テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 78 / 78 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

市川眞一さんの本「あなたはアベノミクスで幸せになれるか?」を抽選で20名様にプレゼント。詳しくは番組HPにて。

「あなたはアベノミクスで幸せになれるか?」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

世界経済の新常識 2018 抽選で20名様にプレゼント。詳しくは番組ホームページまで。

「この1冊でわかる世界経済の新常識2018」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

ブレグジットの国のアリス

ロンドン市内の書店ではブレグジット関連の本が並び、売れ筋はブレグジットの国のアリス。迷い込んだアリスがブレグジットに疑問を抱き、メイ首相モデルの冷酷な女王に遭遇する。一方でブレグジットを進めるべきと主張するのが、国内に900店舗を構える大手パブチェーンである。イギリスは関税を撤廃すべきと訴えている。実際はポンドの下落で食品価格は上がるとの見方もあるが店側は強気である。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

キャプテン翼

キャプテン翼の連載がスタートした1981年、雪見だいふくが誕生した。春夏に販売されず、冬に食べたくなる雪見だいふくの秘密に迫る。作られる「ロッテ 浦和工場」を紹介。餅は砂糖など加えこねられ60度ある。配合は秘密だという。アイスはマイナス5度で、筒状になった餅にアイスが注入される。特殊カッターがアイスを包みながら切断する。2分以内マイナス40度に急速冷凍され完成する。この工場では1日80万個生産され、年間2億4000万個販売される。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

東京・池袋のサンシャイン水族館で始まった「ざんねんないきもの展」。一生懸命なのにどこか残念な生き物たちが22種類展示されている。アオジタトカゲは、青い舌が特徴で、敵を威嚇するが効果がないという。ジャコウネズミが目があまり見えないため、子どもたちはお尻に鼻をつけて1列になって歩くなど、残念な生き物を説明した。残念ないきものがブームになっていて「ざんねんないきもの事典」がシリーズ累計120万部を突破している。イベントは来年4月まで開かれる。

「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

今、金融市場で話題になっている言葉がゴルディロックス。これはイギリスの童話「三びきのくま」に出てくる少女の名前が由来。ゴルディロックスはくまの家に忍び込み3つのスープを発見する。その中で熱すぎず冷たすぎない一つを飲み干すなどしたが帰宅したクマに見つかり大変な目に会うという話。この話から金融市場では、ほどよい状態で安心が広がることをゴルディロックス相場という。野村総合研究所の木内登英主席研究員は「前回の世界金融危機の前にもゴルディロックスという言葉が使われた」 「2007年前半に多く使われた直後、サブプライムローン問題、リーマンショックとなった」「混乱するときは簡単に言うとリスク回避になる、リスクを回避しようという時に一番ダメージを受けやすいのは日本」等と話した。現在は日銀が未だに終りが見えない異次元緩和のもと、国際の金利を低くしている。これにより投資家は利益を求め株式への投資、ローンの借り入れがし易いなどの環境が続いている。しかし楽観的なりやすいこの状態は突然大きな危機を招く可能性があるという。

「3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ)」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

広辞苑 第六版

岩波書店が来年に発売する「広辞苑 第七版」では約1万語を新たに追加され、その中には「ごち」や「がっつり」、「自撮り」などが収録された。さらに今までは危険という意味で使われていた「やばい」に「のめり込みそうである」という新たに生まれた意味が追加される。力を入れたのがこの10年で大きく進歩し、社会へ浸透したITやネット、医療の言葉で、「仮想通貨」、「クラウド」、「ブラック企業」、「iPS細胞」などが収録されている。なお、編集にあたって浮き彫りになったのが社内で跡継ぎができていないことで、さらにインターネットの普及により辞書を手に取る人が減っている。それでも桑原正雄乗務は「確かな言葉の礎がここにあると示したい」と話し、岩波書店では販売目標に20万部を掲げる。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

広辞苑 第五版

岩波書店が来年に発売する「広辞苑 第七版」では約1万語を新たに追加され、その中には「ごち」や「がっつり」、「自撮り」などが収録された。さらに今までは危険という意味で使われていた「やばい」に「のめり込みそうである」という新たに生まれた意味が追加される。力を入れたのがこの10年で大きく進歩し、社会へ浸透したITやネット、医療の言葉で、「仮想通貨」、「クラウド」、「ブラック企業」、「iPS細胞」などが収録されている。なお、編集にあたって浮き彫りになったのが社内で跡継ぎができていないことで、さらにインターネットの普及により辞書を手に取る人が減っている。それでも桑原正雄乗務は「確かな言葉の礎がここにあると示したい」と話し、岩波書店では販売目標に20万部を掲げる。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

広辞苑 第三版

岩波書店が来年に発売する「広辞苑 第七版」では約1万語を新たに追加され、その中には「ごち」や「がっつり」、「自撮り」などが収録された。さらに今までは危険という意味で使われていた「やばい」に「のめり込みそうである」という新たに生まれた意味が追加される。力を入れたのがこの10年で大きく進歩し、社会へ浸透したITやネット、医療の言葉で、「仮想通貨」、「クラウド」、「ブラック企業」、「iPS細胞」などが収録されている。なお、編集にあたって浮き彫りになったのが社内で跡継ぎができていないことで、さらにインターネットの普及により辞書を手に取る人が減っている。それでも桑原正雄乗務は「確かな言葉の礎がここにあると示したい」と話し、岩波書店では販売目標に20万部を掲げる。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

広辞苑 第一版

岩波書店が来年に発売する「広辞苑 第七版」では約1万語を新たに追加され、その中には「ごち」や「がっつり」、「自撮り」などが収録された。さらに今までは危険という意味で使われていた「やばい」に「のめり込みそうである」という新たに生まれた意味が追加される。力を入れたのがこの10年で大きく進歩し、社会へ浸透したITやネット、医療の言葉で、「仮想通貨」、「クラウド」、「ブラック企業」、「iPS細胞」などが収録されている。なお、編集にあたって浮き彫りになったのが社内で跡継ぎができていないことで、さらにインターネットの普及により辞書を手に取る人が減っている。それでも桑原正雄乗務は「確かな言葉の礎がここにあると示したい」と話し、岩波書店では販売目標に20万部を掲げる。


2017年11月 2017年12月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する