テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」2011年10月16日(日)放送内容「真相報道バンキシャ!」2011年10月30日(日)放送内容

「真相報道バンキシャ!」 2011年10月23日(日)放送内容

2011年10月23日(日) 18:00〜18:55 日本テレビ
【レギュラー出演】 原聡子 , 福澤朗 , 鈴江奈々
【ゲスト】 いしかわじゅん , 野村修也
【声の出演】 大塚芳忠
【その他】 山崎大輔

(オープニング)

洪水拡大のナゾ タイ浸水、ついに首都に…

カセサート大学

洪水被害が続くタイではバンコクなど中心部でも浸水被害が発生しており、現在国土の1/3が冠水、被災者は240万人を超えている。ナワナコンの工業団地には多くの日系企業が工場を構えているが団地一体は冠水、日系企業のその他一般人は周辺を案内し現状を伝えていた。

タイではバンコクまで水が南下している。浸水の状況を上空から検証すると、日系企業が進出している7つの工業団地が相次いで浸水していたことがわかった。自動車メーカーの工場がある地域では2週間経っても水が引かず、今回の洪水で被害を受けた日系企業は約450社にものぼる。洪水が拡大した理由についてカセサート大学の准教授を取材したところ、1番の要因は台風などによる記録的豪雨で、決壊を回避するためにダムの放水を行ったことも原因の1つだと話していた。またタイ中部は冠水すると水がはけない地形だという。

バンコクにある日系企業「ASADA MACHINERY」の工場を取材し、社員のその他一般人が工場を案内。工場では精密機械がビニールシートで覆われ、排水用ポンプを4台購入していた。


アサダ

洪水被害が続くタイではバンコクなど中心部でも浸水被害が発生しており、現在国土の1/3が冠水、被災者は240万人を超えている。ナワナコンの工業団地には多くの日系企業が工場を構えているが団地一体は冠水、日系企業のその他一般人は周辺を案内し現状を伝えていた。

タイではバンコクまで水が南下している。浸水の状況を上空から検証すると、日系企業が進出している7つの工業団地が相次いで浸水していたことがわかった。自動車メーカーの工場がある地域では2週間経っても水が引かず、今回の洪水で被害を受けた日系企業は約450社にものぼる。洪水が拡大した理由についてカセサート大学の准教授を取材したところ、1番の要因は台風などによる記録的豪雨で、決壊を回避するためにダムの放水を行ったことも原因の1つだと話していた。またタイ中部は冠水すると水がはけない地形だという。

バンコクにある日系企業「ASADA MACHINERY」の工場を取材し、社員のその他一般人が工場を案内。工場では精密機械がビニールシートで覆われ、排水用ポンプを4台購入していた。


洪水拡大のナゾ タイ浸水、ついに首都に…

バンコク国際空港

バンコクで暮らす日本人のその他一般人一家を取材。現在日本人学校は臨時休校となっており、家には買いだめした食料があった。一方、昨夜のバンコク国際空港では日本に一時帰国する在留邦人が相次いでいた。

スタジオから現地と中継をつなぎ、洪水が続く期間など政府の発表や最新情報を伝えた。タイ政府は数日以内にさらに大量の水がバンコクに押し寄せると予想しており、現在は水門を開放して水量をコントロールしながら海に流す方法をとっている。野村修也はタイの洪水について、今回はかなりの日本企業がタイに進出しているということがわかり、経済という意味ではアジアが運命共同体になっていると述べた。


(ニュース)

今週の顔

「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報

クラブツーリズム

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は約1500万円と紹介した。


スペースポート

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は約1500万円と紹介した。


ヴァージン・ギャラクティック

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は約1500万円と紹介した。


(提供)

今週の顔

「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報

クラブツーリズム

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は「一般の方が宇宙にいける時代がここまで来ている」と話した。アメリカ・ロシアではビゲロー・エアロスペース社やオービタル・テクノロジーズが2016年を目指して研究者などのための宇宙ホテルを計画中で、その他一般人は「今ある国際宇宙ステーションよりももっと快適に過ごせるところだ」と説明していた。


