テレビ紹介情報

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された情報

「情報ライブ ミヤネ屋 〜ミヤネ屋★歴史的会談で金正恩委員長が得たものとは★ドンファン捜査[字]〜」 2018年6月13日(水)放送内容「情報ライブ ミヤネ屋 〜ミヤネ屋【ドン・ファン妻夫婦生活語る▽認知症で行方不明妻を4年待つ夫】(他)[字]〜」 2018年6月15日(金)放送内容

「情報ライブ ミヤネ屋」 2018年6月14日(木)放送内容

『29歳看護師遺棄…ネットで?その闇とは▽お宝鑑定!大谷翔平』
2018年6月14日(木) 13:55〜15:50 日本テレビ
【レギュラー出演】 林マオ , 宮根誠司 , 萱野稔人 , 本村健太郎 , 春川正明 , 杉上佐智枝 , 奈良岡希実子
【声の出演】 田南部力
【その他】 中山正敏 , 井上トシユキ , 谷光晃 , 石川周

(オープニング)

(ニュース)

藤枝駅

静岡県浜松市で29歳の看護師が車ごと連れ去られ、山中で遺体で見つかった事件。逮捕された20代と40代の男の他に事件を主導した”第三の人物”がいる可能性が浮上してきた。逮捕された20代の男は「インターネットで知り合った男と浜松で女性を連れ去った」と供述している。ネット上で知り合った男たちがナゼ女性を連れ去ったのか。浮かび上がったのは驚きの事実だった。事件の裏側にはもう一人、”第三の人物”が存在しており、事件を主導している可能性があるという。連れ去り・監禁・死体遺棄、女性の身に一体何が起きたのか、ナゾに包まれた事件の全容が次第に見えてきた。女性の遺体は深さ20センチほどの地中に埋められており、死後二週間ほどが経過していた。遺体に目立った外傷はなかったが、司法解剖で死因を特定することはできなかったという。先月26日、午前中で仕事を終えた女性は午後になって家族に「買い物に行く」と言い残し、家を出たのだそう。その後浜松市内のフィットネスクラブの駐車場で2人の男に自分の車に押し込められ、そのまま連れ去られる様子が防犯カメラに映っていた。捜査関係者によると今月8日、別の事件で任意で事情を聞かれていた20代の男が「浜松で女性を連れ去った」と供述したのだそう。警察は一昨日までにこの20代の男と、40代の男の2人を「監禁」の疑いで逮捕。40代の男は遺体の遺棄について関与を否定している。その犯行にはいくつかの不可解な点がある。疑問1「なぜ駐車場で夕方に連れ去り?」。決して人目につきにくいというわけでは無いこの状況で、なぜ夕方に堂々と女性を連れ去ったのか。この駐車場を担当する清掃員によると、「17時以降は駐車場を見回る人は居ない」とのこと。疑問2「なぜ広範囲を移動?」。浜松市で連れ去られた女性が見つかったのは、およそ50キロ離れた藤枝市の山中。しかし女性の車は三重県桑名市で発見されている。警察は容疑者が女性の遺体を山中に遺棄した後に乗り捨てたものとみているが、なぜ130キロ以上も離れた三重県に車を放置したのか。また、車を乗り捨てた後どうやって男らは移動したのか。実はこの事件は容疑者が2人だけではない可能性が出てきている。事件のカギを握ると見られる”第三の人物”。2人の男に指示し、事件を起こしたのか。疑問3「逮捕された2人の関係」。先に逮捕された20代の男は40代の男について「インターネットで知り合った」と供述している。2007年には「闇サイト」を通じた事件が起こっている。名古屋市の路上で帰宅途中だった当時31歳の会社員の女性が、男3人に拉致され殺害されるというものだった。この3人の男を結びつけたのがインターネットだった。ネットで知り合ったという男らが女性を連れ去ったという今回の事件。男たちを結びつけた「インターネットに潜む闇」とは。そして、事件を主導したと見られる”第三の人物”とは何者なのか。この後事件現場から最新情報を伝える。


CM

(ニュース)

