ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > 緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦
テレビ紹介情報

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された情報

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介されたすべての情報 ( 177 / 177 ページ )

花やしき

日本最古の遊園地 花やしき 依頼内容とは?


紫雲閣

8か月ぶりに善光寺を訪れヤバイ池を確認したが、以前とあまり変わっていなかった。住職は「番組でまた水抜きしてもらいたい」と話した。田中や淳らはショックを隠せない様子だったが、おかわりのSOSにしっかり対応したいと話した。


善光寺

8か月ぶりに善光寺を訪れヤバイ池を確認したが、以前とあまり変わっていなかった。住職は「番組でまた水抜きしてもらいたい」と話した。田中や淳らはショックを隠せない様子だったが、おかわりのSOSにしっかり対応したいと話した。


クサガメ

続いては2018年4月22日に放送した長野県長野市にある善光寺からのSOS。善光寺には紫雲閣という建物があり、ここでは結婚式などを催すそうだが、そこから見える池がもう少しキレイならという声を受けての依頼だった。そこで結婚式をした夫妻も、ドブ色などと濁りきった水になっていた。このピンチに江口洋介が立ち上がり外来種のコイ、ミシシッピアカミミガメ、クサガメなどを捕獲。仕上げは池の清掃をし3か月間天日干しした。あのヤバイ池を見に8か月ぶりに善光寺を訪れた。


ミシシッピアカミミガメ

続いては2018年4月22日に放送した長野県長野市にある善光寺からのSOS。善光寺には紫雲閣という建物があり、ここでは結婚式などを催すそうだが、そこから見える池がもう少しキレイならという声を受けての依頼だった。そこで結婚式をした夫妻も、ドブ色などと濁りきった水になっていた。このピンチに江口洋介が立ち上がり外来種のコイ、ミシシッピアカミミガメ、クサガメなどを捕獲。仕上げは池の清掃をし3か月間天日干しした。あのヤバイ池を見に8か月ぶりに善光寺を訪れた。


コイ

続いては2018年4月22日に放送した長野県長野市にある善光寺からのSOS。善光寺には紫雲閣という建物があり、ここでは結婚式などを催すそうだが、そこから見える池がもう少しキレイならという声を受けての依頼だった。そこで結婚式をした夫妻も、ドブ色などと濁りきった水になっていた。このピンチに江口洋介が立ち上がり外来種のコイ、ミシシッピアカミミガメ、クサガメなどを捕獲。仕上げは池の清掃をし3か月間天日干しした。あのヤバイ池を見に8か月ぶりに善光寺を訪れた。


紫雲閣

続いては2018年4月22日に放送した長野県長野市にある善光寺からのSOS。善光寺には紫雲閣という建物があり、ここでは結婚式などを催すそうだが、そこから見える池がもう少しキレイならという声を受けての依頼だった。そこで結婚式をした夫妻も、ドブ色などと濁りきった水になっていた。このピンチに江口洋介が立ち上がり外来種のコイ、ミシシッピアカミミガメ、クサガメなどを捕獲。仕上げは池の清掃をし3か月間天日干しした。あのヤバイ池を見に8か月ぶりに善光寺を訪れた。


善光寺

続いては2018年4月22日に放送した長野県長野市にある善光寺からのSOS。善光寺には紫雲閣という建物があり、ここでは結婚式などを催すそうだが、そこから見える池がもう少しキレイならという声を受けての依頼だった。そこで結婚式をした夫妻も、ドブ色などと濁りきった水になっていた。このピンチに江口洋介が立ち上がり外来種のコイ、ミシシッピアカミミガメ、クサガメなどを捕獲。仕上げは池の清掃をし3か月間天日干しした。あのヤバイ池を見に8か月ぶりに善光寺を訪れた。


ブルーギル

続いては2018年7月22日に放送した千葉県南房総市にある小松寺からのSOS。鈴木福くんが向かい、ブルーギルなど特定外来生物が大繁殖していた。専門家もブルーギルの多さにほぼここの生態系は壊滅していると言っても良いというくらいヤバい池だった。それでもブルーギル2213匹を捕獲し、清掃には金属探知機を導入しゴミも拾いきった。その後に5か月は天日干しにした。それから5か月後に小松寺に向かうと、水抜き後の池は透明感を見せ外来種の姿は見えなくなっていた。依頼主の大沼住職はキレイになったとし、飼っている在来種を増やしてこちらの池に入れ、「生態系を本来の姿に戻したい」などと話した。


小松寺

続いては2018年7月22日に放送した千葉県南房総市にある小松寺からのSOS。鈴木福くんが向かい、ブルーギルなど特定外来生物が大繁殖していた。専門家もブルーギルの多さにほぼここの生態系は壊滅していると言っても良いというくらいヤバい池だった。それでもブルーギル2213匹を捕獲し、清掃には金属探知機を導入しゴミも拾いきった。その後に5か月は天日干しにした。それから5か月後に小松寺に向かうと、水抜き後の池は透明感を見せ外来種の姿は見えなくなっていた。依頼主の大沼住職はキレイになったとし、飼っている在来種を増やしてこちらの池に入れ、「生態系を本来の姿に戻したい」などと話した。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介されたすべての情報
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された音楽・CD
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された映画・DVD
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介されたグルメ情報
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された料理レシピ
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された観光・地域情報
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介されたイベント情報
  • 「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する