テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」2011年9月25日(日)放送内容「真相報道バンキシャ!」2011年10月9日(日)放送内容

「真相報道バンキシャ!」 2011年10月2日(日)放送内容

2011年10月2日(日) 18:00〜18:55 日本テレビ
【レギュラー出演】 原聡子 , 福澤朗 , 鈴江奈々
【ゲスト】 城戸真亜子 , 増田寛也
【声の出演】 大塚芳忠
【その他】 佐々木麻衣 , 大西盛行 , 奥田恵 , 石原敏雄

(オープニング)

(ニュース)

福井市殿下幼小中学校

金曜日、福島第一原発事故を受けて設定されていた緊急時避難準備区域の解除の決定を政治家が伝えた。川内村を取材すると、住民による村内パトロールが行われていた。福井市殿下幼・小・中学校には緊急時避難準備区域から転校してきたその他一般人が通っている。美緒さんはその他一般人の家にホームステイしている。

坪井美緒さんの両親はまだ安心して生活できる状況ではないと話す。川内村からの避難住民にアンケートをとった結果、100家族中全員がすぐには帰らないと答えた。旅館経営の井出茂さんは生鮮食品や肉、魚など村内では手に入らないという。

川内小学校の高島校長は学校が再開できる問題ではないと話し、川内村では学校や診療所が再開されていない。村では除染班を組織し測定が行われている。村ではこれまでほとんど除染が進んでいなかった。作業班の三瓶さんは子供たちが帰ってくる前にはもっと数値を下げたいと話す。

南相馬市から避難し、福井市殿下幼・小・中学校に通うその他一般人さんは、福島の小学校で卒業したいと話す。親は福井にいる方が身体とか健康のことを考えたときにいいと、解除された後も戻るのを悩んでいる。


福井市殿下幼小中学校

金曜日、福島第一原発事故を受けて設定されていた緊急時避難準備区域の解除の決定を政治家が伝えた。川内村を取材すると、住民による村内パトロールが行われていた。福井市殿下幼・小・中学校には緊急時避難準備区域から転校してきたその他一般人が通っている。美緒さんはその他一般人の家にホームステイしている。

坪井美緒さんの両親はまだ安心して生活できる状況ではないと話す。川内村からの避難住民にアンケートをとった結果、100家族中全員がすぐには帰らないと答えた。旅館経営の井出茂さんは生鮮食品や肉、魚など村内では手に入らないという。

川内小学校の高島校長は学校が再開できる問題ではないと話し、川内村では学校や診療所が再開されていない。村では除染班を組織し測定が行われている。村ではこれまでほとんど除染が進んでいなかった。作業班の三瓶さんは子供たちが帰ってくる前にはもっと数値を下げたいと話す。

南相馬市から避難し、福井市殿下幼・小・中学校に通うその他一般人さんは、福島の小学校で卒業したいと話す。親は福井にいる方が身体とか健康のことを考えたときにいいと、解除された後も戻るのを悩んでいる。


(ニュース)

(ニュース)

「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報

ホテルサンルート栃木

栃木市のホテルサンルート栃木に3人の男が押し入り、フロント係に刃物をつきつけ金を出せと脅し、150万円を奪って逃げた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

WBC世界スーパーバンダム級タイトルマッチ

WBC世界スーパーバンダム級タイトルマッチで格闘技選手が格闘技選手を破った。日本の最年長防衛記録を35歳2ヵ月で更新した。


WOWOW

WBC世界スーパーバンダム級タイトルマッチで格闘技選手が格闘技選手を破った。日本の最年長防衛記録を35歳2ヵ月で更新した。


(提供)

great JAPAN

東京国際空港

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


ボーイング787型機

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


多摩川精機

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


ボーイング787型機

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


中部国際空港

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


川崎重工業

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


三菱重工業

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


富士重工業

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


東レ

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


ボーイング787型機

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


市原ぞうの国

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


ボーイング787型機

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


帝人 複合材料開発センター

先月28日、羽田空港に「ボーイング787」が初就航。787には様々なところに日本の技術が使われており、飯田市にある多摩川精機では操縦桿の動きを伝えるセンサーを製造している。従業員の女性は「とてもやりがいを感じています」と述べていた。

ボーイング787に使われている日本の技術を取材。化粧室のスライド扉や座席のモニターを始め、タイヤやエンジンに関する部品やコックピットの内装も日本のメーカーが手がけたものだった。機体部分も川崎重工や三菱重工など日本の企業が製作したものが多く、おとといには中部国際空港に787の部品を運ぶ輸送機が到着した。

東レでは炭素繊維の中に樹脂をしみこませたシートを製造、「ボーイング787」の機体の表面約9割に使われている。メーカーが受注した額は7000億円で、大西盛行本部長は「一番の利点は軽いこと」と説明した。番組では素材の強度を検証するため市原ぞうの国を訪れ、アジアゾウに素材を踏ませる実験を実施。その結果、炭素繊維はゾウに踏まれてもまったく曲がらないことがわかった。

炭素繊維を使うことでボーイング787は強度を保ったままでの軽量化に成功し、燃費も2割向上。炭素繊維の使い道はさらに広がっており、複合材料開発センターでは炭素繊維を使った車を試作している。

スタジオで炭素繊維複合材を紹介。増田寛也は「日本の素晴らしい技術が活かされていることは誇らしい」と述べ、今回のケースは日米両方がメリットを受ける新しいビジネスの形だと解説していた。


今週の顔

目撃

目撃

自転車

ブレーキなしの自転車で女性に重症を負わせた加害者の男性は、こんな大きな問題になるとは思わなかった、後悔していると語った。自転車店店長の男性は必ず前・後輪にブレーキをつけた状態で販売していると話す。

違法自転車に乗る男性になぜブレーキを外すのかを訪ねると、見た目が格好いいからと答えた。ピストバイクはペダルを漕ぐのを止めることでタイヤの回転も止まる。競輪のその他(スポーツ関係者)と共にブレーキの実験をしたところ、ピストバイクは通常の自転車より16メートル先まで走り続けた。

スタジオでピストバイクについて説明し、城戸真亜子はオランダでは自転車専用の道路があり、日本でも自転車環境を整えることも大切だと話した。


鈴江奈々の天気予報

ここに注目!

バンガイヘン

(エンディング)

「真相報道バンキシャ!」2011年9月25日(日)放送内容「真相報道バンキシャ!」2011年10月9日(日)放送内容

2011年09月 2011年10月 2011年11月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識