ミヤネ屋汐留St

ミヤネ屋汐留StよりLIVE:今は闇サイトと言わずダークウェブというという。普段使っているのはサーフウェブといってグーグルやヤフーなど検索エンジンで誰でもアクセスできるネットワーク。従来の闇サイトはこの空間に存在しているという。ディープウェブは個人のメールアカウントなど検索エンジンでアクセスできないネットワーク。閲覧するにはパスワードなどが必要となる。ダークウェブは犯罪目的で使われることが多くディープウェブ内のネットワークの一部で閲覧するには専用の特殊なソフトが必要となってくる。ウィキリークスもダークウェブの1つで特性上ややこしいことに使われやすいという。ダークウェブは認証にだいたい半年くらいかかるという手続きを経てしか使用できないという。インターネット・ホットラインセンターが2006年から可動している。去年の違法行為の勧誘・仲介などに関する情報の通報件数879件あったという。インタネット上で連絡先だけ交換しその後メッセージアプリなどで直接やり取りし犯行に及んだ場合は対処しきれないという。近年は特殊な通信網やソフトを利用しなければアクセスできないダークウェブが増え発信源の特定が困難になってきているという。通信の検閲になってしまうので事後でしか対処できないのだという。果たして防ぎようがるのかというところで、世界の捜査当局が協力してダークウェブをウォッチしているが具体的な犯行のやり取りはしないので、あやしいやり取りがあるのは分かっているが事件として起きないかぎり手が出せないという。車に乗る時も、周りを見て乗らないといけない世の中になってしまったとミヤネが話した。


Google

ミヤネ屋汐留StよりLIVE:今は闇サイトと言わずダークウェブというという。普段使っているのはサーフウェブといってグーグルやヤフーなど検索エンジンで誰でもアクセスできるネットワーク。従来の闇サイトはこの空間に存在しているという。ディープウェブは個人のメールアカウントなど検索エンジンでアクセスできないネットワーク。閲覧するにはパスワードなどが必要となる。ダークウェブは犯罪目的で使われることが多くディープウェブ内のネットワークの一部で閲覧するには専用の特殊なソフトが必要となってくる。ウィキリークスもダークウェブの1つで特性上ややこしいことに使われやすいという。ダークウェブは認証にだいたい半年くらいかかるという手続きを経てしか使用できないという。インターネット・ホットラインセンターが2006年から可動している。去年の違法行為の勧誘・仲介などに関する情報の通報件数879件あったという。インタネット上で連絡先だけ交換しその後メッセージアプリなどで直接やり取りし犯行に及んだ場合は対処しきれないという。近年は特殊な通信網やソフトを利用しなければアクセスできないダークウェブが増え発信源の特定が困難になってきているという。通信の検閲になってしまうので事後でしか対処できないのだという。果たして防ぎようがるのかというところで、世界の捜査当局が協力してダークウェブをウォッチしているが具体的な犯行のやり取りはしないので、あやしいやり取りがあるのは分かっているが事件として起きないかぎり手が出せないという。車に乗る時も、周りを見て乗らないといけない世の中になってしまったとミヤネが話した。


Yahoo

ミヤネ屋汐留StよりLIVE:今は闇サイトと言わずダークウェブというという。普段使っているのはサーフウェブといってグーグルやヤフーなど検索エンジンで誰でもアクセスできるネットワーク。従来の闇サイトはこの空間に存在しているという。ディープウェブは個人のメールアカウントなど検索エンジンでアクセスできないネットワーク。閲覧するにはパスワードなどが必要となる。ダークウェブは犯罪目的で使われることが多くディープウェブ内のネットワークの一部で閲覧するには専用の特殊なソフトが必要となってくる。ウィキリークスもダークウェブの1つで特性上ややこしいことに使われやすいという。ダークウェブは認証にだいたい半年くらいかかるという手続きを経てしか使用できないという。インターネット・ホットラインセンターが2006年から可動している。去年の違法行為の勧誘・仲介などに関する情報の通報件数879件あったという。インタネット上で連絡先だけ交換しその後メッセージアプリなどで直接やり取りし犯行に及んだ場合は対処しきれないという。近年は特殊な通信網やソフトを利用しなければアクセスできないダークウェブが増え発信源の特定が困難になってきているという。通信の検閲になってしまうので事後でしか対処できないのだという。果たして防ぎようがるのかというところで、世界の捜査当局が協力してダークウェブをウォッチしているが具体的な犯行のやり取りはしないので、あやしいやり取りがあるのは分かっているが事件として起きないかぎり手が出せないという。車に乗る時も、周りを見て乗らないといけない世の中になってしまったとミヤネが話した。


