ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 情報ライブ ミヤネ屋
テレビ紹介情報

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された情報

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたすべての情報 ( 6530 / 6530 ページ )

日大

日大アメフト部の反則タックル事件で、日大が開いた会見の司会者の発言で大荒れとなっている。会見中、広報の司会者が、記者らの質問を何度も遮る場面があった。また、監督の発言をその司会者が止める場面もみられた。記者が、「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれない」などと述べると、司会者は「落ちません」と言い、会見場の記者らが失笑していた。スタジオの舘野は、「語り継がれる位ひどいことになりましたよ、これ。」などとコメントした。

スタジオの宮根が「大学スポーツを見直さないといけないのか、それとも、日大のアメフト部を見直していかないのか」などと、スポーツライターの青島に投げかけた。青島は「イメージダウンに繋がる会見だったと思う。これからもっと明らかにしないといけないことは沢山あると思う。」などといった考えを示した。


フェイスブック

そして、試合当日について選手側は「監督から「やらなきゃ意味はない」コーチからは「出来ませんじゃ済まされないぞ」と言われた」と明かしていて、これについて前監督は全否定していて、井上コーチはいつもと違うプレーをしてほしかったと話していた。また、退場後の涙を見て井上コーチは「優しすぎる」と言い放ったことについては優しさで涙を流しているのだと思い、これを次につなげたかったとしている。しかし、自分が選手の立場で同じことを言われた場合については「答えられない」としている。そしてタックルについて井上コーチは見ていたと明かしていて、前監督は「ボールを見ていた」としながらもVTRでは加害選手が走り出すとボールではなく選手側を見てるようにも見えた。被害者の父の奥野康俊市議はフェイスブックで監督の顔の向きがわかるデータを募集していて、大阪市議を辞めてこの問題と向き合うとしている。


関学

週刊文春は前監督の談話を発表したものの、ここでは様々な文言があり、青島さんは選手は練習にも参加させてもらえなかった中いじめますよという言い方があることや、選手側は試合に出たいために行為を行う以外に道が残っていなかったことから、このやり方が蛮行を産んだと指摘していた。宮根さんはボールを見ていないとしながらも「選手はよくやっている」と話していたことから認識していると指摘していて、舘野さんは半身麻痺の可能性があるにもかかわらずこの発言をしたことから認識はなかったと見ていた。さらに、文春の話では前監督は「関学はもっとひどい」とも発言している。

また、選手は3日前に練習から外されていて、これについては今までにはないことだったと話していたものの、これに対して井上コーチは「優しい子で成長が止まっていて、心を育てるために練習させなかった」と明かしていた。しかし、選手は監督が日本代表も出場辞退を命令したと明かしていて、これについては前監督は「あの時点で参加しないとはなっていない、ただ代表で試合に出続けると秋の試合に響く可能性はあった」としている。さらに、事件の前日について選手は「井上コーチから「定期戦がなくなってもいい」「ケガをしたらこっちの得」」などの発言があったとしていたのに対して、井上コーチは最初は否定していたものの、会見の後半には「過激な表現をしたことは事実」と曖昧な発言をしている。亀井さんは監督が否認している横で井上コーチは半分落ちているのでやましさが出ていると見ていて、これが鍵になると注目していた。また、事件のおとといについて選手は先輩から「配置はどこでもいいからQBを潰せ」と聞いたことを明かしている。これについて福田さんはフリーの配置に置かれることはあるが、1度目の反則では選手は被害選手と逆側に走った後に被害選手を追いかけてタックルをしていると説明していた。

そして、試合当日について選手側は「監督から「やらなきゃ意味はない」コーチからは「出来ませんじゃ済まされないぞ」と言われた」と明かしていて、これについて前監督は全否定していて、井上コーチはいつもと違うプレーをしてほしかったと話していた。また、退場後の涙を見て井上コーチは「優しすぎる」と言い放ったことについては優しさで涙を流しているのだと思い、これを次につなげたかったとしている。しかし、自分が選手の立場で同じことを言われた場合については「答えられない」としている。そしてタックルについて井上コーチは見ていたと明かしていて、前監督は「ボールを見ていた」としながらもVTRでは加害選手が走り出すとボールではなく選手側を見てるようにも見えた。被害者の父の奥野康俊市議はフェイスブックで監督の顔の向きがわかるデータを募集していて、大阪市議を辞めてこの問題と向き合うとしている。