スペースポート

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は「一般の方が宇宙にいける時代がここまで来ている」と話した。アメリカ・ロシアではビゲロー・エアロスペース社やオービタル・テクノロジーズが2016年を目指して研究者などのための宇宙ホテルを計画中で、その他一般人は「今ある国際宇宙ステーションよりももっと快適に過ごせるところだ」と説明していた。


ヴァージン・ギャラクティック

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は「一般の方が宇宙にいける時代がここまで来ている」と話した。アメリカ・ロシアではビゲロー・エアロスペース社やオービタル・テクノロジーズが2016年を目指して研究者などのための宇宙ホテルを計画中で、その他一般人は「今ある国際宇宙ステーションよりももっと快適に過ごせるところだ」と説明していた。


ビゲロー・エアロスペース

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は「一般の方が宇宙にいける時代がここまで来ている」と話した。アメリカ・ロシアではビゲロー・エアロスペース社やオービタル・テクノロジーズが2016年を目指して研究者などのための宇宙ホテルを計画中で、その他一般人は「今ある国際宇宙ステーションよりももっと快適に過ごせるところだ」と説明していた。


オービタル・テクノロジーズ

ニューメキシコ州で「Spaceport America」が完成し、セレモニーには宇宙旅行を計画するヴァージン・ギャラクティック社のその他一般人も登場。日本ではクラブツーリズムで宇宙旅行を受け付けており、その他一般人は「一般の方が宇宙にいける時代がここまで来ている」と話した。アメリカ・ロシアではビゲロー・エアロスペース社やオービタル・テクノロジーズが2016年を目指して研究者などのための宇宙ホテルを計画中で、その他一般人は「今ある国際宇宙ステーションよりももっと快適に過ごせるところだ」と説明していた。


検証 仮設住宅の“寒さ” “寒さ対策”遅れも…

ホーマック 気仙沼店

東北の被災地では冬の厳し寒さが訪れようとしていが、仮設住宅の寒さ対策は不十分である。宮城・気仙沼市のプレハブの仮設住宅では断熱効果の低さから結露が発生していた。寒さの影響もあり、ホームセンターでは暖房器具の売り上げが昨年の74倍にも上っているという。

宮城県名取市の仮設住宅では壁に発泡スチロールを貼り断熱効果を高めるなどの独自の対策を取っている。ボランティアで防寒対策をする阪田准教授は、宮城県の対策が遅れていたこともあって支援したと話す。

気仙沼市防寒対策なしの仮設住宅と陸前高田市の防寒対策済みの仮設住宅をサーモカメラで比較すると、防寒対策なしの仮設住宅では窓から冷たい空気が入っていることが分かった。防寒対策が遅れている理由を気仙沼市は、人材が不足していると説明する。冬に仮設住宅はどれだけ室温が下がるかコンピューターで解析したところ、暖房を消してから5時間経つと7度くらい室内温度が落ちることが分かった。

スタジオで宮城県の寒さ対策として、12月中に追加工事の完了を目指すことを説明する。野村氏は、県からの暖房器具の支給が間に合わず自分で買ってしまった人には金銭で補助することが必要だと述べた。


バンづけ

東京国際展示場

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


タケシンパッケージ

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

危機管理産業展2011

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


タタメット

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

テロ対策特殊装備展’11

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


蓄光テープ

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


郵船ロジスティクス

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


バンづけ

郵船ロジスティクス

東京・港区の郵船ロジスティクスでは、震災後全ての従業員にヘルメットと非常持出袋を配布した。展示場で佐藤さんは携帯発電ラジオなどをチェックしていた。スタジオで避難所で簡易部屋となるダンボールハウスに入った野村氏らは、プライバシー保護に役立つと話す。


(ニュース)

鈴江奈々の天気予報

ニュース予報

バンガイヘン

(エンディング)

「真相報道バンキシャ!」2011年10月16日(日)放送内容「真相報道バンキシャ!」2011年10月30日(日)放送内容

2011年09月 2011年10月 2011年11月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識