Facebook

ミヤネ屋汐留StよりLIVE:今は闇サイトと言わずダークウェブというという。普段使っているのはサーフウェブといってグーグルやヤフーなど検索エンジンで誰でもアクセスできるネットワーク。従来の闇サイトはこの空間に存在しているという。ディープウェブは個人のメールアカウントなど検索エンジンでアクセスできないネットワーク。閲覧するにはパスワードなどが必要となる。ダークウェブは犯罪目的で使われることが多くディープウェブ内のネットワークの一部で閲覧するには専用の特殊なソフトが必要となってくる。ウィキリークスもダークウェブの1つで特性上ややこしいことに使われやすいという。ダークウェブは認証にだいたい半年くらいかかるという手続きを経てしか使用できないという。インターネット・ホットラインセンターが2006年から可動している。去年の違法行為の勧誘・仲介などに関する情報の通報件数879件あったという。インタネット上で連絡先だけ交換しその後メッセージアプリなどで直接やり取りし犯行に及んだ場合は対処しきれないという。近年は特殊な通信網やソフトを利用しなければアクセスできないダークウェブが増え発信源の特定が困難になってきているという。通信の検閲になってしまうので事後でしか対処できないのだという。果たして防ぎようがるのかというところで、世界の捜査当局が協力してダークウェブをウォッチしているが具体的な犯行のやり取りはしないので、あやしいやり取りがあるのは分かっているが事件として起きないかぎり手が出せないという。車に乗る時も、周りを見て乗らないといけない世の中になってしまったとミヤネが話した。


ウィキリークス

ミヤネ屋汐留StよりLIVE:今は闇サイトと言わずダークウェブというという。普段使っているのはサーフウェブといってグーグルやヤフーなど検索エンジンで誰でもアクセスできるネットワーク。従来の闇サイトはこの空間に存在しているという。ディープウェブは個人のメールアカウントなど検索エンジンでアクセスできないネットワーク。閲覧するにはパスワードなどが必要となる。ダークウェブは犯罪目的で使われることが多くディープウェブ内のネットワークの一部で閲覧するには専用の特殊なソフトが必要となってくる。ウィキリークスもダークウェブの1つで特性上ややこしいことに使われやすいという。ダークウェブは認証にだいたい半年くらいかかるという手続きを経てしか使用できないという。インターネット・ホットラインセンターが2006年から可動している。去年の違法行為の勧誘・仲介などに関する情報の通報件数879件あったという。インタネット上で連絡先だけ交換しその後メッセージアプリなどで直接やり取りし犯行に及んだ場合は対処しきれないという。近年は特殊な通信網やソフトを利用しなければアクセスできないダークウェブが増え発信源の特定が困難になってきているという。通信の検閲になってしまうので事後でしか対処できないのだという。果たして防ぎようがるのかというところで、世界の捜査当局が協力してダークウェブをウォッチしているが具体的な犯行のやり取りはしないので、あやしいやり取りがあるのは分かっているが事件として起きないかぎり手が出せないという。車に乗る時も、周りを見て乗らないといけない世の中になってしまったとミヤネが話した。


インターネット・ホットラインセンター

ミヤネ屋汐留StよりLIVE:今は闇サイトと言わずダークウェブというという。普段使っているのはサーフウェブといってグーグルやヤフーなど検索エンジンで誰でもアクセスできるネットワーク。従来の闇サイトはこの空間に存在しているという。ディープウェブは個人のメールアカウントなど検索エンジンでアクセスできないネットワーク。閲覧するにはパスワードなどが必要となる。ダークウェブは犯罪目的で使われることが多くディープウェブ内のネットワークの一部で閲覧するには専用の特殊なソフトが必要となってくる。ウィキリークスもダークウェブの1つで特性上ややこしいことに使われやすいという。ダークウェブは認証にだいたい半年くらいかかるという手続きを経てしか使用できないという。インターネット・ホットラインセンターが2006年から可動している。去年の違法行為の勧誘・仲介などに関する情報の通報件数879件あったという。インタネット上で連絡先だけ交換しその後メッセージアプリなどで直接やり取りし犯行に及んだ場合は対処しきれないという。近年は特殊な通信網やソフトを利用しなければアクセスできないダークウェブが増え発信源の特定が困難になってきているという。通信の検閲になってしまうので事後でしか対処できないのだという。果たして防ぎようがるのかというところで、世界の捜査当局が協力してダークウェブをウォッチしているが具体的な犯行のやり取りはしないので、あやしいやり取りがあるのは分かっているが事件として起きないかぎり手が出せないという。車に乗る時も、周りを見て乗らないといけない世の中になってしまったとミヤネが話した。


至学館大学

パワハラ認定後初めて会見を開いた栄氏は伊調選手らに謝罪したが伊調選手のコーチは不満を顕にしたという。会見冒頭パワハラの事実を認め謝罪した。パワハラ騒動から5ヶ月かつての愛弟子伊調選手に語ったことは。さらに田南部コーチは「何も改善せず現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして」と話した。


CM

(ニュース)

至学館大学

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思...