また、選手側はこの問題を受けて謝罪を申し出たものの、前監督はこれに対して相手方に電話なりしていく判断でいて、向こうからの電話を待っていたと述べていた。また、監督側は見てないと述べていたが1回の反則で15ヤードを下げられていたため手をすぐに監督は打つべきだったとしていた。福田さんも上から全体を見ているコーチもいるので悪質なタックルが行われた時にこれが伝わっていない事になり、3回反則が起きたのに何も問われていないことになるとしていた。また、選手の会見を前監督は今年のチームは金属疲労があったと述べていて、コーチは複雑な思いではありましたと述べた。また、選手が引退を決意したことについて前監督はなんでそんな選手が辞めなくちゃならないのか、我々の責任と話した。また、コーチも辞めてほしくないと話していたが、スタジオでは日大アメフト部に帰ったところで無期限出場停止となっているという指摘があった。さらに、監督とコーチの会見では司会の発言も問題となった。


日大

週刊文春は前監督の談話を発表したものの、ここでは様々な文言があり、青島さんは選手は練習にも参加させてもらえなかった中いじめますよという言い方があることや、選手側は試合に出たいために行為を行う以外に道が残っていなかったことから、このやり方が蛮行を産んだと指摘していた。宮根さんはボールを見ていないとしながらも「選手はよくやっている」と話していたことから認識していると指摘していて、舘野さんは半身麻痺の可能性があるにもかかわらずこの発言をしたことから認識はなかったと見ていた。さらに、文春の話では前監督は「関学はもっとひどい」とも発言している。

また、選手は3日前に練習から外されていて、これについては今までにはないことだったと話していたものの、これに対して井上コーチは「優しい子で成長が止まっていて、心を育てるために練習させなかった」と明かしていた。しかし、選手は監督が日本代表も出場辞退を命令したと明かしていて、これについては前監督は「あの時点で参加しないとはなっていない、ただ代表で試合に出続けると秋の試合に響く可能性はあった」としている。さらに、事件の前日について選手は「井上コーチから「定期戦がなくなってもいい」「ケガをしたらこっちの得」」などの発言があったとしていたのに対して、井上コーチは最初は否定していたものの、会見の後半には「過激な表現をしたことは事実」と曖昧な発言をしている。亀井さんは監督が否認している横で井上コーチは半分落ちているのでやましさが出ていると見ていて、これが鍵になると注目していた。また、事件のおとといについて選手は先輩から「配置はどこでもいいからQBを潰せ」と聞いたことを明かしている。これについて福田さんはフリーの配置に置かれることはあるが、1度目の反則では選手は被害選手と逆側に走った後に被害選手を追いかけてタックルをしていると説明していた。

そして、試合当日について選手側は「監督から「やらなきゃ意味はない」コーチからは「出来ませんじゃ済まされないぞ」と言われた」と明かしていて、これについて前監督は全否定していて、井上コーチはいつもと違うプレーをしてほしかったと話していた。また、退場後の涙を見て井上コーチは「優しすぎる」と言い放ったことについては優しさで涙を流しているのだと思い、これを次につなげたかったとしている。しかし、自分が選手の立場で同じことを言われた場合については「答えられない」としている。そしてタックルについて井上コーチは見ていたと明かしていて、前監督は「ボールを見ていた」としながらもVTRでは加害選手が走り出すとボールではなく選手側を見てるようにも見えた。被害者の父の奥野康俊市議はフェイスブックで監督の顔の向きがわかるデータを募集していて、大阪市議を辞めてこの問題と向き合うとしている。

