テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 203 / 203 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

久兵衛

老舗寿司店「久兵衛」がホテルオークラ東京に1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。訴状によると久兵衛はホテルオークラ東京建て替えの際、メインエリアではなく別棟を指定された。久兵衛は「片隅に追いやられた。格落ちした場所で高級店にそぐわない」と主張している。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

海鮮食堂 じゃこや

香川の新名物「オリーブハマチ」の秘密を探る。道の駅 源平の里むれにある「海鮮食堂 じゃこや」には毎年ハマチ丼目当ての客が県内外から押し寄せる。オリーブハマチは9月中旬から翌年1月の期間限定で、海鮮食堂 じゃこやの「ハマチづけ丼」は1杯750円。高松市沖の瀬戸内海で約3500匹が養殖されており東京では百貨店などが取り扱う高級魚に位置づけられている。漁師・嶋野文太さんは10年前に県などと協力しオリーブハマチを生み出すことに成功した。オリーブの葉の粉末を餌として使用しており、切り身で48時間経過しても血合の色味が変化しないという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

テング酒場 神田南口店

居酒屋「テング酒場」などを運営するテンアライドでは全国で約2700人のアルバイトを雇用している。うち約900人が外国人労働者で8割近くがベトナム人だという。人手不足が続く外食産業にとって外国人は貴重な労働力となっている。テンアライドでは今年からベトナム人のアルバイトに特化した研修を実施している。研修を始めたことにより採用後の早期離職率が1年で約5%減少したという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

今回のトレンドたまごは離れた所にいる人と会話をしながら食事ができるサービス。画面の向こうの相手と視線を合わせながら会話と食事ができるので没入感を感じることができるという。吉野家の春木氏は実験期間の6ヶ月間の状況を見た上で全国に展開したいとコメントした。

 (牛丼、カレーライス、定食・食堂)

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

今回のトレンドたまごは離れた所にいる人と会話をしながら食事ができるサービス。画面の向こうの相手と視線を合わせながら会話と食事ができるので没入感を感じることができるという。吉野家の春木氏は実験期間の6ヶ月間の状況を見た上で全国に展開したいとコメントした。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

吉田カレー

東京杉並区、JR荻窪駅の行列を紹介。シャッターが半分降りたままの場所を構わず入っていく。看板には気に入らないなどの言葉がある。初めてのお客さんはびっくりすると語った。行列の先には絶品カレーがあった。お店は「吉田カレー」。店内のお客さんは黙って食事をしている。吉田さんは独自のカレーを作り上げた。10種類以上の野菜や果物が溶け込んでいる。さらに多彩なトッピングを乗せればボリュームも増す。店には掟が記されている。1.着席と注文は店主に聞かれるまで待つ、2.テーブル席の皿の上げ下げは客がする。3.水やふきんは所定の位置へなど。掟を作った理由は、一人で行っているのでスムーズに営業をするためだという。エスカレートして毒舌の張り紙が書かれている。行列の秘密を探るために調理場に取材。1kg1万円の貝柱などを使用し、週3日の定休日を使って仕込みを行っているという。さらに吉田カレーの最大の魅力は健康志向。塩分量はレトルトカレーの半分以下。脂控えめ、添加物、保存料は一切なし。週に8回来たお客さんもいるという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

京都つゆしゃぶ CHIRIRI 六本木店

東京・港区の京都つゆしゃぶCHIRIRI六本木店の名物は、塊肉を店で0.8mmの薄さに切った豚バラ。CHIRIRI六本木店の佐相純子さんは、なくてはならない名脇役のゆず唐辛子、こちらがなくなってしまう可能性があると聞いている、と語る。この店でも月に2キロほど消費するという人気のゆず唐辛子。このゆず唐辛子が作っているのは、滋賀・東近江市に住む奥山進さん(79)。「ひきたて名人」などが食べられなくなるかもしれない背景には、奥山さんの廃業の危機がある。奥山さんは事業のほとんどを自らの手で行っている小規模事業者。会社の新たな担い手が見つかっていないのだという。ヤマサンの奥山進さんは、きょう東京・中央区で「人気商品が誕生したので消したくない」「需要が見込めるので会社を存続させたい、という意味で参加した」というあとつぎさん募集企画に参加していた。まるごと東近江実行委員会の藤野滋委員長は「滋賀県が廃業率4.9%で日本で一番高い数字が出た、これは大変なこと」などと開催の理由を語った。奥山さんは自ら作った唐辛子の魅力をアピールした。事業承継の対策は拡大しつつあるものの、個人事業主にとってはその恩恵が無いのが現状。中小企業庁松井拓郎財務課長は「規模が小さくなると仲介の手間が増える一方でビジネスとして回しにくい部分もある」「公の機関が入ることで個人事業主がより事業継承しやすくなるプラットフォームができる」として、事業の売り手と買い手をマッチングさせるデータベースを来年度大幅に強化する考え。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

キリンシティプラス 池袋WACCA店

キリンはAIを使ってオススメのクラフトビールを提案するサービス「ビアナビ」の実験を、あすから始める。サービスには、キリンが持つビールの嗜好データを活用している。ビール市場が縮小を続ける中、国内クラフトビール市場は5年間で約2倍に拡大している。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

R・ペッカーズ池袋東口店

JR東日本は駅ビルや鉄道などの経営資源を活用した新たなビジネスの展開に向けベンチャー企業と組み18のプロジェクトを実施すると発表した。JR東日本はベンチャーへの出資や協業を担う子会社「JR東日本スタートアップ」を2月に設立しベンチャー企業との連携を進めている。近く無人オーダー端末の実証実験を開始する予定で、無人注文決済システムは19年度中に約3000店舗に導入が予定されている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店

ADRIFT by David Myers

三井不動産が東京ミッドタウン日比谷を開業している丸の内で、三菱地所が新たな商業施設「二重橋スクエア」をオープンさせる。二重橋スクエアには日本初出店となる店舗が5店舗あり、日本に1号店を出店してから20年を迎えるピエール・エルメ・パリのリシャール氏は「丸の内はパリみたい、この街に出店したかった」などとコメントした。2002年意向、三菱地所は低層階に飲食店などを呼び込み丸の内の開発を加速した結果、人の流れを生み出した。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する