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

北京オリンピック

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

東京五輪

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思...


ALSOK

前人未到のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨選手。世界一の指導者と言われた恩師・栄和人監督。2人のパワハラ騒動の発端はことし1月、内閣府に提出された告発状だった。栄監督を含む協会幹部らが伊調選手やそのコーチにパワハラを行っていると指摘した。オリンピック4連覇中の伊調選手がパワハラが原因で練習ができない現状を訴えた。これに対し栄監督は「僕の中では一切やっていないと思います」とコメント。栄監督とレスリング協会は、パワハラは無かったと完全否定した。しかし今年4月に出された第三者委員会の調査結果で、パワハラがあったと認定した。北京オリンピック後、栄監督の元を離れ活動拠点を東京に移した伊調選手に対し、「よく俺の前でレスリングできるな!」と言ったことや、「伊調のコーチをするな」という田南部コーチへの発言などがパワハラと認定された。しかし告発状で指摘していた、伊調選手の練習拠点であった警視庁の施設を出禁にされたことなどは、パワハラとは認められなかった。このパワハラ騒動を受け、栄監督はレスリング協会の強化本部長を辞任、常務理事の職も解任となった。現在新たな拠点で練習を再開している伊調選手。今日パワハラ認定後栄監督が初めて公の場に姿を魅せた。栄監督は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びいたしたいと思います」と謝罪した。パワハラ認定に関して栄監督は「8年前に私自身が、一句一字どういったことを言ったかに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったのかなと、深く反省しております」と語った。栄監督は「一指導者として日々精進したいと思います」と言い、至学館大学監督として現場復帰し、指導者として継続していくことを改めて明かした。今後栄監督は協会の指導する改善策プログラムに参加しながら指導者への道を進んでいくという。伊調選手への直接の謝罪について聞かれた栄監督は、「何度かはALSOKの監督さんと通じて「会って謝罪したい」という話はしましたけど、これからしっかりと協会を通して会って、直接謝罪したいと思います」と述べた。この会見を受けて田南部コーチは取材に応じ、栄監督や協会へ不満をあらわにした。田南部コーチは「パワハラ認定されたにもかかわらず、何も改善せずに現場復帰したのはいかがなものかと思っていまして。謝罪も私に何も連絡も来ていないので…」と話した。また栄監督の「コミュニケーション不足がパワハラの原因を生んだ」という旨の発言については、「そこは全くナンセンスです、コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。(レスリング協会の体質改善など)変えていただかないと、今後のレスリング界として良くないことだし、また同じことが起きてしまう」と伝えた。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

