テレビ紹介情報

「Beeワールド」で紹介された情報

「Beeワールド」で紹介されたすべての情報 ( 40 / 40 ページ )

バッカリス・ドゥラクンックリフォリア

ブラジル南部にあるミナス・ジェライス州はグリーンプロポリスの名産地として知られている。注目され始めたのは20世紀後半、その誕生のうらには新たなミツバチと南米固有の植物との出会いがあった。1957年に研究施設からアフリカミツバチが逃亡しセイヨウミツバチと交配しアフリカニザーダが誕生した。アフリカニザーダはバッカリス・ドゥラクンックリフォリアという植物に出会った。アフリカニザーダはバッカリスを使いプロポリスを作った。


アフリカニザーダ

ブラジル南部にあるミナス・ジェライス州はグリーンプロポリスの名産地として知られている。注目され始めたのは20世紀後半、その誕生のうらには新たなミツバチと南米固有の植物との出会いがあった。1957年に研究施設からアフリカミツバチが逃亡しセイヨウミツバチと交配しアフリカニザーダが誕生した。アフリカニザーダはバッカリス・ドゥラクンックリフォリアという植物に出会った。アフリカニザーダはバッカリスを使いプロポリスを作った。


セイヨウミツバチ

ブラジル南部にあるミナス・ジェライス州はグリーンプロポリスの名産地として知られている。注目され始めたのは20世紀後半、その誕生のうらには新たなミツバチと南米固有の植物との出会いがあった。1957年に研究施設からアフリカミツバチが逃亡しセイヨウミツバチと交配しアフリカニザーダが誕生した。アフリカニザーダはバッカリス・ドゥラクンックリフォリアという植物に出会った。アフリカニザーダはバッカリスを使いプロポリスを作った。


アフリカミツバチ

ブラジル南部にあるミナス・ジェライス州はグリーンプロポリスの名産地として知られている。注目され始めたのは20世紀後半、その誕生のうらには新たなミツバチと南米固有の植物との出会いがあった。1957年に研究施設からアフリカミツバチが逃亡しセイヨウミツバチと交配しアフリカニザーダが誕生した。アフリカニザーダはバッカリス・ドゥラクンックリフォリアという植物に出会った。アフリカニザーダはバッカリスを使いプロポリスを作った。


「Beeワールド」で紹介されたグルメ情報

グリーンプロポリス

ブラジル南部にあるミナス・ジェライス州はグリーンプロポリスの名産地として知られている。注目され始めたのは20世紀後半、その誕生のうらには新たなミツバチと南米固有の植物との出会いがあった。1957年に研究施設からアフリカミツバチが逃亡しセイヨウミツバチと交配しアフリカニザーダが誕生した。アフリカニザーダはバッカリス・ドゥラクンックリフォリアという植物に出会った。アフリカニザーダはバッカリスを使いプロポリスを作った。


アフリカニザーダ

ブラジル南部にあるミナス・ジェライス州はプロポリスの名産地として知られている。南米であるミツバチのアフリカニザーダが生息している。ブラジルに初めて西洋ミツバチがもたらされたのは19世紀、100年経過してもハチミツの生産量があがらなかった。この状況を変えようとしたのがワーウィック・エステヴァン・ケール博士、1956年に南アフリカから嬢王蜂を輸入して養蜂開始した。


ハチ

岡山県の鏡野町でローヤルゼリーの生産を行っている加藤さんは、高い生産性を誇る優れた養蜂家で生産技術を紹介してくれた。ミツバチにローヤルゼリーを食べさせる王椀は通常であれば90個ほどのところ、加藤さんは300個以上付けている。加藤さんは病害虫にも強いミツバチの育成も行っており、優秀な女王蜂を山奥の養蜂場へ持ち込んで、女王蜂のいない巣箱にうつす。雄蜂は別でわけ、両者を自然交配させることでローヤルゼリーを大量に分泌する働き蜂ができるという。さらに若い働き蜂を増やすために、巣箱を区切って1箱に2匹の女王蜂を入れるなど工夫をしていたが、ローヤルゼリーの採取は0.5グラムほどとなっている。


「Beeワールド」で紹介されたグルメ情報

ローヤルゼリー

岡山県の鏡野町でローヤルゼリーの生産を行っている加藤さんは、高い生産性を誇る優れた養蜂家で生産技術を紹介してくれた。ミツバチにローヤルゼリーを食べさせる王椀は通常であれば90個ほどのところ、加藤さんは300個以上付けている。加藤さんは病害虫にも強いミツバチの育成も行っており、優秀な女王蜂を山奥の養蜂場へ持ち込んで、女王蜂のいない巣箱にうつす。雄蜂は別でわけ、両者を自然交配させることでローヤルゼリーを大量に分泌する働き蜂ができるという。さらに若い働き蜂を増やすために、巣箱を区切って1箱に2匹の女王蜂を入れるなど工夫をしていたが、ローヤルゼリーの採取は0.5グラムほどとなっている。


ミツバチ

ミツバチの巣から女王蜂がいなくなると働き蜂は新たな女王蜂を育てようとする。今日のローヤルゼリーの生産はミツバチの特性を活かしたもの。岡山・鏡野町で養蜂を営む加藤学さんは女王蜂不在の状態を作り、王台の代わりを大量の作成、王椀と幼虫を養蜂箱へ。働き蜂が72時間かけてローヤルゼリーをためるのを待つ。加藤さんの人口王台には王椀が300個以上ある。なぜ多数の王椀で生産が?


「Beeワールド」で紹介されたグルメ情報

ローヤルゼリー

ミツバチの巣から女王蜂がいなくなると働き蜂は新たな女王蜂を育てようとする。今日のローヤルゼリーの生産はミツバチの特性を活かしたもの。岡山・鏡野町で養蜂を営む加藤学さんは女王蜂不在の状態を作り、王台の代わりを大量の作成、王椀と幼虫を養蜂箱へ。働き蜂が72時間かけてローヤルゼリーをためるのを待つ。加藤さんの人口王台には王椀が300個以上ある。なぜ多数の王椀で生産が?


2018年09月 2018年10月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「Beeワールド」で紹介されたすべての情報
  • 「Beeワールド」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「Beeワールド」で紹介された音楽・CD
  • 「Beeワールド」で紹介された映画・DVD
  • 「Beeワールド」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「Beeワールド」で紹介されたグルメ情報
  • 「Beeワールド」で紹介された料理レシピ
  • 「Beeワールド」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「Beeワールド」で紹介された観光・地域情報
  • 「Beeワールド」で紹介されたイベント情報
  • 「Beeワールド」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する