ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 真相報道バンキシャ!
テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報 ( 795 / 795 ページ )

お年玉付き年賀はがき

ことしのお年玉付き年賀はがきがきょう抽選会が行われた。当せん番号を一覧で伝えた。外れてもまだ処分しないでください。平成最後を記念してことしはもう一回抽選会がある。次の抽選会は郵政記念日の4月20日で商品は1万シート限定の特別お年玉切手。こちらには4月1日に発表される新元号が入りシリアルナンバーも印刷される。原田曜平さんは若い方は年賀状を書かない代わりにすごく母の日にプレゼントを贈るようになっていたりとか、バレンタインに男の子同士でチョコを渡しあったり新しい儀礼の市場がものすごい伸びていると話した。


両国国技館

天皇皇后両陛下が2年ぶりに大相撲を観戦された。結びの一番で横綱白鵬が碧山と対戦。白鵬が8連勝。両陛下も拍手を贈られていた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

初場所

天皇皇后両陛下が2年ぶりに大相撲を観戦された。結びの一番で横綱白鵬が碧山と対戦。白鵬が8連勝。両陛下も拍手を贈られていた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

卓球全日本選手権

卓球の伊藤美誠選手が14歳の新星を破り2年連続の三冠。シングルス決勝の相手は木原美悠選手。ゲームカウント4−1で女子初の2年連続3冠を達成した。


東北大

七大戦2週間前、船岡さんにその想いを聞いてみた。船岡さんは「勝ちたいかっていうかその…。勝ちっていうことでおごりたくはない」と話した。もはや船岡ワールド。しかしそこには船岡さんなりの相撲道がありました。船岡さんは「相撲ってたまたま勝つことはほぼない。普通に暮らしていて負けることってないし、NOを突きつけられる感じが…」。そんな秘めた想いを抱えて挑んだこの七大戦。船岡さんに残された勝利のチャンスは最後の総当たり戦のみ。覚悟を決めた男に奇跡が起こります。まさかの不戦勝。ベスト32入りを果たした。奇跡は続きます。またもや不戦勝でベスト16入り。船岡さんの決意は九大相撲部の名に恥じない相撲をとること。しかしベスト16ともなれば相手は巨漢。なんとか自分の手で一勝をもぎ取りたい。するどい突き押しに為す術もなく敗退。自力での勝利は飾れず七大戦は終わりました。悔しさだけが残ります。そこへ戦った東北大の部員が声をかけました。七大相撲部の一員として認められたかな、船岡さん。


九州大学

去年8月、京都市武道センターで七大戦が行われた。七大戦には、新米力士である九州大学の船岡佳生さんらが出場。九州大学相撲部は4年前に部員ゼロになった。その後、相撲部は大阪大学相撲部OBの岩垂航介さんが復活させる。相撲部に入部した船岡佳生さんは鳥人間サークルにも所属する理系男子。稽古を積んで、九州大学は3年ぶりに七大戦に出場した。

七大戦の前日、九州大学の船岡佳生さんは出場登録ために京都府を訪れた。稽古をしようとしたところ、ズボンが破れたので、古着店でズボンを購入。その後、京都大学で大会登録を行った。その日の夜、船岡佳生さんは自主トレを行った。

九州大学相撲部は七大戦の団体戦に出場。名古屋大学相撲部などと取組を行ったが、九州大学相撲部は団体戦で全敗した。その後、個人戦体重別で船岡佳生さんは北海道大学の選手と取組をして、負けた。

七大戦2週間前、船岡さんにその想いを聞いてみた。船岡さんは「勝ちたいかっていうかその…。勝ちっていうことでおごりたくはない」と話した。もはや船岡ワールド。しかしそこには船岡さんなりの相撲道がありました。船岡さんは「相撲ってたまたま勝つことはほぼない。普通に暮らしていて負けることってないし、NOを突きつけられる感じが…」。そんな秘めた想いを抱えて挑んだこの七大戦。船岡さんに残された勝利のチャンスは最後の総当たり戦のみ。覚悟を決めた男に奇跡が起こります。まさかの不戦勝。ベスト32入りを果たした。奇跡は続きます。またもや不戦勝でベスト16入り。船岡さんの決意は九大相撲部の名に恥じない相撲をとること。しかしベスト16ともなれば相手は巨漢。なんとか自分の手で一勝をもぎ取りたい。するどい突き押しに為す術もなく敗退。自力での勝利は飾れず七大戦は終わりました。悔しさだけが残ります。そこへ戦った東北大の部員が声をかけました。七大相撲部の一員として認められたかな、船岡さん。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

七大戦

去年8月、京都市武道センターで七大戦が行われた。七大戦には、新米力士である九州大学の船岡佳生さんらが出場。九州大学相撲部は4年前に部員ゼロになった。その後、相撲部は大阪大学相撲部OBの岩垂航介さんが復活させる。相撲部に入部した船岡佳生さんは鳥人間サークルにも所属する理系男子。稽古を積んで、九州大学は3年ぶりに七大戦に出場した。

七大戦の前日、九州大学の船岡佳生さんは出場登録ために京都府を訪れた。稽古をしようとしたところ、ズボンが破れたので、古着店でズボンを購入。その後、京都大学で大会登録を行った。その日の夜、船岡佳生さんは自主トレを行った。

九州大学相撲部は七大戦の団体戦に出場。名古屋大学相撲部などと取組を行ったが、九州大学相撲部は団体戦で全敗した。その後、個人戦体重別で船岡佳生さんは北海道大学の選手と取組をして、負けた。

七大戦2週間前、船岡さんにその想いを聞いてみた。船岡さんは「勝ちたいかっていうかその…。勝ちっていうことでおごりたくはない」と話した。もはや船岡ワールド。しかしそこには船岡さんなりの相撲道がありました。船岡さんは「相撲ってたまたま勝つことはほぼない。普通に暮らしていて負けることってないし、NOを突きつけられる感じが…」。そんな秘めた想いを抱えて挑んだこの七大戦。船岡さんに残された勝利のチャンスは最後の総当たり戦のみ。覚悟を決めた男に奇跡が起こります。まさかの不戦勝。ベスト32入りを果たした。奇跡は続きます。またもや不戦勝でベスト16入り。船岡さんの決意は九大相撲部の名に恥じない相撲をとること。しかしベスト16ともなれば相手は巨漢。なんとか自分の手で一勝をもぎ取りたい。するどい突き押しに為す術もなく敗退。自力での勝利は飾れず七大戦は終わりました。悔しさだけが残ります。そこへ戦った東北大の部員が声をかけました。七大相撲部の一員として認められたかな、船岡さん。


北海道大学

九州大学相撲部は七大戦の団体戦に出場。名古屋大学相撲部などと取組を行ったが、九州大学相撲部は団体戦で全敗した。その後、個人戦体重別で船岡佳生さんは北海道大学の選手と取組をして、負けた。


京都大学

九州大学相撲部は七大戦の団体戦に出場。名古屋大学相撲部などと取組を行ったが、九州大学相撲部は団体戦で全敗した。その後、個人戦体重別で船岡佳生さんは北海道大学の選手と取組をして、負けた。


名古屋大学

九州大学相撲部は七大戦の団体戦に出場。名古屋大学相撲部などと取組を行ったが、九州大学相撲部は団体戦で全敗した。その後、個人戦体重別で船岡佳生さんは北海道大学の選手と取組をして、負けた。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する