オリンピック

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

全日本選手権

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

北京

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

全日本女子オープン選手権

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


日大

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

オ五輪

宮根誠司さんが「栄監督もオリンピック選手を連れてこのスタジオに下さいましたし非常に残念ですが、会見のタイミングについて、至学館大学の監督として現場復帰、今日が全日本選手権の試合開始前なんです。このタイミング、4月に認定されて体調崩されてたとはいえ遅くないですか」と出演者達に問いかけた。萱野稔人さんが「現場に復帰したいから会見したととられても仕方ないですね本来ならばパワハラ認定されてからなるべく早く記者会見等して釈明等すると。謹慎するのはその後で時期が過ぎてから現場復帰するのが本来の姿ではないかなと思います」など答えた。宮根誠司さんが、「謝罪の気持ちが伝わったかどうかわ分かりませんが、田南部コーチなどは怒ってますが、コミュニケーション不足ということが出てきました、春川さん何か」と問いかけると、春川正明さんは、「全く日大と同じですね、やったこともやった後の対応もひどいですし。あと一監督の問題なのかということ、日大のときもそうだがクラブの体質・指導者の体質・スポーツ界の体質・協会の体質という背景事情と指摘されている体質ちおいうところに踏み込んでないということにみんなモヤモヤしている。」などと話した。宮根誠司さんが、「北京で金メダルを獲って至学館を離れて伊調さんがホントに拠点を移してからこのパワハラははじまった。伊調さんはこれだけ強いと女子選手の中で相手できる人なんていないと思うし、必然的に体の大きい男子選手と練習してもっと強くなりたいという気持ちは当然芽生えると思うんですけど、本村さん、アスリートファースト全くになっていない」などと問いかけると、本村健太郎さんじは、「なってない。僕は日大アメフト部以下だと思いますね。日大は加害者から被害者への最低限の謝罪はしているが、本件では、伊調選手らに対して直接の謝罪も行われていない状況からコミュニケーション不足っていうのは違法行為ではないにも関わらず、れっきとした違法行為なのに違法行為でないみたいなことをまだ言っていることが信じられない。」などと話した。宮根誠司さんは、「コミュニケーション不足とパワハラというのはイコールではないわけで、栄さんの話を聞いてると、そういうつもりはなかったがコミュニケーションが足りなかったから結果的にこうなったと猛反省という感じはしないんですが。謝罪なんですが伊調選手はALSOKの監督を通して何回か接触ははかられたみたいだが、田南部コーチはまだ謝罪がない。」などと話した。田南部コーチは、パワハラ認定したにもかかわらず何も改善せずに現場復帰されたのは疑問に思います。謝罪も私に何もないので・・・。コミュニケーション不足というのは全くナンセンス。協会の体質改善が重要だと思うので。内閣府の調査で複数の役員がこの問題に関与していると言っているので何らかの責任を獲ってもらわないと。とコメントしている。宮根誠司さんは、「栄監督は改善プログラムをやりながら監督されるわけで、普通は改善プログラムを終了してから監督復帰だったら分かるんですけどね。」と話し。、萱野稔人さんが「オリンピック選手をもう見てるってこともおっしゃってますし、ちょっと復帰のタイミングがね、日大アメフト問題のときもそうですが、申しわけないと思ったら真っ先に被害者に謝りに行く。」などと話した。一方で伊調選手は練習を再開した。復帰のリミットは東京オリンピックの2年前である今年。メダル獲得・5位以内入賞など諸条件をクリアすれば東京五輪出場権獲得となる。リオ五輪であった58キロ級が廃止となり、伊調選手は減量しなければならない。宮根さんは環境さえ整えば圧倒的に強いと思う、5連覇目指して頑張っていただきたいとコメントした。


CM

(このあと)

CM

(提供)

CM

最新NEWS

日本テレビ

北朝鮮による拉致被害者の家族13人が 先程安倍首相と面会し火曜日に行われた米朝首脳会談の内容について報告を受けた。安倍首相は日本が主体的に責任を持って解決を目指していかなければならないと、改めて解決に向けた決意を述べた。拉致被害者家族会の代表は「きちんと確実に被害者を日本に帰国させろという一点に集中していきたい」「できるだけ早く、みんなが家族と会えるような状況を待ち望んでいるとお願いした」などと述べた。


首相官邸

北朝鮮による拉致被害者の家族13人が 先程安倍首相と面会し火曜日に行われた米朝首脳会談の内容について報告を受けた。安倍首相は日本が主体的に責任を持って解決を目指していかなければならないと、改めて解決に向けた決意を述べた。拉致被害者家族会の代表は「きちんと確実に被害者を日本に帰国させろという一点に集中していきたい」「できるだけ早く、みんなが家族と会えるような状況を待ち望んでいるとお願いした」などと述べた。


川口警察署

2008年に当時10代後半の専門学校生の女性を脅し性的暴行を加えた疑いで、埼玉県の会社役員の男が逮捕された。今年に入って現場に残されたDNAと容疑者のDNAが一致し行方を追っていた。昨夜知人宅に潜伏しているところを発見し時効成立27時間前に逮捕した。調べに対し容疑者は「記憶にない」と容疑を否認している。時効はあす午前0時で、さいたま地検は今日中に起訴にするか判断している。


さいたま地検

2008年に当時10代後半の専門学校生の女性を脅し性的暴行を加えた疑いで、埼玉県の会社役員の男が逮捕された。今年に入って現場に残されたDNAと容疑者のDNAが一致し行方を追っていた。昨夜知人宅に潜伏しているところを発見し時効成立27時間前に逮捕した。調べに対し容疑者は「記憶にない」と容疑を否認している。時効はあす午前0時で、さいたま地検は今日中に起訴にするか判断している。


