (ハヤカワepi文庫)」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

応仁の乱

今、書店で異例の大ヒットとなっているのが「応仁の乱」。さらに歴史に関する著作が本が多く出版されるなど歴史ブームを拡大し続けている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

レジャー白書

大丸東京店ではフロアの3分の1がゴルフ専用売り場とし、品揃えは都内最大級だという。しかしゴルフ人口は去年が550万人とピーク時の3分の1と減少している。一方で大丸東京店のゴルフ関連の売上は前年比で9.4%増加している。東京駅利用のビジネスマン、OLがいて、日本橋の再開発や八重洲も整備され、本社機能を持つ企業が増えて、客が増えているという。また人気はクラブフィッターが常駐しアドバイスをしてくれる。また今日からスタッフが実際に着たウェアなど着用してアピールすることを開始した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ミシュランガイド

横浜赤レンガ倉庫で、きょうから始まった「ミシュランガイド・フードフェスティバル」。飲食店のガイドブック「ミシュランガイド」に掲載されたことのある「精進料理 醍醐」などの15店が一堂に会した国内初のイベントだ。メニューは一品1,000〜2,000円で食べられるとあって多くの人が行列を作った。イベントは20日まで開催される。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

伊藤穰一所長は著書「9プリンシプルズ」の中で「ある技術に一番近くにいる人が、その最終的な用途をいちばん予測できない」と語っている。伊藤穰一所長は時代を変える次の技術は「バイオ」だと語った。また日本に必要なものについては「自然と上手に平和ん社会を作るソーシャルシステムと美学」だと語った。

「9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために (早川書房)」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

中国でいま急成長している「シェアリングエコノミー」市場。市場規模は約57兆円にのぼり、10年後には中国のGDPの2割以上を占めるとの見方もある。こうした中、様々な業種で従来の常識をくつがえす新たなサービスが登場している。「合肥新華書店 三孝口店」では、専用アプリに登録し、デポジット約1,700円を預けると約2,500円以下の販売している本2冊を借りられるというシェアサービスを始めた。狙いは来店客の増加だ。この書店での貸出No.1作家は東野圭吾。中国でも日本人作家が人気で、書店のため在庫が豊富なのが好評の理由だという。しかし、本の汚れや破損などの場合、店側が本を負担するケースもあるが、店は売上アップに自信を見せている。

「容疑者Xの献身 (文春文庫)」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

クレディスイス証券の市川眞一はロンドンのトイレにウォシュレットが付いていて嬉しかったとし、「うんこかん字ドリル」がヒットしたのもデザイン性だとした。市川は日本企業は機能価値を追及、今後は感性価値が重要。世界技術革新ランキングで、日本は14位、工業デザインは24位となっている。ここで個別企業の努力で感性価値はあがるとした。

「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

うんこ漢字ドリル

西の前頭は「ポテチショック」。じゃがいもの不作を受け、各社が一部商品の販売を休止した。同じ前頭として、学習参考書に参考書に新風を吹き込んだ「うんこ漢字ドリル」を紹介。安達ゆみこさん宅では娘で7歳のみさきちゃんが漢検を控え、このドリルの問題を解いていった。妹のまなかちゃんは声に出して例文を読み、ゆみこさんは複雑な心境を抱えていた。文響社の山本周嗣氏は友人が書き溜めていたうんこ川柳からうんこと教育をコラボレーションさせるというインスピレーションを得て、開発に2年以上をかけた。現在、累計200万部を超えている。

大浜平太郎キャスターが今年上期で気になったものに「うんこ漢字ドリル」以上にトヨタ自動車の「C-HR」。自身の見立てではデザインが個性的でそんなに売れないと思っていたが、個性的なデザインを求める客層の存在を痛感したという。大江キャスターはヤマト運輸の値上げ、料理動画を挙げた。今日紹介した番付は明日発売の日経MJにて掲載される。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

かいけつゾロリ

児童書業界で累計3500万部を売り上げる作品が「かいけつゾロリ」で、大韓航空機爆破事件が発生し、世界が不安に包まれた1987年に誕生した。かいけつゾロリは変装と発明が得意で、失敗しても常にポジティブ。作者の原ゆたか氏は「かいけつゾロリ大冒険展」に顔を出したところ、子供たちから握手攻めにあっていた。作品には子供ウケしそうなダジャレがストーリーの随所に散りばめられ、鉄板ネタを彷彿とさせるパロディーも取り入れている。作品を逆さまにすると姿を見せる隠れキャラ、絵さがしなど子どもたちがハマる仕掛けが盛りだくさんで、原氏は2度も3度も楽しめる本を目指してきた。また、過去に書店で張り込みし、子どもがどこで本を閉じたかをチェック。次のページを見たくなる方法を研究した結果、次ページからセリフが聞こえてくるという離れ業を発案した。ロングセラーの極意について、原氏は「子供の気持ちになって書けば受け入れてくれる」と語った。

北村まあさキャスターは「子供の時にかいけつゾロリの愛読者だった」と明かした。大江キャスターによるとゾロリが面白すぎて、子供が他作品を読まない現象はゾロリ病と呼ばれているという。


2017年09月 2017年10月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する