テレビ紹介情報

「開運!なんでも鑑定団」で紹介された情報

「開運!なんでも鑑定団」2013年1月6日(日)放送内容「開運!なんでも鑑定団」2013年1月13日(日)放送内容

「開運!なんでも鑑定団」 2013年1月8日(火)放送内容

2013年1月8日(火) 20:54〜21:54 テレビ東京
【レギュラー出演】 今田耕司 , 吉田真由子 , 石坂浩二
【ゲスト】 左とん平
【その他】 三木滋造 , 中島誠之助 , 原口あきまさ , 安河内眞美 , 山崎光一 , 杉本啓以子 , 松永陽一 , 橋本かれん , 清水善吾 , 熊谷千栄子 , 田中大 , 草野隆治 , 長島昭利 , 関根耀子
【声の出演】 銀河万丈 , 冨永みーな

(オープニング)

本日のゲスト 左とん平

逃亡者おりん

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。


「開運!なんでも鑑定団」で紹介された映画・DVD

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。

「時間ですよ 1971 BOX1[TCED-0020][DVD]」

価格.com


寺内貫太郎一家2

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。


「開運!なんでも鑑定団」で紹介された音楽・CD

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。

「とん平のヘイ・ユウ・ブルース【左とん平】[ALCA-5028]」

価格.com


「開運!なんでも鑑定団」で紹介されたイベント情報

ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。


青山劇場

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。


梅田芸術劇場

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。


冗談工房

本日のゲストは、「逃亡者おりん」などにも出演している左とん平さん。とん平さんは、1937年東京生まれ。子供の頃から芝居を見るのが好きだったとん平さんは、タレントの「冗談工房」に入り演技を勉強。32歳の時、「時間ですよ」に出演し一躍人気者に。その後も、「寺内貫太郎一家2」などにも出演した。また、「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」で歌手デビューも果たした。そして現在、梅田芸術劇場や青山劇場にて行われている「ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜」に出演している。


サイボーグ009

依頼人の左とん平さんが依頼品の「サイボーグ009」の絵を持って登場。結果は、2万円と安値。鑑定士によると、450部すられているものなのでこの値だったと話した。また、もしこれが原画だったら、50万以上はしたと話した。


森狙仙の掛軸

紫雲寺

依頼人の関根さんが、依頼品である「芸術家・写真家・デザイナー」の掛け軸を持って登場。祖先が江戸時代に手に入れたのではないかと、関根さんは語った。

芸術家・写真家・デザイナーは若い頃から狩野派に学んだ絵師で、「鳥獣図(雲龍)」、「雪中燈籠猿図」など多数の作品を残している。猿を好んで描いたことから猿描き狙仙と呼ばれている。狙仙は、3年間山にこもって野生の猿を観察し、途中から画風も変化。狙仙は自らの名前にも猿を意味する狙という字をあてている。

今回の依頼品を見てみると、芸術家・写真家・デザイナー特有の猿が描かれているが、芸術家・写真家・デザイナーの作品は江戸時代から偽物も多い。果たして鑑定やいかに。


頴川美術館

依頼人の関根さんが、依頼品である「芸術家・写真家・デザイナー」の掛け軸を持って登場。祖先が江戸時代に手に入れたのではないかと、関根さんは語った。

芸術家・写真家・デザイナーは若い頃から狩野派に学んだ絵師で、「鳥獣図(雲龍)」、「雪中燈籠猿図」など多数の作品を残している。猿を好んで描いたことから猿描き狙仙と呼ばれている。狙仙は、3年間山にこもって野生の猿を観察し、途中から画風も変化。狙仙は自らの名前にも猿を意味する狙という字をあてている。

今回の依頼品を見てみると、芸術家・写真家・デザイナー特有の猿が描かれているが、芸術家・写真家・デザイナーの作品は江戸時代から偽物も多い。果たして鑑定やいかに。


逸翁美術館

依頼人の関根さんが、依頼品である「芸術家・写真家・デザイナー」の掛け軸を持って登場。祖先が江戸時代に手に入れたのではないかと、関根さんは語った。

芸術家・写真家・デザイナーは若い頃から狩野派に学んだ絵師で、「鳥獣図(雲龍)」、「雪中燈籠猿図」など多数の作品を残している。猿を好んで描いたことから猿描き狙仙と呼ばれている。狙仙は、3年間山にこもって野生の猿を観察し、途中から画風も変化。狙仙は自らの名前にも猿を意味する狙という字をあてている。