(お宝鑑定)

おたからや

大好評!お宝鑑定シリーズ第12弾。特大ダイヤモンドが登場。しかも、2つだが訳ありダイヤ。さらに、中国のプレミアムなお宝が。イチロー選手がメジャー1年目に来ていたユニフォームが登場。大谷選手のレアグッズまで。持ち込んだ男性の正体とは?おたからやの買い取りの現場に密着した。

まずやってきたのは40代の女性。持ち込んだのは2つの特大のダイヤモンド。ダイヤモンドは離婚した元旦那に貰った物で15年前に会社経営していた夫から2つ同時にプレゼントされたという。子供を産んでくれてありがとう、これからよろしくという思いから送ったものだが離婚。これから子供にお金もかかるので手放すことに決めたという。買い取り希望金額は500-600万。ダイヤモンドの鑑定ポイントは4Cと呼ばれている。カラットをチェックすると8カラット。指輪は11カラット以上。ダイヤモンドの質も申し分なし。鑑定結果は1300万円となった。結果について、女性はありがたいとコメントしていた。

次にやってきたのはエステ店経営の30代の女性。取り出したアルバム内にあったのは中国紙幣122枚。亡くなったお祖父ちゃんから渡されたというアルバムだが、本人は押入れの中に入れっぱなしにしていて、興味がなく売ることにしたという。買い取り希望額は10,000円。すると鑑定士は隣の店の専門の鑑定士へ。現在は使われていない珍しい紙幣があり、特に目を惹いたのは紙幣の見本。中国の綏遠省で使われていた紙幣らしい。そして、もう一点は横浜正金銀行と書かれた紙幣。鑑定結果は350万円になった。珍しいものが多く、見本セットは100万円。横浜正金銀行の紙幣は20万円。横浜正金銀行の紙幣は日本と清の商取引を円滑する目的で中国で発行した紙幣。しかし、あまり流通せずほとんどが回収・焼却処分となったので幻の紙幣と呼ばれていた。

次にやってきたのは50代の男性会社員(春川正明)。野球好きで数々の野球グッズを集めているコレクターで、今回は宮根の説得に負けてグッズを持ってきたという。品物は、イチロー選手がメジャー1年目で着用していたユニフォーム。メジャー1年目といえば、マリナーズに入団し、首位打者・盗塁王・MVPを獲得し、チームを地区優勝に導いた。春川さんは当時、ロサンゼルスで特派員をしていて100万円で購入したという。さらに、ユニフォームにはサインが入っている。


横浜正金銀行

次にやってきたのはエステ店経営の30代の女性。取り出したアルバム内にあったのは中国紙幣122枚。亡くなったお祖父ちゃんから渡されたというアルバムだが、本人は押入れの中に入れっぱなしにしていて、興味がなく売ることにしたという。買い取り希望額は10,000円。すると鑑定士は隣の店の専門の鑑定士へ。現在は使われていない珍しい紙幣があり、特に目を惹いたのは紙幣の見本。中国の綏遠省で使われていた紙幣らしい。そして、もう一点は横浜正金銀行と書かれた紙幣。鑑定結果は350万円になった。珍しいものが多く、見本セットは100万円。横浜正金銀行の紙幣は20万円。横浜正金銀行の紙幣は日本と清の商取引を円滑する目的で中国で発行した紙幣。しかし、あまり流通せずほとんどが回収・焼却処分となったので幻の紙幣と呼ばれていた。


スポーツ報知

次にやってきたのは50代の男性会社員(春川正明)。野球好きで数々の野球グッズを集めているコレクターで、今回は宮根の説得に負けてグッズを持ってきたという。品物は、イチロー選手がメジャー1年目で着用していたユニフォーム。メジャー1年目といえば、マリナーズに入団し、首位打者・盗塁王・MVPを獲得し、チームを地区優勝に導いた。春川さんは当時、ロサンゼルスで特派員をしていて100万円で購入したという。さらに、ユニフォームにはサインが入っている。

春川さんが持ってきたもう一つのお宝はは2009年WBCで活躍した日本代表選手のサインボール。2009年のWBCは韓国との決勝戦ではイチロー選手のヒットで劇的勝利をおさめ、侍ジャパンは2連覇を達成した。春川さんは現地で観戦しゲット。原監督やイチロー選手、城島選手など11人分のサインが書かれている。春川さんは希望金額は、ボールが10万円でユニフォームは200万円。


