ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 誰だって波瀾爆笑
テレビ紹介情報

「誰だって波瀾爆笑」で紹介された情報

「誰だって波瀾爆笑」で紹介されたすべての情報 ( 484 / 664 ページ )

渡る世間は鬼ばかり

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


連続テレビ小説 おしん

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


手ごろな女

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


おだいじに

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


紅白歌のベストテン

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


「誰だって波瀾爆笑」で紹介された音楽・CD

哀恋蝶

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


番組対抗かくし芸大会

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


コンテンツリーグ

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


「誰だって波瀾爆笑」で紹介された映画・DVD

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。

「いとうあさこ 天真爛漫〜一度おさわがせします〜[CLVS-1035][DVD]」

価格.com


テレビ三面記事ウィークエンダー

泉ピン子の生い立ちを紹介。昭和22年に、東京・銀座にある和光の時計塔の裏が実家に生まれた。浪曲師だった両親の影響で歌が大好きだったピン子は、中学1年生の時にのど自慢に出場し、優勝。これがきっかけで父親から芸能界に入ることを勧められ、中学3年生の時には歌手などプロ歌手の前座としてステージに立つようになった。しかし、スターになれる容姿でないと感じたピン子は小料理屋で働くようになり、そこで芸能関係者からスカウトされ、歌謡漫談家として寄席でデビューした。

日本テレビの「底ぬけ脱線ゲーム」などに出演するも芸人として全く売れず、キャバレーを渡り歩く生活が10年間続いた。そんな中、タレントの2人や落語家らにネタの指導やアドバイスをしてもらうことに。27歳の時には作家や落語家などが出演する「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイクした。

タレントの「天真爛漫〜一度おさわがせします〜」(発売:コンテンツリーグ)の映像が流れた。「番組対抗かくし芸大会」(1982年1月3日)で、新体操を華麗に演技していた。さらに29歳の時に「哀恋蝶」で歌手デビュー。紅白歌のベストテンにも出演した。1979年には「おだいじに」に出演。ラーメンの食べ方が良く、「手ごろな女」に出演決定。(俳優出演)そして脚本家・演出家・監督との出会いを果たし、35歳の時に「おしん」に出演。43歳の時に「渡る世間は鬼ばかり」を生み出し21年続いた大ヒットドラマとなり、舞台化もした。2000年には菊田一夫演劇賞を受賞。41歳の時に医師と結婚した。


2015年07月 2015年08月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介されたすべての情報
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介された音楽・CD
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介された映画・DVD
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介されたグルメ情報
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介された料理レシピ
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介された観光・地域情報
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介されたイベント情報
  • 「誰だって波瀾爆笑」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する