また、選手側はこの問題を受けて謝罪を申し出たものの、前監督はこれに対して相手方に電話なりしていく判断でいて、向こうからの電話を待っていたと述べていた。また、監督側は見てないと述べていたが1回の反則で15ヤードを下げられていたため手をすぐに監督は打つべきだったとしていた。福田さんも上から全体を見ているコーチもいるので悪質なタックルが行われた時にこれが伝わっていない事になり、3回反則が起きたのに何も問われていないことになるとしていた。また、選手の会見を前監督は今年のチームは金属疲労があったと述べていて、コーチは複雑な思いではありましたと述べた。また、選手が引退を決意したことについて前監督はなんでそんな選手が辞めなくちゃならないのか、我々の責任と話した。また、コーチも辞めてほしくないと話していたが、スタジオでは日大アメフト部に帰ったところで無期限出場停止となっているという指摘があった。さらに、監督とコーチの会見では司会の発言も問題となった。


週刊文春

日大のタックルした選手はスタメン外からスタメンになった。福田幸蔵は、「監督との間で何かがあった。」などとコメント。梅沢富美男は、「なにかのやり取りはあった。無断で芝居に出るわけにいかない。」などとコメント。おととい選手は、「関学のQBがけがしたら得だという言葉も会って、ケガをさせるという意味だと捉えた。」と述べた一方、前監督は、「あくまでルールの中でというのが基本。」、井上コーチは「ケガをさせろとは言っていない。そのくらいの気持ちでということ。」などと述べた。

週刊文春は前監督の談話を発表したものの、ここでは様々な文言があり、青島さんは選手は練習にも参加させてもらえなかった中いじめますよという言い方があることや、選手側は試合に出たいために行為を行う以外に道が残っていなかったことから、このやり方が蛮行を産んだと指摘していた。宮根さんはボールを見ていないとしながらも「選手はよくやっている」と話していたことから認識していると指摘していて、舘野さんは半身麻痺の可能性があるにもかかわらずこの発言をしたことから認識はなかったと見ていた。さらに、文春の話では前監督は「関学はもっとひどい」とも発言している。


紅葉山御養蚕所

皇后さまは今日、紅葉山御養蚕所で蚕を蔟に移す上蔟の作業を行い、順調な生育を喜んだ。皇居での養蚕は来年から雅子さまが引き継ぎ、皇后さまは今年が最後となる。昨日は天皇陛下も養蚕所を訪れ、皇后さまと一緒に桑の葉の餌やりをした。蚕の繭は今年は160kgほどの生産が見込まれている。


在中アメリカ大使館

アメリカ政府は、在中アメリカ大使館に駐在する政府職員が健康被害を訴えていると明らかにした。職員の症状はキューバでの音波を使った攻撃による症状と類似しており、ポンペオ国務長官は王毅外相に直接懸念を伝え、原因究明に協力するよう求めた。


日本維新の会

働き方改革関連法案をめぐり、野党5党が提出した高鳥厚生労働委員長の解任決議案が与党や日本維新の会などの反対多数で否決された。これを受け、与党側は明日の委員会で働き方改革関連法案を採決したい考え。野党側は加藤厚労相の不信任決議案を提出するなど徹底抗戦の構え。


日大病院

スポーツ誌を見てみると、前監督が「言っていない」「見ていない」と選手に反論をした形になったとする意見や、司会者が質問者に「しつこい」と声を上げたことなどが書かれていて、関東学生連盟は当初来月の13日に開催される予定だった理事会を前倒しにして、週明けに開かれる臨時の理事会で処分を決定する方針となった。ここでは連盟もしくは第三者機関による調査による危険なプレーが起きない状況の確保が最優先され、連盟の関係者は指導者が変わったからと言ってあのようなプレーが保証されない保証はないとして、無期限を含めた長期の出場停止を検討している。また、個人では選手には出場停止処分が、監督は厳重処分が出ている。しかし、無期限を含めた長期の出場停止は事実上の廃部を指しているという意見があり、舘野さんはOBや就活する生徒のためにも手を打たないといけないし、危機管理学部も動いていないと指摘した。一方で大学を変えることは容易にできるものではなく、春川さんは前監督と理事長も学長も出ていないと指摘し、大学として監督とコーチについて言及すべきと述べた。しかし、この監督は御茶ノ水にある日大病院に入院してしまっている。


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたすべての情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された音楽・CD
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたグルメ情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された料理レシピ
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された観光・地域情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する