今回の依頼品を見てみると、芸術家・写真家・デザイナー特有の猿が描かれているが、芸術家・写真家・デザイナーの作品は江戸時代から偽物も多い。果たして鑑定やいかに。


柿本神社

依頼人の関根さんが、依頼品である「芸術家・写真家・デザイナー」の掛け軸を持って登場。祖先が江戸時代に手に入れたのではないかと、関根さんは語った。

芸術家・写真家・デザイナーは若い頃から狩野派に学んだ絵師で、「鳥獣図(雲龍)」、「雪中燈籠猿図」など多数の作品を残している。猿を好んで描いたことから猿描き狙仙と呼ばれている。狙仙は、3年間山にこもって野生の猿を観察し、途中から画風も変化。狙仙は自らの名前にも猿を意味する狙という字をあてている。

今回の依頼品を見てみると、芸術家・写真家・デザイナー特有の猿が描かれているが、芸術家・写真家・デザイナーの作品は江戸時代から偽物も多い。果たして鑑定やいかに。


森狙仙の掛軸

出張!なんでも鑑定団

ハウステンボス

今回は長野県・佐世保市。政治家の影響で海軍鎮守府が置かれた。三川内焼では「染付山水文龍彫香炉」「献上唐子絵鶴首型瓶」が代表的。

ハウステンボスがイルミネーションで大人気。今回はユトレヒトプラザで出張!なんでも鑑定団。


ハウステンボスユトレヒトプラザ

今回は長野県・佐世保市。政治家の影響で海軍鎮守府が置かれた。三川内焼では「染付山水文龍彫香炉」「献上唐子絵鶴首型瓶」が代表的。

ハウステンボスがイルミネーションで大人気。今回はユトレヒトプラザで出張!なんでも鑑定団。


「開運!なんでも鑑定団」で紹介された映画・DVD

北のカナリヤたち

依頼品は西郷隆盛の書。依頼人は俳優「北のカナリヤたち」を面白かったと語った。本人評価額は100万円、鑑定額は2万円だった。


出張!なんでも鑑定団

板谷波山の茶碗

MOA美術館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


長島美術館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


泉屋博古館分館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


戸栗美術館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


三の丸尚蔵館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


五島美術館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


静嘉堂文庫美術館

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


石川県立石川県工業高等学校

依頼人の三木さんが、芸術家・写真家・デザイナーの茶碗を持ってスタジオに登場。依頼品は30年前に600万円で購入した代物だった。三木さんは、もし偽物だったら、飛び降りようかと思うと話した。

不世出の陶芸家・芸術家・写真家・デザイナー。芸術家・写真家・デザイナーは、独自の作風を切り開いた人物だが、妥協を許さないため、一年に出せる作品はわずか20点程度だった。そんな芸術家・写真家・デザイナーは、幼い頃、茶の世界に興味を持ち、石川県工業学校の教師になると、各地の陶土や釉薬の研究に没頭。その後、東京・田端に窯を開き、グラデーションによる技を磨き、葆光彩磁を生み出した。1960年に人間国宝に推薦されたが辞退した。

改めて依頼品の「芸術家・写真家・デザイナー」の茶碗。偽物も多い中、果たして鑑定やいかに。


板谷波山の茶碗

(エンディング)

(番組宣伝)

「開運!なんでも鑑定団」2013年1月6日(日)放送内容「開運!なんでも鑑定団」2013年1月13日(日)放送内容

2012年12月 2013年01月 2013年02月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介されたすべての情報
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介された音楽・CD
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介された映画・DVD
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介されたグルメ情報
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介された料理レシピ
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介された観光・地域情報
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介されたイベント情報
  • 「開運!なんでも鑑定団」で紹介された雑学・豆知識