テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報 ( 109 / 109 ページ )

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

100億円キャンペーン

100億円キャンペーン騒動についてスタジオトーク。ご意見バンの福里真一さんはなによりも広告効果がすごいあがった、PayPayのサービスをこのバンキシャという番組でも取り上げまくっている、100億円という数字が広告としてすごく成功したと思うと話した。キャッシュレスについて、便利さはある、地元の鎌倉に銭洗弁財天があるがお金をただのものじゃなく神聖なものと感じる感覚も自分たちの中にあるなどと話した。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

キャンペーン

深夜に家電量販店で駆け込み購入する人々に密着した。実はPayPayが今月4月から購入額の20%を還元するキャンペーンを開始していた。だが10日間で100億円に到達し終了を突然告げたため、家電量販店では閉店間際に駆け込み購入する人々の姿があった。現金社会の日本にPayPayは根付くのか。スマホ決済先進国の中国では、キャッシュレス狂騒曲が行われていた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

大相撲九州場所

貴景勝は1996年兵庫県芦屋市の生まれ、本名は佐藤貴信で、貴乃花の大ファンの父親が名付けた。元貴乃花親方との出会いは小学4年生。貴景勝に対し、元貴乃花親方は、四股も素晴らしいし根性もある。この子は絶対強くなりますよと言われたという。貴景勝は練習に励むようになり、中学を卒業すれば、すぐプロに入り、優勝は三十五回以上したいとコメント。しかし弱点もあり、貴景勝は全国大会で3位になった写真では、体格が小さかった。佐藤一哉さんは突き押し相撲に変えたとコメント。2014年に貴乃花部屋に入門。2017年に小結に昇進する。元貴乃花親方からの教えで、精神について触れられたこと。勝ちたいではなく、やってきたことを出し切るという教えを守ったという。しかし9月末に貴乃花部屋が消滅。千賀ノ浦部屋に移動。花田景子さんは貴景勝に会った際、にんにくを忘れたと語り、貴景勝からも送ってくださいと言われた。貴景勝はにんにくの素揚げが大好物とコメント。

福岡国際センターより、優勝を果たした貴景勝の優勝パレードの様子を伝えた。夏目三久は、貴乃花部屋にはいろんなことがあったが、親方への恩返しはこの上ないと語った。またにっこりしても良いのではと福澤朗が語ると、これが貴景勝と語った。高安も3横綱が不在の中で頑張ってくれたとコメント。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

大相撲九州場所

福岡国際センター前より、大相撲九州場所で優勝を果たした貴景勝が間もなく優勝パレードが行われる予定。錦木に勝利した貴景勝は、大関高安が敗れたため、貴景勝が初優勝を果たした。貴景勝関はインタビューで、日々毎日の相撲取り切れてよかったと語る。決まった瞬間は、頭整理に時間がかかった。徐々に喜びが上がってきた。弱い自分が出そうになったが諦めずにやったとコメント。環境の変化について、いい稽古が出来た。新しい部屋でも一生懸命頑張っていくことが繋がっていくとコメント。父佐藤一哉さんの前で優勝できたことは、親子の目標で少し結果が出すことができてよかったとコメント。来年の意気込みに対して、しっかり自分の相撲を撮りきって頑張りたいとコメント。

佐藤一哉さんを取材。貴景勝からは熱いメッセージを送って、「了解。」と返されたやり取りを紹介。貴景勝は大相撲九州場所で14日目、優勝争いの高安に敗れ、優勝は千秋楽へ。貴景勝は横綱、大関を倒し優勝争いに加わっていた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

GPシリーズ第6戦フランス大会

GPシリーズ第6戦フランス大会、女子フリーで紀平梨花選手が圧巻の演技を披露。優勝した紀平は日本女子初、GPシリーズデビュー戦から2連勝。三原舞依は2位となった。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

東京パラリンピック

万博の会場となる大阪市湾岸部の人工島「夢洲」は元々、2008年大阪オリンピックの会場にする計画だったが、招致に失敗し空き地が広がっている。2025年大阪万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに開かれる。電機メーカー「ダイヘン」は磁力を使った自動車のワイヤレス充電を開発しており、万博会場内の移動手段を目指す。「ウエストユニティス」は、どこにでも投影できる次世代のハンズフリースマホを開発。大阪万博の課題は会場・周辺の整備費用で、費用の約1250億円は国、大阪府・大阪市、経済界で3分の1ずつ負担する予定だが、捻出できるかが問題である。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

万博の会場となる大阪市湾岸部の人工島「夢洲」は元々、2008年大阪オリンピックの会場にする計画だったが、招致に失敗し空き地が広がっている。2025年大阪万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに開かれる。電機メーカー「ダイヘン」は磁力を使った自動車のワイヤレス充電を開発しており、万博会場内の移動手段を目指す。「ウエストユニティス」は、どこにでも投影できる次世代のハンズフリースマホを開発。大阪万博の課題は会場・周辺の整備費用で、費用の約1250億円は国、大阪府・大阪市、経済界で3分の1ずつ負担する予定だが、捻出できるかが問題である。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

大阪万博

万博の会場となる大阪市湾岸部の人工島「夢洲」は元々、2008年大阪オリンピックの会場にする計画だったが、招致に失敗し空き地が広がっている。2025年大阪万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに開かれる。電機メーカー「ダイヘン」は磁力を使った自動車のワイヤレス充電を開発しており、万博会場内の移動手段を目指す。「ウエストユニティス」は、どこにでも投影できる次世代のハンズフリースマホを開発。大阪万博の課題は会場・周辺の整備費用で、費用の約1250億円は国、大阪府・大阪市、経済界で3分の1ずつ負担する予定だが、捻出できるかが問題である。

2025年大阪万博は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに開かれる。ゲストの加藤友朗は「最先端医療の展示に期待している」とコメント。万博会場となる夢洲にはIRの誘致も目指している。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

大阪万博

政府と経済界、地元自治体が一体となって誘致を進めていた2025年の万国博覧会が日本の大阪で開催されることが決まった。地元では喜びに沸く一方、7年後の開催へ向けた課題も見えている。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

ゆるキャラグランプリ

ゆるキャラグランプリが開かれ、志木市文化スポーツ振興公社のカパルが1位となった。三重県四日市市の職員が組織票を投じ、騒動にもなった。舘野晴彦は、カパルはエッジが効いていて、ただゆるくない感じがすると話した。


2018年11月 2018年12月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する