日刊スポーツ

次にやってきたのは50代の男性会社員(春川正明)。野球好きで数々の野球グッズを集めているコレクターで、今回は宮根の説得に負けてグッズを持ってきたという。品物は、イチロー選手がメジャー1年目で着用していたユニフォーム。メジャー1年目といえば、マリナーズに入団し、首位打者・盗塁王・MVPを獲得し、チームを地区優勝に導いた。春川さんは当時、ロサンゼルスで特派員をしていて100万円で購入したという。さらに、ユニフォームにはサインが入っている。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

WBC

春川さんが持ってきたもう一つのお宝はは2009年WBCで活躍した日本代表選手のサインボール。2009年のWBCは韓国との決勝戦ではイチロー選手のヒットで劇的勝利をおさめ、侍ジャパンは2連覇を達成した。春川さんは現地で観戦しゲット。原監督やイチロー選手、城島選手など11人分のサインが書かれている。春川さんは希望金額は、ボールが10万円でユニフォームは200万円。


CM

(お宝鑑定)

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報

WBC

春川さんが持ち込んだお宝。WBCのサイン入りボールを10万円、イチロー選手のメジャー1年目のユニフォームを200万と予想したが、サインボールは25万円。試合で使っていないのと松坂投手のサインがあればさらにプラス査定だったと鑑定士。イチロー選手のユニフォームは150万円となった。イチロー選手が殿堂入りしたりすると付加価値がついて、年数が経つと更に価値がつくと鑑定士。これで終わりと思いきや、春川さんはもう一つ大谷の初勝利時に投げたボールを出してきた。現地で観戦し10万円で購入していたが、希望金額は15万円。しかし、鑑定結果は5万円だった。5万円の理由はホヤホヤ過ぎる。どれくらい活躍するかで付加価値がつくし、サインがあれば30-40万になるという。今回の結果について、本音を聞いてみると「イチロー選手のユニフォームで150万はない」とコメントした。


スポーツ報知

春川さんが持ち込んだお宝。WBCのサイン入りボールを10万円、イチロー選手のメジャー1年目のユニフォームを200万と予想したが、サインボールは25万円。試合で使っていないのと松坂投手のサインがあればさらにプラス査定だったと鑑定士。イチロー選手のユニフォームは150万円となった。イチロー選手が殿堂入りしたりすると付加価値がついて、年数が経つと更に価値がつくと鑑定士。これで終わりと思いきや、春川さんはもう一つ大谷の初勝利時に投げたボールを出してきた。現地で観戦し10万円で購入していたが、希望金額は15万円。しかし、鑑定結果は5万円だった。5万円の理由はホヤホヤ過ぎる。どれくらい活躍するかで付加価値がつくし、サインがあれば30-40万になるという。今回の結果について、本音を聞いてみると「イチロー選手のユニフォームで150万はない」とコメントした。


CM

(ニュース)

春日大社

奈良の鹿愛護会を密着取材中に事件は起きた。白くて細長いものが鹿の首に刺さっていた。捜索開始してから2時間後に首に白いものが刺さった鹿を発見。近くには子鹿もいた。迅速に保護するために麻酔で眠らせると、長さ15cmほどの白い矢が。尖った鉛筆の芯に紙を巻いた手製のものだった。傷は浅く、治療を終えて、母鹿はきょう群れに戻っていった。


奈良公園

奈良の鹿愛護会を密着取材中に事件は起きた。白くて細長いものが鹿の首に刺さっていた。捜索開始してから2時間後に首に白いものが刺さった鹿を発見。近くには子鹿もいた。迅速に保護するために麻酔で眠らせると、長さ15cmほどの白い矢が。尖った鉛筆の芯に紙を巻いた手製のものだった。傷は浅く、治療を終えて、母鹿はきょう群れに戻っていった。


CM

(番組宣伝)

奈良岡天気

CM

「情報ライブ ミヤネ屋 〜ミヤネ屋★歴史的会談で金正恩委員長が得たものとは★ドンファン捜査[字]〜」 2018年6月13日(水)放送内容「情報ライブ ミヤネ屋 〜ミヤネ屋【ドン・ファン妻夫婦生活語る▽認知症で行方不明妻を4年待つ夫】(他)[字]〜」 2018年6月15日(金)放送内容