ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ東京 > 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー
テレビ紹介情報

「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された情報

「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたすべての情報 ( 3 / 3 ページ )

明治座

明治座特別公演の初日、「ドキドキするけど、楽しみの方が大きい」と語る荒牧慶彦などキャスト陣は舞台上でそれぞれの役どころを熱演。三津谷亮について、末満健一は「情感のあるキャラクターを演じてくれ、作品を太くしてくれている」とコメント。公演を終えたキャストたちからは安堵と喜びの笑みが溢れていた。川上将大は「ようやく見せることができたと強く感じた。この感動を忘れずに全公演をこなしていきたい」と述懐した。


「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたイベント情報

刀剣乱舞

明治座特別公演の初日、「ドキドキするけど、楽しみの方が大きい」と語る荒牧慶彦などキャスト陣は舞台上でそれぞれの役どころを熱演。三津谷亮について、末満健一は「情感のあるキャラクターを演じてくれ、作品を太くしてくれている」とコメント。公演を終えたキャストたちからは安堵と喜びの笑みが溢れていた。川上将大は「ようやく見せることができたと強く感じた。この感動を忘れずに全公演をこなしていきたい」と述懐した。


明治座

6月2日、公演初日を迎えたなか、グッズの中には刀剣乱舞ならではのこだわりが込められていた。キャストらは舞台で刀剣乱舞の世界観を表現するために衣装などについて密にコミュニケーションを図り、詰めの作業は本番直前にまで及んだ。座長の鈴木拡樹について、末満健一は「2.5次元ミュージカルで必要とされる課題をクリアしながら、自分の表現に落とし込むという高度なことをやっている」と語った。


「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたイベント情報

刀剣乱舞

囲み取材を終えたキャスト陣は本番同様に舞台上で行われる通し稽古(ゲネプロ)の準備に取り掛かった。脚本・演出の末満健一、鈴木拡樹は和田雅成について、「ムードメーカーで現場に欠かせない人物」などと評する。ゲネプロで健人は前半で噛んでしまったといい、三津谷亮は川上に対して台詞がいつもよりスローだったと指摘していた。ゲネプロ後、キャストやスタッフらは修正点を共有するなどした。

6月2日、公演初日を迎えたなか、グッズの中には刀剣乱舞ならではのこだわりが込められていた。キャストらは舞台で刀剣乱舞の世界観を表現するために衣装などについて密にコミュニケーションを図り、詰めの作業は本番直前にまで及んだ。座長の鈴木拡樹について、末満健一は「2.5次元ミュージカルで必要とされる課題をクリアしながら、自分の表現に落とし込むという高度なことをやっている」と語った。


明治座

舞台『刀剣乱舞』の舞台裏に密着。舞台刀剣乱舞の脚本・演出を務める末満健一さんは、キャストの和田琢磨さんについて「変わっているが、現場のバランス見ながら動いてくれるので、とても大人な役者だなぁ。」と述べた。明治座に集まったキャストたちは稽古場との違いを確かめ、劇場に体をなじませていた。


「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたイベント情報

刀剣乱舞

現在絶賛上映中の舞台、『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰。この舞台は、原案となる「刀剣乱舞 -ONLINE-」と呼ばれるシミュレーションゲームを、生身の役者が演じる舞台へと再構築した2.5次元と言われる演劇。これは、この舞台を作る人々に密着したドキュメンタリーである。


刀剣乱舞 -ONLINE-

現在絶賛上映中の舞台、『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰。この舞台は、原案となる「刀剣乱舞 -ONLINE-」と呼ばれるシミュレーションゲームを、生身の役者が演じる舞台へと再構築した2.5次元と言われる演劇。これは、この舞台を作る人々に密着したドキュメンタリーである。


明治座

5月31日明治座入り。稽古場とは違う景気。客席からの視線を想像しながら明治座の感触を確かめ、劇場に入ってから見えてくる課題を一つ一つ乗り越えていく。末満健一は照明は自分の中のイメージは明確にあるので、照明さんには苦労をかけることが多いとした。そして明日、舞台の集大成を披露する日がやってくる。


「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたイベント情報

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

本番を目の前にして彼らの疲労はピークに達していた。鈴木拡樹は僕ができないことは椎名鯛造が替わってやってくれた。だからこそ僕も言いやすくしてもらっているし他のことに集中できるのは彼のおかげ。椎名鯛造は自分は判断が早いので鈴木拡樹が何か不満に思っていることがあったら僕が言うことが多いので、そういうところがもしかしたら助けたのかもしれないとした。衣装付き通し稽古が開始。しかし集大成への道のりはまだ続いている。稽古最終日を終え、共に助け合い共に高めあった1か月。お刀剣男子たちは稽古場を後にして劇場へと向かった。

5月31日明治座入り。稽古場とは違う景気。客席からの視線を想像しながら明治座の感触を確かめ、劇場に入ってから見えてくる課題を一つ一つ乗り越えていく。末満健一は照明は自分の中のイメージは明確にあるので、照明さんには苦労をかけることが多いとした。そして明日、舞台の集大成を披露する日がやってくる。


「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された映画・DVD

前山剛久

この日はスローの魅せ方を教わるためマイム指導が行われた。この舞台では歌や振り付け、マイムなど各分野のプロたちが多く関わっている。和田琢磨は年齢的にも上の方なので、舞台の見方や立ち振舞い方が気になったら伝えていた。末満健一は前山剛久について技術では醸し出せない気品があって、雅やかなキャラをやる上では彼が持っている本来の資質がうまく作用してハマっているとした。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたすべての情報
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された音楽・CD
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された映画・DVD
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたグルメ情報
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された料理レシピ
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された観光・地域情報
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介されたイベント情報
  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 密着ドキュメンタリー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する