テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 10 / 10 ページ )

「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

旧大蔵省広報誌 「ファイナンス」

大阪地検特捜部は財務省理財局の職員を任意聴取したところ、指示をメールで受け取り、組織として改ざんしていたと話しという。理財局のトップについていた前理財局長は、旧大蔵省の幹部候補生でその後、塩川財務相の秘書官も務めていた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

バンキシャ!は伊調馨選手の出身地、青森県八戸市の八戸クラブを取材。練習に励んでいる子どもたちの目標は伊調馨選手と語る。中学には進学先を愛知県に移し、栄和人氏の指導のもとで才能を開花。20歳で挑んだオリンピックでは金メダルを獲得。栄和人氏が豪快に肩車をしていた。続く北京五輪でも金メダル。しかしその後に転機が。伊調馨選手は愛知から東京へ練習拠点を移す。目的は田南部力コーチの指導を受け、男子の練習に参加をするもの。伊調馨選手はそこでレスリングの楽しさを知ったと綴っていた。しかしこの頃からパワハラが始まったという。そこでは2010年に田南部力コーチに伊調馨へ指導をしないようにとキツく命じられたと告発状に記されていた。元オリンピック選手は辞めるように言われていたと語った。栄和人強化本部長は真っ向から否定。伊調馨選手は田名部コーチの指導を受け、ロンドン五輪で3連覇を果たす。告発状によると伊調選手の男子合宿への参加や練習拠点の男子施設への出入りを禁止するようになったという。そんな中リオデジャネイロ五輪でも金メダルを獲得。4連覇を達成。栄和人氏はロンドン五輪時と同様にマットに上がることはなかった。おととし10月には国民栄誉賞を獲得。

「一日一日、強くなる 伊調馨の「壁を乗り越える」言葉 (講談社+α新書)」

Amazon.co.jp


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

広辞苑

広辞苑の改訂版が10年ぶりに発売された。広辞苑 第七版では新たに1万語が加えられた。「自撮り」「ちゃらい」「萌え」など。また意味が追加された言葉もある。炎上は火が燃え上がること。これに加え「インタネット上で記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」という意味も追加された。


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

広辞苑の改訂版が10年ぶりに発売された。広辞苑 第七版では新たに1万語が加えられた。「自撮り」「ちゃらい」「萌え」など。また意味が追加された言葉もある。炎上は火が燃え上がること。これに加え「インタネット上で記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」という意味も追加された。

「広辞苑 第七版(普通版) 初回限定特典付 三浦しをん書き下ろし文庫判小冊子「広辞苑をつくるひと」」

Amazon.co.jp


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

シェイクスピア戯曲

先月亡くなった蜷川幸雄さん。シェイクスピア戯曲37作品の上演がライフワークだったが、残り5作品を残した。なくなる1ヶ月前に蜷川さんから後継者に託された吉田鋼太郎さんは、先月16日埼玉県の居酒屋で初演出舞台の決起集会を行っていた。シェイクスピア作品には12作出演し主演を4本務めた吉田さんは、どう受け継ぐか稽古場を伺うと33作品目の生まれようとしていた。吉田さんは蜷川さんのような厳しい声が飛んでいた。出演者も似ているとコメントした。どんな舞台を作り上げるのか挑戦を追った。


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

貴乃花親方の長男である花田優一が著書の関連イベントに出席した。著書では貴乃花親方への尊敬の念を語っている。月曜日には、日本相撲協会が貴乃花部屋を訪ね、貴ノ岩の聞き取り調査への協力などを求めた。貴乃花親方は部屋にいたが協力要請を受けなかった。日馬富士は謝罪の手紙を送っているが、貴乃花親方に示談という選択肢はない。鳥取地検は年内にも略式起訴する見通し。

「生粋(ナマイキ)」

Amazon.co.jp


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

小室圭さんが自宅近くの書店で購入したという本を紹介。食材を工夫し手軽に作れる二人分の料理をまとめたレシピ本で、8月24日に発売された。以前はフランス料理店でアルバイトをしていた小室さん。元アルバイト先の大将は「責任感の強い子だと思っていた。将来二人で相談しながらしっかりと歩んでいける」とコメントした。眞子さまと小室さんは理想の家庭像について「温かく居心地がよく笑顔あふれる家庭」「いつも自然体で和やかな家庭」とお話になった。

「月たった2万円のふたりごはん (幻冬舎単行本)」

Amazon.co.jp


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

小池都知事は「築地の再整備・存続の可能性」について、「地下水の再調査が行われ、再度モニタリングも行なうところ。その質問はまだ早い」と答えた。一方、座右の書に「失敗の本質」を挙げ、「色々な選択肢を探るのはあるかと思う」とコメント。同書は旧日本軍の作戦の失敗を分析したもので、共著者である東京国際大学の村井友秀教授は「作戦がうまくいかない事態に備え、代案を作っておかないといけない。それがないと失敗した時、対応が非常に遅れ、致命傷になる」と語った。なお、豊洲市場への移転問題をめぐって、百条委員会が設置される見通しと判明した。虚偽の証言をした場合、罰則を課される可能性がある。

「失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)」

Amazon.co.jp


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

築地市場の再整備は30年以上前から検討されてきたが、費用増大などで断念。アスベストの処理、土壌汚染の懸念する声もあがっている。だが、小池都知事は自著「東京WOMEN大作戦」で、築地の再整備に関する考えを展開。一級建築士の渡辺邦夫氏は過去に再整備を思案し、10年前にアイデアを考案した。同案は今月8日に都議会共産党がヒアリングし、小池都知事に提案しようと伝えたという。この案では費用が2000万円、工期に9年をかければ築地の再整備は可能だという。当番組は都議126人に「築地市場の再整備・存続は選択肢の1つか?」とアンケートを行なったところ、都議会自民党は党として一括でコメント。選択肢を選ばず、豊洲市場の安全性の検証が急務としている。それ以外は30人が「はい」、2人が「いいえ」、「その他」が20人。まず地下水の調査結果を待つとしている。

「東京WOMEN大作戦」

Amazon.co.jp


「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌

塾生たちの声を取材。先頭に並んでいた会社員の男性(45)は、前の方で受けたいと思い深夜の2時30分から並んでいたという。またお笑いタレントのエド・はるみさんも入塾。そんななか高校3年生の阿部将貴さんを取材。本棚には小池百合子さんの著書「異端のススメ」などが並ぶ。そんな阿部さん、初講義を終わって小池知事が語った「大義と共感というところのバランスを重視しているのが初めて知った」と話した。

「異端のススメ」

Amazon.co.jp


2018年05月 2018年06月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する